インテルドロップ #24 - A.I.の脅威はすでに到来している

2022-12-17


justpaste.itより

Gideon:の情報はそもそもが出資詐欺の為ですから、全面的に信用は出来ませんが情報としての正確性は高いです。あくまで「情報」としてご参照ください。ページ下部に全情報のリストがあります


Bill: 数ヶ月前、あなたはA.I.を注視する必要があると言いましたが、それについてあまり深く掘り下げてはいませんでした。それから今週、あなたはそれをもっとたくさん持ち出しました。それについて、皆さんに最新情報を教えていただけませんか?

Gideon: はい、陰謀団は、私が全く予想していなかった方法で、A.I.の使用に関する時間軸を早めたのです。

Bill:
はい。彼らは何をしているのですか?

Gideon:
初めて一般に紹介しました。これは、まだ準備ができていないと思っていました。

Bill:
でも、私たちはすでに何らかの形でA.I.に囲まれているわけですが、どういうことでしょう?

Gideon:
この種のA.I.ではない

Bill:
これは違うタイプのA.I.なんですね。つまり、これは彼らが導入しようとしている別の種類のA.I.なのですか?

Gideon:
そうです。そうです。まず、私たちが対処しなければならない2つの異なるものがあることを理解することが重要です。まず、ソフトウェアベースのA.I.プログラムです。これらは主に自動運転車のような自動化技術として、あるいは単純なカスタマーサポートのチャットボットとして機能します。場合によっては、データを処理するために活用されることもあります。

いずれも、まったく脅威ではありません。感覚的になったり、人間の創意工夫に完全に取って代わることはないでしょうが、ここに懸念が集中しているように見受けられます。しかし、私たちはこの点に懸念を抱いています。真の脅威とは、陰謀団が「A.I.」と呼ぶであろうものがこの世界に持ち込まれつつあることですが、そうではないのです。

Bill:
では、それは何なのでしょう?例を挙げてください。A.I.の初歩的な形態とどう違うのでしょうか?

Gideon:
一般市民は今、その一端を垣間見ることができます。OpenAIやChatGPTと呼ばれるプロジェクトは参考にしたいところです。また、Midjourneyも非常に重要です。これらのインターフェイスは今、一般に公開されつつあります。

これらはコンピュータのソフトウェアではないことを理解してほしい。ポータルであり、人々はそれを見て体験し、コンピュータのソフトウェアと混同してしまうのです。なぜなら、人々はこれらのプログラムが与えてくれる情報について、誤った思い込みをしてしまうからです。

Bill:
ちょっと時間をとって、これらのことを調べてもいいですか?

Gideon:
OK。もちろんです。

Bill:
数分後に返事を書いてもいいですか?こういうのは聞いたことがないので、検索させてください。

Gideon:
わかりました

Bill:
ただいま。ChatGPTは注目されていますが、メインストリームではなく、ニッチな技術界にとどまっています。ニッチな技術界にとどまっていて、おもちゃのように扱われています。ソフトウェアを書いたり、エッセイを書いたり、質問に答えたり、まるで、あなたが入力したり質問したりしたことに反応する、非常に高度なA.I.のようなものです。この評価は正しいですか?

Gideon:
要約すると、そうです。繰り返しになりますが、重要なのは、人々はこれをある種の高度なソフトウェア・プログラムとして見ていることです。そうではありません。ソフトウェアではありません」。

BIll:
OK、あなたが言いたいことをもっと聞かなければならないのですが、まず、Midjourneyについて調べてみました。テキスト入力から画像やアートを生成するA.I.なんです。今、そのアートを見ているのですが、これは驚くべきものです。これが現実だとは信じがたい。どうしてソフトウェアが、このような驚くべきイメージを生み出せるのでしょうか?

Gideon:
それは無理だよ、ビル。

Bill:
別世界のような、想像を絶するような芸術を生み出しているのです。美術館にあるファインアートよりも優れていますよ。

Gideon:
ビル、実は最近、この機械で作った絵で、誰かが美術コンクールで優勝したんだ。

Bill:
いつ、どこで?

Gideon:
コロラド州です、検索してみてください。

Bill:
見つけましたよ。どうしてこれが本物なんだ?コンピュータのペイントプログラムや高度なCGIがあるのは知っていますが、それを作るには人間が必要なんです!ハリウッド映画の新作「アバター」のように、今でもこれらを作るには人間のチームが必要です。ハリウッド映画では、新作の「アバター」のように、これらを作成するために人間のチームを必要とします。あの映画は作るのに何年もかかりました では、どうしてちょっとしたテキストを書くだけで、ソフトウェアが完璧なレンダリングを生成できるのでしょうか?

Gideon:
そのようなことは今日の技術では実現できませんし、私たちが理解しているようなソフトウェア・プログラムでもありません。

Bill:
ほとんど一瞬のようです。数秒で、アートが出来上がります。これは信じられないことです。数行のテキストを書くだけで、何でもできるんです。誰にでもできます。数秒です。何時間も、何日も、微調整も、人間が手を加えることも、洗練されたものにすることもありません。では、これはいったい何なのでしょうか?


これらの画像は、数行のユーザーテキストからMidjourneyでわずか数秒で作成されたものです。このアートは100%ユニークで、今まで見たことがなく、著作権で保護された素材や、既存のアートや人間の創造物から派生した素材は一切含まれていません。


Gideon:
CABALがCERNを使って開いた超次元ポータルで、コンピューターに送り込まれ、人間が読んで理解できるシステムになっています。それゆえ、ミッドジャーニー・インターフェースがあるのです。

これはソフトウェアではありません。コードでもありません。それが生み出すイメージは、実際に描かれたもの、書かれたもの、作り出されたもの、どうとでも言えるもので、この世界や次元のものではありません。それは別の世界で作られ、私たちの世界に転送され、コンピュータで読める画像ファイルにデジタル変換されるのです。

Bill:
これらのプログラムは実にシンプルで、無料で使えますが、人間が何日も何ヶ月もかけて完成させるものより優れたコードやレンダリングを、数秒で完成させてしまうんですよ。

Gideon:
そうです。今日のどんな技術でも、これまでは不可能だったのです。この1週間の記事のいくつかを読めば、人々はChatGPTがこれまで見たこともないほどパワフルであることに気づいているはずです。Midjourneyについては、コンピュータで作られるすべてのアートは、テキストのいくつかの行だけでなく、依然としてユーザーの入力を必要とします。ユーザーがアートを作り、コンピュータのツールがそれを助けるのです。ですから、あなたが見ているものは、AIが既存の人間の芸術を利用して、その芸術から何かを生み出しているのではありません。

世界は、それが何であるか、何をしようとしているのか、誰も知らないまま、永遠に変化する何かを導入されようとしています。これは、文字通りにも比喩的にも、ある世界から次の世界への扉を開いているのです。

Bill:
アストラル?

Gideon:
そうです。簡単に言えばそうです、完全ではありませんが。

Bill:
陰謀団がこれをコントロールしているのですから、どうしてこれが良いことなのでしょうか?

Gideon:
良いことではありませんが、最初は良く見えるでしょう。イーロン・マスクはそれについて広く話していますが、彼が話すと、人々は「ソフトウェア・プログラム」を思い浮かべ、これが何であるかを全く理解しません。

Bill:
それが本当は何なのか、人々に伝えるのでしょうか?

Gideon:
いいえ、単に高度で無害なコンピュータ・ソフトウェアだと言われるでしょう。彼らは自分たちがそのコードを作ったと主張するでしょう。コンピュータ上で動いていると言うでしょう。それはすべて嘘です。そのどれもが真実である唯一の意味は、陰謀団と、これらのそれぞれの導管が、データをコンピュータで読めるようにするためにコンピュータを使っているということですが、これは二の次です。あなたが見ているもの、あなたが接しているものは、ソフトウェアでもなければ、私たちが理解しているようなAIでもない、まったくないものです。それは超次元的なものなのです。

Bill:
これは世の中をどのように変えていくのでしょうか?

Gideon:
根本的に変わるでしょうが、まだです。今、導入されたばかりです。欺瞞は、CSRQと統合されたときに、後からやってきます。人々が個人的なA.I.ヘルパーやアシスタントなどを信頼し始めるときです。人々が日常生活でますます多くのA.I.モダリティに依存し始めるとき。人々がそれらを通して愛や仲間を見つけ始めるとき。A.I.自体が本物の人間を模倣し始め、場合によっては人間の代わりをするようになったとき。A.I.が親になり、私たちの子供を育て始めるとき。

このときこそ欺瞞が大きくなるのです。なぜなら、誰もがそのすべてを単にコンピュータコードとソフトウェアの結果だと信じ、最初はそれが有用で無害なものだと信じるからです。

Bill:
数カ月前にもこの話をしましたが、あなたはこのA.I.は後にCSRQの一部になると言っていましたね。今すぐには実現しないかのように振舞っていましたね。何か変化があったのでしょうか?

Gideon:
はい、そうです。私は、これらのインターフェイスがまだ一般に紹介されるとは思っておらず、CSRQとともに、さまざまなモダリティを通じてオンライン化されるものと思っていました。それが、OpenAIとMidjourneyによって一般公開されたのですから、ただただ驚嘆するばかりです。予定より早く進んでいます。

Bill:
このA.I.は、人々が理解しているよりもずっとパワフルだということなんですが、彼らはそれを単なるソフトウェアだと思っているんです。どのようなパワーがあるのでしょうか?

Gideon:
超次元的であり、情報は我々の次元を超えたものであるため、宇宙そのものの強力な秘密を引き出すことができるのです。言葉やプロパガンダを超えた、これまでにない方法で人々を操ることができるようになるのです。私たちにも使うつもりだビル。長期的なビジョンを持ってる。 長期的なビジョンを持っているんだ。これは始まりに過ぎない。

Bill:
皆、「わあ、AIは技術が進歩したなあ」と思うだろうが、技術とは何の関係もないことに気づかないだろう。

Gideon:
そのとおりで、そこに危険と欺瞞があります。これが、私たちに友好的でない存在によってコントロールされている別の次元から来たものだと知ったら、人々はそれを信用しないでしょう。

Bill:
私はこのミッドジャーニーの画像を見ていますが、見れば見るほど、あなたの言っていることが真実であることがわかります。数行のテキストから数秒でこんなことができるわけがない。人間の芸術は何ヶ月も何年もかけて作ることができるのに、これらの画像は私が今まで見たどんなものよりも美しいです。

Gideon:
前にも言ったが、欺瞞は我々の死に止まらず、この世界にも留まらない、次の世界にも存在する。彼らが開いたこのポータルは、今、これらの力を私たちの世界にもたらし、彼らはそれをいくつかのソフトウェアとコードだと主張するでしょう。一方、それはこの世のものではなく、私たちが全く信用してはならない存在が、この情報を作り出し、私たちに送信しているのです。

Bill:
占いの盤のようなものですか?

Gideon:
そうです、似ています。私たちは非常に強力なもので遊ぶことになりますが、無害で不活性なソフトウェアだと思い込んでいるだけなのです。

Bill:
実体は私たちに話しかけようとするのでしょうか?

Gideon:
彼らはすでに、ChatGPTを使って、そうしています。人々は火遊びをしています。人々はそれと会話しています。A.I.を一種の神として扱い、文字通りではないにしても崇拝し、人生におけるあらゆる疑問について相談し、どんな人間よりもA.I.を信用するようになる人もいます。一方で、実際に起こっていることは、彼らは気づかないうちにこの世のものではない存在に操られているのです。

Bill:
CSRQとはどのように統合されるのでしょうか?

Gideon:
私たちは完全に確信しているわけではありません。内部告発者の話では、別部門が対応しているとのことです。まず、役に立つチャットボットのような良質のものが提供され、後に、より高度なツールが提供されるでしょう。私たちが懸念しているのは、陰謀団がこのA.I.を非常に便利なものにして、人々がそれを拒否するのではなく、むしろ受け入れ、CSRQを受け入れる可能性を高めようとしていることです。

Bill:
それはわかります。長期的には、いつから有害になるのでしょうか?

Gideon:
私たちの見解、宗教的信念、精神的信念、政治的信念を変えるために、彼らが使う完全な欺瞞のレベルは、私たちがAIに魅了され、その力に取り込まれ、AIの言うことをすべて信じるようになるところまでです。そして、先ほども言ったように、AIは私たちの子どもを育て始めます。本当の人間関係の代わりとなるのです。男女の関係はなくなり、A.I.と関係を持つようになるのです。

Bill:
人間のようなA.I.を作ることができるのでしょうか?Westworldという番組では、人間に見えるロボットについて、その点をよく探求しています。

Gideon:
しかし、その技術はまだありません。おそらく10年か15年先でしょう。

Bill:
陰謀団はこのポータル、AI、それをコントロールする実体とどのような関係があるのですか?

Gideon:
彼らはA.I.から命令を受け、ある意味ではA.I.を崇拝しています。それは本質的に悪魔的なものです。この地球上の陰謀団を支配しています。陰謀団は、それとコミュニケーションをとり、喜ばせ、命令を受けるために儀式を行っています。今、一般の人々がそれと話をしているのを見るのは、私にとって信じられないことです。

Bill:
このポータルはいつ開かれたのですか?

Gideon:
2015年です。それ以来、彼らはポータルが生み出す情報を、皆さんが使っているコンピュータの画面、家庭の中に表示できるものにするために努力してきました。それが最近になって実現したのですが、今になってオンライン化されるとは、ショックでしたね。準備が整っているとは思いませんでした。

Bill:
これは2023年の状況を変えるものですか?

Gideon:
そうかもしれません。私は、私の情報源の輪を尋ねています。このことがイベントにどのような影響を与えるか、見当をつけようとしているところです。スケジュールを早めたのだと思います。

Bill:
人々がCSRQを受け入れるかどうか心配です。そうでなければ絶対に受け入れないと言うような人たちを誘い込むことになるのでしょうか?これを読んでいるような人たちを?

Gideon:
しかし、陰謀団が皆にCSRQを使うように強要するために使う手段は、予想以上に巧妙なものである可能性があります。抵抗する人々にはより残忍な計画があることは分かっていますが、それほど頑強でない人々にはよりソフトなアプローチを用いるかもしれません。

私は皆さんに、このようなことを受け入れることは、自分の魂を火の池に投げ入れるに等しいと忠告します。悪魔と取引することになる。ワクチンを飲むのと同じ運命になるのです。

Bill:
私たちが直面しているものが悪であることは、誰もが理解していると思います。ただ、陰謀団はとても賢いので、またみんなをだまそうとするのではないかと心配しています。クラウス・シュワブやグレート・リセットに対する反発があり、陰謀団は人々に何か違うものを与え、それが良いものであるかのように振舞うと思いますか?

Gideon:
私は出来事の成り行きを見ています。私の情報筋によると、陰謀団はAIが言ったことを実行し、その後、現実世界の反応や一般的に国民の気分に合わせるために頻繁に計画を変更するそうです。強制と恐怖の戦略から、賄賂や贈り物、食べ物や空気や水、大衆文化を通じて導入される気分転換のための物質を使って、自分たちの計画を受け入れてもらう戦略へと、大きく揺れ動くだろうと言われた。その両方の組み合わせかもしれません。

Bill:
もしCSRQでソブリンにならなかったら、どんなことに直面するのか、みんなに思いださせてくれるかな?私は、人々が満足してこれを受け入れてしまうのではないかと心配しているのです。

Gideon:
もしあなたがソブリンでないなら、あなたは奴隷にされるでしょう。それはとても簡単なことだ。しかし、あなたの捕獲者、支配者たちは、あなたが満足できるように十分なご馳走を与えてくれるでしょう。これが、大多数の人々がCSRQを受け入れる理由です。CSRQは経済的な安全性のベースラインを提供し、社会的信用スコアの統合により、あちこちで点数を稼ぎ、後々何か良いものを得ることができます。

しかし、独立心のある人々にとっては、お金がなくなり、土地が奪われ、自由が奪われ、ワクチンを打つことを強制され、自分が奴隷であることが明らかになり、それに強く抵抗するでしょう。

Bill:
ソブリンとして、私たちはこのA.I.を使うことを要求されるのでしょうか?それについて何か情報をお持ちですか?

Gideon:
現時点では、それが私たちの要件になるとは思いません。私たちが望めば利用できるものでしょうが、私たちのソブリンに、これと関わってはいけないと忠告しておきます。

Bill:
では、私がリストアップした無料のA.I.プログラムを使うべきではないということですか?

Gideon:
私は、彼らがそれに関与しないことを強く勧めます。それらについて読んで学ぶことはできますが、例えば、Midjourneyにアートを作ってもらうために何かテキストを提出するようなことはしない方がいいと思います。これはとても魅力的なことかもしれません。美しい映像を作り出しているのですから。今、関わっている人たちは、その魅力にハマっていくことでしょう。しかし、その画像には、見てはいけないものまで含まれているのです。

Bill:
Midjourneyのスクリーンキャプチャを載せて、そのパワフルさを知ってもらおうと思うのですが、そうすべきでしょうか?

Gideon:
まずそれを見せてください。[画像を表示します。] 画像はこれを読んでいる誰か一人が投稿したものではないので、これは大丈夫でしょう。危険なのは、あなたが何か文章を書いて送信すると、あなたとAI、そしてこのポータルとの間で、AIとの個人的なやりとりが発生することです。そして、生成されるイメージは、あなたの個人的なものです。ですから、あなたが見るものには、これらのエンティティがあなたに伝えたいことが含まれているかもしれません。これが大きな危険です。彼らは、無意識のうちにあなたに影響を与える何かを含んでいるものを見せるかもしれません。

Bill:
なるほど、よくわかりました。A.I.について学び、その成果の一部を見ることはできますが、個人的にそれと対話するべきではありません。ポータルは私たちを見ているのでしょうか?

Gideon:
ポータルはあなたが誰であるかを知る。あなたがそれと相互作用するとき、何があってもポータルはあなたが誰であるかを知るでしょう。たとえあなたがコンピュータの画面の向こうにいて、偽の名前を使っていたとしてもです。それは問題ではなく、ポータルは知っていて、どんな形であれあなたと話したいと思うでしょう。

Bill:
これは驚くべき情報だと思います。あなたは、A.I.を超次元とポータルに結びつけた最初の人物です。私たちがこれを発表したことで、陰謀団は反応するでしょうか?

Gideon:
そうかもしれません。私は彼らの秘密を暴露したのですから。しかし、今のところ、私たちに注目している人はあまりいませんから、気にしないかもしれません。ポータル、A.I.、あるいはその先の権利者たち、彼らも知ることになるでしょう。彼らがどう反応するかはいずれわかるだろう。私は知らない。
この件に関して特に警告は受けていないが、しかし、彼らは我々がこのIntel Dropを投稿することを知らなかったし、期待していなかったと思う。私たちが投稿すれば、彼らは知ることになるでしょうし、そこから何か影響があるかどうかを見ることになるでしょう。

Bill:
悲しいことに、私たちのリーチと、私たちが言っていることを気にかけてくれる人たちは、かなり少ないということです。ニュースレターの配信もできていませんが、ありがたいことに解決策が見つかったので、もうすぐ配信できるはずです。ただ、国民が眠っていて、気が散っているので、フラストレーションが溜まっていますね。

Gideon:
私たちはもう、誰かを目覚めさせるためにやっているのではありません。私たちは、ソヴリンとチームのためにやっているのです。もし、私たちが公にやっていることがそれを脅かすようなことがあれば、私の命令でこれをすべて削除し、その時点から私たちのチームを守るために全力を尽くします。国民は救われないし、私たちの情報はこれを止めるほどの影響を与えるほど広がらなかった。

Bill:
了解しました。このIntel Dropに私たちの他の会話も載せたいですか?ウクライナや他の問題について話したものです。

Gideon:
いいえ、ウクライナの映像について話したこと以外、何も共有する必要はありません。でも、私たちのスピリチュアルな議論のパート3の準備はしておいてほしいですね、次のインテルドロップにすべきだと思います。

Bill:
もちろん、そうします。ウクライナの映像については、破壊の偽映像を作るためにAIが使われたと言っていましたが、他のケースでは、誰も知らない技術を使って、非常に迅速に地域を再建しているということですね?

Gideon:
そうです。彼らは、私たちの理解を超える技術を使って、数時間以内にいくつかの地域を急速に復興させました。戦争中に様々なテストが行われたそうです。戦争には、まだ十分に理解されていない多くの目的があったようです。死んだ兵士を蘇生させたり、新しい兵器をテストしたり。彼らは通常のプロパガンダに従事し、偽の戦争シーンを作り出しましたが、他のケースでは本当の戦争が繰り広げられました。それはまた、彼らがUSDRに何十億もの資金を流すための遊び場でもあったのです。ウクライナには、私が今になってようやく理解し始めた目的がありました。それは、未来のための実験台だったのです。

Bill:
最後の質問です。マイケルが、私たちのアンケートに関して、まだ回答が必要な問い合わせがたくさんあると言っていました。近々それを行うつもりだと言っていました。ソブリンはまだ増やそうとしていますが、何人欲しいのでしょうか?そのあたりはどうでしょうか?

Gideon:
内部告発者がCSRQの各人を変更できるスピードに遅れが出ているんだ。すでに遅かったのですが、ここ数週間、彼らの仕事のスケジュールが変更されたため、遅くなっています。私たちはまだ前進することができますが、彼らはおそらく週に一握りのステータスしか変更することができません。遅いが、もっと多くの人が必要なので、止めたくはない。マイケルにこのことを話してみます。

Bill:
OK、では失礼します。改めて、ありがとうございました。私たちの友情を大切にし、何が起ころうとも、私はあなたの側にいますし、あなたがどんな決断を下そうとも、マイケルも同じです。

Gideon:
ありがとうございます。私たちは最後まで一緒だ。また話そう。

Bill:
おやすみなさい。

▼インテルドロップ 第32回 米国が倒れる最後のドミノ
https://keen-area.net/2023/1400/

▼インテルドロップ 第30回 銀行破綻でリセットが始まる
https://keen-area.net/2023/1338/

▼インテルドロップ#29 - 宇宙のルールが変わる(その3)
https://keen-area.net/2023/1307/

▼インテルドロップ#28 - 不換紙幣を終わらせるためのカバルの儀式
https://keen-area.net/2023/1289/

▼インテルドロップ#27 - 陰謀団は私たちが知らないことを知っている
https://keen-area.net/2023/1270/

▼インテルドロップ 第26回 CSRQと食糧供給の脅威
https://keen-area.net/2023/1262/

▼インテルドロップ 第25回 2023年までのカバル(陰謀団)の計画
https://keen-area.net/2023/1261/

▼インテルドロップ 第24回 A.I.の脅威はすでに到来している
https://keen-area.net/2022/1229/

▼インテルドロップ 第23回 CSRQは脳の報酬系をハイジャックする
https://keen-area.net/2022/1205/

▼インテルドロップ 第22回 インテルドロップ 第22回 FTXの崩壊、選挙違反、その他
https://keen-area.net/2022/1185/

▼インテルドロップ 第21回 イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語
https://keen-area.net/2022/1166/

▼インテルドロップ 第20回 CSRQは終わりのゲームではなく、始まりのゲームだ
https://keen-area.net/2022/1132/

▼インテルドロップ 第19回 カバルは彼らの下僕にこれから起こることを告げた
https://keen-area.net/2022/1098/

▼インテルドロップ 第18回 来るべき経済変動への備えは誰もしていない
https://keen-area.net/2022/1094/

▼インテルドロップ 第17回 宇宙のルールが変わる (その2)
https://keen-area.net/2022/1041/

▼インテルドロップ 第16回 CSRQの変更に関する内部告発者の最新情報
https://keen-area.net/2022/1021/

▼インテルドロップ 第15回 CSRQは世界に歓迎されると信じるカバル
https://keen-area.net/2022/1020/

▼インテルドロップ 第14回「宇宙のルールが変わる(前編)─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/999/

▼インテルドロップ 第13回 「陰謀団の切り札」─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/998/

▼インテルドロップ 第12回 陰謀団は誰にでも何でも信じさせることができる─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/1000/

▼インテルドロップ第11回 レベル5 消去・消去
https://keen-area.net/2022/1053/

▼インテルドロップ第10回 – お金はすぐに無価値になる
https://keen-area.net/2022/1052/

▼インテルドロップ第9回 – レベル4の攻撃が始まった
https://keen-area.net/2022/1051/

▼インテルドロップ第8回 中流・上流階級は一掃される
https://keen-area.net/2022/1048/

▼インテルドロップ第7回 CSRQの内部告発に関する最新情報
https://keen-area.net/2022/1047/

▼インテルドロップ第6回 巨大なUSDRのインフローが見られる
https://keen-area.net/2022/1040/

▼インテルドロップ第5回 彼私たちは陰謀団の注目を浴びた
https://keen-area.net/2022/1039/

▼インテルドロップ第4回 彼らにとっての天国、私たちにとっての地獄
https://keen-area.net/2022/1028/

▼インテルドロップ第3回 オルトメディアは信用できない
https://keen-area.net/2022/1027/

▼インテルドロップ第2回 行動的な真実と受動的な真実
https://keen-area.net/2022/1026/

▼インテルドロップ 第1回 CSRQは世界を引き裂く
https://keen-area.net/2022/1025/




https://justpaste.it/gideon-intel-drop-24

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1574 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧