インテルドロップ #21 - イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語

2022-11-03


パート1 - イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語

Bill:
先日、イーロン・マスクについて話したのですが、彼がすべてのカギを握っていると言っていましたね。そのことについて、もう一度話していただけますか?

Gideon:
彼は、陰謀団の未来のディストピア風景のインフラを構築しているのです。

Bill:
スターリンク、ニューラリンク、A.I.で?

Gideon:
そうです、もうすぐTwitterも。

Bill::
では、彼は信用できないのですか?

Gideon:
彼は高位の陰謀論者とルシフェリアンの家系の出身です。彼は血の儀式に関与したことがあります。
彼自身も幼少期に虐待を受け、その後儀式的な殺人を行ったことがある。
確かに記憶を消されたので、その知識は無いかもしれません。そういう意味では、彼はマインドコントロールの被害者です。
でも、本当のことを知ったら、みんな彼について行かないし、彼を支持しないでしょう。陰謀団が彼を操っているのです。

Bill:
中国の超監視型追跡アプリ「ウィーチャット」について話している動画があります。彼は、Twitterをそれと同じようにしたい、と言っています。
彼が本当に考えていることを表しているようで、とても冷ややかでした。

Gideon:
確かに。彼が言っていること、そして彼が本当に望んでいることをよく聞いてください。彼らはCSRQをTwitterに統合するでしょう。

Bill:
あなたは、これはすべてCovidのような物語を構築する一部であると言いました。
どういう意味か説明してもらえますか?

Gideon:
Covidでは、武漢ラボといわゆるバイオラボや実験に関する物語を構築するのに非常に長い時間をかけました。
コヴィッドを自然に発生するウイルスとして紹介するのではなく、懐疑的な人々の気を引いて、いわば偽のウサギの穴に入り込ませ、ウイルスへの信仰を強めるような物語を作ろうとしたのです。
なぜなら、ウイルスそのものが存在しないのですから。

Bill:
生物兵器 という言葉はかなり怖いと思いますし、そのような意味合いを含んでいます。
しかし、その結果、ファウチ博士をはじめとする米国の高官たちの印象がとても悪くなってしまいました。なぜ、そのようなことをさせたのでしょうか?

Gideon:
彼らは、彼が暴露されたことを全く気にしていません、なぜなら彼は保護されているからです。ジェフリー・エプスタインが保護され、健在で、流入のある活発なCSRQのアカウントを持っているのと同じようにね。
彼らは、自分たちの望みがかなうなら、自分たちの一部が公に犠牲になることを許します。

Bill:
なるほど。では、CSRQの物語を語る手法にはどのようなものがあるでしょうか?

Gideon:
物語がCBDC、デジタルIDの周りに構築されており、暗号自体が役割を果たすでしょう。MuskのTwitterは適応し、MuskはCSRQを支持し、サポートするために先頭に立つでしょう。
マスクはこれらの反人間監視プロジェクトに関与していますが、大衆は彼のすること全てに従うだけだということにお気づきですか?

Bill:
確かにそうです。彼は救世主で、私たちのことを見守ってくれている人だと思っているのです。まるでカルト的な個性です。

Gideon:
陰謀団は、人々を崖っぷちの笛吹野郎に従わせるのが得意だ。彼らはトランプをこのように利用したのです。

Bill:
Muskのような人がCSRQを支持するなら、人々はただ一列に並んで、それを買い求めるのが目に見えています。

Gideon:
CSRQ自体がオンラインになったとき、すでにシナリオが出来上がっていることでしょう。驚くようなことではありません。
むしろ、不換紙幣市場が崩壊するカオスのような現在のニーズを満たす、テクノロジーの自然な進化のように見えるでしょう。
フィアットと資本主義は、本質的に、攻撃され、結果として生じる問題のせいにされるでしょう。
一方、CSRQ、マスクのベンチャー、暗号ベースのUSDRは、歓迎される解決策とみなされるでしょう。

Bill:
ビットコインも大きな役割を担っているとおっしゃっていましたね。人々は、ビットコインが陰謀団の創造物であることに気づいていません。
ここにリンクを載せておきますので、そのことを学んでください。

Gideon:
そうです、元々はデジタル通貨として使用されることを意図していました。
しかし、その技術があまりにも原始的であることが明らかになったので、長年にわたって陰謀団は暗号の分野を繁栄させ、今ではその進歩のすべてをUSDR自体に取り込んでいます。

陰謀団が暗号に反対しているという考えは誤解を招く恐れがあります。
暗号は彼らに、既存の不換紙幣システム、特に既存の現金よりもはるかに多くの、完全な制御と監視の能力を提供します。
理想的には、最良の交換媒体は現金です。暗号の中には完全に分散化されているものもありますが、陰謀団があまりにも強力で、それを支配しているからです。

Bill:
Moneroのようなものはどうでしょう、それは心配でしょうか?

Gideon:
いいえ、Moneroは閉鎖され、資本市場から完全に切り離される可能性があるからです。
無価値な物々交換の道具として残されるだけで、それ以上のものではありません。
アクセスは結局、まだ存在するとしても、少数のユーザーを超えることはないでしょう。

Bill:
はっきりさせておきたいのですが、XRPとISOコインは、彼らが計画しているこの未来には何の役割もないのですか?

Gideon:
誰もが信じているような意味合いではありません。投資手段という意味でもありません。
CSRQが実装されたら、ソブリンクラスでない限り、誰もどんな市場にもアクセスできなくなります。それが、ここでの理解の失敗です。
一般の人は、CSRQの後もこの自由がすべて存在すると思い込んでいますが、そうではありません。
陰謀団がCovidを行ったとき、彼らの意図は何だったのでしょうか?人々が自由を持てるようにするためですか?
いいえ、CSRQも同じです。

Bill:
彼らの意図は、常に自由を制限し、言論を抑制することにあるようですね。

Gideon:
コビドでは、体に良いと言いながら、物を取り上げた。そして、自分たちが作ったワクチンというものを与え、それが解決策であると主張しました。
CSRQの場合、彼らは物事を取り上げて、それが体に良いと言い、その代わりに何か、彼らが作ったもの、CSRQを与え、それが解決策であると主張します。

Bill:
先日も指摘したのですが、新しいデジタル通貨が計画されていないのに、なぜゲートキーパーは新しいデジタル通貨が良いことだというシナリオを押し付けるのでしょうか?

Gideon:
彼らが意図した計画でないなら、そうしないでしょう。
彼らは明らかに、これに抵抗する可能性が最も高い人々を揺さぶって、これを受け入れるか、あるいは何らかの形で良いことだと信じさせる方法を見つけたいのです。
ですから、これはCSRQの非常に強い確証なのです。

Bill:
Covidでは、それに至るまで何年も予測的なプログラミングが行われていました。
つまり、彼らは常に小さなパンデミックを使って人々を怖がらせてきましたが、Covidは彼らのグランドフィナーレだったのです。
Netflixが映画「コンテイジョン」を何度も流していたようにね。
CSRQでもそのような例があるのでしょうか?

Gideon:
はい、たくさんあります。近未来のディストピアを扱った番組は数え切れないほどあり、人類がAIや超監視にどう対処していくかを描いています。
これはすべて、特に近年、ハリウッドによって広範囲に探求されています。
人々は、リセット後の世界、つまり1つのデジタル通貨と社会的信用スコアリングのある世界で生きるために、精神的に準備されているのです。

Bill:
彼らはまたパンデミックを計画しているのでしょうか?

Gideon:
はい、彼らはそうです。

Bill: 80%の致死率を持つ超猛毒の新型コビドを作ったという話がいくつか出ていますが、ご覧になりましたか?

Gideon:
はい

Bill:
それを見たとき、「またか」と思いましたよ。

Gideon: それは、パンデミックのシナリオが広く受け入れられることになるからです。左派の人々はコビットが実在すると信じ、右派の人々は政府が作った生物兵器の一種だと信じています。
だから、両者とも、さらに深刻で致命的なコビド・パンデミックに精神的に備えている。
懐疑論者でさえも恐怖に怯えることがあるのだ、ビル。恐怖の戦術に対抗するには精神的、霊的に強くなければならない

Bill:
そうならないことを祈ります。これはロックされているのですか?

Gideon:
そうです、彼らはそれを計画しています。

Bill:
いつやるんですか?

Gideon:
2023年です

Bill:
この経済崩壊と関係があるのでしょうか?

Gideon:
そうです

Bill:
では、私たちは二重の痛手を受けることになるのですね?

Gideon:
私はそれを期待しています。経済崩壊が起こることは分かっていましたし、それは前兆でしょうが、他に何をするかは分かりませんでした。
第三次世界大戦のシナリオがあり、パンデミックがあり、他にもある。
経済崩壊と同時にパンデミック(世界的大流行)を利用するのではないかと思っています。

Bill:
ある意味、かなりの大発見だと思います。でも、ショックでもないかな。
Covidのような、しかしもっとひどいことになるのでしょうか?
もっと閉鎖的で、もっと制限されたものになるのでしょうか?

Gideon:
はい、そして彼らはそれを正当化することができるでしょう。この新種は非常に致死的であるため、このようなことをしなければならないと主張するでしょう。
この点については、中国を見習うでしょう。中国は彼らの実験場です。
そこで何が起こっているかを見てください。悲惨なことになり、もちろん、すべて嘘でしょう。

Bill:
新しいワクチンはあるのでしょうか?

Gideon:
同じようなワクチンがもっとあるでしょう。
彼らは、陰謀団のために自分を犠牲にすることを望む魂が、この領域から出発し、次の領域へ送られることを確実にするために、要求されないが、推進されるだろう。
私の理解では、彼らは、これらの致命的なワクチンの最後の一押しを望んでいます。

Bill:
選択の余地のない子供たちはどうなるのでしょうか?

Gideon:
これは、私が話した、陰謀団が行った会議に関係しています。彼らが設定した新しいルール。
地球に対する彼らの支配権。彼らはもはやどんなルールにも従わないという事実。
以前は、陰謀団はいくつかのルールに従っていましたが、今はそうではありません。
その結果、より多くの悪が公然と現れ、より多くの凶悪犯罪が行われるようになる。
この場合、神が介入しており、子供たちが通過した後、その子供たちを保護する。

Bill:
私はすでにそれを見ています。ですから、あの会合が変化を引き起こしたことは間違いありません。
その場合、神は介入してくださると私も思います。言わなくてもわかっています。
しかし、これにはもっと深い疑問がありました。陰謀団がCERNを使ってタイムラインを変え、神をある種のキャッチボール的な立場に置くことができるのかどうか。
それについてもう一度触れていただけますか?

Gideon:
それは別の議論に留保されるべきです。しかし、私は明確にします。
私が上に言ったことで、私は出発した魂の子供たちを参照しています。彼らはいったんあの世にいる。
現在、この領域にいる魂については話していません。それは、あなたが言っている問題の方です。
陰謀団はこれに非常に力を入れており、私は、この次元の中で魂を隔離し、次の次元に移動しないようにする計画であると説明しています。

Bill:
わかりました。確かにその通りです。
子供がワクチンで死んだら、神は死後もその魂を保護するのですか?
彼らはアストラル界で陰謀団のために戦うことを余儀なくされるわけではありません。

Gideon:
いいえ、彼らは強制的に陰謀団のために戦わされることはありません。
この時点で、陰謀団は神が彼らの魂を守ることを知っているので、子供たちへのワクチン接種プログラムは陰謀団にとって死の儀式以外の何ものでもないように見えます。
また、子供たちの魂は神のもとに行くので、アストラルで正義の味方と戦うことはないと知っているので、子供たちを単に絶滅させることで満足しているようです。
殺す以外の目的は全くないのです。

Bill:
このようなことをする親は、霊的にはどうなるのでしょうか?

Gideon:
その時点で、彼らはサタンの所有物になるということです。
彼らはまだそれを知らないかもしれませんが、死ねば知ることになるでしょう。

Bill:
怖くてショックを受ける人もいるのでしょうか?
テレビが言うことを何でも聞く羊たちは、自分たちが正しいことをしていると思っているようです。

Gideon:
神はすべての被造物に、魂の中の真理を知る機会をお与えになるのです。
彼らは皆、真実を知っているのだ、ビル。彼らはそれを無視することを選びます。
そして、死後、その選択の真実が明らかになったとき、ある者は恐れ、ショックを受けるでしょう。悔しがるだろう。
しかし、キリストを呼び求める者はほとんどおらず、ほとんどの者は、地球で行ったように、ただ服従するだろう。
陰謀団はまた、死後の世界でトリックを使って、彼らをアストラル界に誘い込むでしょう。

Bill:
信じられない。もっと聞きたいのですが、第3部までお預けです。では、次に進みます。
あなたは2つの日付を知っていると思いますが、私たちが知っておくべきことは何か変わりましたか?
何かお聞かせください。

Gideon:
公にはしないと言っている以上、日程は明かさないし、近々ソヴリンに1つだけ明かします。
以前から申し上げていることは、概ね変わらないということは申し上げておきます。

Bill:
そうでなければ、少なくとも2023年のいつかということですね。

Gideon:
その通りです。

Bill:
あるソブリンが、これがどのように展開するのか、すべてを理解していないようでしたので、ここで質問があります。
彼らはCSRQがある日突然現実になると思っていたのです。私は、そうではなく、オンラインになる前に多くの混乱が起こるのだと説明しようとしました。
もう一度説明してもらえますか?

Gideon:
CSRQには前兆現象が必要です。
私たちはそれをリードしている、そのリードアップフェーズにいるのですが、その開始がもっともらしく、受け入れられるためにはイベントが必要なのです。
また、債務と不換紙幣のシステムをどのように解きほぐしていくかということにも関係しており、それは慎重なプロセスであり、一夜にしてできることではありません。

暗号が不換紙幣を通じてどのように使われるのか、つまり、彼らがどのように米ドルを買っているのかという点で、これはまだ進行中のプロセスなのです。
また、USDRを購入するために暗号を使用している理由もわかっています。それは、USDRの最終的な供給上限を設定するためです。
しかし、私は話が脱線しました。明日起きて、私たちの銀行口座にUSDRがあるのを見ることはできませんが、2023年のいつかには見ることができるでしょう。

Bill:
忘れないうちに聞いておきたいのですが、CSRQはどのような名称になるのでしょうか。
実際に「CSRQ」と呼ばれることはないでしょうが。

Gideon:
MuskがTwitterを「X」にしたいと言ったとき、それは少なくとも、彼がどんな名前を決めるのかに注目する手がかりであったことは確かです。
しかし、正確な名前、つまりタイトルはわかりません。使用される名称が普遍的なものになるかどうかもわからない。名前は関係ありません。
重要なのは、基盤となる上部構造がすべてつながっていることを知ることです。

Bill:
階級制度についてはどうでしょうか。人々は自分が何であるかを知らされるのでしょうか?

Gideon:
しかし、世界の大部分はコモンなので、より理解されるのは、違反すると降格させられるということでしょう。
実際にRestrictedと呼ぶのか、Quarantinedと呼ぶのかは不明です。
ただ、CSRQ内部ではそのような用語が使われていることは知っています。

Bill:
すべての銀行で共通に使われるとのことですが、名称はあるのでしょうか。すべてに何らかの名称があるわけですから。
すべてのものに何らかの名前がついているのですから「社会的信用システム」なんて呼ぶわけがありません。

Gideon:
何らかの名前がつくでしょう。人々はUSDRを使っていることを知るでしょう。
この社会的信用システムを知っているはずです。しかし、それが世界規模の陰謀団が管理するデータセンターであるCSRQに一元化されていることは知らないかもしれません。
これは、ほとんどの人が、すべての銀行取引がBISを経由し、すべての銀行取引が国の通貨や国境の概念を超えて中央管理されていることを知らないのと似ている。

もし陰謀団が、USDRとCSRQがすべて他の何かの分離した部分であるかのように見せたいのなら、ここには根底にあるごまかしがあるのかもしれない。
私たちは、これはすべてつながっていて、ひとつの世界的なシステムであることに警鐘を鳴らそうとしているのです。

今現在、人々は、米国がCBDCを「探求」しており、英国がCBDCを「探求」しているという非常に誤った信念を持っているのです。
これらは誤った話です。両国は、実際には、事実上すべての国が、標準通貨としてUSDRを受け入れるようになり、これは本質的にすでに実施されているのです。

Bill:
以前、私たちはすでにCSRQのようなものを導入しているとおっしゃいましたね。

Gideon:
私たちはそうしています。CSRQがやっていることはすべて、ある意味、既存のシステムの中にすでに存在しているのです。
陰謀団は何十年も前から忙しかったんだ、ビル。これは新しいことではありません。
CSRQはアップデートであり、オーバーホールなのです。また、従来の不換紙幣を完全に排除しており、彼らがどのように経済を再編成しているかという点で、非常に興味深いものがあります。

Bill:
これは大きな議論です。
正直言って、リセット後の経済がどのように機能するかという点で、Intel Drop全体をこれに充てる必要があると思っています。

Gideon:
私たちはそれを行うことができます。

Bill:
今、私は多くの不安を感じています。それは、あなたが子どもたちのことについて言ったことと同じだと思います。
さっきまで深い話をしていたのに、またCSRQの話に戻ってしまいました。
一息つきたいですね。もう一度、すべてをよく考えてみる必要がありますね。

Gideon:
そうだな、一本取ろうか
---

第2部 インテルドロップ後のエスカレーション 20

Bill:
テレグラムで悪魔崇拝の集団に、攻撃されているのを知ったんだ。これについて何か知っていますか?

Gideon:
インテル・ドロップ20の後、彼らはより関与を強め、少なくとも、我々をより標的にし始めるという課題を与えられました。

Bill:
グループはいくつあるんだ?

Gideon:
わかりません。しかし、私はTelegram上のグループを知っています。
それはプライベートなグループで、オカルトで訓練された高レベルの陰謀論者です。彼らがここに関与しているかどうか調べてみるつもりです。

Bill:
これは、私たちを攻撃しているエージェントグループとは違うのですか?

Gideon:
そうです

Bill:
目的は何ですか?

Gideon:
この手の集団がどう動くかについて私が知っていることによれば、複数の目的があるようです。
1つ目は、私たちのグループのメンバーを引き離し、彼らに参加させ、私たちに対抗するように仕向けることでしょう。
2つ目は、エージェントが行うのと同様に、様々な方法で公然と我々に対する攻撃を行うことです。
3つ目は、私たちに対して呪文を使うことです。

Bill:
呪文詠唱?それはどのようなものですか?

Gideon:
よくわからないが、陰謀団が好んで使う黒魔術であることだけは知っている。
最近、グループに何か違いがあることに気づきましたか?

Bill:
ええ、実はそうなんです。最近、多くの人が去っていきました。
このようにゆっくりと流出していくのですが、これは間違いなく、何人かがこうした悪魔崇拝のグループへと去っていったことを確認するもので、私にとってはうんざりすることです。
私たちの支持者は、あまり関与していないように見えますね。私が話したいと思っていた人たちから、連絡がないんです。彼らはただいなくなっただけです。
どうしたんですか?

Gideon:
これらのことが複合的に作用しているのかもしれませんが、呪文が効いているのかもしれません、もし彼らが本当にそうしているのなら、私はそう期待します。
そんなものは全く影響がないと信じたいが、十分わかっているので、おそらく影響があるのだろう。
人々が霊的に弱っているか、影響を受けやすいからこそ、効果があるのです。

Bill:
では、彼らが本当にしたいことは、私たちへの支援をやめさせることなのでしょうか?
それが主な意図なのでしょうか?

Gideon:
そう見えるかもしれません。インテル・ドロップ20の後、私が明らかにしたことで、事態はエスカレートすると言われましたが、それは別の方法でした。
我々を検閲するのでもなく、抹殺するのでもなく、別の方法で。だから、これはそういうことなのでしょう。

Bill:
では、彼らはむしろ、私たちを滅ぼすための別の方法を考え出したということですか?

Gideon:
そうです。
例えば、私たちがソブリンになれば、リセット後にそれが可能になると考えているのです。
私たちが弱くなり、主権者であることの快適さを好むと考え、そうすれば私たちに影響を与えることができます。
そして今、彼らはむしろ私たちのメンバーに影響を与え、私たちを見捨てようとしています。むしろ、さまざまな攻撃をして、私たちの信用を落とそうとします。
単なる検閲や消去よりも、こうしたことの方が、彼らにとっては満足なのです。
陰謀団は、地球での業績が予想を上回れば、彼らを指揮し支配するように見えるこれらの実体から、アストラルで報酬を得ます。

もちろん、脅威が大きすぎる場合は、その脅威を消し去るだけです。必要であれば、人も殺すでしょう。
しかし、私たちの場合は、私たちの情報の拡散を十分に阻止した後は、まるで猫がネズミを見るように、私たちを見るようになったのです。
彼らがいじくり回し、観察し、観察し、おもちゃにするものです。しかし、これが彼らのパワー・トリップなのです。
彼らは、自分たちは手の届かない存在であり、誰にでも影響を与えることができ、自分たちが信じさせたいことを信じさせることができると信じているのです。

Bill:
私はうんざりしています。この悪魔のような集団のために会員が減っていくのを見ると、気分が悪くなりますね。
信じられませんでした。あらゆる面で彼らが勝っているようなものです。私は気分が悪くなりました。私たちにできることは?

Gideon:
祈ること神に助けを求めること それが私のしていることだ。今、神の助けが必要なのです。

Bill:
わかりました、そうします。私たちがしていることが、本当に、本当に嫌われているという事実を、少し慰めるべきでしょうね。

Gideon:
私たちが脅威でなければ、彼らにとって脅威でなければ、彼らは私たちに悩んだり、私たちのために時間やエネルギーを費やすことはないでしょう。
だからそうだ、慰めを受けよう。

Bill:
奴らは俺たちが嫌いなんだ。俺たちは奴らの全計画を暴露したんだ。上から下までな。

Gideon:
彼らは、私たちがCSRQを暴露したことを好みませんが、それを阻止することができたので、それに耐えることができたのです。
しかし、CSRQを封じ込めたことで、情報は広がらなくなったし、多くの人が信じなくなった。
しかし、彼らはIntel Drop 20、私が言ったいくつかのことに本当に激怒していました、彼らは私がそのように話し続けることを望んでいないのです。

Bill:
スピリチュアルな話ですか?
彼らはそれをやめてほしいと思っているのですか?

Gideon:
そうです。

Bill:
では、彼らは私たちがパート3をリリースすることを望んでいないのでしょうね。

Gideon:
いいえ

Bill:
不思議なのは、少し前にリリースしたかったのに、それを阻むいろいろなことが起きていることです。
焦点が定まっていない感じです。

Gideon:
もし、あなたがそのように感じているなら、何らかの方法で妨げられているのなら、あなたに対して呪文がかけられているか、そのようなことが起こっているのかもしれませんね。
私はそれを理解していません。ざっとした知識しかありません。

Bill:
もし呪文があるのなら、それを取り除いてもらえるように祈ります。
それから、パート3を完成させるために、マイケルに編集を依頼するつもりです。私はそれを出したいのです。

Gideon:
いいね

Bill:
私が注目したのは、私たちのようなグループが山ほどあるということです。
例えば、陰謀団に対抗するものを投稿している、真実を求めるグループとか。ConspiracyBotは何年も陰謀団の暴露記事を投稿していましたが、私たちの情報を投稿したところ、そのアカウントはすぐにBANされました。
40万人のフォロワーがいるアカウントが、パッと消えてしまったんです。私が言いたいのは、他の団体では、このような執拗な攻撃や検閲を見たことがない、ということです。
ここは全く別の次元なのです。

Gideon:
それは、陰謀団が彼らに関心を持たず、脅威と見なさないからです

Bill:
あるいは、そもそも彼らは陰謀団の門番なのかもしれませんね?

Gideon:
それもあり得る

Bill:
真実を求める誠実な人たちがまだたくさんいますよね?
陰謀団を暴露しようとするグループやビデオチャンネルなどです。そういう人たちがいるのは知っています。

Gideon:
います、たくさんいます。しかし、大きなチャンネルはすでに妥協していたり、何らかの形でコントロールされていたり、そもそも大きな絵が見えていなかったりするのです。
中には単に間違った情報を書き込んでいるだけの場合もあるので、全く脅威ではありません。
多くは、心から、あるいは無意識に間違った情報を投稿しているので、陰謀団は彼らが何をしているかなんて気にも留められないのです。

Bill:
これは、Suspicious Observersのことを思い出します。彼らはポールシフトが起こると言っています。
彼らはまだ存在していて、本当に攻撃されているようには見えません。読者の皆さんは、それについてあなたの考えを知りたいと思うのではないでしょうか。

Gideon:
一般的には根拠のないことですが、磁場は動いています。
しかし、それで地球の自転が止まったり、マイルの高さの津波が発生したりすることはありません。

Bill:
では、彼らのスケジュールをどう思われますか?
来年になると思っている人もいれば、2046年とか、そのあたりだと言っている人もいますね。
本当に、本当に信じている人もいるんですね。

Gideon:
激変が起こったことは確かです、起こっています。
しかし、私はそれに関する情報を全く持っていませんし、私が今まで見たもの、得たもの、学んだもので、それが起こるということを示したものはありません。
陰謀団の活動も、それが起ころうとしていることを示すものではありません。
陰謀団は地球を支配し、多くのハイテクを伴うこれらの計画を実行することに関心を寄せています。
世界が破壊されようとしているのであれば、彼らはテクノロジーやトランスヒューマニズムに注目しないでしょうし、偽のパンデミックも何の役にも立たないでしょう。

Bill:
忘れないうちに言っておきますが、YouTubeでDavid Paulidesという名前の人がとても好きなんです。
彼について何かご存知ですか?

Gideon:
はい、彼のことは知っています。

Bill:
彼がソブリンになるとは想像できませんが、ご存知ですか、ご存知でないですか?

Gideon:
CSRQでの彼のクラスはわかりませんが、RestrictedかQuarantinedでしょう。彼は絶対にソブリンではありません。

Bill:
OK、よかった。Joe Roganは彼を自分の番組に呼ばない、あるいは興味がないようだと言っていたのを覚えています。
デビッドはがっかりしているようでした。なぜなら、彼はローガンが招待するタイプのゲストであり、招待するのに十分な資格と人気を備えているからです。
だから、陰謀団は彼の情報を外に出したくないのかもしれないと思いました。

Gideon:
ビル、これだけは言っておく。彼らが恐れているのはデイビッドの情報ではなく、デイビッド自身なのです。

Bill:
どういう意味ですか?

Gideon:
彼が話していることは、まだパズルのピースを全部はめていないので、その意味では陰謀団にとって深刻な脅威ではありません。
しかし、彼という人間を、彼らは憎んでいる。彼の魂を憎んでいると言ってもいいかもしれませんね。

Bill:
そんなことを言うとは思わなかった。私が思っていた以上に彼のことをご存じなんですね。
彼が調査している失踪事件について、どうお考えですか?

Gideon:
彼は非常に優秀で徹底した研究者です。
私は事実として、陰謀団は彼が話す失踪事件の真相を知っていますが、彼はそれを発見していません。彼はそれに近づいています。

Bill:
その正体とは?

Gideon:
失踪事件のすべてがこのカテゴリーに当てはまるわけではありませんが、その多くは陰謀団の儀式による拉致と、その後の殺害です。
また、それとは関係のない現象もあります。

Bill:
本当に調べて点をつなげば陰謀団に行き着くのですね?

Gideon:
はい、その時点で、彼らはより大きな行動を起こすでしょう。
今、彼らは彼の信用を失墜させようと躍起になっています。彼のビデオを見ると、自分を攻撃する人たちに苛立ち、かなりストレスを感じているのがわかるでしょう。
おそらく、あなたが経験したことと大差はないでしょう。あなたは以前、そんなことはめったにないと言っていましたが、彼はその良い例です。
彼は、私たちと同じように、彼らのレーダーに捕らえられているのです。

Bill:
そうです、彼はそのことを話していますよ。
私はその関連は知りませんでした。でも、彼を攻撃している人たちは、私たちが扱っているエージェントと同じような感じです。
だから、彼らがエージェントである可能性は間違いなくあると思います。

Gideon:
さて、これでわかっただろう、ビル。君は一人じゃないんだ。彼は善良な者の一人で、善戦してるんだ。

Bill:
攻撃してこないってことは、脅威じゃないんだな。これからはそれを名誉の印として身につけることにします。
ところで、Alex JonesがSovereignであることは知っていますが、彼はいつも非難を浴びているようです。
彼は私たちと同じカテゴリーではないのですがね?

Gideon:
いいえ、陰謀団は、実際に彼の知名度を上げるような方法で、協調的な攻撃キャンペーンを通して彼を昇格させました。
彼はまた、最近のサンディフックの裁判のために悪い弁護士を雇い、その中で彼は貧弱な防御をし、負けました。
陰謀団は彼に負けてもらい、詐欺や偽の銃撃などを批判することで言論の自由を侵害する前例を合法的に作りたかったのだ。
その意味で、ジョーンズは実際に陰謀団の利益に貢献したのです。

Bill:
彼はユダヤ人やイスラエルを批判することを拒否しています。
アラブ人がハリウッドを牛耳っているとか、バカなことを言っています。
だから、彼は彼らの門番なんです。

Gideon:
それについては疑問の余地はない

Bill:
最後に、内部告発者はどうしているのか、また、CSRQに報告すべき変化があったのか、お聞きしたいのですが。

Gideon:
彼らはよくやっていますし、期待どおりです。内輪で共有していることもありますが、公表すべきではないでしょう。
ソブリンに送る11月のアップデートで、それを共有することができます。

Bill:
OK、いいですね。
ある人から、ソブリンへの変更を申請した人がエージェントかどうかをどうやって知るのか、と聞かれました。良い質問ですが、説明をお願いします。

Gideon:
CSRQで全員のステータスをチェックします。RestrictedやQuarantinedになっていれば、エージェントでないことがわかります。
そのどちらかのクラスのエージェントを見つけたことはありませんし、それを期待しているわけでもありません。
ほとんどのエージェントはCommonで、Sovereignsは少数です。
このことから、応募してきた人はエージェントではないだけでなく、私たちの考え方に沿った人であると、極めて高い信頼性を持っているのです。

Bill:
皮肉なものですが、人を吟味するのに一番いい方法は、CSRQで調べることです。

Gideon:
はい、それが最も信頼できる方法であることがわかりました。
RestrictedとQuarantineの人たちに参加してもらいたいのです。
これから起こることは止められないので、その時に一緒に戦える人が必要なのです。

Bill:
これまでの私たちのチームについてどう思いますか?
もっとソブリンが必要だと思うでしょ?

Gideon:
大丈夫だと思うが、もっと必要だ、かなり必要だ。

Bill:
もっと多くの人に知ってもらえれば、もっと問い合わせが増えると思うのですが、リーチが完全に切れてしまっているんです。
急速に成長していたのに、代理店がすべてをエスカレートさせ、それが功を奏しています。どうにかならないものでしょうか。

Gideon:
私たちの仲間を励ますことです。テレグラムは良いリソースです。
助けを求めるのもよいでしょう。広めるために助けを求めてもいいのです。
あなたとマイケルだけでできることではありません。

Bill:
OK、そうしましょう。また、私たちの計画はどうなっているのかと聞かれたこともあります。
何人かの人は、私たちがCSRQを破壊する方法について何の計画も持っていないと思っているようでした。それについて少し話してもらえますか?

Gideon:
今すぐ公に開示するのは賢明ではないでしょう。そう、計画はあるのです。
私やビル、ここにいるマイケル、あるいは私たちソブリンだけが助けるのではありません。
他の人たちがいます。他のグループ。私が頼れる他のリソースがあります。

Bill:
あなたは、何人かの善良な人々があなたに手を差し伸べたと言いましたね、彼らは助けたいと。
大きな影響力を持つ人たちです。私たちは彼らをソブリンにするつもりなのでしょうか、それとも彼らはそれに関心を持っているのでしょうか?

Gideon:
そのことについては、一方的に言いたくはありません

Bill:
ソブリンにどれほどのことが期待されるのか、質問させてください。
戦ったり、スパイ活動をしたり、重大なリスクを負わせるのではないかと心配している人もいると思います。
また、適切な訓練を受けていなければ、役に立てないのではと心配する人もいると思います。
その点については、どうお考えですか?

Gideon:
私たちは、誰も不必要に危険にさらすことはありません。
すでに、全員の経歴やスキルのプロフィールをいくつか設定しています。各人の能力に応じて、戦略を立てていくつもりです。
例えば、軍隊の経歴を持つ者が、ある種の手助けをすることができるかもしれない。
しかし、私たちは傭兵集団になるつもりはありませんし、そのような性質のものでもありません。
慎重に、計画的に進めていく必要があるでしょう。

Bill:
OK、とてもいいですね。私は少し違う方向に進み、ワクチンに関する質問が出てきましたので、それに答えたいと思います。
ワクチンの中に酸化グラフェンが含まれていることがわかったそうです。
その酸化グラフェンは、ワクチンを接種していない人にどの程度のリスクをもたらすのでしょうか?

Gideon:
ワクチン接種者に触れたり、親密な行為をしたりすることは避けたいものです。
日常生活では、ワクチン接種を受けていない人に影響を与えることはないでしょう。
覚えておいてほしいのは、陰謀団はあなたや私のような人々に対して別の計画を持っているということです。彼らは私たちが死ぬことを望んでいないのです。

Bill:
OK。もう一つ、最後の質問です。
以前のIntel Dropで、あなたは米国政府から新たに名乗り出た内部告発者について話していましたね。
彼らは自殺について話していましたが、カナダが子どもたちに自殺を奨励しているという話を見ました。
もうひとつの確認です。彼らから何か新しい情報があったのでしょうか?

Gideon:
はい、彼らと話を続けています。彼らはさらに多くのことを明らかにしました。
それは、私たちがすぐに話すことができるものであり、将来のインテル・ドロップに含めることができるものです。

Bill:
いい感じだ。私たち二人とも、もう行かなくちゃいけないのはわかってるんだけど。
今日はありがとうございました。また近いうちにお話しましょう。

Gideon:
そうしよう。さようなら

▼インテルドロップ 第23回 FCSRQは脳の報酬系をハイジャックする
インテルドロップ #23 - FCSRQは脳の報酬系をハイジャックする

▼インテルドロップ 第22回 FTXの崩壊、選挙違反、その他
インテルドロップ #22 - FTXの崩壊、選挙違反、その他

▼インテルドロップ 第21回 イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語
https://keen-area.net/2022/1166/

▼インテルドロップ 第20回 CSRQは終わりのゲームではなく、始まりのゲームだ
https://keen-area.net/2022/1132/

▼インテルドロップ 第19回 カバルは彼らの下僕にこれから起こることを告げた
https://keen-area.net/2022/1098/

▼インテルドロップ 第18回 来るべき経済変動への備えは誰もしていない
https://keen-area.net/2022/1094/

▼インテルドロップ 第17回 宇宙のルールが変わる (その2)
https://keen-area.net/2022/1041/

▼インテルドロップ 第16回 CSRQの変更に関する内部告発者の最新情報
https://keen-area.net/2022/1021/

▼インテルドロップ 第15回 CSRQは世界に歓迎されると信じるカバル
https://keen-area.net/2022/1020/

▼インテルドロップ 第14回「宇宙のルールが変わる(前編)─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/999/

▼インテルドロップ 第13回 「陰謀団の切り札」─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/998/

▼インテルドロップ 第12回 陰謀団は誰にでも何でも信じさせることができる─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/1000/

▼インテルドロップ第11回 レベル5 消去・消去
https://keen-area.net/2022/1053/

▼インテルドロップ第10回 – お金はすぐに無価値になる
https://keen-area.net/2022/1052/

▼インテルドロップ第9回 – レベル4の攻撃が始まった
https://keen-area.net/2022/1051/

▼インテルドロップ第8回 中流・上流階級は一掃される
https://keen-area.net/2022/1048/

▼インテルドロップ第7回 CSRQの内部告発に関する最新情報
https://keen-area.net/2022/1047/

▼インテルドロップ第6回 巨大なUSDRのインフローが見られる
https://keen-area.net/2022/1040/

▼インテルドロップ第5回 彼私たちは陰謀団の注目を浴びた
https://keen-area.net/2022/1039/

▼インテルドロップ第4回 彼らにとっての天国、私たちにとっての地獄
https://keen-area.net/2022/1028/

▼インテルドロップ第3回 オルトメディアは信用できない
https://keen-area.net/2022/1027/

▼インテルドロップ第2回 行動的な真実と受動的な真実
https://keen-area.net/2022/1026/

▼インテルドロップ 第1回 CSRQは世界を引き裂く
https://keen-area.net/2022/1025/




https://justpaste.it/gideon-intel-drop-21
638 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧