国防総省の報告書が明らかにした、人工病原体とAIが関与する未来の戦争

2024-03-17

naturalnews.comより

このような情報は既に1年以上前にキンバリーさんが公開していた事ですが、一般のメディアにも出てきたので、掲載しました。

ランド研究所が発表した憂慮すべき報告書によると、研究者たちは人工の病原体を戦争に利用する可能性を検討している。この報告書は、国防長官室と国防研究所の支援を受けている。
バイオテクノロジーの進歩は、過去にはしばしばSFの中でしか観察されなかったが、今や現実のものとなっている。アナリストや専門家は現在、戦略的軍事計画における危険な技術の使用を検討している。

報告書は、ブレイン・コンピューター・インターフェイス、CRISPR遺伝子編集、mRNAワクチンなど、戦略的状況を変える可能性のあるいくつかの技術改良について詳述した。報告書はまた、高度なバイオテクノロジー能力を持つ国の数が着実に増加していることが、"戦争におけるバイオテクノロジーのダイナミックな未来 "を指し示していることを示唆している。

これまで、国家による生物兵器の使用は、巻き添え被害、特に自国軍への意図しない被害の危険性から制限されてきた。さらに、病原体はもともと制御不可能であり、敵にも味方にも危害を加える可能性がある。

このため、国家はしばしば標的を絞った暗殺など、より精密な応用を優先してきた。

War on the Rocksの報告によれば、アルカイダのようなテロリスト集団は、炭疽菌のような大規模な生物兵器の実験を行ったが、欧米の介入や高い資源コストなどの要因により、そのような試みはしばしば妨げられた。そのため、グループは通常兵器に焦点を戻すことが多かった。

バイオテクノロジーの急速な発展、特に人工病原体の分野は、新たな戦略的機会と課題を提示している。

人工知能の発達とCRISPR技術の利用しやすさと費用対効果の向上により、特定の遺伝子マーカーを標的とする病原体を開発するというコンセプトが実現可能になってきている。

しかし、このバイオテクノロジーの進歩は、新たな戦争戦略を提供するだけでなく、隠蔽の面でも大きな利点をもたらし、検知と予防をより困難なものにしている。(関連記事 ABSURD:国家気候評価報告書は、気候変動をパンデミックスや病原体と関連付けようとしている)

戦争には人工知能も関係するかもしれない

ジェフリー・ヒントンは、グーグルやオープンAIなどの企業が現在大儲けしている知的基盤となる技術の開発に貢献した。急速に進化するこの技術は、2012年にヒントンがトロント大学の2人の大学院生と取り組んだプロジェクトの一部だった。

2023年、ヒントンは過去10年間、AI分野における同社の取り組みを後押しするために働いてきたグーグルを去ることを発表した。彼は、フリーエージェントであることが、テクノロジーの潜在的な危険性について語る唯一の方法であったため、この決断に至ったと説明した。

ヒントンは、AIの予期せぬ結果がすぐに人間に危害を加える可能性があると警告する、急速に進歩するこの分野の多くのリーダーの一人である。

ヒントンは、もし自分が発言しなければ、"他の誰かが発言していただろう "とさえほのめかした。AIの先駆者から破滅論者へ」というヒントン氏の変貌ぶりを詳しく取り上げた記事では、彼と他の人々が、現在のAI開発の速度から「必要な一歩後退」をいかに促しているかが明らかにされている。

2023年3月、イーロン・マスクやアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックといった業界のリーダーたちやAI分野のリーダーたちも、A.I.開発の一時停止を求める公開書簡を発表した。

2023年3月22日の手紙の著者たちは、"人間と競争できる知能を持つAIシステムは、社会と人類に重大なリスクをもたらす可能性がある。"と警告している。

中国による生物兵器の脅威の高まりについては、以下のビデオをご覧ください。

https://www.brighteon.com/211c539f-6377-466e-978a-29907c562770


https://www.naturalnews.com/2024-03-15-defense-report-future-warfare-manmade-pathogens-ai.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1122 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧