インテルドロップ第1回 CSRQは世界を引き裂く

2022-09-02

web.archive.orgより

土曜日 - 2022年7月16日

みなさんこんばんは、今週は濃密な一週間でしたね。この1週間はとても濃密な日々でした。皆さんは私たちが持っているものの10%程度しか見ていないので、それを出すのは大変です、全部出すにはまだまだ先があります。

とにかく。ここ数日、Gideonと近況についていくつか話をしたんだ。以下は、私が共有できると彼が認めたやりとりです(これを編集してきれいにしてくれたマイケルに大感謝です)。

Bill:
どうですか?数日でYoutubeの再生回数が25,000回、Telegramのグループには2,000人が参加していると思うんだけど。

Gideon:
私の部下はそれを見て、自分たちの情報が伝わることを喜んでいます。ただ、このまま停滞しても、何の変化もないことは分かっている。すべてのチャンネルで5,000万回の再生が必要だと言いましたが、それは最低限必要なことです。

Bill:
当初は低レベルのエージェントがいました。その後、あなたがおっしゃったように、彼らは1日不在で、その後戻ってきました。そこで何が起こったとお考えですか?

Gideon:
「エスカレーション」です。わかりやすく言うと、レベル1からレベル2。私たちはまだレベル2です。

Bill:
レベル1と2の違いは何ですか?

Gideon:
レベル1の連中は、無意味な投稿をしたり、脱線させたり、ドラマを作ったり、攻撃したり、信用を落とそうと、グループに入り込んできます。彼らの仕事は、グループを混乱させ、新メンバーを遠ざけ、混乱を引き起こすことです。彼らはそれが得意ですが、見破るのは簡単です。

レベル2では、より良い訓練を受けたスタッフがやってきて、より良い関係を築き、信頼を得、疑惑の種を投下し、会話の舵取りをするのです。

Bill:
それは見ています。また、多くのオフトピック・ディスカッションが見られますが、これは彼らの仕業でしょうか?

Gideon:
ほとんどの場合、そうです。誰もがエージェントというわけではありません。エージェントの仕事は紛れ込んでバレないようにすることですから、彼らも時にはとても純粋に見えることがあることを忘れないでください。

Bill:
そうですね、DarkDayzはいつも見破れないので、とても助かっています[DarkDayzは以前はレベル2のエージェントでした]。

Gideon:
彼は素晴らしい仕事をした

Bill:
レベル3以上ではどうなるのでしょうか?

Gideon:
ここで公式のシャドーバニングが認可されることになります。テレグラムに新しい人がどんどん入ってきていた場合、それがストップします。動画の視聴も止まるか、無に帰すでしょう。

Bill:
それにどれくらい近づいているのでしょうか?

Gideon:
非常に近いです。草の根の活動を推し進めれば、彼らが冷たく止めるのは難しくなります。

Bill:
OK、あなた方はどうですか。近況を教えてもらえますか?彼らはどうですか?これをリリースして何か変わったことはありますか、新しいセキュリティの変更とか?

Gideon:
そう、警備を強化したのです。これに直接対応したのです。悪いことではありません。ただ、彼らの生活が少し大変になっただけです。

Bill:
彼らの上司はこのリークについてどの程度心配しているのでしょうか?

Gideon:
心配はしていますが、まだ業務を停止してまで止めるつもりはないようです。彼らはこの件を急ピッチで進めています。彼らはリーク者が高いクリアランスを持っていることを知っていますが、少なくとも300人がそのクリアランスを持っています。彼らの仕事を止め、調査すれば、すべてがストップしてしまう。彼らは優先順位を下げ、ただひたすら前進することを 選んでいるのだと思います。

彼らは、私の部下が全体を崩壊させるような「商品」を持っているとは思っていない。彼らは、私の部下がビデオや証拠を持っているだろうと思っているが、もしそれが表に出れば、彼らはこのすべてを台無しにするだけだろう。リーク者を探すのに多くの時間を費やす代わりに、あなたのやっていることを見て、後で核攻撃するつもりなのです。

Bill:
なぜ、今、核攻撃しないのでしょうか?

Gideon:
わかりません。彼らはデータマイニングや分析を行っているかもしれません。私たちが失敗すれば、私たちを通してリーク者を見つけられると考え、私たちを引き留めたいのかもしれません。彼らは証拠の痕跡を残しておき、私たちがリーク者につながることを望んでいるのかもしれません。

Bill:
あなたの仲間は 見つからないんですか?

Gideon:
彼らは私の部下が非常によく訓練されていることを知っています。証拠はないでしょう。彼らは世界中の20の核融合センターで、ソフトウェアに関わる高度なクリアランスを持つ人間を全て調査しなければならないでしょう。彼らは今、何らかの調査をしていると思いますが、彼らも私も知っています、それはゆっくり進むでしょう。

Bill:
データマイニングの話が出ましたね。私たちのグループの人たちが標的にされないことを祈ります。

Gideon:
関係ないですよ、ビル。グループのみんなは、RestrictedかQuarantinedだから、心配もしてない。彼らはこの情報を見た一般階級の分析を見たり、オルトメディアのソヴリンを見たりするはずです。彼らの関心は我々の仲間ではなく、その外にある。彼らのやり方は知ってるよビル今は大丈夫なんだ

Bill:
OK、それを聞いてうれしいです。調べてほしいという人のリストを送りましたが、それはどうなったのですか?

Gideon:
私の部下がそれを受け取って、かなり良いリストだと思ったようです。彼らが安全だと思う時間を見つけて、彼らを調べることができるかどうかが問題です。

Bill:
この話はしましたが、ブログに載せるなら、もう一回確認してもいいですか?これがどのように機能するのか、あなた方が実際に何をしているのか、みんな知らないと思うんです。

Gideon:
アカウントを調べるという意味ですか?

Bill:
そうです、それと日常業務の一般的なパラメータです。パート3に載せますが、その多くは数カ月前のものです。毎日、社員がどんな仕事をしているのか、状況を教えてください。

Gideon:
もちろんです。この数カ月で、彼らのタスクとフォーカスは変化しています。昨年末に導入されたとき、彼らは多くのブリーフィングといくつかのトレーニングを受けなければなりませんでした。彼らは、人類を家畜のように家畜小屋に押し込めるという、このリセット、計画についてたくさん話した。そのため、部下たちは最初から警戒態勢に入り、今後の戦略について膨大な情報を得た。それは不幸中の幸いでした。退屈なブリーフィングのすべてに、小さな詳細が大量に含まれていたのです。

Bill:
では、彼らは昨年仕事を始め、始める前にこの新しいシステムについてのすべてを学び、その後、彼らの仕事は何であり、どのように進化したのでしょうか?

Gideon:
「ソフトウェアのストレステスト」すべてのモジュールをテストします 本物のハッカーのように、外から侵入してくるのです。その際、目を見張ったのが、クラスシステムでした。

何カ月もかけて徹底的にストレステストを行った後、本稼働時に低レベルの銀行員や政府職員がすべてのモジュールにアクセスできるようにすることが優先されました。不具合の発生しやすさが問題になっているようで、その対策に取り組んでいる。エンパイア・ステート・ビルディングの高さまで積み重ねた何百万台ものハードディスクを想像してみてください。

Bill:
全員に再教育を行うべきでしょう。彼らはクラス替えをすることができます。もちろん、彼らは数カ月前に成功していますが、まだ成功しているのですか?

Gideon:
はい

Bill::
最後にアカウントを変更したのはいつですか?

Gideon:
It was for ******** on ** ** **."

Bill::
ああ、そうですか、かなり最近のことですね。それはいいことです。彼らの契約は2023年までですが、契約終了までずっとアカウントを変更できる感じなのでしょうか?

Gideon:
はい、そうしない理由は見当たりません。彼らは3番目に高いクリアランスを持っています。彼らの上には上司がおり、さらにこの全体を動かしている人物、いわば蛇の頭のような存在です。彼らの仕事には、ソフトウェア全体へのアクセスが必要ですから、そのような権限が必要なのです。

Bill:
では、彼らがクラスに変更を加えるとき、それがどのように行われるのか、簡単に説明してもらえますか?

Gideon:
はい。例えば、その人の名前をJohnとします。彼らは彼の名前と生年月日を検索します。すぐに見つからなければ、もっと情報が必要です。そして、その人が見つかると、プロフィール、ライフプロフィールが表示されます。このシステムは、陰謀論的、反政府的な感情を持つ人物にフラグを立てるようにできています。つまり、彼はクラスRだ。

まず、彼のデータを削除し、入れ替える必要がある。これは本当に重要なことです。削除は2段階あり、まずデータを削除してリポジトリに移動し、そこから軍事レベルの消去を行い、復元不可能にします。これでジョンは、新しい、新鮮な、まっさらな状態になりました。彼の古い過去は消え去りました。過去とのつながりもない。しかし、今は履歴がないため、目立つ存在になっています。だから、今度はそれをどうにかして、彼に歴史を与える必要があるのです。

誰かの真似をしてそのままにしておくことはできません。誰かの真似をして、何らかのスプーフィング手法を用いなければならないのです。なりすましで一番重要なのは、ネット上のハンドルネームを変えることで、これはシステムで簡単にできる。そして、あるネット上の書き込みの文言を変えることです。

例えば、Johnの新しいアカウントが、民主党のGaryという人物のものだったとしましょう。ゲーリーは数年前、Facebookでバラク・オバマを支持する投稿をたくさんしていました。彼らは、AIスピナーを使って、ゲーリーの投稿の文言をいくつか変更します。変更する内容は、それほど多くは必要ありません。これには数分かかり、完了です。

これで、ゲーリーの古いデータを使ったジョンは、より政府寄り、主流メディア寄りの経歴を持つ新しい人物に見えるようになりました。彼のアカウントは、クリーンで彼独自のものに見えます。彼は今、自動的にCommonかC classになる。次のステップは、彼の呼称をSovereignまたはSに変更することです。

これは簡単にできるのですが、いくつか注意しなければならないことがあります。ソブリンは約800万人、コモンからのアップグレードは約100万人分の空きがあります。そのため、私の部下が問題を起こさないのは、クラスのアレンジ、アップグレード、変更を行う仕事をする社員が他に何百人もいるからです。私の部下は管理者権限を持っています。だから、彼らが変更しても、システムは問題視しない。すでに何十人もの下級社員が、権限だけを持って、常に変更を行っているのです。"

Bill:
これは本当に複雑な話ですが、よくぞ説明してくれました。では、これだけの従業員がいて、彼らの仕事はアカウント・クラスを変更することだけなのですか?

Gideon:
同じビルで働いてる 違う階です。彼らは品質管理や他のトンデモない作業に追われています。彼らは常に人々をクラス・コモン、制限付き、隔離、ソヴリンに移動させている。

私が言いたいのは、クラスを変えることは珍しいことではなく、普通のことだということです。そのため、部下たちはアカウントを変更することは難しいことではないことを知りました。

だから、私の部下は、ジョンをRestrictedからCommonに、そしてSovereignに移動させたのです。しかし、それが終わらない。ソヴリンのクラスには、たくさんのパラメータがあります。特別な人たちのための役割があるのです。メディアの人間であったり、政府の役人であったりと、ほとんどの人が今の仕事の中ですでに役割を与えられています。

今、ジョンを政府関係者の役割にした場合、これは必ずしもジョンにとって理想的なことではありません。良いことに、「リタイア組」、つまり役割を持たないソブリンには、巨大なセクションがあります。約60万人です。私たちは、これらのソブリンは高齢で、すでに「役目を終えた」と考えていますが、そこには若いソブリンも含まれています。だから、うちの連中はジョンをリタイア役として配置するだけだ。そう呼ばれてはいないが、事実上そうなっているのだ。ちょうど私たちがあなたや他の人たちにしたようにね。

Bill:
これは非常に複雑ですね。では -- 私は知っていますが、これを読んでいる他の人は知らないでしょう -- インフローなしでソブリン口座を持つことはできないのですか?

Gideon:
管理上のクリアランス」が与えられていない限り、そうではありません。私たちは、トランプ、デサンティス、アレックス・ジョーンズのアカウントでこれを見ただけです。もっとたくさんあると思いますが、私たちが見たのはこれだけです。

つまり、インフローを持つ必要がないのです。猶予が与えられたので、1カ月か2カ月か分かりませんが、もっと長く待つことができます。これは最高レベル、絶対的な最高レベルで認められたものです。

Bill:
ああ、なるほど、そうですか。どのレベルだと思いますか?大統領レベル?E.U.の首脳レベル?

Gideon:
「そのようなもの」だと考えています。しかし、米国大統領やE.U.のリーダーがそのレベルだとは考えていない。この全体をリードしている背後の誰かでしょう。

Bill:
クラウス?

Gideon:
いいえ、Klaus Schwabではありません。彼がトップで動かしているのではありません。プーチンかもしれないと考えています。

Bill:
それじゃ意味がない、ギデオン。

Gideon:
世界を表面的なレベルで見ていたら、何もわからないし、何も理解できないだろう。

Bill:
うーん。わかりました。では、私たちがプーチンについて信じていると思っていることは、実は真実ではないのですね?

Gideon:
あなたが知っていると思うことのほとんどすべては、彼らがあなたに信じさせようと決めたことなのです。

Bill:
なるほど、ただ、それを全てに当てはめることはできないことがありますね。

Gideon:
「認知バイアス」あそこの連中はみんな悪いけど、こいつはなんとなく好きだから、悪い奴でもソブリンの奴でもない

Bill:
ああ、なるほど。その通りです。私たちは一歩下がって、感情を取り除かなければなりません。では、このプーチン説は揺るがないのでしょうか?

Gideon:
いいえ、そうではありません。私は主張したかったのです。

Bill:
さて、ミッションは達成されました。私の脳は凍りついて、1分間何を言っていいのかわかりませんでしたよ。

Gideon:
いいですね、そういうことです。自分の中にある生来の偏見を取り除いて、客観的に真実を見る必要があるんだ。

Bill:
この口座に話を戻しましょう。彼らはいくつかの口座を用意して、そこに後から流入してくることができるようにしています。この口座に何か入ってきたのを見たことがありますか?あなた方が最後にチェックしたのは3ヶ月前でしたよね?

Gideon:
その通りです。それ以来、チェックしていないと思います。もちろん、トランプやデサンティスに資金が流入していれば面白いのですが、それは彼ら次第です。私は彼らに優先順位の高いことしか聞かないようにしているのですが、ご存じですか?

Bill::
わかっています。今お聞きしたようなメディアの著名人への依頼は、やりすぎだと思われますか?

Gideon:
いいえ、大丈夫です。なぜなら、私は、彼らが完全に安心できる場合にのみ、その名前を確認するように強調したからです。他のことよりもそれを優先しないでくださいと言ったのです。

Bill:
よかった。それは重要ですが、それほど重要ではありません。

Gideon:
そうですね、そうではありません。私たちはすでに今年の初めにこれらのアカウントをたくさん見て、ほとんど全員がソブリンであることを確認していたのです、ビル。調べた有名人はほとんどそうでしたよ。私の部下はそれに飽き、すぐに、人を調べることに小さな、不必要なリスクを負っていることに気づいたので、やめました。

なるほどね。ワクチンを推進した有名人たちを見てください。彼らは皆、君主です。そして、代替メディアでは、ワクチンに反対しながらも、常に何らかのミスディレクションを提供していました。彼らはソヴリンです。

Bill:
もちろんです。オルトメディアはジョークです、あなたはそれを見せてくれましたね。では、誰がソヴリンなのか、経験則から推測するという意味では、何が良いのでしょうか?

Gideon:
私が知っているすべてのデータに基づいて、私の部下がこれらのアカウントを立ち上げ、それなりの規模のフォロワーがいる人は、おそらくソブリンでしょう。もし、グレート・リセットについて発言しているにもかかわらず、多くの支持者がいるのであれば、どうやってそれを維持できるのか疑問です。彼らはスクリプトを持っていて、求められていることをやっているか、ある情報を省いているのだと思います。例えば、ビル、彼らはグレート・リセットについて話していますが、CSRQや階級制度について話すのを拒否しています。

Bill:
そうですね、彼らはそこまでしか言いませんが、特定のものには触れないでしょう。

Gideon:
もし彼らがCSRQや私の部下が明らかにしたことを議論するのを拒否するなら、彼らは主権者です。

Bill:
私はそれを信じています。真実を知りたいと主張する代替メディア系が、もっぱらこの話題を避ける理由はないでしょう。ところで、あなた方はリアルタイムでソヴリンの地位を失う人、あるいは獲得する人を見たことがありますか?

Gideon:
下層部のチームが行っている、常にクラスを評価することです。人が出たり入ったりしているからです。システムは自動化されていますが、バグや問題を解決するために人間の注意とソフトウェアエンジニアが必要です。

ソブリンのメディアタレントがいるとしましょう、いやいや、彼らが音楽アーティストであるとしましょう。彼らはラップソングを発表しました。そのラップはワクチンについて言及していますが、良い意味ではありません。ここでAIが介入し、そのラッパーをコモンクラスに移動させます。そして、ラッパーのエージェントや代理人が介入し、何が起こったかを知らせ、解決します。ワクチンへの言及は、曲から削除されるかもしれません。ラッパーは「やりすぎだ」と言われます。単なるミスである場合もあります。

これは、このシステムが新しいから起こるのです。これらのソブリンは、すでに「イルミナティ」の一員でした。しかし、このソフトは新しいので、彼らは皆、少し調整しなければなりません。より細かくチェックされるようになりました。そして、ほとんどの人がミスをします。何千人もの従業員が取り組んでいる巨大プロジェクトです。

Bill:
この件については一日中話していられますね。Sovereign classの話に戻りましょう。あなた方はこれらのインフローを見て驚いていましたが、どのように、そしてなぜそれが起こっているのか説明してもらえますか?

Gideon:
それは、現在のシステムから資本を排出するためであり、会計メカニズムとして機能するものです。リセットの後、ソブリンアカウントにランダムな額のUSDRを与えているわけではありません。USDRは、現在のパラダイムやシステムにおけるソブリン個人の現在の富や地位に基づいています。それはまた、明らかに、富の流出を通じて、システムを崩壊させる方法として機能しています。資本は流出し、負債が残されます。これは、世界経済が完全に収奪されることにつながります。

Bill:
聞きたいのですが、これらの口座のローエンドとハイエンドはいくらなんでしょう?タッカーが5億ドル持っているのを見たのですが。

Gideon:
最低は5万9千ドルですが、長くは続きませんでした。最高値は数兆円です。

Bill:
です。それは、換算レートが1:43前後で推移しているからです。

Gideon:
そうです。

Bill::
そうです。Sovereignにはなぜ月給がないのか、あなたの部下たちは解明したのですか?

Gideon:
わかりました。私たちの世界のソブリンは皆、すでにとても裕福なので、必要ない、ほとんど冗長である、ということ以外はよくわかりません。「貧しいソブリン」は存在しないのです。彼らは皆、既存の資産を1:43の比率で変換しているので、リセット後は大金持ちになるのです。また、彼らが富を拡大できるような投資モデルが用意され、その意味で、銀行預金の利息のような、より優れた月収を生み出すことになると思います。

Bill:
なるほど。私たちはソブリンではなく、ソブリンになるわけですから、彼らのような超富裕層になる可能性は低いでしょう。むしろ、私たちにとっては挑戦なのでしょう。

Gideon:
でも、この換金率なら安心です。たった5万ドルのようなものでも、リセットの後はとても快適になる。そうなると210万ドルUSDRとなり、強力な購買力を持つことになります。大丈夫でしょう。リセットが起こり、翌日、銀行口座にログインすると210万USDRがあります。あなたは予防接種の必要性もなく、その他の制限もありません。あなたはこの状況に嫌な予感がしますが、同時に安心感、安堵感も覚えます。

Bill:
確かに。私は500万ドルを目指していますが、200万ドルでも十分でしょう。ところで、ソブリンへのクラス変更を希望する人がたくさんいるんだ。守れない約束はしたくないので、この要望をどう処理したらいいのかわからない。この件について、部下に聞いたか?

Gideon:
したんです。彼らは、これが公表されたとき、人々がそれを望んでいることを理解していました。彼らは、これが広まって、このリセット計画が止められることを望んでいると言い、私もそれに同意しました。もし、キーストロークを押して止められるなら、そうするでしょう。しかし、それはできない。彼らができることは小さな奇跡です。

ですから、彼らにはさまざまな選択肢があります。1つ目は、このことを世間に知らせて軌道修正し、この奴隷化計画を止めるか遅らせるように仕向けることです。もうひとつは、人々をソヴリンに変えることです。私は事実を知っています、ビル、彼らはほんの一握りの人たち以上のことはできないでしょう。100アカウントは無理だ、リスクが高すぎる。

Bill:
どう言えばいいんでしょう?

Gideon:
約束はするな。そもそも、これを破壊するためだけに働く私たちに焦点を合わせてください。自分がどの階級であるかを気にする必要のない世界にしよう。

Bill:
同意します。しかし、私たちがこのUSDRを手に入れるためにつぎ込んだお金はどうなるのでしょう?私たちはそれを失うことになります。立ち上げる前に壊してしまったのですから。

Gideon:
私はそれで全く問題ありません。世界を救うことになるし、その過程でお金も失うことになるんだから。

Bill:
私も大丈夫です。ソブリンであることは保険であり、また、我々が止められない場合は、妨害するためのバックアッププランでもあるのです。

Gideon:
その通り

Bill:
時々、私たちはこれができる、これを止められると、素晴らしい気分になります。そして、何十億もの人々が眠っているのに比べ、私たちは今、テレグラムの中の数千人に過ぎないことに気づきます。

Gideon:
だからこそ、このバックアッププランがあるのです。もし、レベル3や4にエスカレートして、シャドーバンされたら、もっとひどいことになったら、私の部下はソブリンクラスを増やしたいと思っています。完全に削除されるかもしれないので、もしあなたが誰かとコンタクトを取れば、その人を巻き込むことになります。私たちはそちらに焦点を移しますが、まずこれをチャンスとしなければなりません。

Bill:
そうですね。でも、もしできなかったら、この後の計画はどうなるんでしょう?リセットが起きたら?

Gideon:
「ソヴリン」にした人たちに協力してもらい、内部から妨害するんだ。世界を救うのは、私たち次第です。私たちの友人たち、私たちの信念を共有する兄弟姉妹たち、隔離されたり制限されたりしている人たちを救うためにね。彼らの行く末は考えたくないね。

Bill:
もし私がソブリンに変わらなかったら、私は隔離され、持っているものすべてが奪われ、財産がすべてなくなり、罰金を取られ、警察が訪問し、そしてドローン、結果はわかっています。ドローンで気絶させられ、ワクチン接種を受けるまで1ヶ月はかかるだろう。

Gideon:
君に勝ち目はない 私たちの誰もがそうだ。森の奥深くに行き、山男のように暮らせば、ドローンに見つかるまでに数ヶ月、1年はかかるだろう。

Bill:
でも、それなら、あなたが一般的かどうかさえ問題じゃない。ワクチンは必要です。

Gideon:
そうだ 彼らがすることに逃げ道はないのです。

Bill:
友人や家族から 反感を買うんです 私たちの成績が悪いと 彼らの成績が下がるからです

Gideon:
家族や友人が、社会的信用システムのために、数日から数時間のうちに、お互いを引き裂くのを見ることになるでしょう。彼らは人々を互いに対立させたいのです。彼らはこれを望んでいるのです、ビル。

Bill:
このソヴリンの問題について、告知や特別なメールをしたほうがいいでしょうか?

Gideon:
いいえ、もし彼らがあなたに連絡し、自分たちの存在を知らせる方法を見つけられないのなら、彼らは必要ありません。いざとなったら、一番賢い、一番優秀な人が必要なんだ。人の手を煩わせないように。では、一度だけ質問させてください。あなたにコンタクトしてきたソブリンの候補者の中に、いい人がいると思いますか?

Bill:
実はいるんです。私も彼らを失望させたくはないのです。

Gideon:
OK、それでいい。予想していたことだ。干し草の山から何か針が見つかると思ってたんだ。彼らを待機させながら、主な目標に集中するんだ。こんなことになる前に止めないと。この世界は地獄になる たとえ我々が君主であっても 友人や家族が破壊されるのを 見なければならない もし彼らが我々と一緒に来なかったなら 強制的にワクチン接種されるんだ 想像できますか?

Bill:
そんなの見て生きていたくないよ。思いつく限りでは、最もつらいことです。もし私に幼い子供がいて、何らかの理由で彼らをソブリンにできなかったら、どうやって生きていけるかわかりません。私はできません。

Gideon:
「防ぐ」ことに全力を尽くそう。あらゆることを。腐敗していないオルトメディアの人たちがいれば、もっと簡単だ。彼らを見つけよう。

Bill:
やってるよ、やってる。ところで、なぜタイムテーブルを早めたのでしょう?なぜ今なのでしょうか?

Gideon:
いろいろな理由があります。でも、一番上は、何人かはとても年を取っています。彼らは、自分たちが生きている間にこれを見たいと考えています。彼らは今、それを実現する技術があることを知っていて、それを少し先延ばしにしただけなのです。2025年から2030年の間に、関係なくやってくるものでした。今、それは急速に来ています。

この記事と私たちのリンクは、私たちのメインサイトWe Are Sovereignで更新されています。

▼インテルドロップ 第23回 FCSRQは脳の報酬系をハイジャックする
インテルドロップ #23 - FCSRQは脳の報酬系をハイジャックする

▼インテルドロップ 第22回 FTXの崩壊、選挙違反、その他
インテルドロップ #22 - FTXの崩壊、選挙違反、その他

▼インテルドロップ 第21回 イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語
https://keen-area.net/2022/1166/

▼インテルドロップ 第20回 CSRQは終わりのゲームではなく、始まりのゲームだ
https://keen-area.net/2022/1132/

▼インテルドロップ 第19回 カバルは彼らの下僕にこれから起こることを告げた
https://keen-area.net/2022/1098/

▼インテルドロップ 第18回 来るべき経済変動への備えは誰もしていない
https://keen-area.net/2022/1094/

▼インテルドロップ 第17回 宇宙のルールが変わる (その2)
https://keen-area.net/2022/1041/

▼インテルドロップ 第16回 CSRQの変更に関する内部告発者の最新情報
https://keen-area.net/2022/1021/

▼インテルドロップ 第15回 CSRQは世界に歓迎されると信じるカバル
https://keen-area.net/2022/1020/

▼インテルドロップ 第14回「宇宙のルールが変わる(前編)─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/999/

▼インテルドロップ 第13回 「陰謀団の切り札」─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/998/

▼インテルドロップ 第12回 陰謀団は誰にでも何でも信じさせることができる─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/1000/

▼インテルドロップ第11回 レベル5 消去・消去
https://keen-area.net/2022/1053/

▼インテルドロップ第10回 – お金はすぐに無価値になる
https://keen-area.net/2022/1052/

▼インテルドロップ第9回 – レベル4の攻撃が始まった
https://keen-area.net/2022/1051/

▼インテルドロップ第8回 中流・上流階級は一掃される
https://keen-area.net/2022/1048/

▼インテルドロップ第7回 CSRQの内部告発に関する最新情報
https://keen-area.net/2022/1047/

▼インテルドロップ第6回 巨大なUSDRのインフローが見られる
https://keen-area.net/2022/1040/

▼インテルドロップ第5回 彼私たちは陰謀団の注目を浴びた
https://keen-area.net/2022/1039/

▼インテルドロップ第4回 彼らにとっての天国、私たちにとっての地獄
https://keen-area.net/2022/1028/

▼インテルドロップ第3回 オルトメディアは信用できない
https://keen-area.net/2022/1027/

▼インテルドロップ第2回 行動的な真実と受動的な真実
https://keen-area.net/2022/1026/

▼インテルドロップ 第1回 CSRQは世界を引き裂く
https://keen-area.net/2022/1025/



https://web.archive.org/web/20220807022917/https://oculumlabs.com/bills-blog-gideon-update-crsq-1/
832 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧