ビル・ゲイツは、世界の国々に合成肉を食べさせたいと考えている

naturalnews.comより マイクロソフト社の共同創業者で億万長者の優生主義者であるビル・ゲイツ氏は最近、MITテクノロジーレビューの取材に応じ、欧米のすべての第一世界の国々に着実に偽肉食に転換させるという最新の計画について語った。 人工牛肉を製造するビヨンド・ミート社に早くから投資していたゲイ...続きを読む

無肥料、無食糧。化石燃料の世界的な停止は飢餓地獄への最短距離 - 無知な左翼のための基本的な化学のレッスン

naturalnews.comより 人工的な食糧不足は、飢饉や飢餓、社会不安を引き起こすことによって、地球全体の過疎化を達成するための武器である。 世界的な飢饉を実現する最も手っ取り早い方法は、肥料の供給を絶つことです。肥料がない=食べ物がない。 そして、肥料生産を停止させる最も手っ取り早い方法は...続きを読む

トヨタが電気自動車に本格的に取り組まない理由はここにある

zerohedge.comより 近年、多くの自動車メーカーが全電気自動車の開発に数十億ドルを投じているのに対し、トヨタはこの技術にはるかに慎重に取り組んでおり、代わりにプリウスなどのハイブリッド「電化」車のポートフォリオに投資を続けることを選択しています。 20年前にプリウスが発売されたとき、日本の自動...続きを読む

エネルギー市場の次の危機。オイルタンカーの不足

EU によるロシア産の石油・燃料の禁輸措置が迫る中、タンカー、特に氷上タンカーの需要が高まっている。 8 月上旬には石油製品タンカーの平均利益が 1997 年以来の高水準に跳ね上がったが、それ以 降も利益は増加しているようである。 世界の燃料市場も逼迫しており、タンカー価格の高騰と相まって、インフレ懸念が高...続きを読む

カリフォルニアのネット・ゼロ・エネルギー・モデルはすでに破綻している

thelibertybeacon.comより なぜ、米国の他の国も真似をしなければならないのか? 「ネット・ゼロ」エネルギー政策に関して、最近のバイデン政権から発せられるコメントは実に目まぐるしい。カリフォルニアの狂ったようなエネルギー政策が、他の国の良いモデルになるだろうと、アメリカ人は今、言われている。...続きを読む

2030年までに数百万台の電気自動車用バッテリーが廃棄される、時限爆弾になりうるものに対処する準備はできているか?

binsider.bondより リチウム電池の進化は、矛盾とインフラのハードルの両方を生み出しており、早急に対処する必要があるとの指摘もあります。その重要な要素のひとつが廃棄物処理である。 現在から2030年までの間に、600万個以上の電気自動車(EV)用バッテリーパックがスクラップとして廃棄されると予...続きを読む

アマゾン、火災や電気爆発が相次ぎ、フルフィルメントセンターの太陽光パネルをすべてシャットダウン

naturalnews.comより 武漢コロナウイルス(Covid-19)の大流行が始まったとき、Amazonは不思議なことに、フルフィルメントセンターの屋根に取り付けられたソーラーパネルが関係する火災や爆発を見始め、小売大企業は安全のためにすべてのパネルを取り外すよう促されました。 最も古い事件のひと...続きを読む

ウクライナ、ロシアの送電網から接続を解除

tapnewswire.comより 欧州の電力ネットワークへの接続を目指す国 ウクライナは、両国のエネルギーシステムの運用に関するモスクワとの協定を終了したと、タラス・メルニチュク政府議会代表が火曜日(2022/08/23)に発表した。 「2012年7月12日に締結された、ウクライナの統一エネルギ...続きを読む