太陽エネルギーを最長18年間貯蔵できる液体燃料を開発

thepremierdaily.comより 太陽は、植物や微生物に命を与え、私たちに暖かさと日中の明るさをもたらし、無限の再生可能エネルギー源となっています。お湯や家を沸かしたり、車を走らせたりするには、太陽エネルギーが第一の選択肢となるはずです。しかし、太陽電池業界が長い間、頭を悩ませている問題がありま...続きを読む

海軍の「UFO特許」はエイリアン技術の隠れ蓑か?

ancient-code.comより 海軍の奇妙な「UFO特許」は、無限のエネルギーと宇宙旅行の源を証明し、世界を変える準備ができているように見えた。しかし、この技術は本物なのか、どこから来たのか? この公開されたUFO特許は、リバースエンジニアリングされた地球外の技術の隠れ蓑なのか?あるいは、中国...続きを読む

アルミニウムと水を使って水素を製造する方法を発見

naturalnews.comより エネルギーや輸送の分野で、化石燃料に代わるものとして注目されているのが水素です。しかし、水素の製造や輸送は複雑なプロセスを必要とします。しかし、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者グループは、アルミニウムと水を使って水素を製造する方法を発見した。 MITの研...続きを読む

よりクリーンな方法で、水から水素を取り出すことはできないだろうか。

naturalnews.comより 水を分解して再生可能な水素エネルギーを生み出すことは、一見すると良いことのように思えるが、そのためには化石燃料のような「汚れたエネルギー」を大量に必要とすることになる。デラウェア大学とコロンビア大学の研究者たちは、米国化学会誌「ACS Catalysis」に掲載された研...続きを読む

「世界最強」の潮力発電機が発電開始

naturalnews.comより スコットランド北東部の海岸に設置された「Orbital O2」と呼ばれる680トンの潮力発電機は、世界で最も強力な発電機として知られています。オークニー付近に固定されており、今後15年間で2,000世帯分の年間電力需要を賄うことができる容量を持っています。 Or...続きを読む

スコットランドの電気自動車用充電スタンドの電力を潮力でまかなう

今週、潮力を利用した電気自動車用の充電ステーションが稼働しました。スコットランドのエネルギー企業「Nova Innovation社」が製作したこの充電スタンドは、約100の島々からなる群島、シェットランド島のイェル島に設置されています。このステーションは、Yell島とUnst島の間のBluemull Sou...続きを読む

錆びることで何日も電気を蓄える新しい「空気鉄」電池

naturalnews.comより 米国の新興電池メーカーが、錆びることで長時間電気を蓄える「鉄空気電池」を開発しました。マサチューセッツ州に本社を置くForm Energy社は、鉄と空気の反応を利用してエネルギーを蓄える「鉄空気電池」が、現在のリチウムイオン電池よりもはるかに低価格であることをアピールし...続きを読む

より多くのエネルギーを蓄えることができる高エネルギーマグネシウム電池を開発

naturalnews.comより マグネシウムを使用したエネルギー貯蔵技術は、リチウムイオン電池に匹敵する性能を備えていましたが、近年の技術革新により、その性能はさらに向上しました。この新しい電池は、有機電極と塩化物フリーの電解液を使用することで、蓄電容量と放電エネルギーの大幅な増加を実現しました。 ...続きを読む