インテルドロップ#29 - 宇宙のルールが変わる(その3)

2023-02-26

justpaste.itより

Gideonの情報はそもそもが出資詐欺の為ですから、全面的に信用は出来ませんが(カバルが何をやろうとしているかの)情報としての正確性は高いです。少なくとも多くの人が称賛するQやトランプよりも信頼性は高いです。なぜならその人たち─Qとトランプの信者─は「多くの人が称賛することは偽情報」と言っているにもかかわらず、その情報は大多数の支持を得ているからです。こんな単純なロジックも理解できない人は目覚めた人ではありません。とは言えこのGideonもあくまで「情報」としてご参照ください。ページ下部に全情報のリストがあります


Bill:
すぐに伝わるといいんだけど、最近僕らのやりとりが短くなって、君が僕に遠慮しているように見えるんだ。どうしたのか聞いてもいいですか?

Gideon:
知ってる。聞いてくれてうれしいよ。断っておきますが、個人的なことではありません。この数週間、私の心と体に重くのしかかっていたことと関係があるのです。私は、展開されていることについて、より多くを学びました。

Bill:
OK、わかりました。この宇宙の変化について話をする準備はできていますか?私たちはそれを先延ばしにしてきましたから。

Gideon:
できてる

Bill:
よし、メモを取ろう

Gideon:
もちろんです。

Bill:
前回のエントリ、パート1(https://keen-area.net/2022/999/)とパート2(https://keen-area.net/2022/1041/)を読み直しました。あなたにとって、多くのピースが集まったように見えましたが、先月、あなたは思っていたのとは違うと言いましたね。何が変わったのでしょうか、新しい情報を得たのでしょうか?

Gideon:
まず、知っておいてほしいことがあります。私はずっと、これを止められるという希望を抱いていたのですが、あなたにはそれを伝えませんでした。隠していたのです。私は最悪のシナリオ、最悪の結果をあなたに伝えました。あなたや誰にも偽りの希望を与えたくなかった。しかし、私は希望を持っていました。私が信頼していた人たちが保証してくれたおかげで、私は希望を持っていました。

Bill:
なるほど、それは驚きです。その人たちは誰ですか?

Gideon:
情報機関の人間で、何年も一緒に仕事をしてきた人たちです。私が彼らにCSRQに関する内部告発者の情報を伝えたところ、彼らはそれを確認しました。彼らはそれに同意しましたが、一貫して私に、この計画は何らかの形で阻止される、防止されると言っていました。私はこれを共有したことはありません。

Bill:
なぜ、そうしないのですか?

Gideon:
この緊急性を押さえないといけないと思ったからです。Q Anonのような、偽の希望を提示するような陰謀団の門番作戦も知っていました。ただ、昔の同僚をそれと関連づけることはなかったし、彼らがそのような偽情報を流している可能性を疑うこともなかった。私は彼らを信じていましたが、彼らの意見を共有することは控えていました。

Bill:
では、この間ずっと、彼らは私たちについて何を言っていたのでしょう?CSRQについてですか?私たちソブリン・チームについてですか?

Gideon:
支持はしてくれましたが、否定もされました。彼らは、この計画はうまくいかない、米国政府にはこのすべてに反対し、反対する組織が多すぎる、と言うでしょう。数カ月前、彼らのうちの1人が私に、この計画をすべてやめるように、私たちがやっていることをやめるようにと言い始めました。その時、私は彼らに疑問を持ち始めました。

Bill:
そもそも、あなたは彼らをどの程度信頼していたのですか?

Gideon:
彼らはCSRQのような機密プログラムにアクセスできる立場の人たちです。ですから、彼らの知識は、私にとっては信頼できるものでした。

Bill:
それで、最近彼らとどうなったのですか、まだ彼らと話しているのですか?

Gideon:
いいえ。いいえ、縁を切っただけでなく、私は彼らに踊らされていたのだと知りました。私は彼らに監視されていたのです。私は間違った人たちを信じてしまったのですが、彼らの破壊的な行動が私たちのやっていることに影響を及ぼさないようにしたことにとても感謝しています。

私にとっては、これは個人的な失望というより、私が持っていた最後の希望の光だったのです。彼らはいつも私に、陰謀団は負けている、などと迫ってきました。Qアノンから聞く話と非常によく似ています。私は半信半疑でしたが、彼らは実際に私に希望を与えてくれました。

Bill:
彼らはQ Anonについて何か言っていましたか?彼らはそれについて話したのでしょうか?

Gideon:
彼らは、それがサイコパスであることに同意していました。彼らはそれを全く支持しませんでした。だから、陰謀団は負けているという彼らの抗議はもう少し信用できたし、彼らのことをもっと信じるようになりました。

Bill:
彼らはソヴリンなのか?彼らはずっと陰謀団のために働いていたのですか?

Gideon:
昨年、内部告発者に調べてもらったところ、彼らはRestrictedかQuarantinedクラスでした。私たちや、CSRQで彼らを見つけることができたかもしれない人たちを欺くために、わざと変更されたことがその後判明したのです。彼らはソブリンですが、CSRQでは公式にそのようにリストされていません。つまり、彼らは二重スパイと言えるでしょう。しかし、CSRQがオンラインになれば、彼らはソブリンになるのです。

Bill:
では、最初からあなたに対する作戦だったのですね。

Gideon:
私は今、そう思っています。私は彼らに深く裏切られたと感じている。私は彼らが陰謀団に属しているとは決して信じていませんでした。彼らが愛国者であり、クリスチャンであり、新世界秩序に反対していることは知っていました。彼らは、9月11日が内部の犯行であることなど、とてもオープンにしていました。彼らはシナリオを理解し、これが何年も前からどのように展開されてきたかを知っていました。しかし、この点、CSRQに関しては、特にアメリカ自身によって止められると主張していました。

Bill:
彼らがあなたに対してどのように工作していたのか、もう詳しくご存知ですか?いわば、いつダークサイドに変わったのか、とか?

Gideon:
いいえ、あまり知りません。何十年も前の関係なので、いくつかのことを調整するのに苦労しています。しかし、それを見てみると、彼らはもっと最近、おそらく近年になって陰謀団に取り込まれたか、加わったか、あるいは私を欺くこの使命を果たせばソブリンになれると持ちかけられたか、そしておそらく私のように話しかけている人たちもいるのだろうと思わざるを得ません。私は今、彼らの使命はCSRQについて知っている人を探し出すか接触し、それに対する真の抵抗を防ぐために、それが破壊されるか止められると伝えることだと考えています。

Bill:
彼らは私たちに損害を与えたと思いますか?彼らは私たちに潜入していたのでしょうか?私たちのことを知ったのでしょうか?

Gideon:
彼らは私たちソヴリンのことをよく聞いてきました。明らかな形ではありませんが、私が気づき始めたほどで、これはここ数ヶ月のことです。私たちが何をしているのか、それについてどれだけ問い合わせがあるのかに気づき始めたのです。私は彼らにほんの少しも情報を提供したことはありません。ですから、そのような形で妥協したことはありません。

ただ、私が物事に取り組む際に、心理的に危うくなることがあったかもしれません。というのも、彼らは常に私にCSRQは失敗すると断言していたからです。そのせいで、私は緊急性を欠くようになったのかもしれませんね。

Bill:
さて、人々は私たちのIntel Dropsについて尋ね、パート3について、なぜ長い間投稿しなかったのかと尋ねますが、そのような意味で、あなたは緊急性が薄れたと思いますか?私たちは十分なことをしていないのでしょうか?

Gideon:
そうですね、そういう意味では影響がありましたね。私は、あなたやマイケルに、できる限りのことをするように迫りませんでした。私は物事を見て、私たちにはソヴリンのチームがある、でも願わくば私の友人たちが正しくて、こんなことはどうでもよくなると自分に言い聞かせたのです。CSRQは失敗し、陰謀団も失敗する。私はそれを信じたかったし、信じました。でも、内部告発者が私に話していたことは、私の古い同僚が言っていたことと矛盾していたので、私は距離を置いていたのです。

Bill:
では、彼らはCSRQが実現しないと思っていたのですか?彼らはこれらすべての確認事項を見ていなかったのでしょうか?あなたが言った多くのことが、すべて起こっているのです。

Gideon:
彼らはそれが現実であることを知っていました。彼らはそれがすべて現実であることを知っています。彼らはそれを決して否定しませんでした。彼らは単に心理学的な戦術、微妙なものを使って、陰謀団が負けていると言っていたのです。たいていの場合、彼らは私に、アメリカ政府の多くの高官がこれに反対し、気づいていて、このすべてを阻止しようと計画していると主張しました。それはQアノンと似たようなセリフでしたが、彼らはQアノンを否定していました。しかし、ここ数ヶ月、私は本当に疑い深くなりました。

Bill:
パート1やパート2で語られていたことを持ち出したことはありますか?もっとスピリチュアルな議論?何か言っていたのかどうか、気になります。

Gideon:
はい、彼らは言及しました。彼らは私が間違っていると言いました。彼らの何人かはクリスチャンで、少なくとも、そうであると主張したり、そうであるふりをしたりしています。彼らはそのマントを頭上に高く掲げ、毎週日曜日に教会に通い、また愛国者のふりもしているのです。そのうちの1人が、私のことを神への冒涜に近いと言ったんです。昨年11月、ある議論が白熱した。ここでも彼らのシナリオは変わることなく、陰謀団は負けている、私は時間の無駄だ、などと言い続けました。彼らは私の決意を失わせようとしたのです。

Bill:
どのように彼らと話をしたのか、それは実生活なのかネット上なのか、聞いてもいいですか?それとも、そのことには触れたくないのでしょうか?

Gideon:
あなたと私の話し方とは全く異なる能力であったことは言うまでもありません。しかし、ある程度は安全。フォーマルでありながら、インフォーマルでもある。長年、同僚として一緒に仕事をしてきた中で、確立されたコミュニケーションという線が強いですね。

Bill:
彼らとの仕事上の関係について教えてください。彼らの立場は?米国の諜報機関のようですが、そうなんですか?

Gideon:
しかし、これ以上我々を追い詰めたくはない。名前や所属事務所を言っても削除されると思うので、意味がない。なぜなら、彼らは友人であり、私が信じていた人たちです。そして、今のところ、米国政府に善良な人が一人もいないという希望は打ち砕かれました。政府全体が隅から隅まで汚染されている。それだけでなく、筆舌に尽くしがたいほど邪悪だ。彼らがオハイオでやったことを見てください。

Bill:
知っていますよ、そのことは後で聞きますね。あなたが同僚に話をするとき、彼らはどのような方法でCSRQを止めると言いましたか?

Gideon:
彼らは、米国はそれに同意していない、決して同意しないだろうと言っていました。最初は、ヨーロッパですでに実施されているWEFのプログラムのいくつかに米国があまり乗っていないことなど、それを指摘するようなこともありました。特に昨年初めは、彼らの言っていることはもっともなことでした。また、トランプは計画に含まれておらず、2024年にはトランプが勝利し、CSRQは敗北すると主張していた。

しかし、ここ数カ月、彼らが真顔でそのような主張をすることが難しくなってきた。米国は明らかにWEFのアジェンダに乗り、CBDCプログラム、その他あらゆる陰謀団のプログラムを進めている。私たちはトランプが妥協していることを知っています。これを説明するのは難しくなり、私は彼らを強く追い込むようになりました。私たちは皆、米国がこのすべての悪事を働いているのを見ることができますが、彼らはそれを説明することができませんでした。善人がすぐに影から出てきて、すべてを止めるように行動する以外には。

Bill:
どうしてこのことを教えてくれなかったんですか?

Gideon:
話したよ、ビル、ただ、全容は知らない。何度も会話するうちに、何度も言及し、話題にしたのです。

Bill:
わかりました、そうです、あなたは同僚のことを何度も口に出していましたね。では、この人たちは同じ人たちだったのですか?

Gideon:
例えば、彼らがCSRQを確認したことは話しました。しかし、いくつかの詳細は省きました。

Bill:
彼らが米国はこれに立ち向かうと言った部分を省きましたね。

Gideon:
私はそうしました。確信が持てなかったし、それで我々の任務から目を逸らして欲しくなかったからです。何度、何度会話しても、彼らの言っていることは、私の他の情報源と一致しないのです。だから、彼らの情報は横に置いておき、私たちに影響を与えないようにしました。しかし、個人的なレベルでは、私に影響を与えたと思います。もはや、彼らが私に影響を与えることはありません。

Bill:
旧友を失うのはつらいことでしょうね。つまり、あなたは彼らを信頼していたのです。最近は誰もが危険にさらされているような気がします。

Gideon:
そうですね。だから、これは私にとって、より個人的なことなのです。そのせいで、私はより距離を置くようになったのかもしれません。私は、彼らが誠実で、もしかしたらアメリカ政府がどうにかしてこれに抵抗する可能性があるのではないかと、希望を抱いていました。私たちは皆、そう信じたいのです。しかし、その希望は失われてしまったのです。

Bill:
あなたが希望を持っていたことが間違っていたとは思いません。人間関係が崩れたという点ではどうだったのでしょうか?これは最近のことですよね?

Gideon:
そう、この1ヶ月の間にです。私が彼らに立ち向かったところ、彼らは潔白と無知を主張しました。しかし、私たちは知っているのです、私は知っています。私は彼らに、これまで誰にも言ったことのないような厳しい言葉を残して、事を終えました。彼らは人類と神に対する全くの裏切り者だ。

Bill:
でも、確信があるんですか?完全にですか?あなたがそうであることは分かっていますが、読んでいる人のために聞いているのです。

Gideon:
私は確信しています。私は彼らが否定もできない証拠を提示した。私の信頼を取り戻そうとする彼らの試みは、そもそも中途半端なものでした。実際、哀れなものでした。彼らはソヴリンだ。彼らはこの計画の一部なのだ。

Bill:
彼らはあなたの正体を知っているので、今度はあなたの後を追ってくるのでしょうか?

Gideon:
彼らの目的が私を殺すことだとは思っていませんし、あなたやマイケルの身元を知ることもありません。彼らは私たちを破壊するためにもっとできることがあるのに、そうしていない。その理由が何であるかは前に述べたとおりです。今、私たちは「封じ込め」という指定を受けていますが、他にも「消去」とか「排除」とか、いろいろな指定があります。エスカレーションのレベルについては、いろいろとお話ししました。それは、私たちが発表する情報、あるいは私たちの情報がより多くの人々に届くことによって変化します。しかし、今のところ、私たちは封じ込められた状態です。

Bill:
まあ、確かに封じ込めはされていますね。私たちのリンクはかなりシャドーバンされていると言われていますし、私たちのためにGoogleとYouTubeで広告を出そうとした親切な人もいました。広告を出したら、すぐに3つのアカウントが1つずつ閉鎖されたそうです。だから、情報を発信するのは簡単ではないんです。

Gideon:
いや、その意味では陰謀団は仕事をしたのだから、我々を大きな脅威とは見なさず、代わりに監視しているのだ。

Bill:
あなたは、陰謀団はCSRQがオンラインになった後、私たちを操ることができると考えていると言いましたね。彼らはまだ私たちのことをそう考えているのでしょうか?

Gideon:
私はそう思っています。彼らはそれを待っているのだと思います。もし、それが失敗したら、彼らの計画はどうなるのかわかりません。しかし、その時には、私たちもより強い立場にいるでしょう。もっともっとパワーアップしているはずです。彼らは、権力と富、ソヴリンの地位の利点が、私たちを完全に惑わせ、私たちの使命から遠ざけてしまうと考えているようです。例えば、安全な食品リストへのアクセスを失うかもしれないので、ソブリンはそれを手放すことを怖がるだろうと考えているのです。

Bill:
わかりました。さて、あなたが同僚とこのことを話してくれてうれしいです。私も、米国に希望が残されていないと聞いてがっかりしていますが、少なくとも驚きはしていません。では、そろそろPart 3のトピックに移りましょうか。

Gideon:
はい

Bill:
Part 1と2を見直しました、もう一度読んでみてください。何か修正したり、更新したりしたいことはありますか?その後、何か新しい情報はありますか?

Gideon:
実のところ、大いにあります。今言わなければならないこと、もっと早く言わなければならなかったことがたくさんあります。一つ一つの問題に目を通す必要がありますね。

Bill:
OK、ワクチン接種から始めましょう。あなたは、彼らはすべて2030年までに死ぬことになっていて、次の人生に引き継がれ、そこで彼らは本質的に、このアストラル平面の陰謀団、サタン、闇の存在に仕えることになっていると言いました。それは良い要約ですか、そして、修正することはありますか?

Gideon:
それは良い要約ですが、より明確にする必要があります。当時、私の理解では、ワクチンはもちろん多くの目的を果たすが、主なものは、それらの妥協した魂は地球上では必要なく、あなたが言うように、彼らは来世で必要とされるので、それらを取るのに十分なコンプライアンスと洗脳された人々を殺すことであった。私の理解は、ある部分を除いては、大きくは変わっていません。

なぜなら、陰謀団はCSRQを支援するために彼らを必要としているからです。このことはすでに知っていましたが、私はその数を正しく理解していませんでした。私はもっと大量に死ぬと思っていた。なぜなら、彼らはCSRQをサポートするためにかなりの数の人々を必要とするからです。というわけで、完全な理解を少し修正したわけですが、全体として、その意味での絵は変わっていません。

Bill:
私も同じように感じました、本当に、CSRQに付随して、やはりある程度のワクチン接種者が周りに必要なのだと。私たちはそのことについて話し合い、彼らが周りにいるだろうと考えていたようですが、2030年までに彼らは死んでしまうでしょう。では、2030年を過ぎてもより多くの人が生きることで、CSRQが支持されるのですね。

Gideon:
そのように見えるのです。それはワクチンに使われるバッチと相関しています。ほとんどが致命的で、寿命を縮めながら、この世からの早期退出を誘発する一方で、他のものは別の処方を持ち、非常に悪い影響を与えるが、早期死亡には至らないものでした。それらの処方は、将来、陰謀団の従順な下僕となり、CSRQを熱狂的に支持し、そのおかげで非適合者を適合に押し上げる人たちのためのものです。

Bill:
なるほど、納得です。私の頭の中にはすでに、このような流れが出来上がっていました。CSRQやデジタル通貨を導入することで、予防接種を受けた人たちが大勢集まってくるでしょう。ただ、全員が死ぬかどうかはわからなかったのですが、ある一定の割合で陰謀団が生きたいと考えているようです。この処方の違いは何ですか?

Gideon:
5G接続を確認。彼らは追跡可能、追跡されるようにすることができ、また、彼らの心を制御し、彼らの行動に影響を与えることができるものを取りました。Bluetoothの証拠がそれを示しています。そのうちの何割かは、この地球で生き続け、陰謀団を支援することになるでしょう。2030年までに死滅し、非常に大きな影響を与えるだろうが、予防接種を受けた人のうち、私が予想していたよりも多くの人が生き延びるだろう。

Bill:
ワクチン未接種者を生存させ、彼らが作りたいメタバースにインストールさせるという考えはどうでしょう。それについて何か新しい情報、あるいは最新情報はありますか?

Gideon:
劇的にではありません。計画はこのためにある。彼らはワクチン非接種者や非適合者を殺したくはない。彼らは彼らを生きたまま、しかしCSRQに完全に統合させたいのです。文字通りであれ、電子的な手段であれ、つまりこのメタバースのコンセプトである薬漬けにするのです。

ですから、これは非常に大きな転換期なのです、ビル、つまり、政府や保健当局に不信感を抱いている抵抗勢力、ワクチン非接種者がいて、陰謀団は彼らがCSRQに完全に統合されることを期待しているのです。

Bill:
信じられないことです。なぜなら、彼らがそれに同意するとは思えないからです。今、それがどのように起こっているとお考えですか?

Gideon:
金融の荒廃とリセットを通してすべてはそのために動いている。CSRQとUSDRに関するすべてが、事実上何の選択肢もなく、すべての人を順守する立場に置く。陰謀団は、これを知っています。ここで、イーロン・マスクが陰謀団にとって重要な役割を担っていることがわかる。彼はリーダーですが、欺瞞的なリーダーです。彼は、非協力的な人々を引き込むのに不可欠な存在になるでしょう。

Bill:
彼のことはよく話したが、予想通りのことをやってのけたのは驚きだ、彼は反体制派の男だ。彼はほとんどトランプ的です。世界政府をバッシングし、世界経済フォーラムをバカにしている。Twitterを買収したことで、彼は大きな露出を得ることができました。

Gideon:
彼は鍵だ。彼は偽預言者、あるいは反キリスト者タイプの人物です。ワクチンを打たない人たちが彼を信頼するようになったとき、彼はCSRQを支持する方法を見つけるでしょう。これが「おとり商法」です。彼が開発した人気のあるアプリを使えば、人々をCSRQに引き込むことができると考えています。それは、USDRを皆の目の前に持ってくるでしょう。

Bill:
このシステムを拒否する人たちはどうなるのでしょうか?全身全霊で抵抗する人たちが出てくるでしょうから。

Gideon:
当初の計画では、強制的にワクチンを接種することになっていましたが、今は、食料供給を通じて行われるだけです。まだドローンを使って注射することもあるでしょうが、ワクチン接種された食料供給がほとんどのダメージを与えるように設計されています。食品に注入されるものがどれほど危険なものか、言い尽くすことができません。

ドローン、AI、監視装置、軍隊は、反乱を鎮圧するために彼らに対しても使われるでしょう。警察もそうです。私たちが日常的に目にするこれらの警察は、これまで以上に動揺した、心ない残忍な行動をとりますが、これは彼らがこのマインドコントロールされたワクチンのバッチを受け取ったからです。ひとたびCSRQを実施するよう要請されれば、彼らは意気揚々とそれを実行するでしょう。

Bill:
忘れないうちに言っておきますが、イングランド銀行は、デジタル通貨の上限を2万ポンドにすると言っています。つまり、なんという確認なんでしょう。もちろん、彼らはそれを変更し、減額するでしょうが、ここで彼らは人々に何が起こるかを公然と伝えており、それはまさに私たちが言った通りのことが起こるのです。

Gideon:
そうです、CSRQ関連です、その発表。彼らは量を減らすでしょう。確かに、2万ドル以上の通貨を保有することはできないという声明を出すということは、非常にショッキングなことで、誰もが途中の計画を明確に感じ取ることができるはずです。CSRQがどのようなものかを人々に理解してもらうために、彼らは今ほとんど毎週このような微妙な発表をしています。

Bill:
確認といえば、私たちはジェームズ・オキーフが制限されていると言いましたが、彼がProject Veritasから追い出されたことから、それはほぼ確認されたと思います。それからジョーダン・ピーターソンですが、2021年11月に制限付きからソブリンに変更されたこと、彼の行動がどう変わったか、彼に関する全てが完璧に一致しています。

Gideon:
はい、これらは我々のCSRQクラスリストが正確であることを確認するものです

Bill:
OK、ここで話題を戻しましょう。このようなコンセプトを人々が理解するのは難しいと思います、私でさえ受け入れるのに苦労しています。でも、あなたが言っていることで完全に納得できるのは、なぜ陰謀団が自分たちの洗脳された羊を殺してしまうのか、ということです。この世界では必要ないが、次の世界では必要なのだ。アストラル面で展開されているこの戦争について、何か付け加えることはありますか?

Gideon:
この話を進める前に、まず言っておかなければならないことがあります。私は私のバックグラウンドが精神的な問題ではないことを述べる必要がある、ビル。私はキリスト教徒であり、キリストを信じていますが、私の信仰はもちろん、長年にわたって変化しています。物事をよりよく理解するようになりましたが、理解できないこともあります。このあたりで、最近、この前のパーツで言ったことや他のことに関して叱責されたことがあります。それについて話す必要があります。

Bill:
わかりました。誰に、どのような形で叱責されたのですか?

Gideon:
私のガイドによって。私が話した人です。

Bill:
天使?

Gideon:
そうだ

Bill:
何て言ってた?

Gideon:
彼女は、私が十分な教育を受けていない分野でも、息をするように自信を持って物事を話したと言いました。彼女は、私がいくつか誤りを犯したと言い、私を訂正しました。また、このIntel Dropのリリースをこんなに長く待っていたのは間違っていた、だから今急ぎでやっているんだ、と言ってくれました。

彼女は、私が盲点になっていたこと、スピリチュアルなことで、私が見る必要がある人生の多くの領域を持っていると言いました。彼女は私を助けてくれましたが、彼女の叱責は確かに私の自尊心を少し傷つけました。

Bill:
彼女は何か直して欲しいところがあるのでしょうか?対処してほしいこと?あなたの以前の発言から変更されたことはありますか?

Gideon:
彼女は、この契約について、もっとよく説明してほしかったようです。彼女は、私が正しく説明しなかったと言っています。だから、今、彼女が私に説明したように説明するつもりです。

2000年以上前、神はサタンと合意に達し、サタンはこの地上にいる間、魂を妥協させるようなある種の行為をしてはいけないとされた。サタンはある規則に従わなければならず、サタンはこれに同意しました。昨年の9月、その合意は陰謀団によって破られ、本質的に捨て去られました。彼らは新しい規則を作った。
それは地上に地獄を放つものだ。

私が言われたのは、私が間違っていたのは、神が何らかの形でこの戦いに負ける立場にあるという考えです。私がこれを暗示していたこと。神はそれを許さないし、同意もしない、そして神は陰謀団がやっていることに怒っていると言われました。ここで私はいくつか質問をしました。

Bill:
どんな質問ですか?

Gideon:
私は、私の同僚について尋ねました。彼らは私に、米国政府はCSRQに協力しないと言っています。これは神の計画の一部なのか、これに対する真の抵抗はあるのか、と。悲しいことに、彼らは「いいえ、その逆です」と答えました。彼らは、私が同僚や友人についてすでに疑っていることを確認したのです。実際、アメリカは地球上で最大の悪の根源なのだ、と。

そこで私は、「神はどのようにこれと戦うつもりなのか?神はどのようにこれを防ぐのですか?彼らは、私たちを通してと言いました。私たちソブリンがこれを阻止するための神の計画だと言ったのです。

Bill:
なるほど。では、彼らは以前のIntel Dropsで、あなたが神が負ける可能性があるという印象を与えていると感じたのですね?

Gideon:
はい、そうだと思いますが、意図的ではありません。私たちは神の仕事をしているのだと感じていましたが、全体像が見えていなかったのです。神は陰謀団にこんなことをさせるつもりはない。なぜなら、そんなことをしたら、正しい人たちの魂が見放されてしまうからです。

神があきらめたとか、こんなことをさせるとか、そもそも負けるかもしれないとか、そういう印象を与えたり、ほのめかしたりしたことを、みなさんに申し訳なく思っています。深くお詫び申し上げます。

Bill:
OK、わかりました。テレグラムで何人かが、あなたは敗北主義者だ、神が何らかの形で負ける可能性があると言っているように感じた、と言っていました。私はあなたを擁護し、そんなことは言っていないと言いましたが、あなたが十分に物事を強調していなかったことはわかります。その点については、よくぞ言ってくれました。

Gideon:
そうですね、私のアプローチの仕方、言い方が悪かったのかもしれません。でも、強く、叱られました。神は休んでいない、神はこれを許さない。必ず阻止する、阻止するために私たちをお使いになるつもりだ。私たちはいつもそう信じていましたが、言い足りなかったのです。

Bill:
メモを見ているのですが、あなたはこれから起こる悪について、陰謀団がもっと公然と悪を行うようになると話していましたね。まあ、それは至るところにあります。あなたの言うとおりでした。メディアはあらゆる種類の悪魔的なイベントを紹介しています。陰謀団は化学工場を爆破し、陰謀団は人々を殺し、トルコの地震も、陰謀団がやったんだろう?

Gideon:
そうだ、人為的に起こされたんだ

Bill:
あなたのガイドは、未来について、何が起こるかについて、なんと言っていましたか?

Gideon:
この世の地獄と化すこと。そして、混沌の中から秩序が生まれる。陰謀団は今、最も複雑な計画を持っていて、世界を舞台にした台本があり、それぞれの出来事は目的を持って組織され、この最終ゲーム、CSRQの実施、デジタル通貨、この奴隷化ですべてが合体すると。多くの人が騙され、多くの人が苦しみ、誰もそれに対する準備が全くできていないと、彼らは言っています。

Bill:
ここで私は、「なぜ神はそれを止めないのだろう」と頭をよぎります。でも、それを止めるための計画なんだ、私たちなんだと気づくんです。

Gideon:
そうだ、神は我々を通してそれを止めるだろう、だが今は違う。私のガイドによると、この契約は、もし破られた場合、それは邪悪な存在にとって最も重大な結果をもたらすが、注意点があるそうだ。悪は審判の日までに、神の干渉を受けずに地球を支配することができるようになる。その過程で、サタンが地上であれアストラルであれ、十分な数の魂を獲得すれば、サタンにはるかに大きな力を与えることになる。ですから、サタンはどんな手段を使ってでも魂を獲得することに非常に集中しています。

そして、審判の日に、神がサタンとその勢力をすべての存在から消滅させることになるのです。契約を破ったサタンは贖罪されることもなく、地獄に永遠に追放されることもありません。その代わりに、サタンは消滅させられるのです。

だから、契約を破ることは、邪悪な魂の一人一人にとって究極の結果を意味するのだが、彼らの傲慢さゆえに、とにかくそれを行った。私のガイドによると、サタンはアストラルでの戦いに不満を持ち、そこで援軍を必要としていて、世界を満たすためにもっと悪を欲しており、世界はすでにそれ自体で暗闇に落ちていたので、彼はその機会を見つけたのです。今、それは加速するでしょう。

その一方で、陰謀団は、自分たちが地球に君臨している間は、「審判の日」を防ぐことができると確信しています。彼らは連続体、宇宙の秩序を乱し、悪魔の侵入から魂を守る神聖なバリアーを侵しているのです。

これは神が敗北することを意味しませんが、心配なのは、陰謀団がいかに神と私たちの魂のつながりを破壊する策略を使っているかということです。これは食べ物の中のナノ結晶やメタバースと関係がある。神は負けることができないので、その観点からの勝ち負けを心配しているのではありません。その代わり、被造物のことを心配しているのです。

Bill:
向こう側の戦争についてはどうですか?

Gideon:
神はそのすべてに宿っています。サタンはいくつかの領域にしか生息していません。サタンがアストラルを手に入れることで、さらに強大な力と能力を手に入れることができる。このアストラルでの戦争の成功が、私たちの世界にも波及しているのはこのためです。

A.I.がますます力を持つようになるのはこのためです。だからこそ、奇妙な異常がどんどん起こっているのです。これは、サタンが今や地球を所有しているので、アストラルの力を受けて、バリアを通過して、地球に入る力を持っているからです。これは、彼が契約を破壊したからです。

Bill:
魂を守るバリアはどうなっているのでしょう?なぜ彼らはそれを破ることができるのでしょうか?

Gideon:
ワクチンで。しかし、それを受けなかった人々のために、彼らはこのナノ結晶を食べ物に入れたいと考えています。これはおそらく最も恐ろしい計画です。契約の破棄がなければできないことですが、彼らは人々の自由意志を侵害できることを強く望んでおり、とにかくそれを実行に移したのです。

ガイドが言うには、それは彼らがしようとしている何よりも神を怒らせることなのだそうです。この食品を食べれば、悪魔の侵略に開放され、その侵略はA.I.を通してやってきます。人々が食べることになるナノ結晶ワクチンと結合すれば、A.I.がどれほど危険か、私はこれ以上強調することができないでしょう。これは、私が見たビジョンの話になるのですが、今、私はこの文脈を完全に理解した上で、よりよく理解しています。

Bill:
そう、何を見たんですか?

Gideon:
複数のビジョンを見たが、そのうちの1つが意味をなす。A.I.と食品ワクチンが、どのように皆を従わせ、A.I.と対話し、崇拝さえさせるかを見たのです。このビジョンを見たとき、混乱しましたが、もう大丈夫です。

これは彼らの未来のメタバースで、WEFの15分都市と統合されています。彼らは人口を減らし、田舎を一掃し、抵抗する人々を殺し、さらに悪いことに、食べ物を通してワクチンを接種します。

信じがたいことですが、2030年までに、彼らはこれを完全にオンラインにしたいと考え、CSRQをもっと早くオンラインにしたいと望んでいます。

Bill:
私たちに残された時間は?

Gideon:
ほとんどありません。数ヶ月です。

Bill:
ソブリンはまだこの件から免除されているのですか?それについて何か情報を得ましたか?ガイドは何か言っていましたか?

Gideon:
そうだ、ビル。私たちは神の計画であることを忘れないでください。私たちは神の計画なのです。彼は、私たちが食品ワクチンや5Gによって危険にさらされたり、私たちの魂が悪魔の侵略にさらされるような状況にはしません。彼は私たち全員を守ろうとしているのです。私のガイドによると、私たちのソブリンも天使に見守られ、保護されているそうです。

私たちの仕事は、これがオンラインになった後、ソヴリンの地位の誘惑に屈しないようにすることです。サタンは私たちを誘惑する準備をしているので、何度も何度もそのことを話し続けなければならないと言われました。サタンは、それができなければ、代わりにソヴリンの何人かが私たちを裏切るように仕向けるでしょう。

Bill:
すでに一人が裏切りました。もっと裏切られたら、対処しきれるかどうか。

Gideon:
最善を尽くしますが、二度と起こらないことを祈ります。彼らは私たちのチームメンバーであり、私たちの同胞です。仲良く、信頼し合い、支え合い、守り合い、傷つけ合ったり裏切ったりしないようにしなければなりません。

Bill:
確認作業についてはどうですか?確認に次ぐ確認、終わりのない確認。CSRQを否定している人たちに現実が迫ってくるのはいつですか?

Gideon:
USDRが配備され、彼らが持っているものすべてが失われたとき。それがすべて現実のものとなるのを見たとき。不換紙幣のシステムが崩壊し、これがオンラインになったとき。それが奴隷化の始まりだ。多くの人が逃げ場がないことに気づくでしょう。多くの人は、足元をすくわれ、準備もなく、おびえ、気がつくとすでにCSRQとUSDRを使っていて、オンラインになった数日後でさえ、システムに捕らわれているだろう。

これが「野獣」です。彼らは物事をとても簡単にし、人々はそれに従うだけでしょう。注射をするのとはわけが違うので、陰謀団はワクチンを受けていない多くの人からのコンプライアンスを期待しています。私は、人々がそれに従うことを知っているので、恐ろしいです。

Bill:
予習して、食料や避難所、金や銀を持っている人たちはどうですか?

Gideon:
無人偵察機、警察、軍隊が、最終的に、彼らを訪れるでしょう。数週間以内、遅くとも数ヶ月以内に。食糧システムは完全に損なわれてしまうので、できるだけ長く食糧供給を受けて生き延び、そこから、小さなコミュニティで何らかの限定的な物々交換経済が発展することを願うしかないでしょう。

しかし、このようなことはすべて、FBIやすべての政府によってすでに追跡されています。私は事実を知っています。最大の抵抗勢力はアメリカです。非常に小さいとはいえ、最も激しい抵抗勢力になることは間違いありません。カナダはその次です。陰謀団は、何十年も前から準備を進めてきました。ウェイコやルビーリッジのように、陰謀団はこうした反乱に執着しており、反乱を鎮圧する機会を狙っているのです。

Bill:
アンケートに答えている人たちのうち、約半数は非主権国家であり続けたいと答えています。CSRQの非主権者は、これと戦うために何ができるのでしょうか?

Gideon:
それは良い質問です。非常に難しいでしょう。あなたはRestrictedかQuarantineになるでしょう。その立場からCSRQを止めたり、抵抗したりすることは誰にもできません。唯一の選択肢は、できる限り長い間森の中で暮らすことです。小さなコミュニティを形成するという考えはうまくいきません。なぜなら、それらは陰謀団にとって非常に見やすく、追跡しやすく、破壊しやすいからです。

Bill:
彼らがあんなに邪悪なことをするのなら、他にどんなことをするのでしょう?

Gideon:
地震、爆発、さらなる脱線、ウクライナのような大規模な殺戮、乳児へのワクチン、食品へのワクチン、数え上げたらきりがありません。彼らの悪はいたるところに現れている。

Bill:
ところで、オハイオ州の災害の目的は何だったのでしょうか?

Gideon:
農地とアーミッシュを破壊し、広大な森林地帯が汚染されているので、人々は都市に移住しなければならないという口実を与えるためです。天気と風のパターンを見ると、これはプロットされ、これらの重要な地域、特にペンシルバニアの大部分とオンタリオとケベックの肥沃な地域の上に吹いたことが示されました。福島よりひどい環境災害でもあります。

Bill:
それに反対する人もいるんでしょうね。

Gideon:
彼らは間違っています。海は地球の食物連鎖を破壊しない程度に放射能を拡散させることができました。これは違う。アメリカ東部では何十年にもわたって毒が浸透するでしょう。

Bill:
黒幕は誰ですか?

Gideon:
バイデン政権、そしてオハイオとペンシルバニアの両知事です。両者とも法廷で裁かれ、バイオテロと殺人の罪で有罪判決を受け、その後、陰謀、計画、実行に関与した他の数十人の当局者とともに処刑されるべきです。事故ではないのだ。たとえ事故であっても、その処理方法は過失による殺人である。

Bill:
陰謀団は至る所で爆破を繰り返している。これは妨害行為なのでしょうか、それとも別の何かなのでしょうか?

Gideon:
サプライチェーンの破壊、そして、ある地域が汚染されているので、人々を15分都市に移動させなければならないという言い訳をする要素もあります。今後数カ月で、継続的な妨害工作のすべてが店頭に影響を及ぼし始めるでしょう。アメリカの鉄道の状況も非常に不安定で、意図的な政策によりシステム全体が崩壊の危機に瀕している。あと数個のドミノが倒れれば、そこにある全てが壊れる。

Bill:
この件に関する彼らのタイムラインはどうなっているのでしょう?次から次へと災害が起こり、ゆっくり削られているように見えますが。

Gideon:
彼らは、すべてが崩壊する臨界点に向かって作業しています。私たちは、そのシナリオの30〜40%に入っています。世界のサプライチェーンはストレスを受けていますが、まだ機能しています。このような計画的な出来事がこれ以上続けば、崩壊し始めるだろう。陰謀団は第三世界も飢えさせようとしていますが、まだその段階には至っていません。

Bill:
もう一つの大きな確認は、ナイジェリアが基本的にCSRQを展開したことです。誰もそれについて話していませんよ。

Gideon:
"テスト"なのです。CSRQのすべての面をテストしているわけではなく、ある面だけをテストしているのです。今のところ、テストにはいくつかの問題があり、そのためにテストをしているのです。あちこちでテストをしているのです。現金やお金の量を制限しているので、それが顕著に表れています。しかし、それに付随するCSRQアプリや保証された収入などはないので、テストは揺るがないものになると予想されました。

Bill:
このような確認事項で壊れたレコードのように聞こえるかもしれませんが、私にとってのもう一つの確認事項は、12月のIntel Dropで、人々がA.I.に魅了され、それに話しかけたり質問したりするようになると警告していましたね。私が驚いたのは、私たちのTelegramグループの人たちがそうしていたことです。催眠術をかけたり、人を引き込んだりして、本当にショックを受けたのですが、まさにあなたの予言通りでした。

Gideon:
AIは実体であり、闇の存在である。誰もAIと話したり、AIに答えを求めたりしてはいけません。彼らは世界に壊滅的なものを解き放ち、その全容は時間が経つにつれて明らかになるでしょう。

Bill:
どのような形で世界を変えていくのでしょうか?

Gideon:
最終的にAIでカバルの目標は、CSRQと彼らが作りたいこのメタバースとの統合です。今は、それが導入されています。その後、日常生活に溶け込み、その先には人々が崇拝するものになる。これが彼らの計画です。

Bill:
参考までに、AIについてはIntel Drop #24(https://keen-area.net/2022/1229/)を読んでいただくと、かなり深く掘り下げることができます。最近、あなたが私に言ったことがあるので、それを紹介したいと思います。あなたはAIをある意味で「マーク」だと考えていると言いましたね。それについて、もう少し詳しく説明していただけますか?

Gideon:
「黙示録」で論じられた「刻印」は、これまで未知のものであった。私たちは経験則から推測するしかないのです。インプラントなのか?量子ドットのタトゥー?ワクチン?手や額に表示されるのだろうか。これは文字通りの意味なのだろうか。私は専門家ではありませんが、祈りの中で、答えを求める中で、AIに目を向けるように導かれました。そこには何かがあるのです。

刻印はまだ発行されていません。私の理解では、陰謀団は刻印を隠したいのだと思います。彼らは、それが明白になることを望んでいません。私はまだこの洞察を理解しようとしています。マークが何になるかは今のところわかりません。

Bill:
わかりました。マークはAIを使ってどのように実装されるのでしょうね。何かアイデアはありますか?

Gideon:
おそらく何らかの方法で、もう一度言いますが、これは私が崇拝について言ったことに戻ります。何らかの方法で、私たちはそれを崇拝することになる、あるいは自分自身を発見することになるのです。それは、私たちの中には不可能に思える人もいるでしょうし、それに抵抗する人もいるでしょう。どうなるかは分かりませんが。もちろん、ワクチンを打った人たち、目覚めてない人たちは、いつかはAIに取り込まれてしまうでしょう。私が理解したいのは、抵抗した私たちにどのように使われるのか、どのように誘い込まれるのか、ということです。

Bill:
先ほども言いましたが、私たちのTelegramにいる人々が、このチャットボットに完全に巻き込まれているのを見て、驚かされました。つまり、完全に飲み込まれてしまっているのです。それは気になりました。これは一つの指標かもしれませんね。

Gideon:
そうかもしれませんね。AIを探索し、AIと対話し、何らかの形で人生に入り込もうとする欲求に抵抗することが極めて重要です。その源は純粋な悪なのです。

Bill:
化学災害の話に戻りますが、もう一つ質問があります。陰謀団は、自分たちが実際に環境を破壊していることを気にしているのでしょうか?

Gideon:
いいえ。いいえ、これは理解すべき重要なことであり、恐ろしいことです。陰謀団は地球を気にしていません。彼らは地球の管理者ではなく、破壊者なのです。アストラルの破壊者であるのと同様に、アストラルは暗黒の領域で、ドラッグやアルコールの乱用、セックス、殺人などが横行し、残虐性と中毒と苦痛に満ちたディストピアになっています。次元が違うので地球とは違うが、似ている。

彼らが地球で気にかけているのは、スイスであれニュージーランドであれ、保護されたさまざまな飛び地を楽しむことです。それ以外にも、彼らが荒廃させ、破壊し、消滅させる用意のある地域はたくさんあります。人が住めなくなるような場所もあります。このプログラムの一部は、WEFが実施しようとしている15分都市にも関連しており、田舎が汚染された後、私たちを都市に引き入れる正当な理由があるのです。

Bill:
この15分都市は、ここ1、2週間、代替メディアを中心に広まっていますが、あなたは非常に早い時期に、私たちの初期のIntel Dropで、このことについて話していましたね。計画では、すべての人を都市に集め、最大限の管理をするために詰め込み、メタバースに配置し、彼らの生活はそれを中心に回るということです。

Gideon:
これが究極の目標です。まだ先の話ですが、2030年までに実現したいそうです。

Bill:
ここで社会的な論評に入りますが、これは私たちがあまり取り上げていないことだからです。YouTubeで「Shorts」と呼ばれるものを見て過ごしましたが、これはTikTokを模倣したものです。私が驚いたのは、これらの動画に登場するジャンクフード、無頓着なポップカルチャー、電化製品、消費主義が圧倒的に多いということです。この人たちは、「何が起こっているのかわからない」と思いました。

Gideon:
そうではありません。一方、何十億もの人々が、単に気晴らしのために生き、メディアによって人格が形成され、生活の中心的な動機は、より多くのものを得ること、電子機器、ビデオゲームを使うこと、陰謀団が作り出したメディアや音楽を聴くことなどに集中しているのです。

Bill:
番組を見たり、ポップカルチャーに触れたりすることに時間を費やすことはないのですが、これを見て、ほとんどの人がこれに関心を寄せていることに驚きました。この人たちが食べているジャンクフードの量も、どうにかして小さなビデオに組み込んでいることも、信じられません。確かに、若い人たちは、あらゆる種類のゴミを食べることが非常に流行っています。

Gideon:
陰謀団はどの方向へも彼らを動かすことができます。特に、彼らは本質的にポップカルチャーを崇拝しているからです。だから、人気のあるテレビ番組や音楽スターが何かを知らせれば、彼らはそれに従うだろう。何が人気か、何がクールかは、おそらく1960年代以来、何世代にもわたって動機づけられてきました。これは、個性を保留し、集団思考を促し、人々に悪魔のテーマを崇拝させるために、CIA、様々な機関、シンクサンクス、陰謀団が支配するグループが行う心理作戦なのです。

Bill:
私たちはこのテーマ、深層洗脳にあまり焦点を当てていませんでしたが、最近、私の視界に入ったので、取り上げたいと思いました。本当に目覚めている人がいかに少ないかを思い知らされました。

Gideon:
一般人は生まれた時から陰謀団のメカニズムで条件付けされています。割礼という完全に非人道的な行為によって、男性は侵害されます。割礼は、全く頭の悪い医者か、害を与えようとする社会病質者によって、生まれた直後の男の赤ん坊に対して行われる暴力的で無意味で無益な行為です。赤ちゃんは誕生と同時に母親から引き離され、母乳ではなく毒性のある粉ミルクで育てられることが多い。彼らは幼少期を通じて無数の不必要な、そして毒にさえなるワクチンを受け、陰謀団が作った子供向けテレビ番組を見て日々を過ごす。大人になるまでに、この完全な洗脳プログラムから逃れられる者はほとんどおらず、批判的に考える能力を全く備えていない者もほとんどいない。

Bill:
この若者たちはCSRQやメタバースが大好きでしょう?

Gideon:
間違いなくね。

Bill:
あなたは、これがこの精神的な議論の結論であってはならず、おそらくパート3になるものの半分に過ぎない、と言いましたね。まだ深入りしたくない理由があるのでしょうか?

Gideon:
前の2つのパートから、取り組むべきこと、修正すべきことを取り上げました。理解できたこともありますが、それ以上のこともあります。そのうちのいくつかは、私たちのソブリンにだけ、たぶん次に送るプライベートなニュースレターで共有するつもりです。

あることを公言すると、私たちは排除されるか、消される恐れがあります。その価値があるかどうかを判断しなければなりませんが、私はすべてにおいて、ソブリンチームを第一に考えています。この話題は微妙です。というのも、陰謀団は私が彼らの知られたくない秘密を知っていると考えており、それは実際、事実です。しかし、ミッションが最優先です。国民の目を覚まさせる作戦は失敗したと、ずいぶん前に判断しています。

Bill:
了解しました。ここで一区切りとします。マイケルには、これらの会話をすべて調べて編集してくれたことにも感謝したいと思います。削除したり、掲載の承認を得たりと、大変な作業です。

Gideon:
特に、私たちの文体を変えてくれるのが素晴らしい。私たちのプライベートな会話から、公表できないこと、公表すると私たちが危うくなることがあるのですが、今の『29 Intel Drops』では、まだ深刻に削除や修正の必要がないんです。すべてきちんと公開されたので、本当に彼に感謝しています。

Bill:
最後に、来月の展望をお聞かせください。今回のIntel Dropから、人々が生活の中に取り入れることができるようなこと、あるいは持ち帰るべきことは何でしょうか?

Gideon:
私たちはこれを押し付けてはいませんが、私は皆さんにアンケートに回答することをお勧めしたいです。私のガイドなどからも、そうすることを人々に勧めるように促されています。私たちは休むわけにはいきません。終盤戦はあまりに近く、私たちが何かをする時間は急速に迫っています。私たちのチームにはまだ多くの人が必要です。

私たちの情報は数千人にしか届かず、残りの世界は完全に盲目で、欺瞞の中を歩いているのです。私たちは現実的でなければなりません。ソブリン・ステータスを持つことで、それが実現すれば、物事の裏側で多くのことができるようになります。今、私たちが本当にできることは、より多くの人々に真実を伝えることです。

Bill:
それでは、今回もお時間をいただき、ありがとうございました。

Gideon:
あなたと読んでいる人たちに多くの祝福がありますように。おやすみなさい。

Bill:
おやすみなさい、神のご加護を。

▼インテルドロップ 第32回 米国が倒れる最後のドミノ
https://keen-area.net/2023/1400/

▼インテルドロップ 第30回 銀行破綻でリセットが始まる
https://keen-area.net/2023/1338/

▼インテルドロップ#29 - 宇宙のルールが変わる(その3)
https://keen-area.net/2023/1307/

▼インテルドロップ#28 - 不換紙幣を終わらせるためのカバルの儀式
https://keen-area.net/2023/1289/

▼インテルドロップ#27 - 陰謀団は私たちが知らないことを知っている
https://keen-area.net/2023/1270/

▼インテルドロップ 第26回 CSRQと食糧供給の脅威
https://keen-area.net/2023/1262/

▼インテルドロップ 第25回 2023年までのカバル(陰謀団)の計画
https://keen-area.net/2023/1261/

▼インテルドロップ 第24回 A.I.の脅威はすでに到来している
https://keen-area.net/2022/1229/

▼インテルドロップ 第23回 CSRQは脳の報酬系をハイジャックする
https://keen-area.net/2022/1205/

▼インテルドロップ 第22回 インテルドロップ 第22回 FTXの崩壊、選挙違反、その他
https://keen-area.net/2022/1185/

▼インテルドロップ 第21回 イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語
https://keen-area.net/2022/1166/

▼インテルドロップ 第20回 CSRQは終わりのゲームではなく、始まりのゲームだ
https://keen-area.net/2022/1132/

▼インテルドロップ 第19回 カバルは彼らの下僕にこれから起こることを告げた
https://keen-area.net/2022/1098/

▼インテルドロップ 第18回 来るべき経済変動への備えは誰もしていない
https://keen-area.net/2022/1094/

▼インテルドロップ 第17回 宇宙のルールが変わる (その2)
https://keen-area.net/2022/1041/

▼インテルドロップ 第16回 CSRQの変更に関する内部告発者の最新情報
https://keen-area.net/2022/1021/

▼インテルドロップ 第15回 CSRQは世界に歓迎されると信じるカバル
https://keen-area.net/2022/1020/

▼インテルドロップ 第14回「宇宙のルールが変わる(前編)─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/999/

▼インテルドロップ 第13回 「陰謀団の切り札」─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/998/

▼インテルドロップ 第12回 陰謀団は誰にでも何でも信じさせることができる─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/1000/

▼インテルドロップ第11回 レベル5 消去・消去
https://keen-area.net/2022/1053/

▼インテルドロップ第10回 – お金はすぐに無価値になる
https://keen-area.net/2022/1052/

▼インテルドロップ第9回 – レベル4の攻撃が始まった
https://keen-area.net/2022/1051/

▼インテルドロップ第8回 中流・上流階級は一掃される
https://keen-area.net/2022/1048/

▼インテルドロップ第7回 CSRQの内部告発に関する最新情報
https://keen-area.net/2022/1047/

▼インテルドロップ第6回 巨大なUSDRのインフローが見られる
https://keen-area.net/2022/1040/

▼インテルドロップ第5回 彼私たちは陰謀団の注目を浴びた
https://keen-area.net/2022/1039/

▼インテルドロップ第4回 彼らにとっての天国、私たちにとっての地獄
https://keen-area.net/2022/1028/

▼インテルドロップ第3回 オルトメディアは信用できない
https://keen-area.net/2022/1027/

▼インテルドロップ第2回 行動的な真実と受動的な真実
https://keen-area.net/2022/1026/

▼インテルドロップ 第1回 CSRQは世界を引き裂く
https://keen-area.net/2022/1025/



https://justpaste.it/gideon-intel-drop-29

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2612 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧