WEFは、"Net Zero"を実現するために、あなたの家の価値をゼロにすることを望んでいる。

2022-12-16

truthunmuted.orgより

あなたの住まいも、このような住宅に似ていませんか?


あなたの家(一戸建てまたは多世帯)は、2021年に発表されたWEFの「グリーンビルディング10原則」に基づいて建てられていませんか?あなたの家は、以下のような「未来のネットゼロ構造」のように見えませんか?



もしそうなら、WEFはあなたの家や商業ビルが想像上の「炭素バブル」によって高値で取引されており、価値はゼロであるべきだと考えていることを知っておいてください。もしWEFの言いなりになれば、あなたの建物は「座礁資産」、つまり規制の変更によって放棄されることになりかねない。

「カーボンバブル」と不動産価格

WEFが推奨する「価格リスク管理ガイドライン」や「グリーンビルディング原則」に言及した重要なアジェンダの記事で説明されている。

ULIは、この移行リスクのプライシングが行われないまま、資産価値が人為的に高く維持され、最終的に改修コストが高すぎて資産の座礁が広まる可能性がさらに高まる、「カーボンバブル」の可能性を警告しています。


経営学の修士号を取得している私が説明します。

WEFは、「住宅や商業ビルの価値はゼロになるかもしれない。なぜなら、将来、炭素排出を正味ゼロにするために必要な改修は、その価値よりも高くつくかもしれないからだ」と警告しています。したがって、自宅や商業用不動産が座礁する可能性があるのです。stranded assetとは、規制の変更により、現状のままでは使用できないものを意味する。

"Widespread stranding of assets "は、多くの建物が放棄されることを意味するビジネス用語である。

WEFの適当な記事の一段落だけを取り上げていると思われないように、WEF、CRREM、UNEP、ULIの4つの別々の文書から同じことを言っているものを引用してみよう。

(1) 不動産の脱炭素化。カーボンバブルを回避するために、ネットゼロへの移行をどのように価格設定するか


(2) ULI Transition Risk Assessment - Guidelines for Consultation(ULI移行リスクアセスメント-コンサルテーションガイドライン
これが彼らの正体です。


ネットゼロ政策で建物が立ち行かなくなり、都市の大部分が居住不能になることを警告しているのです。


(3) 不動産の脱炭素化に向けた連携。都市はこうして強制的にネットゼロを実現する


(4) 不動産の移行リスク管理。パリ協定への対応 - CRREM & UNEP FI レポート


2050年までにすべての既存資産(建物)が座礁する例を示しています。



つまり、WEFとそのパートナーは、ほとんどの資産が将来的に「座礁」、つまり改修コストのために放棄されることについて、かなり深刻に考えていることがわかるでしょう。

グレンフェルタワー火災

英国では、既存の住宅用不動産の所有者に対して、ネット・ゼロに向けた建物の改修を義務付けるなど、先進的な取り組みが行われています。例えば、最近、多くの建物が熱損失を減らすために特殊な「気候クラッド」で覆われています。残念なことに、そのうちの1つである悪名高いグレンフェルタワーは、クラッディングの内側で火災が発生しました。

建物は数分で燃え上がり、避難できなかった多くの犠牲者を出しました。



住宅改修ができないかもしれない理由

「未来のネット・ゼロ・ハウス」の特徴を見る。ご自宅と比較してみてください。



トウモロコシを原料とするカーペットを敷いたり、大豆を原料とする塗料で室内を塗り直したりすることは簡単なことです。シャワーや洗濯機から出る水で庭の水やりをするような、クレイジーなアイデアもあります。ヒートポンプや地熱暖房に切り替えたり、カスタムパネルで家を覆って断熱性を高めたりすると、おそらく家の価値よりも高い費用がかかり、家を取り壊すか放棄しなければならなくなるでしょう。

屋根の上に風力発電機を設置するのは、まさに「上乗せ」です。風車の騒音が家に伝わり、屋根が風車の重さで崩れることを考えれば、風車の設置は "上物 "と言えるでしょう。
  • 太陽電池パネル
  • 太陽熱温水器
  • 屋根置き型風力発電機の重量・トルク・振動について


ストランディングはどのように起こるか

ご自宅や商業施設が立ち往生することはないとお考えなら、考え直してください。それは非常に簡単に起こる可能性があり、事前に計画されたものではなく、自然に見えるかもしれません。
  • 一見偶発的な地政学的問題や、石油開発資金や風力発電の制限により、石油・ガス会社の内部資金が補充されず、世界的に炭化水素燃料の供給が制限される可能性があります。炭化水素の価格が大幅に上昇する可能性があります。
  • 天然ガス、暖房用オイル、電気などの価格がすでに高い上に、追加の炭素税が課されるかもしれない。
  • 多くの人がそうであるように、限られた収入で生活している場合、自宅の冷暖房やコンプライアンス違反の罰金を支払うためのコストは、経済的能力を超えるかもしれません。
  • また、「ネット・ゼロ」に対応していない住宅や商業施設は、気候変動に配慮した銀行から借り換えを断られる可能性があります。
  • また、ビルの売却の際にも、銀行からの融資が受けられず、法外な光熱費や罰金を支払うことを望まない買い手が現れる可能性があります。

特に一戸建て住宅は、集合住宅に比べて一人当たりのエネルギー消費量が多く、改修コストも高い。気候変動を解決するための障害となっているのです。



もし、上記のようなことが起こったら(これは十分にあり得ることですが)、あなたのビルに入居する能力は失われ、引っ越さなければならなくなります。どこに引っ越せばいいのでしょうか?それは誰にもわかりません。もしかしたら、この時点で「緑の未来都市」を検討することになるかもしれません。



上記役者はいずれも当選していない

このたびは、「世界の重要人物が、あなたの家やマンションを陳腐化させ、「座礁」させるかもしれない」という話をお読みいただき、ありがとうございました。私の懸念が杞憂に終わることを祈りつつも、もしかしたらそうなるかもしれません。

その場合、WEF、ULI、CRREM Global、国連など、上記のプレーヤーは誰一人として選ばれていないことにご注意ください。あなたの一票や声は、結果に影響を与えません。

このような動きは、気候変動を支持する一部の人々には歓迎され、他の人々には恐れられていることに留意してください(その中にはこの記事を読んでいる人もいるかもしれません)。しかし、気候変動の擁護者であっても、いずれは自分の住まいが「座礁」してしまうかもしれないのです。

あなたはどのグループに属しますか?屋根に風力発電機を設置するのか、それとも未来のスマートシティに移住するのか?



https://igorchudov.substack.com/p/the-wef-wants-your-house-to-be-worth

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1045 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧