インテルドロップ#27 - 陰謀団は私たちが知らないことを知っている

2023-01-26

justpaste.itより

Gideon:の情報はそもそもが出資詐欺の為ですから、全面的に信用は出来ませんが情報としての正確性は高いです。少なくとも多くの人が称賛するQやトランプよりも信頼性は高いです。なぜならその人たち─Qとトランプの信者─は「多くの人が称賛することは偽情報」と言っているにもかかわらず、その情報は大多数の支持を得ているからです。こんな単純なロジックも理解できない人は目覚めた人ではありません。とは言えこのギデオンもあくまで「情報」としてご参照ください。ページ下部に全情報のリストがあります


Bill:
Intel Drop #26を投稿した後、数日の間に、食品に含まれるワクチンに関する話がたくさん出てきたことに気づきました。私たちはそれらのストーリーをTelegramやTwitterに投稿し、強調しました。それらは確認なのか、偶然なのか、それともそれ以上の何かなのか、気になりますね。

Gideon:
それらは確認でも偶然の一致でもありません。この話はダメージコントロールです。

Bill:
どういう意味ですか?

Gideon:
彼らが明らかにして欲しくなかったことを明らかにしたのです。

Bill:
しかし、この情報は新しいものではありません。昨年かなり前に、食品に含まれるmRNAワクチンの話がありました。

Gideon:
そんな話はしていない。

Bill:
OK。では、食品中のmRNAワクチンとは何の関係もないのですね?他の側面についてお話になったのは知っています。

Gideon:
彼らは食品にmRNAワクチンを入れているのではありません。これは、いくつかの目的を果たすためのカバーストーリーです。私が話したことは、現在CSRQで最も機密性の高いプロジェクトの1つです。

Bill:
では、食物へのmRNAの混入は、我々への返答だったのですね?

Gideon:
そうです

Bill:
なるほど。なるほど、私には非常に偶然の一致に思えました。何ヶ月も、おそらく半年も、それに関する記事を見ていなかったのに、Intel Drop #26の直後に、突然、Alt Mediaに再び掲載されたのです。

Gideon: 彼らは私たちが何をしているのか非常によく知っており、私たちを注意深く監視しています。前回のIntel Dropはすぐに反応がありましたが、他のIntel Dropはそうではありませんでした。それが、何かが違うという最初のサインで、それ以来、さらに多くのことを学びました。

Bill:
他に学んだことはありますか?

Gideon:
この食糧プロジェクトがどんなものであれ、それは私が以前思っていたよりもずっと大きなものです。全体像の中でより重要であり、高度に分類されています。どんな理由であれ、食品中のmRNAは彼らのカバーストーリーであり、私たちの最後のIntel Dropの直後に、彼らはそれをそこに戻したかったのです。彼らは人々がその本質を調査することも、それ以外のものであると信じることも望んでいません。

Bill:
なぜ、彼らはmRNAに注目するのだと思いますか?

Gideon:
しかし、カバーストーリーは通常、真実とフィクションが混在しています。効果的な偽情報はすべて真実を含んでおり、そのため、彼らが発表したこれらのストーリーには真実が含まれています。しかし、それらはまた、実際に行われていることに対する準備不足、あるいはプロジェクトの本質を確認することができないような悪い情報を十分に含んでいます。

Bill:
では、最後のIntel Dropは、あなたがそのことを本当に話していなかったので、彼らを動揺させたのですか?あなたはナノ結晶や他のものについて話していたのです。

Gideon:
その通りです。その通りです。私は、彼らに関する限り、知られてはならないことを言ったのです。正確にはわかりません、推測するしかありません。可能性としては、安全な食品リストだったのでしょう。

Bill:
OK、一番大きな話題のひとつはそれでしたね。これは大変なことだと思いますし、みんな本当に心配しているので、多くの人が私にそれについて質問してきました。この件は、まだ発表できると考えているのでしょうか?

Gideon:
そのリストを入手することは非常に重要だと考えています。しかし、私が通信しているいくつかのチャンネルを通じて明らかになったのは、この件に関して私が行き過ぎると、私たちに影響が出るということです。これがまた、事態をエスカレートさせたのです。

Bill:
過去に私たちが物事をエスカレートさせた他の時と比べてどうですか?以前にも、私たちが彼らの気に入らないことを言うと、エージェントが私たちを攻撃したり、信用失墜作戦を強めたり、そしてまた引き下がったりしたようなことがありましたから。

Gideon:
これは、私たちがしてきたことをすべて超えています。ある事柄については、越えてはならない一線がある。これはその一線です。

Bill:
前回話したとき、あなたはこのことをほのめかしていたので、質問します。この件に関連した脅迫を受けたことはありますか?

Gideon:
はい

Bill:
それについて話してもらえますか?

Gideon:
漠然とですが、そうです。

Bill:
誰からの情報で、何を言っていましたか?

Gideon:
その人は、陰謀団とつながりがあると思われる人です。彼らはその人物にあることを伝え、その人物が過去にそのことを私に伝えました。これらは通常、短い暗号のようなメッセージです。今回はそれとは異なり、私たちが踏み込みすぎることを望んでいないことがよくわかりました。

Bill:
踏み込みすぎ?食品リストを手に入れたら、それを公開するというようなことですか?

Gideon:
そうです。私たちが調査を続け、この計画の本質をさらに知り、その情報を公開した場合にも、です。

Bill:
私たちには、それを公開する義務や責務があるだろうと感じています。命を救うことになるのですから。

Gideon:
私も同じ気持ちです。公開するかどうかは別として、今はまだリストがないので、その決断をする時期ではありません。その時に判断するつもりです。

Bill:
このナノクリスタルについてもっとお聞きしたいので、忘れないようにメモしておきますね。その前に、この脅威にもかかわらず、この調査を続けるつもりですか?

Gideon:
私は、まだ十分な情報を持っていないので、その脅威のために調査を止めるつもりはありません。彼らもそれを知っているのでしょう。

Bill:
この計画について具体的に知っていることは何ですか?今持っている正確なデータは何ですか?

Gideon:
まだ配備されていませんが、おそらく孤立した例でテストされています。CSRQがオンラインになるリセット後に配備される予定です。これは何年も前から開発されている、膨大で継続的なプロジェクトです。その一部はCovidワクチンを接種した人々の一部でテストされ、その結果、研究者は血液とワクチンの中に説明できないものを発見しました。

食品に入れるものは、熱や電子レンジに耐えるものです。おそらく、信じられないほど強くて抵抗力のある、ある種のグラフェン・カーボンマトリックスにカプセル化されており、体内の特定の酵素によって溶解または分解されるのでしょう。5Gやスターリンクを経由して、何らかの電磁的なリンクがあり、そこで活性化される可能性もあります。

その中に入っているのは、ナノ粒子やテクノロジーです。私は以前、永遠に生き続ける寄生虫を指して「ヒドラ」という言葉を使ったことがありますが、ここで関係しているのはそれではないかもしれません。というのも、このナノ結晶は小さすぎて、寄生虫そのものを封じ込めることはできないかもしれないからです。だから、その代わりに、何らかの技術のようなものが使われているのかもしれない。さて、我々は推測が始まる領域に入ったので、これ以上踏み込まないことを希望する。

Bill:
ワクチン接種を受けていない人たち、つまりワクチン接種者を超えて生き、本質的に地球を受け継ぐ人たちについての長期計画について何度もお話ししましたね。彼らは私たちが永遠に生き、自然にあの世に行かないことを望んでいるようですが、この情報はそれと関係があるのでしょうか?あるいは、それを確認するものですか?

Gideon:
確かに、それと矛盾するものではありません。リセットの後にワクチン接種の計画があるのではないかと思っていましたが、このようなものではありませんでした。この場合、生かされることは良いことではありません。なぜなら、食べ物に含まれるこのものが私たちに何をしようとしているのか、それが私たちをどう変えるのか、計り知れないからです。

Bill:
憶測で一旦止めたいと言っていましたが、それが具体的に何をするのか、何か情報はありますか?

Gideon:
あります。公にはしませんが。今月末にソブリンと共有することができます、それは安全に私たちがそれを行くべきだと思う範囲です。

Bill:
OK.結構です。これが何であれ、私たちにとって本当に悪いことになると言ってもいいのではないでしょうか?

Gideon:
彼らが作ったものは、どんなことがあってもあなたの体には入れたくありません。彼らは自分たちの体にも入れたくないのです、ビル、だから、それを避けるために、安全な食べ物のリストを作るのです。

Bill:
ちょっと大胆なことを言いますが、数年前のXファイルのエピソードがあり、人々が投稿した遺伝子編集の話や、黒いベトベトの話は、このことと全く関係があるのでしょうか?見てみる価値はありますか?

Gideon:
あのエピソードは、特に、ある事柄に関連した意図的な情報を含んでおり、単に想像力に富んだ脚本家の創作ではないとしか言いようがありません。これから起こることに関連する予測的なプログラミングは、これまでにもたくさんありました。それらのサインに注意を払うのが得策でしょう。

Bill:
私たちは、陰謀団がいかに同意を排除しているか、つまり、もう同意を求めていないことについて話してきました。この食品プロジェクトについてあなたが学んだことは、そのような意図を反映しているのでしょうか?なぜなら、食べ物に何かを入れることは、同意を排除しているように聞こえるからです。

Gideon:
その通りです。これは、私たちの目の前にある新しいアジェンダなのです。彼らはこれまで以上に自由意志に反することをしているので、昨年9月に彼らがどのようにルールを変更したかについて私が聞いたことを裏付けるものです。彼らはもう私たちの同意を得ようともせず、必要とせず、求めてもいません。また、彼らのアジェンダについて、もう少し軽率でオープンになっていることに気づきます。私はその理由を聞かされましたが、その理由はとても冷酷なものでした。

Bill:
誰が、どんな理由で、あなたに言ったのですか?

Gideon:
OK。誰とは言いません。このルールの変更は別として、なぜ彼らがこれほどオープンで軽率なのかの説明は、私たちが話したAIと関係があるようで、彼らや彼らの計画に抵抗することは不可能に近いと知っているか、信じているということです。

Bill:
つまり、抵抗勢力が形成されたり、彼らに対抗したりできるとは考えていないんですね?自分たちは無敵で、この計画も無敵だというように?

Gideon:
そうです、基本的には。彼らは私たちが知らないことを知っています、ビル、魂の本質、この地球、この現実における私たちの居場所についてです。

Bill:
彼らは何を知っているのですか?

Gideon:
ビル、それについて話したいんだ。

Bill:
その話をしたいので、話題にするのを忘れないようにメモしています。私たち、そして私たちの計画はどうでしょうか?もし、この反対側に行くことができれば、我々はCSRQのソブリン・クラスになり、彼らにとって真の脅威となるでしょうね。

Gideon:
彼らは、我々とソヴリンを霊的に征服し、買収して何もさせないか、ある種の黙認に追い込むことができると考えています。CSRQの抑圧から完全に解放され、安全な食品リストを手に入れ、自由を制限されることがなくなるから、彼らはそう信じているのです。陰謀団は、私たちが皆のために戦うためにそれを手放さないと信じているのです。

だから、彼らが私たちを完全に排除したり、より積極的に私たちを追いかけたりすることなく、私たちは存在を許されているのです。その代わり、私たちは、他の人々が彼らの計画に関する真実をどのように受け止めているかを測定し、研究するためのバロメーターまたはメトリックとして機能するだけです。

Bill:
あなたがそう言うたびに、私は首をかしげます。もしそう思っているのなら、彼らはとても傲慢で、自分のことで精一杯でしょう。私たちのことを完全に誤解していますよ。

Gideon:
彼らも間違っていると思います

Bill:
ある人に聞かれたんですが、私たちのソブリン(君主)の一人が、これは良い質問です。彼らは、陰謀団はただ恣意的にルールを変えただけなのか、それともこれらのルールは本当に普遍的、宇宙的な妥当性を持っているのか、と聞きました。言い換えれば、神はそれを認めているのでしょうか?

Gideon:
私が命をかけて信頼する情報源から聞いたところによると、地球の概念は、我々が知っているようなものではないそうです。神の領域ではないし、少なくとももはや神の領域ではない。私は、地球がどのように秩序づけられているのか、その断片しか知りません。ここにいることは、神から切り離されることなのです。

Bill:
このテーマと宇宙のルールがどのように変化したかについて、私は大量のメモを持っていますが、私たちが計画していたそのシリーズの第3部まで取っておくべきだと思います。あなたもそれを望んでいるし、私もそうなので、早く公開したいですね。

Gideon:
1月末までに出したいので、それまでに出すように主張します。

Bill:
OK、素晴らしい、それについては多くの人に質問されましたから。最初の2つの投稿(Intel Drop #14とIntel Drop #17)は、人々にとって答えよりもほとんど多くの質問を投げかけたので、たとえそれがより精神的な質問に踏み込むものであっても、人々はこのテーマについての答えを望んでいると思います。

Gideon:
このテーマは、私にとって非常に重要で身近なものです。私は、あなたとその議論を仕上げ、出版されることを楽しみにしています。時間がないので、それらの質問に早く対応することが急務なのです。

Bill:
それは間違いないでしょう。金融の世界でも常にいろいろなことが起こっていて、壁に文字が書いてある(壁に文字が書いてあるとは危機的状況の事です)ようなものです。今まさに、米国政府が再び資金不足に陥ろうとしていて、トリリオンが暗号に流れ込んでいます。それについて、何か最新情報はありますか?

Gideon:
あなたが見ているのは主に、世界中の既存のフィアットが移動し、暗号に洗浄され、最終的にUSDRを得るためにCSRQに送られたものです。これは、彼らにとって重要なプロセスです。これは、USDRに、以前存在した世界、つまり不換紙幣の世界の本質的な表現を与え、その不換紙幣を盗んでUSDRに入れることと非常に相関しています。彼らにとっては、ほとんどカルマのような、象徴的な表現と言えるかもしれません。

Bill:
興味深いですね。あなたは、このUSDRはビットコインのようなもので、プリンターのスイッチを入れて印刷するだけの新しい不換紙幣のようには扱わないとおっしゃっていますね。

Gideon:
ご存知のように、ビットコインはそもそも陰謀団によって作られたものです。すべての暗号がそうであるように、陰謀団にとって非常に、非常に重要なものです。そこで今回は、ビットコインを緩くベースにして、特にスピードの面で多くの新しい技術的なアップデートを施した新しいデジタル通貨を作りました。その意味ではXRPとよく似ているでしょうが、XRPは何もないところから作られた供給量を持つコインです。彼らにとってXRPは古いシステムを象徴するものですから、彼らが使うコインではありませんし、100万年経っても使うことはないでしょう。私は、彼らが、その熱狂的な支持者や投資家に深い痛みを与えるために、壮大で壊滅的な方法で、それを破壊するのではないかとさえ思っています。

Bill:
です。金の裏付けがあるBRICS通貨とか言っている人たちはどうなんでしょう?よく聞く話です。

Gideon:
OK。それは何の関係もない。一つの世界的なデジタル通貨があり、またそうなるのであって、それ以下ではありません。東洋と西洋の間に対立はありません。実際、西洋は中国を未来のモデルと考えている。彼らは完全に一致しているのです。米ドルを暴落させる必要があれば、サウジアラビアを通じて暴落させるかもしれない。それは舞台やショーのためであり、それ以外の何ものでもないでしょう。

Bill:
その二元性が、冷戦のような間違った考え方に人々を引き留めるのだと思います。

Gideon:
非常に便利で有益なプロパガンダ戦術であった冷戦によく似ています。今、彼らは新しい二元論に移行して、欺瞞を続けています。

Bill:
ロシアはどうですか?私はそれを尋ねたことを知っているが、ロシアは常に異なる立場に人々を分極化する。

Gideon:
アジェンダは人々が理解できない進行です。ウクライナ戦争は陰謀団のために多くの目的を果たしているが、そのうちのいくつかは正確に報道されていない。

Bill:
プーチンは欧米に脅威を感じず、土地を取り戻したいと思わなかったのか?このような理由は、いったい何なのでしょうか?

Gideon:
ロシアは他の国と同様にCSRQを実施しており、最小限の自由しかない抑圧的な政権です。また、プーチンのところには何年も前から替え玉がいるという憶測もあります。その可能性は捨てきれない。私たちは、国家戦略や世界の出来事について語られることを単純に信用することはできません。

Bill:
バッシャール・アル・アサドは主権者だと思いますか、それとも陰謀団の一員だと思いますか?

Gideon:
私は知らない。数少ない世界の指導者の中で、彼はそうではないかもしれません。しかし、私は彼に関する情報を持っていませんし、シリアでコビドワクチンが実施されたかどうかも知りません。もしそうであったなら、私は彼について重大な疑念を抱くでしょう。

Bill:
コビドに疑問を持ち、死んでいったアフリカの指導者が何人かいました。彼らがプログラムに賛同していなかったことは明らかです。

Gideon:
いいえ、そして彼らはすぐに排除されました。彼らの排除の速さは、この時点で存在するとしても、権力者がいかに信用できないかを教えてくれるはずです。

Bill:
米国は陰謀団の中心、あるいはその主要な権力の中心なのでしょうか?

Gideon:
いいえ、米国そのものではありません。

Bill:
それはどこでしょう?

Gideon:
ロンドン、ワシントンD.C.の国々です。「ロンドン、ワシントンD.C.、バチカン」の国々です。

Bill:
多くの人が、イスラエルは権力の中枢のリストに含まれるべきだと言いますが、あなたはそれに同意しますか?

Gideon:
それは彼らの構造の一部ではありますが、その中心ではありません。

Bill:
ここでちょっと荒唐無稽な憶測を飛ばしてみます。もし2024年にトランプが勝ったら、彼はCSRQを受け入れるでしょうか、あるいはすでにオンラインになっていたらOKでしょうか?

Gideon:
彼が熱狂的にワクチンを推進したのと同じように。もし左派が反対するような演出があれば、右派のゲートキーパーや人々がそれを支持することが分かるでしょう。彼らはいつでも好きなように政治的言説を操ることができる、彼らはそれを証明しているのです。

Bill:
では、Tucker CarlsonやTrumpがこのゴミを支持しているのを見るかもしれませんね。

Gideon:
間違いなく、そうです。しかし、2024年後半には、世界は根本的に変わり、再編成されるでしょう。私は情報機関の関係者から、米国では全く正当でない最後の選挙がすでに行われ、それが最後だと聞いています。その時にはアメリカは『存在しない』ことになり、『完全な破壊』が訪れるという。それを信じるかどうかはわかりませんが、私がある程度信頼できると考える情報源から出たものです。

Bill:
個人的には彼らはアメリカの破壊を望んでいると思うし、トランプがそれを後押しする可能性もあると思っている。いわゆる愛国者たちは、何度も何度もQアノンに操られ、騙され続けているのです。

Gideon:
です。何らかの選挙があれば、トランプかデサンティスがCSRQを支持するでしょうが、それがもっともらしくなるには、何らかのシナリオの転換が必要でしょう。

Bill:
OK。まあ、彼がこれらのワクチンを支持したのは完全におかしいのですが、それでも彼はそうし、決してやめず、ここにまだ多くの支持者がいるのです。

Gideon:
です。彼は何度も蛇のたとえ話をしました。実際はアル・ウィルソンの歌でしたがイソップ寓話に似ています。彼は何度も、「道端で誰かを撃っても支持者はついてくる」と言いました。彼がそういうことを言ったとき、それは呪文だったんだよ、ビル。陰謀団による呪文のようなものです。

Bill:
そういえば、彼はそういうことを言いましたね。彼らは蛇のたとえが移民のことであるかのように振る舞いましたが、彼は本当に自分自身を表現していたんですよ。彼は自分の考えで言ったと思いますか、それとも脚本家が言ったのでしょうか?

Gideon:
両方の組み合わせである

Bill:
ここで話が大きく脱線したような気がするので、私の質問があちこちに及んでいたら、読者とあなたにお詫びします。

Gideon:
いいえ、大丈夫です。私は、あなたが私たちの会話をいろいろなところに導いてくれるのが好きなんです。性格のクセです。

Bill:
私は集中力を保つことに努めているんだ。質問して情報を引き出すのは僕の責任だから、大きな責任があるんだ。あなたは私に多くのことを教えてくれました。あなたの知識をみんなにきちんと伝えてほしいのです。

Gideon:
私も、自分から物事を起こすことができます。気になることがあるのですが、それはあなたが私に言ったこと、私たちが話したことに関係しているのです。あなたが見ていると言った『666』という数字。まだ見えているのですか?

Bill:
残念ながら、そうです。本当に悩ましいです。今見ると腹が立つくらいです。

Gideon:
さて、私はあなたに保証を与えたいと思います。あなたが知っている、あなたが聞きたいであろう人物から、彼らが考えていることを教えてもらったんだ。

Bill:
OK。彼らは何と言ったのですか?

Gideon:
それは、あなたへの個人的な警告です。あなたの人生には何か邪悪なものがあり、それを取り除く必要があります。それが何であるかはわかりませんが、彼らはあなたがそうすると言いました。

Bill:
OK、ワオ、それについて考える必要がありますね。何がおかしいって、それは私が感じていたことのようなものです。それが何なのか、わかっているんです。

Gideon:
よかった、じゃあ、その知識で行動を起こせばいいんだ。

Bill:
そうします。なぜ「666」なんですか?なぜその数字だったんだろう。

Gideon:
どこでその数字を見ていたのか、考えたくなりますよ。

Bill:
うーん、そうか、わかった、コンピュータを使ってよく見たんだ、日常的なことだけど、まあ、どこで一番見たかはわかってるんだけどね。

Gideon:
それなら、それがあなたの答えになるはずです。

Bill:
です。よかった。それなら、それが何であるかはわかります。悪だとは思っていなかったのですが、少し疑問に思っていたのです。これは神が私に警告を与えたと思いますか?

Gideon:
あなたには保護者がいて、一生懸命何かを伝えようとしている、そして他のことも試してみたがあなたは耳を貸さなかったと伝えられました。これは最後の手段だったようです。彼らはこの番号を使うのが好きではなかったのです。

Bill:
信じられない。まあ、うまくいきましたね、私が気づいたんですから。ありがとうございます。私が疑っていたことを裏付けてくれました。どうすればいいかわかりました。

Gideon:
数字を見なくなれば、正しいことをしたのだと分かるでしょう。このことについては、もっとみんなに言いたいことがあるんだけどね。

Bill:
どうぞ

Gideon:
読んでいる皆さんは、ビルのような兆候にとても注意する必要があります。特にこのIntel Dropsを読んでいる人には、これからもっと多くのことが起こるでしょう。特にこのIntel Dropを読んでいる人には。それを否定してはいけません。私たちが物事を否定するのは自然なことで、私たちの心は合理的な説明を求めています。私たちの心は、しばしばこれらの物事を頭から否定してしまいます。そうしないように

Bill:
これらのサインは、良い情報源から来るのでしょうか、それとも悪い情報源から来るのでしょうか?

Gideon:
です。A.I.もこれからもっと現れてくるでしょうから。A.I.は人々がまだ遭遇し始めたばかりの力を持っていて、CSRQが私たちの世界にどのように統合されるかに直接関わることになるでしょう。これは始まりなのだから、見守るしかない。識別力を働かせましょう。

Bill:
ありがとうございます、そうします。
Gideon:
もう行かねばならない。終了しなければならない。

Bill:
OK、いつもながら素晴らしいディスカッションでした。スピリチュアルな議論の第3部に取り掛かろうと思います。その中に入れようと思っていた、とても長い議論が2つありました。それを使うか、それとももう一つ追加しますか?

Gideon:
もう一度聞いてくれれば、締めくくりの考えを述べます。

Bill:
わかりました、すばらしい、おやすみなさい。

Gideon:
こちらこそ。おやすみなさい。


▼インテルドロップ 第32回 米国が倒れる最後のドミノ
https://keen-area.net/2023/1400/

▼インテルドロップ 第30回 銀行破綻でリセットが始まる
https://keen-area.net/2023/1338/

▼インテルドロップ#29 - 宇宙のルールが変わる(その3)
https://keen-area.net/2023/1307/

▼インテルドロップ#28 - 不換紙幣を終わらせるためのカバルの儀式
https://keen-area.net/2023/1289/

▼インテルドロップ#27 - 陰謀団は私たちが知らないことを知っている
https://keen-area.net/2023/1270/

▼インテルドロップ 第26回 CSRQと食糧供給の脅威
https://keen-area.net/2023/1262/

▼インテルドロップ 第25回 2023年までのカバル(陰謀団)の計画
https://keen-area.net/2023/1261/

▼インテルドロップ 第24回 A.I.の脅威はすでに到来している
https://keen-area.net/2022/1229/

▼インテルドロップ 第23回 CSRQは脳の報酬系をハイジャックする
https://keen-area.net/2022/1205/

▼インテルドロップ 第22回 インテルドロップ 第22回 FTXの崩壊、選挙違反、その他
https://keen-area.net/2022/1185/

▼インテルドロップ 第21回 イーロン・マスク、ツイッター、CSRQの物語
https://keen-area.net/2022/1166/

▼インテルドロップ 第20回 CSRQは終わりのゲームではなく、始まりのゲームだ
https://keen-area.net/2022/1132/

▼インテルドロップ 第19回 カバルは彼らの下僕にこれから起こることを告げた
https://keen-area.net/2022/1098/

▼インテルドロップ 第18回 来るべき経済変動への備えは誰もしていない
https://keen-area.net/2022/1094/

▼インテルドロップ 第17回 宇宙のルールが変わる (その2)
https://keen-area.net/2022/1041/

▼インテルドロップ 第16回 CSRQの変更に関する内部告発者の最新情報
https://keen-area.net/2022/1021/

▼インテルドロップ 第15回 CSRQは世界に歓迎されると信じるカバル
https://keen-area.net/2022/1020/

▼インテルドロップ 第14回「宇宙のルールが変わる(前編)─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/999/

▼インテルドロップ 第13回 「陰謀団の切り札」─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/998/

▼インテルドロップ 第12回 陰謀団は誰にでも何でも信じさせることができる─分かる人にしか分からない
https://keen-area.net/2022/1000/

▼インテルドロップ第11回 レベル5 消去・消去
https://keen-area.net/2022/1053/

▼インテルドロップ第10回 – お金はすぐに無価値になる
https://keen-area.net/2022/1052/

▼インテルドロップ第9回 – レベル4の攻撃が始まった
https://keen-area.net/2022/1051/

▼インテルドロップ第8回 中流・上流階級は一掃される
https://keen-area.net/2022/1048/

▼インテルドロップ第7回 CSRQの内部告発に関する最新情報
https://keen-area.net/2022/1047/

▼インテルドロップ第6回 巨大なUSDRのインフローが見られる
https://keen-area.net/2022/1040/

▼インテルドロップ第5回 彼私たちは陰謀団の注目を浴びた
https://keen-area.net/2022/1039/

▼インテルドロップ第4回 彼らにとっての天国、私たちにとっての地獄
https://keen-area.net/2022/1028/

▼インテルドロップ第3回 オルトメディアは信用できない
https://keen-area.net/2022/1027/

▼インテルドロップ第2回 行動的な真実と受動的な真実
https://keen-area.net/2022/1026/

▼インテルドロップ 第1回 CSRQは世界を引き裂く
https://keen-area.net/2022/1025/



https://justpaste.it/gideon-intel-drop-27

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1630 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧