グローバルなデジタルIDがアメリカにやってくるが、誰もそれについて話すことを許さない

2022-11-03

truthunmuted.orgより

(by Baxter Dmitry | News Punch via Global Research) - 米議会は、世界経済フォーラムとビル・ゲイツの望みを叶え、米国市民のためのデジタルIDの展開に向けて大きな一歩を踏み出したが、主要メディアではこの大きな展開についてほとんど囁かれてはいない。

まるで、グローバリストのエリートが主流メディアの手下に、世界支配の計画について黙っているように指示しているかのようである。

パンデミック発生当初から、モバイル運転免許証やワクチンパスポートなど、デジタルIDシステムの進展に向けた取り組みが行われてきた。2020年には、世界経済フォーラム(WEF)が、利用者が承認されたCOVIDPass研究所で血液検査を受けることを義務付けるCOVIDPassの計画を展開しました。

現在、メディアがブラックアウトする中、米国上院の国土安全保障・政府問題委員会が「デジタルID改善法」を推進することを決議し、米国市民のための国家デジタルIDシステム案が急速に現実のものとなりつつある。

John Solomon氏のJust the News発信のレポートです。

簡単に言うと、デジタルIDは、個人が仮想世界で自分が誰であるかを証明することを可能にします。支持者は、デジタルIDは従来の身分証明書よりもプライバシーが守られ、運転免許証やパスポートなどの物理的な文書に伴うリスクの一部を最小化するのに役立つと主張しています。しかし、デジタルIDの導入が市民の自由の侵害につながることはほぼ間違いないと警鐘を鳴らす人もいる。

「ACLUの上級政策アナリストであるジェイ・スタンレー氏は、デジタルIDがプライバシーの悪夢となる可能性があると考えています。「しかし、デジタルが常に良いとは限らない。特に、システムがデジタルだけである場合には。

「例えば、ほとんどの管轄区域が電子投票を敬遠して紙の投票用紙を採用しているのには理由がある」とスタンレー氏は書いている。州によっては、投票ソフトが外部からの干渉を受けやすいため、紙の投票用紙の方がより安全だと思われるようになってきているのだ。

同様に、デジタルIDも攻撃を受けやすい。IDが盗まれたという怖い話は珍しいことではありません。デジタルIDはデータと同義であり、ハッカーが好むものといえば、データ、特に米国市民のデータであることを忘れてはならない。

米国におけるデジタルIDやワクチンパスポートの導入は、中国と同様の社会的信用システムのためのインフラ整備であると推測する人もいる。中国の社会信用システムは、国民2人に1台という6億台の監視カメラと顔認識技術を組み合わせた大規模な政府監視事業であり、最終目標は、どこでも3秒以内に誰でも特定できるようにすることである。

プログラム可能な中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、さらに別の管理層を追加する。プログラム可能なデジタル形式の不換紙幣であるため、発行者が望むように、特定の物や特定の場所にしかお金を使えないようにすることは容易だろう。

そして、一見何の変哲もないスマートメーターですが、電磁波による健康被害はもとより、プライバシーに関する深刻な懸念があります。スマートメーターが普及する以前は、月に一度、検針員が家庭を訪問し、電気使用量を手作業で記録していた。

テレグラフ紙が報じたように、イギリスのクロスベンチ・ピアであるアルトン卿は、大量監視システムを日常生活に絡めることの危険性に警鐘を鳴らした。「大量殺戮の道具が日常生活の中で簡単に使われ続けることは、断じて許されない。大量監視システムは、常にファシズムの手先であった。政府は、公共部門のサプライチェーンからこれらのカメラと技術を取り除くためのタイムテーブルを提示する必要があります。

最終目標

結局のところ、世界の超大国は、気が向いたときに簡単に置いていけるような世界規模のデジタルIDを作るまでには至らないだろう。もっと永続的な、家に置いておけないようなものを求めているはずだ。

スウェーデンは、埋め込み型マイクロチップをいち早く導入した国の一つです。チップは手の皮膚のすぐ下に埋め込まれ、スマートフォンに使われているのと同じ技術である近距離無線通信(NFC)か、非接触型クレジットカードに使われている無線自動識別(RFID)を使って作動する。

すでにスウェーデンは、多かれ少なかれキャッシュレス社会になっている。今、この小さなインプラントが、デビットカードやクレジットカード、そして身分証明書や鍵の必要性をすべて置き換えることになるのです。支払いは、左手を非接触型カードリーダーに近づけるだけで、決済が登録される。

これまで5,000〜10,000人のスウェーデン人がチップを装着したと推定されるが、スウェーデン当局は、中央登録がないため正確な数はわからないと主張している。最終的には、すべてが1つの埋め込み型デバイスに接続されることになる。


https://truthunmuted.org/global-digital-ids-are-coming-to-america-and-nobody-is-allowed-to-talk-about-it/
467 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧