孤立した患者を「偽の手」で慰め、孤独感を解消する


thepremierdaily.comより

パンデミック時には、何十万人もの人々が孤立した病棟で、家族や友人と物理的に接触することもなく、一人で過ごさなければなりませんでした。
そのような人たちの多くは、恐怖と孤独に苛まれながら、そのように死んでいったのです。最も大きな被害を受けた国のひとつであるブラジルでは、孤立した患者さんが少しでも孤独を感じないようにと、看護師たちがあるアイデアを思いつきました。
彼らは、怖くて大変な時に少しでも慰めになるようにと、偽物の手を作りました。

ブラジルの孤立した患者を偽の手で慰める。

2年余りにわたって世界中を襲ったパンデミックは、何千人もの人々にとって困難な時期でした。多くの人々にとって、それは適切な別れを告げることも、最期の瞬間にそばにいることもできないまま、大切な人を失うことを意味しました。
ブラジルは最も被害の大きかった国のひとつで、何千人もの孤立した患者が、命がけの戦いの中、孤独と闘う姿を目にしました。

2021年4月、サンパウロのある看護師は、この孤立が患者にとってどれほど困難なものかを目の当たりにしました。
看護師のセメイア・アラウージョ・クーニャは、ある患者さんの手が特に冷たいことに気づきました。彼女はその手を温め、血行を良くしようと試みました。



そこで彼女は、リオデジャネイロの看護師が発明した手術用手袋を使ったテクニックを使うことを思いついた。
2枚の手袋にお湯を入れ、湯たんぽのように結びます。そして、患者さんの手を2つの手袋の間に挟み込みました。
患者さんの手の血行をよくするだけでなく、まるで自分の手を誰かが握ってくれているような気がして、患者さんにとっても大きな安らぎとなったそうです。

人と接するような感覚

人間は非常に社会的な生き物であり、人と人との触れ合いは私たちにとって非常に重要なものです。私たちは生まれてから死ぬまで、人と人との触れ合いによって、さまざまな意味で癒されてきました。
背中をポンと叩いたり、ハグをしたり、あるいは手を握ったりするだけでも、ずいぶん楽になるものです。
末期の患者さんが亡くなるとき、医療関係者は家族や恋人に、その人の手を取って優しく握ってあげるように勧めることがよくあります。
患者さんはコミュニケーションがとれないかもしれないし、意識もはっきりしないかもしれませんが、それでもその小さな行為が患者さんに安らぎを与え、自分は一人ではないのだと知ってもらうことができるのです。

パンデミック時に孤立した患者たちは、そのようなものを受け取ることができなかった。彼らは一人で苦しみ、あまりにも多くの人がそのように死んでいった。
偽物の手、あるいは「神の手」と呼ばれるものは、孤立した患者の多くが、誰かが自分の隣にいて手を握ってくれているように感じるのを助けてくれたのです。

「挿管された患者がいたので、愛情表現として、なでるように、人間らしく、誰かが彼女の手を取っているように、また、手がとても冷たくなっていた四肢を柔らかくするために行うことにしました」とクーニャは言いました。
「プロフェッショナルであるだけでは十分ではありません。共感できる人間でなければならない。心を語らせることは良いことだ。」

原案

このアイデアを最初に思いついたのは、リオのリディアーネ・メロという看護師だった。
彼女の孤立した患者の一人が、酸素飽和度に悩んでいた。また、彼の手はとても冷たくなっていました。手を包んでもダメなようで、何か熱を持ったものが必要でした。
彼女はまず、患者の手を温水につけることを考えたが、汚染の危険性があるため、それは断念した。そこで彼女は、2つの手袋で彼の手を包んだのです。

彼女はその様子をソーシャルメディアに投稿し、「誰かが彼の手を握っているように感じられたらいいなと思います」と述べた。
この投稿はすぐに拡散され、何千人もの人々が、医療従事者の特別なタッチがいかに素晴らしいものであるかをコメントしました。
さらに何千人もの人々が、「心が温まる」「胸が張り裂けそうだ」というコメントを寄せています。孤立した患者さんが一人で苦しみ、死んでいくことを考えると、辛いものがあります。

社会とのつながりの大切さ

孤独や社会的孤立は、健康や幸福に大きな影響を及ぼします。これは、誰かが病気で入院しているときに限ったことではありません。
国立老化研究所によると、孤独や孤立を抱えている成人は「健康状態が悪く、入院期間が長く、再入院の頻度が高く、早期に死亡する可能性が高い」のだそうです。
人とのつながりは、人間の健康にとって非常に重要です。だからこそ、パンデミック時に孤立した患者のために看護師たちがしたことは、とても重要だったのです。

一人暮らしの人を知っていたら、声をかけてあげてください。
見舞いに行く。入院している人を知っていて、見舞いに行けるのであれば、行ってみてください
- その人の回復の助けになるかもしれません。最後に、もしあなた自身が一人暮らしをしているのなら、人と人とのつながりを作るために行動を起こしましょう。
できるだけ体を動かし、ペットを飼うなどして、孤独感を和らげましょう。家から出て、他の人と触れ合うために、地域社会に参加する方法はたくさんあります。
あなたの精神と健康のために、積極的に参加してください。

https://thepremierdaily.com/isolated-patients-comforted-with-fake-hand/
193 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧