遂に排泄物(人糞)から食品が作れるようになっらしい


space.newsより

おい、この宇宙のラザニアはクソみたいな味だぞ! 宇宙飛行士が自分たちの排泄物を微生物で再利用したものを食べるという、最新の科学的 "ブレークスルー"

ペンシルバニア州立大学の研究者らは、微生物を利用して潜在的な食糧源に変換することに成功し、宇宙飛行士にとって宇宙旅行の過酷さを軽減できる可能性があることを報告した。
研究チームは、地球から宇宙空間へ十分な食料と水を運ぶには大量のスペースを必要とし、宇宙船の質量と燃料の必要量を増加させる可能性があると指摘している。また、水耕栽培などで食料を育てるには、エネルギーと水を大量に消費することになると専門家は指摘する。そこで研究者たちは、廃棄物を食料源に変える方法として嫌気性消化に着目した。

「嫌気性消化は、地球上で廃棄物の処理によく使われている方法です。大量の廃棄物を処理し、リサイクルするための効率的な方法です。私たちの研究で斬新だったのは、その流れから栄養分を取り出して、意図的に微生物反応器に入れ、食物を育てることです」と、ペンシルベニア州立大学の地球科学教授であるクリストファー・ハウス氏は、Science Dailyオンライン版に語っています。

これをテストするため、研究チームは、廃棄物処理試験でよく使われる人工の固体および液体廃棄物が選択した微生物と出会える密閉された円筒形のシステムを開発しました。
研究チームは、微生物が嫌気性消化を利用して廃棄物を容易に分解することを確認した。また、専門家は、人間の排泄物を嫌気性消化する際にメタンが容易に生成されることを発見し、このメタンを、動物の飼料に密接に関連する微生物であるメトリコックス・キャプスラッツに利用できることを明らかにした。
研究者は、タンパク質が52%、脂肪が36%のM.キャプスラッツを培養することができたと報告し、宇宙飛行士の食料源となる可能性を示しました。

「また、各成分は非常に堅牢で、無駄なものを素早く分解します。そのため、将来の宇宙飛行に利用できる可能性があります。トマトやジャガイモを育てるより早いんです。
もし、このシステムを改良して、水耕栽培や人工照明を使わずに、廃棄物から85パーセントの炭素と窒素をタンパク質に戻すことができたらどうでしょう?それは、深宇宙旅行のための素晴らしい開発でしょう」と専門家は言う。

科学のパイオニアであり、『フード・フォレンジック』の著者で、近々公開される映画『バイオスラッジド』のプロデューサーであるマイク・アダムス氏は、「地球上ですでに人間の汚水をリサイクルして食べていると気づいている人はほとんどいない」と警告している。
「人体汚水は、アメリカのすべての都市で回収され、人間が消費する食料を栽培するための作物土壌に投棄されています。「しかし、このやり方は、腐敗した反科学的なEPAが推し進める環境科学の危険な否定に根ざしており、有毒廃棄物によるアメリカの大量汚染をゴム印のように押し付けているのです。
関連記事:新しい「人体のリサイクル」技術は実はカニバリズム!
https://keen-area.net/2022/941/

EPAは、クリントン政権下で、食用作物への人間の汚水投棄を合法化した。その決定の根拠となったのは、現在「汚泥マジック」として知られる疑似科学のヤラセで、有毒な汚水が食用作物の土壌に投棄されると魔法のように不活性物質に変化するふりをするのである。

宇宙飛行士が廃棄物から栄養分とプラスチックを作るための酵母プロジェクトに貢献するかもしれない

今回の研究は、宇宙旅行の進歩に焦点を当てた研究が増えていることに追加された。昨年、サウスカロライナ州のクレムソン大学の研究チームは、人間の排泄物から、チーズによく含まれる酵母であるヤロウイア・リポリティカを培養し、特定の栄養素や、ポリエステルポリマーなどのプラスチック材料を生産することに成功したばかりであった。
関連記事:科学者たちは現在、人間の排泄物をプラスチックや栄養素に変える方法を開発中...これは本当に我々の未来なのだろうか?
https://keen-area.net/2022/943/

研究チームによると、人間の尿から得られる尿素は酵母に窒素を供給し、宇宙飛行士の吐く息は酵母に必要な二酸化炭素を供給する可能性があるという。臨床試験のデータから、ある酵母株は心臓、目、脳の健康に不可欠な役割を果たすオメガ3脂肪酸を生成できることが明らかになった。
また、別の酵母では、モノマーを生産するように改良できることも明らかになった。研究チームは、これらのモノマーを結合させてポリエステルポリマーを作ることを想定しており、3Dプリントで新しいプラスチック部品を作るために使用する予定であると述べています。

この成果は、米国化学会の第254回全国大会(The 254th National Meeting & Exposition of the American Chemical Society)で発表された。化学の科学に関するその他のニュースは、Chemistry.newsでご覧いただけます。

https://space.news/2018-02-03-astronauts-eat-microbe-recycled-human-waste-space-travel-science.html
349 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧