ゴーストタウンとウンチの関係:サンフランシスコ

2023-05-25
テンダーロイン地区で人々が荷物をまとめている間に、アーバン・アルケミーの従業員がゴミを拾い集める。| メリーナ・マーラ/ワシントン・ポスト via Getty Images

zerohedge.comより

※コロナによるロックダウンで、無人となっていた内に町中がウンコまみれになってしまい、益々人が寄り付かなくなったという記事ですが、日本では考えられないような事ですね。
ですが、現在の移民大量受け入れ政策を続ければ、日本でもそうなる事は簡単に予測できてしまいます。
とはいえ、現在キンバリーさん及びサイレント・サークルが世界中のシステムを精力的に変更していますから、日本の政治も当然のごとく変わっていく事でしょう。
政治の変更という以前に、キンバリーさん達によれば、「政府そのものが不要であり、政治は不要。調整は必要だが政治はいらない」という事です。


サンフランシスコが全米一の公衆便所であることは周知の事実で、市は6桁の「うんちパトロール」清掃チームを雇用している。

まず、商業施設では糞の発見頻度が高く、「主要商業地域の道路区分の約50%、市全体の調査では30%」に及び、「不法投棄」の項目で見られるように、割れたガラスに次いで多く発見されています。


もし、あなたが市の糞尿の方法論について疑問に思うのであれば、43ページの脚注を見るよりない;

糞には、ゴミ箱の中に入っていない糞を詰めた袋も含まれます。評価ルート上の道路や歩道などに散乱・汚損した糞もカウントします。糞に関連すると思われる汚れで、清掃済みのものはカウントされません。鳥の糞は除きます。


プー(ウンチ)が多く見られる場所としては、ノブヒルがトップで、テンダーロイン、ミッション地区がそれに続く。



「テンダーロインに住むジョー・ソウザは、今月初め、サンフランシスコ・スタンダード紙にこう語っています。「どこにでもウンチがある。壁沿いやガレージの前でいつも見かけますよ。



一方、主要な商業路線の約2/3が中程度から重度の路上ゴミを報告しており、同じ問題に悩む市街地の41%に及んでいます。



サンフランシスコの商業地や住宅地でも落書きが多く、昨年はビタシオンバレー(Visitacion Valley)を除くすべての地区で落書きが多かったと報告されています。この問題は商業地区で再び悪化しており、そのうちの71%が落書きがひどいか中程度と回答しています。

テンダーロインのクリーン・シティ・チームが、サンフランシスコのハイド・ストリートの歩道を力強く洗浄する。| Paul Chinn/The San Francisco Chronicle via Getty Images


「実際に観察された落書きの数では、市全体のサンプルと比較して、主要商業地域の調査では約10倍(それぞれ16万対1万6千)の落書きが報告されている」と報告書は述べている。

また、サンフランシスコが好む清潔さへの執着、人間や動物の糞は、引き続きサンフランシスコの痛手となっている: 調査対象となった商業施設のほぼ半数で糞が確認されました。市全体では、この数字はわずか30%でした。

* * *

サンフランシスコのウンコ黙示録は、パンデミック時代の在宅勤務政策と、この街の悪名高い暴力とウンコまみれの通りから逃れる人々の組み合わせにより、かつて繁栄した街がゴーストタウンと化し、商業オフィスの空室率が驚異的に上昇する中で起こっています。



https://www.zerohedge.com/political/theres-poop-everywhere-san-franciscos-office-district-not-only-ghost-town-its-also

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1025 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧