FEMAとFCCは、政府自身が計画した「緊急事態」での警報システムの実行可能性を確認するため、全国規模の緊急警報テストを実施する。

2023-09-10

naturalnews.comより

米連邦緊急事態管理庁(FEMA)と米連邦通信委員会(FCC)は10月4日、各テレビ、ラジオ、携帯電話会社と共同で、警報システムが幅広い緊急事態に対応できる信頼性の高い警報手段であることを確認するため、全国規模の緊急警報テストを実施する。
発表にはこうある: 「これは、連邦緊急事態管理庁が午後2時20分から午後2時50分(米国東部時間)まで全米を対象に実施する緊急警報システムのテストである。これは単なるテストです。一般市民は何もする必要はない。全国的なテストは、米国内のすべてのタイムゾーンで同時に行われる。

テストは約1分間で、ラジオやテレビの放送局、ケーブルシステム、衛星ラジオやテレビのプロバイダー、有線ビデオのプロバイダーなど、さまざまなチャンネルで放送される予定だ。メッセージは、機器の言語設定に応じて、英語とスペイン語の両方で送信される。

さらに当局は、パニックを防ぐため、テストまでの間にニュースや警告が急増することを予期するよう人々に伝えている。FEMAとFCCは、ワイヤレス・プロバイダー、放送局、緊急事態管理者、その他の関係者と緊密に協力し、一般市民がこのテストについて十分な情報を得られるようにしている。

FCCによると、10月4日に悪天候やその他の重大な出来事が発生した場合、テストは10月11日に変更される。

マウイ島山火事のサイレンが物議を醸し、FEMAとFCCが緊急警報テストを実施

8月8日、マウイ島の緊急警報サイレンが山火事の接近を住民に知らせることができなかったため、FEMAとFCCは緊急警報の実施効果をテストすることにした。

批判にさらされ、ハーマン・アンダヤはマウイ緊急事態管理庁長官を辞任せざるを得なくなった。

アンダヤは、ラハイナが燃えているときに屋外のサイレンシステムを鳴らさなかった彼の決定を擁護した。彼は、サイレンは通常津波警報にのみ使用されるものであり、これによって人々は「マウカ」、つまり山の方、あるいはさらに内陸に向かうことになったと主張した。(関連記事 マウイ島の緊急管理機関のトップが、山火事の際に警報サイレンを鳴らさなかったことへの批判の中で辞任した)

「サイレンは主に津波を想定しており、そのためほとんどのサイレンが海岸線に設置されています」とアンダヤ氏。「一般市民は、サイレンが鳴ったら高台に避難するよう訓練されている。あの夜サイレンを鳴らしたことで、人々が "マウカ "に行ってしまい、もしそうであれば、火の中に入ってしまうことを恐れています」。

アンダヤはさらに、特にラハイナの山腹で火災に巻き込まれた人々にとっては、警報サイレンを鳴らしても何も変わらなかっただろうと示唆した。

「言ったように、サイレンのほとんどは海岸線に設置されています。ですから、内陸部で火災が発生した場合、サイレンは何の役にも立ちません。「その日ラハイナでは、屋外のサイレンなので、屋内にいる多くの人々は、エアコンをつけていても、どんな場合であっても、サイレンを聞くことはできません。

ハワイの山火事に関する記事はDisaster.newsをご覧ください。

https://www.naturalnews.com/2023-09-07-fema-fcc-conduct-nationwide-emergency-alert-test.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
970 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧