人間の排泄物をプラスチックや栄養素に変える方法を開発している


space.newsより

科学者たちは今、人間の排泄物をプラスチックや栄養素に変える方法を開発している...これは本当に私たちの未来なのだろうか?

研究者たちは最近、尿や呼気などの人間の排泄物が、いつの日か宇宙飛行士の宇宙旅行をより効率的にする可能性があることを示唆した。

国際宇宙ステーションではすでに、人間の尿を宇宙飛行士のためのきれいな飲み水にリサイクルすることが始まっているが、主任研究員のマーク・ブレナー氏は、宇宙飛行士が長期の宇宙旅行中に必要とする栄養分や物質を作り出すことができるはずだと強調した。

Blenner氏によると、現在の輸送モデルでは、すべての必需品を運ぶのに必要なスペースが確保できず、特定の栄養素、薬剤、材料は3年以上の期間にわたって劣化する可能性があるとのことです。

この問題に対処できる可能性があるため、専門家はヤロウイア・リポリティカという酵母を利用して、主要な栄養素やポリエステルポリマーまで生産できる可能性を検討するプロジェクトを開発しました。

研究チームはまた、この酵母のさまざまな株を培養するために、人間の排泄物の可能性を評価した。人間の尿に含まれる尿素は、酵母に窒素を供給することができるとされた。一方、宇宙飛行士の吐く息は、酵母に必要な二酸化炭素を供給するものと推測された。また、二酸化炭素を酵母が処理できるような形に変換するために、藻類を使用した。

酵母実験による有望な成果

研究チームによると、ある酵母株は、心臓や目、脳の健康に不可欠な役割を果たすオメガ3脂肪酸を生産することができたという。また、別の株は、ポリエステルポリマーを作るために連結させるモノマーを生産するように改良された。このポリエステルポリマーは、3Dプリンターで新しいプラスチック部品を作るために使用される予定だった。

研究チームは、この酵母をさらに改良して、さまざまなモノマーを生成し、異なる性質を持つさまざまな種類のポリエステルに変換することに成功した。
専門家は、これまでの酵母株では、少量のポリエステルや栄養分しか生成できないことを確認した。しかし、生産量を増やすための改良を進めているという。
(関連記事:極低温で凍結した生物を蘇らせた科学者たち。)

「合成生物学の能力により、さまざまな製品を作ることができるさまざまな酵母の株を作ることができます。製品に関しては、原理を実証し、ポリエステルプラスチックを生産できることを示しましたが、この研究はまだ予備的なものです。
まだ、実用化できるほど大量に作っているわけではありません。微小重力、低圧大気、高いバックグラウンド放射線の中で酵母がどのように成長するかについては、まだわからないことがたくさんあります」とブレナー氏はThe Guardian紙に語っています。

「現在、宇宙飛行士が地球から離れて長期間生活しているのは国際宇宙ステーションだけですが、国際宇宙ステーションは頻繁に消耗品を補給することができるので、比較的簡単です。
巨大な機械から、その道具に最適とは言えないような粗悪なプラスチックを製造するよりも、予備品を持ち運ぶ方がずっと軽いというケースがほとんどです」と、外部専門家のDavid Cullen氏は言います。

この研究結果は、米国化学会の第254回全国大会および博覧会で発表されました。

このようなストーリーは、Space.newsで読むことができます。

https://space.news/2017-08-29-scientists-now-developing-ways-to-turn-human-feces-into-plastic-and-nutrients-is-this-really-our-future.html
308 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧