G20、デジタル通貨を推進する「デジタル公共インフラ」を承認 - ほとんどのアメリカ人が反対している

2023-09-21

naturalnews.comより

20カ国・地域(G20)は、デジタルIDシステムや中央集権的デジタル通貨の開発につながる「デジタル公共インフラ」(DPI)の可能性を模索している。
G20は欧州連合(EU)をはじめとする19の有力国で構成されている。G20は、欧州連合(EU)をはじめとする19の有力国で構成され、世界経済、国際貿易、世界人口の大部分を占めている。G20は、"DPIによる金融包摂と生産性向上を促進するための政策提言 "と題する文書の中で、DPIの探求を支持した。

DPIは、デジタルID、デジタル決済、データ交換など、いくつかの要素から構成されている。同文書は、特に中低所得国において、不十分な身分証明書が金融サービスへのアクセスの障壁となることが多いため、デジタル身分証明システムが金融包摂を強化する可能性があることを強調している。

9月10日に発表された声明の中で、G20首脳は暗号資産報告フレームワークと共通報告基準の改正の迅速な実施への支持を表明した。経済協力開発機構(OECD)が起草した同枠組みと修正案は、暗号資産の課税と報告を扱っている。声明はまた、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入と採用に関連する潜在的なマクロ金融的影響に関する議論を支持した。

インドの首都ニューデリーで開催されたG20サミットでは、暗号通貨の禁止に関する議論は行われなかったが、様々な関係者が、よりデジタル志向の未来に向けた熱意を表明した。

インドのニルマラ・シタラマン財務大臣は、暗号資産に対する規制の枠組みの必要性を強調した。一方、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、武漢コロナウイルス(COVID-19)デジタル証明書の成功と、より広範なデジタルIDシステムのモデルとなる可能性について議論した。

自由を愛するアメリカ人はDPIのファンではない

個人の自由とプライバシーに対する懸念が提起されていることを考えれば、米国においてDPIへの移行は容易ではない。批評家たちは、このようなシステムは個人の追跡を容易にし、プライバシーを侵害し、経済的選択を制限する可能性があると主張している。また、こうしたシステムが金融取引を政府の基準にリンクさせ、個人の自由を脅かす可能性を危惧する声もある。

このようなアメリカ人の間で論争になっている話題の一例が、CBDCの採用である。他の国々は、完全に放棄しないまでも、この考えを再検討している。米国ではそうではなく、バイデン政権がデジタル・ドルの実現可能性を模索している。

しかし、リバタリアン系シンクタンク、ケイトー研究所の調査によると、CBDCの導入に賛成しているアメリカ人はわずか16%しかいない。また、34%がデジタル・ドルに反対していることもわかった。(関連:世論調査:アメリカ人は中央銀行のデジタル通貨を望んでいない)

2024年大統領選の共和党候補者の中にも、CBDCに反対を表明している者がいる。フロリダ州のロン・デサンティス知事は以前、サンシャイン・ステートで連邦CBDCの使用を禁止する法案に署名した。彼によれば、このようなデジタル通貨はアメリカの自由にとって重大な脅威となる。

起業家のビベック・ラマスワミ氏もCBDCを批判し、ライバルの意見に共鳴した。ヘルスケア企業ロイヴァント・サイエンシズの創業者である彼は、デジタル通貨を中国の監視国家で使われているものと比較した。ラマスワミ氏は、CBDCは米国にとって適切な道ではないと示唆した。

独立コミュニティ銀行協会もCBDCへの反対を表明した。約5,000の中小金融機関を代表するこの労働組合は、デジタル通貨に賛成できない理由として、プライバシーとサイバーセキュリティの重大なリスクを挙げている。結局のところ、こうしたデジタル技術の発展が個人の自由や経済システムに与える影響は、依然として大きな議論と懸念のテーマであり続けている。

DPIとその危険性についての記事はGlitch.newsをご覧ください。

インドのニルマラ・シタラマン財務大臣がニューデリーで開催されたG20サミットでG20のDPI計画を発表する様子は以下からご覧いただけます。

https://www.brighteon.com/daafa577-538f-40e6-813f-961203e7fd57


https://www.naturalnews.com/2023-09-20-g20-endorses-digital-public-infrastructure-digital-currencies.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1030 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧