WEFは「科学は我々が所有しコントロールする」と公言している

2023-11-11

expose-news.comより

「我々は科学を所有し、世界はそれを知るべきだ」: 国連とWEFは、検索結果を検閲し、気候変動やCOVIDなどに関する世論を形成するためにビッグテックやインフルエンサーに報酬を支払っていることを認めた。

※以前から私(AK)が主張している事「オルタナティブメディアも結局はカバル側の作戦を宣伝しているだけであり、リーク情報と称しながら人々に恐怖を植え付けるのが目的」という事を、この記事で確認できます。
勿論全てが嘘であるなら誰も信じないのは陰謀の基本のキでありますから、その様なオルタナティブメディアの中から、「本当に情報をリークしている」ものを見分けることが肝心です


世界経済フォーラムは2022年9月末、国連総会と同時に「持続可能な開発インパクト会議」を開催した。
この会議で国連職員は、自分たちが「科学を所有している」と宣言した。
彼らはまた、とりわけ次のことを認めた
  • Googleと提携し、公式シナリオにそぐわない検索結果を検閲し、世論を形成するために「Covid-19」や「気候変動」などに関連する彼らのプロパガンダがリストのトップになるようにする。
  • 世論を形成するために、「Covid-19」や「気候変動」などに関するプロパガンダのメッセージングを後押しするために、大手ハイテク・ソーシャルメディア企業と提携する。
  • 世論を形成するために、ソーシャルメディアのインフルエンサーに数百万ドルを与え、彼らのプロパガンダを代弁させる。

  • 「私たちは科学を所有し、世界がそれを知るべきだと考えており、プラットフォーム自体もそうしている」

    「気候変動」でググると、検索上位に国連の資料がずらりと並ぶ。

    「私たちがとったもうひとつの本当に重要な戦略は、インフルエンサーを起用することでした......インフルエンサーは、本当に熱心で、巨大なフォロワーを持ちながら、自分たちのコミュニティに役立つメッセージを伝える手助けをすることに本当に熱心で、国連よりもずっと信頼されていました」

    「すべての言論が平等だという考えは間違っている」


    グレート・リセットへようこそ...

    2022年9月に開催された世界経済フォーラム(WEF)の「持続可能な開発インパクト会議」において、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストたちが「偽情報への取り組み」をテーマにしたパネルを開催し、国連、CNN、ブラウン大学の参加者が、ナラティブをコントロールする最善の方法について議論した。

    国連グローバル・コミュニケーション担当事務次長のメリッサ・フレミングは、国連がTikTokやGoogleを含む複数の大手テック企業と提携し、COVIDや気候に関するナラティブをコントロールする一方で、"科学は我々のものだ "と主張していることを強調した。

    気候変動の物語をコントロールするという話題について、フレミングは、国連がグーグルと提携し、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストの権威ある物語が検索結果のトップに表示されるようにしたと述べた。

    「例えば、"気候変動"でググると、検索結果のトップに国連の資料が表示される。」

    気候変動"でググると、信じられないほど歪曲された情報がトップに表示されることにショックを受けて、私たちはこの提携を始めました。

    「私たちはより積極的になっている。私たちは科学を所有し、世界はそれを知るべきだと考えていますし、プラットフォーム自体もそうです」と彼女は付け加えた。

    しかし、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストたちのシナリオ・コントロールの努力は、気候変動に関する検索結果を操作するためにグーグルと提携しただけでは終わらなかった。

    フレミングはまた、国連がTikTokと「チーム・ヘイロー」と呼ばれるプロジェクトで協力し、中国が所有する動画共有プラットフォーム上で医療・科学コミュニティから発信されるCOVIDメッセージを後押ししたことを強調した。

    「チーム・ヘイロー」と呼ばれるプロジェクトでは、世界中の科学者や医師をTikTokで訓練し、TikTokにも協力してもらいました。

    国連は科学を所有していると主張しているが、国連の「国際保健に関する指示・調整機関」である世界保健機関(WHO)に誰が資金を提供しているのかを詳しく見てみると、誰が本当に指示を出しているのかがよくわかる。

    歴史的に見て、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、ゲイツが支援するGAVIワクチン同盟とともに、WHOのプログラム予算に、米国と英国の2カ国を除く全加盟国を上回る額を拠出している。

    科学は誰のものか?

    先日のWEFのパネルで、国連のグローバル・コミュニケーション担当者は、COVIDに関連する情報に関して、人々が国連のような機関を信用していないことを認めた。

    「私たちがとったもう一つの本当に重要な戦略は、インフルエンサーを配置することでした。」と彼女は付け加えた。「インフルエンサーは、本当に熱心で、巨大なフォロワーを持ちながら、自分たちのコミュニティに役立つメッセージを伝える手助けをすることに本当に熱心で、国連がニューヨークの本部から何かを伝えるよりもずっと信頼されていました。」

    インフルエンサーをターゲットにすることで、内部からオンライン・グループに潜入し、転覆させるというアイデアは、グーグルが支援するランド研究所が2021年4月に発表した報告書の勧告を反映している。

    報告書の政策提言によると

    「陰謀論者は、自分たちの意見を支持し、強化するために、自分たち独自の専門家を持っており、このような専門家への依存は、公衆衛生の専門家による正式な働きかけの影響を制限するかもしれない。

    「われわれの文献レビューによれば、代替的なアプローチとして、これらのグループの穏健なメンバーに向けてアウトリーチを行うことが可能である。

    商業的なマーケティング・プログラムは、ソーシャルメディア上のインフルエンサー(またはブランド・アンバサダー)を巻き込む際にも同様のアプローチを用いている。

    「偽情報との闘い」パネルのモデレーターを務めたのは、エイドリアン・モンクWEF専務理事だった。モンク専務理事はここ数ヶ月、WEFやそのグレート・リセット・アジェンダの構成要素に対する批判者を、極右の偽情報キャンペーンに従事する白人至上主義者や反ユダヤ主義者だと罵倒している。

    CNNのレイチェル・スモルキンを取り上げたとき、モンクは、CNNは「物語を自分のものにする」ための政治戦争戦略の一部だと述べた。

    「CNNは世界を理解し、事実を確定しようとする組織であると同時に、誰が物語を所有するかという政治的戦争の一部でもあるのです」。

    ミントプレス・ニュースによると、CNNはビル&メリンダ・ゲイツ財団から360万ドルの寄付を受けている。

    調査の結果、ゲイツはまた、世界最大で最も影響力のある企業の報道機関の多くに、なんと3億1900万ドルを寄付していたことが明らかになった。

    誰が「誰が物語を所有するかという政治的戦争」に関与しているのだろうか?

    物語の所有者といえば、WEFは昨年、社会と世界経済のあらゆる側面を再構築することを目標に、「偉大なるリセット」の続編として「偉大なる物語イニシアチブ」を立ち上げた。

    大いなる物語とは、フランスの哲学者ジャン=フランソワ・リオタールが「グランド・ナラティブ」(別名「メタナラティブ」)と呼んだもので、『フィロ・ノーツ』によれば、「権力、権威、社会的慣習を正当化するために機能する」ものであり、グレート・リセットが達成しようとしているものすべてである。

    偉大なるリセットがその偉大なる物語を実行に移せば、反対するいかなる物語も偽情報、陰謀、過激主義として排除され、より大きな集団的利益のために検閲され、抑圧されなければならなくなる。

    WEFの「偽情報への取り組み」パネルでは、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストたちが、自分たちは基本的に科学を独占していると主張し、企業メディアは物語を独占するための戦いに巻き込まれていると主張した。

    同時に、国連の担当者は、ワクチンのシナリオに疑問を呈する人々は、偽情報を流すために「人々が恐れている機会を捉えている」と主張した。

    フレミングによれば、「反ワクチンのシーンで非常に活動的な人々やその他の人々が、人々が恐れている機会を捉えて、偽情報や誤解を招くような情報を注入していた。」一部の指導者や政府もそれを煽っていた。

    しかし、2020年6月、英国国王チャールズ3世(『グレート・リセット』発表当時のプリンス・オブ・ウェールズ)は、こう言った。「私たちはこの危機から何か良いものをつかむ絶好の機会を得た。その未曾有の衝撃波は、人々に大きな変革のビジョンを受け入れやすくするかもしれない。」

    同様に、WEFの創設者であるクラウス・シュワブは、パンデミックは偉大なるリセット・アジェンダを開始する「まれだが狭い機会の窓」を象徴していると述べた。

    パンデミックの間、人々の恐怖心を利用する「好機をつかむ」人物がいるとすれば、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストと英国王室がその筆頭に挙げられるのは間違いないだろう。

    言論の自由について、ブラウン大学のクレア・ウォードル氏は「誤報の世界的な第一人者」を自称しているが、WEFの偽情報パネルでは、言論の自由についてニュアンスの異なる会話をすると同時に、人々が「言論についてよりニュアンスの異なる会話」をできないことに苛立っていると語った。

    言論の自由は言論の自由です。言論の自由は言論の自由だ。

    しかし、だからといって、ワードルはリアルタイムで言論に積極的に参加しながらも、言論の自由について文句を言うのを止めなかった。

    「私はただ、言論についてもっとニュアンスのある会話ができればと思うだけです。

    「すべての言論が平等であるというこの考え方は真実ではないし、そのような会話をきちんとすればいいのにと思います」と、まさにそのような会話をしたワードルは付け加えた。

    自分たちが「科学を所有している」と宣言し、世論に影響を与えるために検索結果を操作する大手テック企業と提携し、メディア各社に何百万ドルもの資金を注ぎ込むことによって、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストたちは、再び自分たちの真の姿を誰の目にも明らかにしようとしている。

    科学を所有することは、物語を所有することにつながる。

    物語を支配することは、思想と言論を支配することを意味する。

    思想と言論を支配することは、自由な社会の終焉を意味する。

    グレート・リセットへようこそ。

    選挙で選ばれたわけでもないグローバリストたちが、古い社会の破壊から社会を作り変えようとする権威主義的な試みは、グローバルエリートに対する人々の信頼が崩れ続けるにつれて、ますます明白になり、絶望的になっている。



    https://expose-news.com/2023/11/10/welcome-to-the-great-reseer/

    このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
    1110 : PV
    コメントを投稿
    お名前
    タイトル
    コメント
    ※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

    コメント一覧

    ■サトウ ジュンコ  2023-11-12  219.121.120.146
    コメントID:698

    日本にも素晴らしい魂が危険にさらされるのを知ってください。
    宮崎 孝京都大学 医生物学研究所 准教授(退任された?)
    お守りください。