銀行決済処理の停止で浮き彫りになった電子バンキング依存のリスク

2023-11-19

naturalnews.comより

※以下の記事は当サイトの見解を裏付ける物ではありません。銀行の停電やFedNowの問題と以下記事では伝えていますが、事実は全く違います。流動性の欠如が問題なのであり、何故流動性がなくなるかの詳しい説明は過去何度かLIVEで配信しております。

先週、アメリカの多くの銀行が数日間にわたって決済を処理できず、一部の顧客は振り込みや預け入れに失敗して不安定な経済状況に陥り、電子銀行に頼ることのリスクが浮き彫りになった。
障害による影響は広範囲に及んだ。多くの人が給与振込に失敗し、稼いだお金を利用できなくなった。ACH支払いも処理できず、遅延手数料が発生した。また、引き出しが重複して行われたため、1回の取引で2度お金が引き出され、多くの顧客が窮地に陥った。ウェルズ・ファーゴ、チェース、バンク・オブ・アメリカの3行で、合計100万件近くの取引が失敗した。

正確な原因は明らかにされていないが、問題を経験した人々が地元の支店に行っても解決できなかったことから、銀行システムのバックボーン自体に問題があることはほぼ間違いない。

クリアリングハウス・ペイメント・カンパニーは、処理ミスのため、取引指示が「顧客の口座番号と名前がマスクされた状態で」影響を受けた銀行に送られたと報告した。このデータは入金を処理し、口座に資金を振り込むために必要なものであるため、決済を進めることができなかった。

クリアリングハウスは、「影響を受けた顧客を持つ金融機関や連邦準備制度理事会(FRB)と協力し、この問題を可能な限り迅速に解決している」と述べた。

障害発生中に送金を行おうとした銀行は、送金を可能にするために元の指示を再度送る必要があり、影響を受けた顧客には大幅な遅れが生じている。

ある銀行のJPモルガンは、この問題の結果、請求書の支払いに十分な資金がなかった顧客に請求した当座貸越手数料を自動的に返金すると発表した。国内最大手のこの銀行では、顧客からの問題報告がまだ異常に多いという。

FedNowシステムのせいなのか?

現在、この問題はほぼ収束しているが、銀行側は何が起きたのか説明するのが曖昧で、問題の原因について憶測を呼んでいる。デイリー・ドゥームのデイビッド・ハギスのように、連邦準備制度理事会(FRB)の新しいシステム「FedNow」が原因ではないかと確信している者もいる。

彼は、「銀行の問題は連邦準備制度の技術的な不具合だった」とするある報道を指摘している。これはあまり明確な表現ではないし、連邦準備制度全体が壊れているとは考えにくいが、FedNowが原因だとすれば納得がいく。

FedNowは米国連邦準備制度理事会(FRB)が支援する即時決済サービスで、7月に導入された。銀行や信用組合は参加を義務付けられていないが、このプログラムに参加する銀行の顧客は、営業時間外や休日、週末でも支払いや送金を行うことができる。これは、ACH(Automated Clearing House)のような標準的なオンライン送金では不可能である。

このような新しいシステムに不具合が生じるのは珍しいことではないが、今回は数十万件の送金失敗を招いた大きな問題だった。

この騒動でFedNowがどのような役割を果たしたかについては、明確な答えは出ていないようだが、この事件はこの種の電子システムの脆弱性を浮き彫りにした。多くの人が信じているように、FedNowが将来FRBが発行する中央銀行デジタル通貨(CBDC)の分散型台帳として機能することを意図しているのであれば、この事件は将来さらに問題が起こる兆候かもしれない。

ハギスが指摘するように、このような問題が発生した場合、手元に現金を持っている人は、電子バンキングが機能しなくなった場合のバックアップ資金源を確保できるが、キャッシュレスのCBDCシステムでは、この種の問題が発生すると、人々はシステムが修復されるまで生活必需品を賄う手段を失うことになりかねない。技術的な問題やハッキング事件は、人々がそのようなシステムに過度に依存している場合、生活を停止させる可能性がある。


https://www.naturalnews.com/2023-11-17-bank-payment-processing-risks-electronic-banking.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1164 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧