新しい「人体のリサイクル」技術は実はカニバリズム!


naturalnews.comより

新しい「リサイクル」技術は実はカニバリズム:死者を液化して都市の下水道に排水し、「バイオスラッジ」として食用作物に投棄するものである。

バイオクレーメンテーション」という新しい「リサイクル」技術は、死者を液化し、その液体を都市の下水道に捨て、固体と液体の廃棄物を「バイオスラッジ」として集め、食用作物に投棄するものである。そして、その作物は、食糧として人間に供給されるのである。

『マトリックス』や『ソイレント・グリーン』のような衝撃的な実話として、オンタリオ州スミスフォールズにある企業が「バイオ火葬」システムを考案し、「火葬や棺埋葬に代わる環境にやさしい方法」と呼んでいると、カナダのCBCニュースが報じている。この会社はヒルトンズ・アクアグリーン・ディポジションズといい、死体の溶解方法を「環境にやさしいアルカリ性加水分解」と宣伝している。

CBCニュースによると、死体は「水とアルカリ溶液をブレンドするプロセスで液化される...」とのこと。同社のウェブサイトでは、遺体液化のプロセスを次のように説明している。

バイオ火葬は、水、アルカリ、熱、圧力を独自に組み合わせた高度に制御された高度な環境を作り出します。このプロセスは、人体を生化学的に加水分解し、骨片だけを残します。典型的なバイオ火葬のサイクルでは、遺体は縮小され、骨片は洗浄され、残った副産物は無菌の液体となります。

もちろん、このようなプロセスで生き残る水銀やその他の有害な重金属の処理については言及されていない。それらの金属は、明らかに市の下水道システムに行き着くことになる。

「同社は2016年、副産物の液体がその後、町の下水道に排出されることが明らかになり、非難を浴びた」とCBC News(カナダ)は報じている。



液状化した人骨を食用作物に投棄へ

Natural Newsが広く伝えているように、トロントを含む北米中の都市は、下水を集めていわゆる「バイオソリッド」または「バイオスラッジ」を作り、それを都市の下水処理センターからトラックで運び出し、農村部の食用作物に投棄しているのである。

有毒な重金属、医薬化学物質、工業汚染物質を作物の土壌に撒き散らすこの驚くべきプロセスの詳細については、近日公開の映画『Biosludged』のをご覧ください。

事実上、「バイオ・クレメーション」とは、死んだ人間を液化して植物に食べさせ、それを他の人間が食べることを意味する。このプロセスは、バイオスラッジやバイオクレーメーションを推進する人たちから、ほとんど過激に「リサイクル」と呼ばれている。これはすべて「環境に優しい生活」という議題の下に押し進められている。まもなく、これは間違いなく「アジェンダ21」の一部となり、地球上の人類の90%を抹殺し、死者を生者の餌にしようとするグローバリストの推進力となるであろう。(詳しくはDepopulation.newsまたはEugenics.newsを参照。)
関連記事:ニューヨーク・タイムズ、新しい記事とツイートでカニバリズムを促進
https://keen-area.net/2022/944/

おそらく、人間がすでに水銀、カドミウム、鉛などの有毒重金属にひどく汚染されていなければ、「バイオ・クレメーション」プロセスはそれほど悪いものではないだろう。しかし、食料供給、パーソナルケア製品、医薬品が容赦なく有毒物質に汚染されているおかげで、ほとんどの人間は毒素で飽和状態にあり、食べれば病気になってしまうのだ。

死者を食べる:死体「リサイクル」は実はカニバリズム?

リサイクルされた死者を食べることをより正確に表現するならば、"カニバリズム"と呼ぶべきかもしれない。あるいは、死者を植物に食べさせ、その植物を食べる場合は、"一歩踏み込んだカニバリズム"と言えるかもしれない。科学的に見れば、死体の栄養分を再び食用作物に戻すという発想は突飛ではないかもしれないが、人道的、品位的に見れば、それを"リサイクル"と呼ぶのは何か非人道的で欺瞞的な気がする。

同じ理屈で、人間も自分の排泄物をリサイクルして食べ、それを"グリーン・リビング"と呼ぶべきだろう。しかし、宇宙旅行のために開発された新しい技術によって、宇宙飛行士はまさにそれを実現することができるのだ。自分の排泄物を食べるのです。
参照:宇宙で食べるラザニアは不味い!?宇宙飛行士は、微生物によってリサイクルされた自分自身の排泄物を食べることができる、最新の科学の「ブレークスルー」。
https://keen-area.net/2022/942/

このような事態の良い知らせは、液化した遺体を市の下水道に流した後、遺体の親族がチタン製のインプラントやその他の金属を回収できることだそうだ。「チタン製のインプラントやペースメーカーなどは、処理終了後にリサイクルのために回収することができます」と、ヒルトンのアクアグリーン処理に関するFAQページには書かれている。そして、残った骨は、「処理後すぐに素手で扱っても安全です」と同社は言う。やったー。これはどうやら「おまけ」らしい。

もし、死体の液状化した残骸を食用作物に戻して共食いサイクルを完成させるのでなければ、「バイオ・クレメーション」というやり方はそれほど恐ろしいものではないかもしれない。しかし、バイオ・クレメーションを報道しているCBCのニュース・サイトによれば、「カナダ全土で毎年生産されるバイオソリッド(ある推定では約66万トンの乾燥物)のうち、約半分は土地に適用される。

死んだ親族が液状化されてバイオスラッジに加えられていることに気づくまで待つしかない。そうなれば、"人間の屑"という言葉に新しい意味を与えることになる。

しかし、死体を有毒な化学物質でいっぱいにして、墓地に埋めるよりいいのだろうか?

一方、死体に有毒な化学防腐剤を注入し、墓地で高価な木製の棺桶に入れるという現在のやり方も、正気の沙汰とは思えません。なぜ、現代文明はこのようなことをしないのだろうか?なぜ現代文明は、土壌を汚染することなく、また遺骨を食べることなく、死者を祀るための尊厳ある、環境に優しい方法を考え出さないのだろうか?

その答えは、人間の生命と同じくらい古くからある。有害な化学物質を注入することなく、愛する人を埋葬し、土壌微生物の力を借りて、自然に分子を再生させるのです。電気も、圧力容器も、熱も、人工的な化学物質も、高価な棺も、遺体の化粧も必要ありません。そうそう、これは人類の文明の歴史の中で、死体の処理に使われてきた方法でもあるんだ。

私たちは、この方法に戻るべきかもしれません。あるいは、もしあなたが「環境保護主義者」なら、愛する人の遺体の液体で育てた汚れた汚染された作物を食べることもできるだろう。それを"ヒューマンポニックス"と呼ぶのかもしれない。

https://naturalnews.com/2018-02-05-new-recycling-technology-dead-are-liquefied-sewer-system-dumped-on-food-crops-as-biosludge.html
432 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧