EU、マスク氏がプラットフォームから独立系メディアを追放しなければXを閉鎖に追い込む

2023-12-27

naturalnews.comより

欧州連合(EU)は、大物技術者イーロン・マスクが所有するソーシャルメディア・プラットフォーム「X」(旧名ツイッター)に対し、不正コンテンツや偽情報への対策を怠り、広告の透明性を欠き、「欺瞞的」なデザインを行っているとして、「正式な侵害手続き」を開始した。欧州委員会の執行部はまた、同プラットフォームが代替メディアを直ちに禁止しなければ、同プラットフォームを永久に閉鎖すると宣言した。
欧州委員会のデジタル政策担当副委員長であるマルグレーテ・ヴェスタガー氏は声明の中で、「現在我々が入手している証拠は、Xに対して正式に手続きを開始するのに十分なものである」と述べた。「欧州委員会は、X社が(デジタルサービス法)DSAを遵守しているかどうかを慎重に調査し、欧州市民がオンラインで安全に保護されるようにする」と述べた。

この調査は、マイクロブログサイトが、違法コンテンツ、透明性のある広告、偽情報に関する電子商取引指令(2000年)を更新するための規則である欧州圏のDSAの条項を遵守していることの保証を求められた数週間後に発表された。これは、欧州委員会が2020年12月に欧州議会と理事会にデジタル市場法とともに提出したものである。8月に施行されたこの法律では、企業がこの大がかりな法律に違反したとみなされた場合、最大で年間世界収入の6%の罰金を科すか、EU域内での事業活動を禁止することができる。

独立系メディアInfowarのアレックス・ジョーンズは、"選挙で選ばれていない組織 "が2024年の選挙に向けてアメリカ人を黙らせる計画に乗り出したとして、国民にムスクを擁護するよう呼びかけた。「これは外国のクーデターだ ジョーンズはハッシュタグを付けてコメントした: #これは外国のクーデターだ!」とジョーンズはコメントした。

一方、EU委員でこの法律の執行を担当するティエリー・ブルトンは、ソーシャルネットワークへの投稿でこう書いた: 「違法コンテンツや偽情報に対抗する義務違反の疑い、透明性義務違反の疑い」、「ユーザーインターフェイスの欺瞞的デザインの疑い」があったためである。(関連:緊急速報! EUがイーロン・マスクを正式に逮捕)

https://twitter.com/RealAlexJones/status/1736909835260600431?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1736909835260600431%7Ctwgr%5Ed0de583c22b2b67d83b3eb696c1b6c0f5b2f03c2%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2023-12-25-eu-to-shut-down-x-if-independent-media-isnt-banned.html


マスクはブルトンの投稿に対し、他のソーシャルメディアに対しても対策をとっているのかと質問した。「このプラットフォームに問題があるのなら、そしてどれも完璧ではないのなら、他のプラットフォームはもっとひどいのだから」と、この技術界の巨人幹部は嘆いた。億万長者のフォロワーの多くも同意した。「これは政治的で、個人的で、プラットフォーム上の言論の自由を妨害しようとする意図的なものだ」とあるユーザーはコメントし、別のユーザーはこう言った: 「Xはペドポルノと戦う唯一のソーシャルメディアであり、言論の自由はそれと戦うための武器なのだから。

https://twitter.com/ThierryBreton/status/1736701607553692020?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1736830306575904888%7Ctwgr%5Ed0de583c22b2b67d83b3eb696c1b6c0f5b2f03c2%7Ctwcon%5Es2_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2023-12-25-eu-to-shut-down-x-if-independent-media-isnt-banned.html


昨年、マスクによる数十億ドル規模の買収にさらされたXは、ユーザーにとって "安全で包括的な環境づくり "に重点を置いており、"表現の自由の保護 "とのバランスをとっていると述べた。買収当時、マスクは自らを "言論の自由絶対主義者 "と烙印を押した。そして10月10日、EUは正式な書簡で、同サイトが10月7日にイスラエルで起きた過激派組織ハマスの襲撃事件に関連し、「EU域内で違法なコンテンツや偽情報の流布に利用されているとの "指摘 "を受けた」と警告した。Xの最高経営責任者であるリンダ・ヤカリーノは、ブルトンに書簡を送り、テック企業は "この急速に変化し進化する紛争の運用上のニーズに対処するために取り組んでいる "と述べた。彼女は、Xはサービスから数百のハマス関連アカウントを削除したと付け加えた。

EUの分析: Xは他のソーシャルメディアよりも「フェイクニュース」が多い

9月、EUの報告書は、Xが他のソーシャルネットワークよりも虚偽の情報を拡散していると指摘した。EU圏の分析会社TrustLabによると、ポーランド、スロバキア、スペインのFacebook、Instagram、YouTube、TikTok、LinkedIn、X(報告書ではまだTwitterと表記されていた)のアクティビティを調査し、「偽情報キーワード」を検索し、そのキーワードを含む投稿のうちいくつが偽情報を拡散しているかをファクトチェックサイトを使って分析したという。対象となったトピックは、政治、医療、ロシア・ウクライナ戦争などである。

その結果、XとYouTubeでは誤った情報を含む投稿のエンゲージメントが高く、TikTokでは逆の効果が見られた。EUはこの報告書をベンチマークとし、同社は他の国でもより詳細な調査を行う予定である。

欧州委員会のヴェラ・ジュロヴァ副委員長(価値・透明性担当)は当時、この調査におけるXのパフォーマンスを指摘し、他のソーシャルネットワークに対し、誤った情報の拡散を防ぐためにもっと努力するよう促した。「ロシアのプロパガンダや偽情報は、オンライン・プラットフォーム上に依然として存在している。「これは通常のビジネスではない。クレムリンはウクライナでは爆弾で戦うが、EUを含む他のどこでも言葉で戦う。

この調査は、欧州委員会の行動規範の一環として、Meta、YouTube、TikTok、LinkedInによって委託された。

各国政府に関する他の記事はCensorship.newsへ。


https://www.naturalnews.com/2023-12-25-eu-to-shut-down-x-if-independent-media-isnt-banned.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
590 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧