オーストラリアの銀行、顧客の取引とカーボンフットプリントの関連付けを開始

2022-10-22

truthunmuted.orgより

(by Paul Joseph Watson | Summit News) - 将来起こりうる「炭素割り当て」制限のもうひとつの予兆として、オーストラリアの大手銀行が、購入品と顧客の二酸化炭素排出量を関連付け、平均値を超えた場合に警告を発する新機能を導入しました。

オーストラリアのコモンウェルス銀行(CBA)は、「炭素管理ソリューション」企業であるCogoと提携し、CBAのオンラインバンキングプラットフォームの一部としてこの新機能を導入しました。

この銀行では、顧客が自分の二酸化炭素排出量を相殺するために「手数料を支払う」オプションを提供しており、平均値は「持続可能な」数値である200キログラムから大きく離れた1,280キログラムと表示されています。



人の二酸化炭素排出量を計算し、「8本の木が切られている」など、お客様が罪悪感を感じるような「等価」な指標を示すのです。

「当行の豊富な顧客データとCoGo社の業界をリードする炭素排出量測定能力を組み合わせることで、顧客により高い透明性を提供し、顧客が環境フットプリントを減らすために実行可能な措置を取ることができるようになります」と、CommBankグループの幹部であるアンガス・サリバンは声明で述べています。

同行は、個々の購入品がどれだけのCO2を排出するかを示すまで計算を改良することを約束している。



当初は、誰かが自分の消費習慣とそれが環境に与える影響を追跡する便利な方法として紹介されたが、このような制度がいつの日か義務化され、「炭素許容量」を超えた顧客の購入に制限が設けられるのではないかと危惧する人もいる。

以前にも取り上げたように、気候ロックダウンと並んで、テクノクラートは気候変動に対するヒステリーを利用して、個人に対する金銭的支配を強めたいと考えている。

このような提案が、4人の環境「専門家」によって、世界の炭素排出量を削減する手段として科学雑誌『ネイチャー』に発表された。

すべての人に「炭素割り当てカード」が発行され、「すべての成人が等しく取引可能な炭素割り当てを受け、国の(炭素)目標に沿って時間とともに減少することになる」というものであった。

著者は、このプログラムが「国の義務的な政策」であることを明確にしている。

炭素単位は、「輸送用燃料、家庭用暖房燃料、電気料金の支払いのたびに個人予算から差し引かれ」、上限を超えた人は、個人炭素市場で、余剰分を売っている人から追加の単位を買わなければならなくなる。

もちろん、富裕層は簡単にオフセットを購入できるだろうし、彼らの多くは、この制度が基盤とする取引メカニズムに直接投資している。

この提案では、移動のための炭素単位の取得を測定する手段は、「利用者の移動履歴の追跡に基づいて」機能することを明確にしている。

著者は、COVID-19のロックダウン規制の大量遵守が、さらなる押しつけ的専制政治に油を注いだと指摘し、その結果、「人々はより安全な気候を達成するためにPCAに関する追跡と制限を受け入れる準備ができる」かもしれないとしている。

WEFが計画したディストピア世界において、あなたのカーボンフットプリントとカーボンウォレットはどのように機能するか、何か考えはありますか?
https://keen-area.net/2022/978/

スマートシティはプリズンシティの代名詞か?
https://keen-area.net/2022/1037/



https://truthunmuted.org/australian-bank-begins-linking-customer-transactions-to-carbon-footprint/
292 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧