気候変動対策警察は、電気自動車のバッテリ容量を減らせと言う

2023-02-23

naturalnews.comより

投獄された:気候変動対策警察は、電気自動車のバッテリーの容量を減らし、電気自動車の所有者があまり遠くまで移動できないようにすることを望んでいる。

地球温暖化対策には、ガソリン車から電気自動車(EV)に乗り換えるだけでは不十分だ。気候変動団体は、人々が「運転しすぎて」地球を破壊しないように、EVの航続距離を強制的に制限することも望んでいるのだ。

カリフォルニアの教授やいわゆる「気候変動コミュニティ」のメンバーからなるコンソーシアムは、気候変動を食い止めるためにEVのバッテリーの性能を低くするよう働きかけている。彼らはまた、乗用車をより小さくすることを望んでいる。それは、「より小さな車はより少なく、より深刻な衝突を起こすので、道路をはるかに安全にする」と主張している。

「バス路線、地下鉄、電動自転車をより速く、より安全で、より便利にすることは、低所得者や非白人地域住民を不当に支援します。彼らは、高所得者や白人地域住民に比べて、交通量の多い地域の近くに住み、比較的悪い大気質の環境健康負担を負っています。」と、このグループはさらに述べています。

この「クライメート・コミュニティ・プロジェクト」の目標は、今後数年間で自動車の保有台数を71%削減することです。人々を家に閉じ込めておくことで、エネルギー需要が減り、極地の氷冠の融解を食い止めることができるという。

「交通機関の電動化で重要なのは、金属、特に電気自動車のバッテリーで最も交換不可能な金属であるリチウムの新たな需要である」と報告書には書かれている。

「現在のEV需要を2050年まで予測すると、米国のEV市場のリチウム需要だけで、現在世界市場で生産されているリチウムの3倍が必要となる。この需要急増に対応するためには、採掘量の拡大が必要です。」 と書かれています。

このような採掘は、環境的な害だけでなく、「社会的な」害も生み出し、「多くの場合、影響を受けるコミュニティの同意なしに景観を不可逆的に損ねる」と報告書は付け加えています。

「今日の状況を2050年まで予測すると、米国のリチウムのEV需要だけで、世界市場向けに現在生産されているリチウムの3倍の量が必要となる。」

(関連記事 昨年、Southern California Edison [SCE]は、特に2035年にゴールデンステートがガスエンジン車を禁止するようになると、すべての人のEVを充電する方法があり得ないことを認めた)。

気候変動マニアは、人々の家を強制的に小さくすることも望んでいる

クライメート・コミュニティ・プロジェクト」のもうひとつの目標は、住まいの面積を大幅に縮小することです。そうすることで、低密度の郊外に住むのではなく、「既存の高密度な都市空間に多くの人々が住む」ことができるようになります。

リチウムの採掘量を制限する一方で、人々に小さな「環境に優しい」家に住み、劣悪なバッテリーを搭載したEVに乗ることを強いることは、世界を気候変動から救うことにもつながると、報告書は結論づけている。

同団体の2022年版報告書「A Green New Deal for Transportation」は、この計画の概要をより詳細に説明している。政治家や政策立案者に対し、アメリカ全土で「気候、交通、先住民の正義」を一致させるため、これらの提言を展開するよう求めている。

「この報告書は、全米の人々や政策立案者が、最大限に公正な交通の未来を擁護するために必要な議論、証拠、提案に力を与えることを意図している」と、報告書には書かれている。

これらはすべて、偽大統領ジョー・バイデンをはじめとする社会主義・マルクス主義の陰謀団が米国で計画していることそのものである。彼らが強要する「グリーン」移行は、地球を救うという名目で、一般人の生活と移動の能力を大幅に制限することになる。

「リチウム鉱山は地獄の奴隷だ」と、EV産業全体がいかに茶番であるかについて、あるコメント者が書いている。

「これらの人々は、最終的に彼らの頭の上に賞金を持つことになります "と、このすべての暴虐を推進している気候の過激派について別の書き込みをしました。

EVの最新ニュースは、RoboCars.newsで見ることができます。


https://www.naturalnews.com/2023-02-22-climate-police-ev-batteries-less-capacity-travel.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1322 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧