WEFが計画したディストピア世界において、あなたのカーボンフットプリントとカーボンウォレットはどのように機能するか、何か考えはありますか?


tapnewswire.comより

バーバラ・バースマさんをご紹介します。バーバラさんはラボ・カーボン・バンクのCEOです。そうです、その通りです。Rabo Bankではなく、Rabo Carbon Bankです。この53秒間のインタビューの中で、彼女は「パーソナル・カーボン・ウォレット」を提唱しています。大したことではないと思われるかもしれませんが、彼女の話を聞けば、心配になるはずです。


6qZmAVGoLh-B3-6Q_audio.mp3

オランダ語のインタビューをそのまま書き起こしました。重要な情報が含まれています。もし、字幕でご覧になりたい方は、ぜひどうぞ。

「オランダのすべての家庭、すべての国民が一定量の炭素排出権を受け取るようにしましょう。そうすれば、年間排出量の上限を超えないようにすることができます。排出権は、カーボンウォレットに保管されます。ですから、もし私が飛行機に乗りたいと思ったら、飛行機に乗れない人から炭素排出権を買うことになります。例えばこの方法なら、この貧しい人はお小遣いを稼ぐことができます。」

例えば、小さな家に住んでいる人が、大きな家に住んでいる人に自分の排出権を売れば、貧しい人たちもグリーンエコノミーの恩恵を受けることができます。

すごい。すごいですね。これを分解して、彼らがどのように実行しようとしているのかを見てみよう。

グローバル主義者が取るであろう、もう一つのレベルの課税だと主張することもできるだろう。しかし私は、もっと深いところにあるものだと思います。銀行家が権利、貧しい人々、グリーンエコノミーといった表現を使い始めたら、彼らがエリートのための世界を思い描いていることは間違いないでしょう。彼らはエリートのための世界を描いているのであって、それ以外の人のことなど知ったことではありません。

つまり、最も基本的な形として、あなたには楽しみがなく、どこにも行くことが許されないのです。でも、心配しないでください。エリートがあなたのために楽しみを用意してくれます。

これは全体主義以外の何物でもない。

そういえば、ラボバンクとバーズマは共に世界経済フォーラムに参加している。

https://www.weforum.org/organizations/rabobank-group

https://www.weforum.org/agenda/authors/barbara-baarsma

炭素排出量やカーボンフットプリントというと、旅行や燃料、ガス、電気などの排出量だけを指すと思う人が多い。しかし、それはもっと深いところにあるのです。

ここで、みなさんが聞いたこともないような会社、ドコモを紹介しましょう。

ドコモは、クラウス・シュワブ率いる世界経済フォーラムが推奨する「クレジットカード」である。

2019年5月、WEFのサイトに次のような記事が掲載されました。

"このクレジットカードは、炭素排出量の支出制限がある"

その記事には、次のように書かれています。

"スウェーデンのフィンテック企業Doconomyは、顧客の二酸化炭素排出量を監視し、二酸化炭素排出量の上限を超えると支出をカットする新しいクレジットカードを発表した"

やばい、支出をカットされる。

さらに、次のように続きます。

「DOカードは、購入した商品のCO2排出量を追跡し、すべての取引による二酸化炭素排出量を計算します。その目的は、人々が積極的に二酸化炭素排出量を削減することを奨励し、小さな変化が環境に与える影響を実証することです。

このカードは、Aland Indexをもとに、購入した商品のCO2排出量を計算します。ユーザーは、炭素消費量の最大値を設定し、温室効果ガスの排出を削減または除去するためのスキームに貢献することによって、炭素排出量を補う方法を学ぶことができます。

さて、これでどのように運用されるのか、真相に迫ってきました。旅行だけでなく、あらゆるものに適用されるでしょう。

https://www.weforum.org/agenda/2019/05/this-credit-card-has-a-carbon-emission-spending-limit/

2019年2月、Mastercardは以下のような記事を発表しました。

MastercardとDoconomy、持続可能な決済の未来像を発表

と書かれています。

"DoconomyとMastercardは、カーボンオフセットを通じてユーザーが自分のCO2排出量を追跡、理解、削減できる無料かつ使いやすいモバイルバンキングサービス「DO」を実現し、気候変動に立ち向かうための共同取り組みを発表しました。"

https://www.mastercard.com/news/press/2019/february/mastercard-and-doconomy-launch-the-future-of-sustainable-payments/

ユーザーがすべてを追跡できるようになることを強調しているのが魅力的です。銀行や政府がすべてを追跡するような、邪悪な目的には決して使われないだろう。もちろん、そんなことはない。

MastercardはWEFのパートナーでもある。

https://www.weforum.org/organizations/mastercard

国連も2019年5月に乗り出した。という記事を発表しています。

革新的な気候行動 - 新しいクレジットカードは、利用者の気候への影響を制限する

https://unfccc.int/news/innovative-climate-action-new-credit-card-limits-climate-impact-of-users

国連の気候変動事務局長であるパトリカ・エスピノサは、このコンセプトに飽き足らず、その賞賛を歌っています。

そして、エスピノサと国連はWEFのパートナーでもある。私たちは、ここでまた、ある傾向を見始めているのではないでしょうか。

https://www.weforum.org/people/patricia-espinosa-cantellano

https://www.weforum.org/organizations/united-nations

大手銀行も、これは大きなチャンスだと考えています。2021年、バークレイズはマスターカードとドコノミーと一緒にベッドに飛び乗った。

私には、完全な監視と社会主義のように思えます。そして、バークレイズもWEFのメンバーであることは、この段階で私が言うまでもないことでしょう。

https://www.weforum.org/organizations/barclays

しかし、WEF、マスターカード、国連、これら全てのグローバリスト団体が計画していることの足元にも及ばないのです。あなたは、物語のほんの一部しか知らされていないのです。

どのような展開になるのか、絵に描いてみましょう。アイルランドでは、今年の3月に緑の党のTD(国会議員)であるMarc Ó Cathasaighが、ダブリンのBrew Dogというパブを訪れました。彼は、メニューのすべての料理の横にCO2(二酸化炭素)が表示されたメニューの画像を見せながら、こう質問しました。

これは、あなたが注文するものに影響を与えますか?



メニューの左側には、一般的なチキン、ビーフ、ラムなどがあり、右側には、実験室で加工された「ビヨンド・ミート」を含む「プラントベース」食品が並んでいます。ビル・ゲイツもBeyond Meatの投資家です。

https://www.beefcentral.com/news/synthetic-meat-investor-bill-gates-calls-for-rich-countries-to-eat-only-synthetic-meat/

この2つの食品は、ダブリンの価格と大差はありません。しかし、CO2レベルには大きな差がある。

もう一つ重要なことは、CO2レベルの違いについて、人々の心に種をまいていることである。彼らは、植物性食品やビヨンド・ミートに人々を導こうとしているのです。何か意図があることは間違いありません。

私は、彼らがCO2レベルを測定するために使用した基準が何であったかを知らないが、ポイントは、レストランがこれをテストし始めていることです。このスレッドの下のコメントを全て読みましたが、良いアイデアだと言う人もいれば、そうでないと言う人もいました。しかし、問題なのは、回答者が皆、ポイントを完全に見落としていることです。

ここで、おそらく起こるであろうことを説明します。レストランに行ったとき、あなたの「二酸化炭素排出量」によって、メニューから注文できるもの、できないものが決まる。

バカバカしいと思いませんか?その月のポイント数によって、「ちゃんとしたもの」を食べていいのか、「実験食」を食べていいのかが決まります。

もしあなたが大胆な少年少女だったなら、炭素の割当量を超えないように、実験室で栽培された植物性の食べ物しか食べられないでしょう。もし、CO2濃度が高いらしい牛肉を注文しようものなら、それは許されない。

これは、スーパーマーケットで毎週買い物をするときにも同じことが言えます。買うものすべてにCO2ナンバーが振られるのだ。

しかし、もっと馬鹿馬鹿しいことがある。先月、WEFのメンバーであり、アイルランド緑の党のリーダーでもあるイーモン・ライアンが、アイルランドの牛の数を減らすことを提唱しました。その代わり、ブラジルから牛を輸入する。私はこれを「ルミナティ」の仕業と呼びたい
332 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧