スコットランドの風力タービンの多くは、ディーゼル燃料発電機で駆動されています。

2023-02-13

climate.newsより

極左の「気候変動」政策の狂気が、再びねぐらに帰ってきた。今回は、西洋文明が本質的に始まった場所であり、死に絶えた場所でもあるスコットランドでだ。

ブライトバート・ニュースによれば、スコットランドの「グリーンエネルギー」風車はディーゼル発電機で稼働しており、その多くは田舎に作動油を漏らしているという。

スペイン人のイグナシオ・ガランが率いるスコティッシュ・パワー社は、実はスペインのイベルドローラ社の子会社であるが、サンデー・メール紙によれば、12月には約71基のタービンを暖めるためにディーゼル発電機に接続しなければならなかったことを認め、内部告発者がタービンの問題は根深い、と左寄り紙に語っている、と報告されている。

内部告発者は言う。「12月中にArecleochのタービン60基とGlenn Appのタービン11基がケーブルの不具合で非通電になった...これらのタービンを再通電するためにディーゼル発電機が1日に6時間以上稼働していた。

「タービンは、エネルギーを生産するのではなく、送電網からエネルギーを取り込むという故障のために定期的に停止しており、また、交換されていない部品のために長期間にわたって半分の電力で運転されたままになっています」と、内部告発者は続けた。さらに、「汚れた作動油が、装置のひび割れによって、スコットランドの田園地帯に散布されるのも日常茶飯事です。2017年にKilgallioch風力発電所で作業員が死亡して以来、安全基準は改善されていません。」

別の情報源では、1,000ガロン以上の漏れた作動油が、渦巻く風力発電機によってまとめて「田園地帯に散布された」と報じており、もちろん、そもそも風車の背後にある「環境に優しい」目的は否定されている。

「スコットランド政府は、ヨーロッパに吹く風の40%がスコットランドを吹いているとして、外国人投資家にとって魅力的な国にしたいと考えています。しかし、だからといって、ディーゼル発電機や作動油から出る炭素で水路や自然が汚染されるのを我慢するべきではありません」と、内部告発者はサンデー・メール紙のインタビューの中で続けている。

「エネルギーコストが上昇し続ける一方で、風力発電所は企業の強欲のために効率的に稼働していないことを認識すべきだ」と内部告発者は続け、左翼の論調を繰り返した。しかし、Breitbart Londonによれば、それは一般のスコットランド人が法外なエネルギー料金を支払っている中で、スコティッシュ・パワーのスペイン人CEOが2021年に稼いだ数百万ドル(これはエネルギー会社のせいではなく、安い化石燃料よりも非効率な発電を優先させるリベラルなエネルギー政策)のことを言っている可能性もあるそうだ。

ところがその点、改革党のリチャード・タイス党首(旧ブレグジット党)は最近、英国の洋上風力発電の約83%が外国企業の所有で、最大手はEU加盟国のデンマーク政府だと不満を漏らした。

「私たち英国の納税者は、デンマークの納税者のためにこれまで以上に大きな利益を生み出すために、インフレに連動した巨額の補助金を支払っているのです。それのどこがいいんだ?」とタイスは言った。


https://twitter.com/BreitbartLondon/status/1621118735925788672?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1621118735925788672%7Ctwgr%5E67ca888732d296c0dfa5d45afffcfdba14cd1ea4%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fclimate.news%2F2023-02-08-scotlands-windmills-powered-by-leaking-diesel-generators.html

この地域の左派スコットランド労働党のスコットランド議会議員(MSP)であるコリン・スマイス氏は、「故障したタービンを除氷するためにディーゼル発電機を使わなければならないのは環境破壊だ」と認める一方で、スコットランド政府の「ネットゼロに関するレトリックと現実が大きく異なる」ことについて非難し、彼らを「不正直だ」と非難している。

現代経済を動かすための大規模な風車や太陽光発電所への迅速で無意味な軸足は無意味だ。十分なエネルギーを生み出すのに十分な技術がないだけでなく、文字通り、現代の生活が「気候を変える」のに十分な排出量を生み出していることを証明する本物の、再現可能なデータはないのである。気候は地球の歴史全体を通して「変化」してきたし、核兵器で世界を破壊しない限り、人間が何をしようとも変化し続けるだろう。

https://climate.news/2023-02-08-scotlands-windmills-powered-by-leaking-diesel-generators.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1745 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧