技術産業は、コンゴのコバルト採掘に依存しており、残酷な条件のもとで児童労働が行われている。

2023-01-08

thepostmillennial.comより

コンゴで採掘されるコバルトは、現在世界で製造されているすべてのリチウムイオン二次電池、すべてのスマートフォン、タブレット、ノートパソコン、そして重要なことに、すべての電気自動車に使用されています。

12月22日に放送されたJoe Rogan Experienceで、ホストは人身売買、児童労働、現代の奴隷制度の専門家である作家のSiddhartha Karaに話を聞きました。彼は、貴金属の採掘に使われるコンゴで起きている束縛は、人類の歴史上前例のないことだと述べました。

カーラは、"何世紀もさかのぼれば、人類の歴史上、今コンゴで起こっていることほど、より多くの利益を生み、世界中のより多くの人々の生活に結びついた苦しみはなかった。"と語っています。


「コンゴで採掘されるコバルトは、現在世界で製造されているすべてのリチウムイオン二次電池、すべてのスマートフォン、タブレット、ノートパソコン、そして重要なことに、すべての電気自動車に使われています」と、カーラは言う。あなたも私も、コバルトなしでは日常生活を送ることができません。

カーラは、この金属は「ぞっとするような、心が痛むような、危険な状況」で採掘されており、「大体において、世界はコンゴで何が起こっているか、金属の採掘に使われている奴隷労働について知らないのです」と述べた。これらの労働者は、過剰な労働時間で1日1ドル相当を稼ぎ、採掘中は一度に15,000人を坑内に詰め込むこともあるという。

2人はそんな鉱山の状況を映したビデオを見て、カーラは「これがiPhoneやテスラやサムスンのサプライチェーンの底辺なんだ」と言った。

さらにカーラは、「クリーンなコバルトなんて、実在しないんだ。いやいや、全部マーケティングなんです」とハイテク企業が言い、「クリーンなコバルト」という考えを「PR、フィクションだ」と言い切りました。

「この地球上で二次電池を搭載した機器を製造している企業で、自社のコバルトがそのような供給源から来ていないと信頼性、正当性をもって主張できるところは一つもない」と述べた。

バイデン政権は、化石燃料への依存は環境に有害であるとして、アメリカのいわゆる再生可能エネルギーへの移行を呼びかけている。カリフォルニア州などは、エネルギー需要を担うインフラや技術が整っていないにもかかわらず、その呼びかけに応えている。

化石燃料から自然エネルギーへの移行には、リチウム、ニッケル、コバルトなどの重要な金属を大量に供給する必要があります。

コンゴ東部で採掘されるスズ、タングステン、タンタル、金で、マイクロプロセッサーに使用されているものです。ルワンダの大虐殺の後、これらの材料が大量に採掘されたことをカーラは指摘した。

「民兵や軍閥が、銃やナタを突きつけて、地元住民に採掘を強要していたんです。そして、それが正式なサプライチェーンに流れ込んで、第一世代の携帯電話のほとんどに使われるようになったのです」とカーラは言う。

「コバルトはもっと後だ。コバルトは10〜12年前に本格的に普及しましたが、それはコンゴ南東部の鉱区にある別の場所です。コバルトは、リチウムイオン電池の充電と安定性を最大化するために使われ始めたからです」とカーラは言い、「中国の鉱山会社がほとんど全ての大きな鉱山を支配して、地元の人々は避難し、強迫され、絶対に人間以下の胃痛のような状況で掘っています」と指摘した。


https://thepostmillennial.com/tech-industry-relies-on-cobalt-mining-in-congo-using-child-labor-under-brutal-conditions

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1438 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧