アーミッシュのコミュニティから電気のない生活を学ぶ

2022-12-25

naturalnews.comより

現代の家庭は、ガジェットや道具、電化製品の多くを電気に頼っています。自給自足を目指すなら、アーミッシュから学ぶことができます。

アーミッシュのコミュニティは、自給自足とグリッドに依存しない生活について、プレッパーに多くのことを教えてくれるでしょう。

アーミッシュの生活様式が、典型的なプレッパーのライフスタイルにどのように応用できるかを学ぶために、続きをお読みください。
https://prepperswill.com/living-without-electricity-with-the-help-of-19th-century-knowledge/

ハウジング

アーミッシュは地域社会と協力することで、家や外構の費用を抑えています。一家の親族や友人が一家の土地にキャンプして、新しい建築物を建てるのを手伝うこともよくあります。

アーミッシュが家を建てる場合、構造体を作り、断熱材を入れ、太陽と卓越風を最大限に利用した土地に建てるのです。

冷房・暖房

現代のアメリカの家庭では、冷房や暖房にかかる費用は最も大きな支出です。

アーミッシュはこうしてお金を節約し、夏を涼しく過ごしているのです。
  • アーミッシュの家の多くは、空気を循環させ、夜間の涼しさを取り入れるために、窓が多く設けられています。最上階の窓は熱を逃がすために開けておき、家族は家の中の低層階で快適に過ごします。
  • アーミッシュの家では、地下室を家族が集まって食事をしたり、ゲームをしたりする場所として使っているところもあります。
  • 多くのアーミッシュの家にはサマーキッチンがあります。サマーキッチンとは、夏に料理や燻製、漬物、缶詰を作るために作られた、家とつながった、または家の近くにあるスペースのことです。サマーキッチンの主な目的は、料理の熱や匂いをメインの居住区に持ち込まないようにすることです。

アーミッシュはエアコンを使わずに生まれ育ったため、夏の暑さの中で過ごすことに耐性があるのだそうです。多くのアーミッシュの家族は、うだるような暑さを避けるために早起きをして、太陽が昇る前に家事を済ませることが多い。

暑い日に家事を済ませた後は、電気がなくても涼しく過ごせるように、近くの池や小川で泳いだり、大きな木の下で友人や本とくつろいだりと、夏のアクティビティをすることもある。

アーミッシュの家では、灯油ヒーターという大きな灯油ランプのようなもので暖をとります。

灯油を入れたタンクの上に、グラスファイバーと綿でできた芯が組み込まれたバーナーユニットがあります。芯はタンクから灯油を吸い上げる。

また、アーミッシュの家では、石炭を燃やす炉が組み込まれている。これは焚き口に石炭を入れ、それを燃料とする。

石炭は薪よりも高温を保つことができ、暖房器具として実用的である。

薪ストーブ

薪ストーブは、暖房と調理の両方に使えます。薪ストーブは、都市や半都市の環境では、重汚染人や火災の危険性があるとされ、禁止されているところもありますが、電気代やガス代を抑えるために、多くの家庭で使用されています。

地域の法律で認められている場合は、よく調べて質の高い薪ストーブを購入し、家に設置してもらいましょう。また、中古品を購入することもできます。

薪ストーブを購入する場合は、安全な薪の供給源を確保することが大切です。経費を節約するために、薪をお金を払わずに入手する方法があるのが理想的です。

照明

現代の住宅には電気照明がつきもので、新築の家では大きな構成要素の一つとなっています。

しかし、オフグリッドのホームステッドを南向きに建てれば、適切な施工とアライメントによって、日中の電気照明の必要性を大幅に減らすことができます。また、ライトチューブや天窓キットを設置し、鏡のシステムを通して光を取り込み、家の中に取り込むこともできます。(関連記事 何百年もの間、家に電力を供給していなかった人々から学べる5つのサバイバルレッスン)

もうひとつの方法は、オイルランプを使うことだ。このランプの中には、通常の電球と同じように明かりを得られるものがある。鏡やガラスで作られたオイルランプもあり、昔のランプより光の拡散がよくなっています。

移動には、オイルランタンを使うか、充電式のソーラーランプや懐中電灯を用意しましょう。

食料生産

プレッパーとして、オフグリッドで暮らすということは、自給自足になり、自分で食べ物を育てたり、見つけたり、加工したりする方法を学ぶということです。

ガーデニングが初めての人は、まず自分の住んでいる地域でどのような野菜や果物が育つかを知ることから始めましょう。経験を積めば、自分が消費する量よりも多くの食物を庭で栽培するようになります。

余った食材は保存したり、売ったりして、他の準備のための余剰資金を稼ぎましょう。家庭菜園を始める以外にも、家畜を育てて家族のための食料を生産することができます。

食料生産の多くは、手動の道具を使って行うことができます。電気機器を使えば手間はかかりませんが、電気のない生活を送るなら、信頼できる手動の道具があれば生き延びることができます。

冷蔵庫

冷蔵が発明される前、人々は保存のために乾物を買っていました。また、ファーマーズマーケットで新鮮な野菜も買っていました。

食料品や生鮮食品を保存するために、根室を作ることができます。食品を保存したい場合は、食品を乾燥させる方法や、果物や野菜を自家製缶詰にする方法を学ぶとよいでしょう。

手動工具

電気器具は、プレッパーとしての生活をより快適にしてくれますが、電気がなくてもホームステッドを維持できるように、電気器具の代わりに手動で使えるものもあります。手動式の缶切りやコーヒーグラインダーなどです。

家の中や周りの雑用をする必要がある場合は、手動のドリル、のこぎり、熊手、ほうきなどを購入しましょう。また、電化製品や工具と同じように機能する手動式の工具に投資する必要があります。

電子機器

電気を使わない生活が難しい場合は、アーミッシュのライフスタイルと現代の家庭の便利さを組み合わせることができます。例えば、手動式の工具を使い、家族が必要とする重要な電化製品、機器、道具のために太陽光発電システムを導入することができます。携帯電話を手に入れて、シンプルなソーラーパネルを使って充電することもできます。

電気なしでホームステッドで生き残る方法を学びたいなら、アーミッシュの暮らしぶりを見てください。完全にオフグリッドにするのが理想的でない場合は、ホームステッドで自給自足の生活を送り、必要なときだけ発電機や太陽光発電システムを使用するようにしましょう。


https://www.naturalnews.com/2022-12-24-learn-to-live-without-electricity-from-amish.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1286 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧