ドイツは「グリーン実験」が大失敗に終わり、電気をつけ続けるために資金を流出している。

2022-12-19

naturalnews.comより

ドイツは長年にわたり、化石燃料や原子力発電所を閉鎖し、風力や太陽光発電、そしてロシアから天然ガスや石油を大量に購入する「グリーンエネルギー」政策をとってきた。

プーチンがウクライナに侵攻し、米国がロシア産ガスや石油の輸入禁止を含む厳しい制裁措置を西側に義務付けた後、ドイツは大きなジレンマに陥った。モスクワのエネルギーがなければ、国内に存在する「グリーンインフラ」は不足し、家庭や企業はもちろん、好調な産業にも電力を供給できないことが判明したのだ。

ロイターの報道によれば、「ドイツは、ウクライナ戦争が9ヶ月前にエネルギー危機に陥って以来、ほぼ5兆ドルを使い果たし、灯りを点し続けるために資金を流出している」のだそうだ。

同報告書はこう続けた。

ロイターの計算によれば、価格が高騰し、主要供給国であるロシアからのガスへのアクセスを失って以来、ベルリン政府が国のエネルギーシステムを支えるために行った救済と計画の累積規模がこれである。

そして、それだけでは十分ではないかもしれない。

ドイツ経済研究所(IW)のミヒャエル・グロムリング氏はロイターに対し、「この危機がどれほど深刻で、どれほど長く続くかは、エネルギー危機がどう進展するかに大きく依存する」と述べ、さらに次のように付け加えた。"国民経済全体が大きな富の喪失に直面している "と。

ロイターは、入手可能な数字によると、これまでドイツは約4650億ドル(4400億ユーロ)を確保しており、これは、国の電力不足を防ぎ、特に冬を迎えた今、追加のエネルギー形態を確保するための資金の第一弾に過ぎないと思われると報じている。

全ヨーロッパの中で抜群の経済力を誇るドイツ国民は、その指導者のおかげで、これからは天候に翻弄されることになりそうだ。

「キール世界経済研究所の副所長で景気循環・成長研究ディレクターのシュテファン・クース氏は、ニュースワイヤー・サービスに次のように語った。「ドイツ経済はどうなっているのだろうか?物価上昇率に目を向ければ、高熱を出している。"

ドイツの現状を、ほとんどロシアからの化石燃料エネルギーの喪失にのみ起因するとするものが多いが、それは良く言えば不誠実、悪く言えば真っ赤な嘘である。

Forbesの記事によれば

国際エネルギー機関(International Energy Agency)がまたやってくれた。2021年5月、2050年までにネットゼロという空想的な目標を達成するために、石油、ガス、石炭へのすべての投資を停止するよう求める驚くべき報告書を発表したのである。今、世界が燃料、肥料、食料の価格高騰によるエネルギー危機に取り組む中、同機構は先週火曜日、「再生可能エネルギー2022」に関する新しい報告書を発表した。同機関のチーフであるファティ・ビロル氏は「ビッグニュース」とツイートし、「各国が自然エネルギーのエネルギー安全保障上の利点を活用しようとしているため、世界は今後5年間で過去20年間の全体と同量の自然エネルギーを追加することになっている」と主張している。主要な報道機関は、「世界的なエネルギー危機によって再生可能エネルギーの普及が『加速』される」というIEAの主張を忠実に報じた。

IEAは、ロシアの化石燃料輸出の供給が途絶えたことで、「国内で発電された自然エネルギーのエネルギー安全保障上の利点が示され、多くの国が自然エネルギーを支援する政策を強化することにつながった」としている。報告書は、世界的な化石燃料価格の上昇が、他の燃料に対する太陽光発電や風力発電の競争力を向上させたと主張している。

しかし、これは全くのでたらめである。フォーブスは、グリーンエネルギーへの過度の依存と、信頼性の高い(そして安価な)化石燃料への投資不足が、ドイツやヨーロッパ全体の電力危機を招いたと指摘している。

同誌は、IEAの誤った結論は、科学的事実に基づくデータよりもグリーンエネルギーに関するイデオロギーを採用したことに起因すると非難している。

「IEAが発表した再生可能エネルギーに関する輝かしい予測は、物理法則から解き放たれ、ある議題を推進するために書かれたもののように見える。エネルギー経済とそのOECD加盟国への政策的影響に関する厳密な分析に専念していた、かつての一流組織が、グリーン大義のための擁護と粗悪な分析に堕してしまった」とフォーブスのレポートは指摘している。

「IEAは、二酸化炭素の排出と地球温暖化の黙示録的な予測を結びつけるとされる偽りのモデルに固執し、手頃な食料、暖房(または冷房)、照明、移動を必要とする一般の人々に課せられる耐え難い財政負担には関心がない」と報告書は続けている。「さらに悪いことに、IEAは発展途上国に住む世界人口の大部分に、気候変動の偏見を押し付けようとしている。しかし、人々は西側諸国の支離滅裂なイデオロギーに基づくエネルギー政策と、彼らの生活への悪影響との間にある点を理解しつつある」。

そろそろ、ドイツ人が先に教訓を学んでいる。


https://www.naturalnews.com/2022-12-18-germany-bleeding-cash-to-keep-lights-on-green-experiment-disaster.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1472 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧