サムスンとビル&メリンダ・ゲイツ財団、グリッド電力を利用してトイレの中身を灰と再生水に変える新型トイレ「インシニレーション」を発表

2022-10-04

naturalnews.comより

トイレの再発明への挑戦に呼応して、ビル&メリンダ・ゲイツ財団はサムスンと共同で、糞尿を灰と再生水に変える能力を持つ新しい焼却トイレのプロトタイプを発表しました。

サムスン高等技術院(SAIT)は、2019年にゲイツのスタッフとともにこの新しいトイレの開発を開始。最近、そのためのコア技術が完成し、トイレ自体の開発とプロトタイプを使ったテストに成功した。

8月16日、サムスン電子のジェイ・Y・リー副会長はゲイツと会談し、このトイレを世界中に流通させる方法について話し合った。ゲイツ氏は、トイレを世界の隅々まで届けるためのビジョンを語り、サムスンは、トイレの特許をロイヤリティフリーでライセンスするプランを提示した。

サムスンとゲイツ氏は、このトイレを商品化するために必要なことを検討しているところである。サムスンの新しい焼却式トイレは、設計と生産工程に磨きをかけ、より効率的に大量生産できるようになれば、世界的な流通に乗せられるだろう。

「3年間の研究開発期間中、SAITは基本設計に取り組み、部品とモジュール技術を開発し、家庭用の試作品の開発に成功しました。」とプレスリリースで説明されています。

「この製品はエネルギー効率に優れ、排水処理能力もあり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が家庭用再発明型トイレの商品化に要求する性能を満たしています。」とプレスリリースで説明しています。

騙されないで!ビル・ゲイツは今もあらゆる優生学的作戦に携わっています。

サムスンによると、このトイレは、独自の熱処理技術とバイオプロセス技術により、し尿を効果的に殺菌し、排水や固形物として環境中に放出する際の安全性を高めているとのことです。

「このシステムにより、処理水を完全に再利用することができます。"固形廃棄物は脱水、乾燥、焼却して灰にし、液体廃棄物は生物学的浄化プロセスで処理します。"

この新しいトイレの開発につながったリ・インベント・トイレット・チャレンジは、実はビル&メリンダ・ゲイツ財団が2011年に作ったプログラムの一部として開拓されたものです。その目的は、「人間の排泄物を安全かつ効果的に管理できる、革新的なトイレ技術を開発すること」です。

世界保健機関(WHO)とユニセフは、世界中で約36億人の人々が、他に選択肢がないために安全でない衛生設備を使っていると主張しています。その結果、毎年およそ50万人の5歳以下の子どもたちが下痢性疾患で亡くなっています。

これは、ビル・ゲイツによる数少ないプロジェクトのひとつで、実際に少しは理にかなっており、大量虐殺を伴うものでもないようです。トイレの中にワクチンが隠されているわけでもないし、このプロジェクトは、バイオ汚泥の有害な影響から環境を保護することにもつながる可能性がある。

しかし、ゲイツはまだ信用できない。彼は最近、ノースダコタ州にある2,000エーカーの原始的な農地を疑わしい状況下で取得し、アメリカの農地のポートフォリオを増やしている。ノースダコタ州司法長官ドリュー・リグリーは、ゲイツがなぜこの土地を購入したのかを知りたがっており、購入が合法的であったかどうかについても調査が進められているところだ。

ゲイツの真意について、ナチュラル・ニュースのコメント欄には「どんな理由であれ、いいはずがない」と書かれている。

「ビル・ゲイツだ。このレベルの富を持つ大量殺人犯に法律は適用されない」と、この疑わしい土地購入について別の人が付け加えた。

「ゲイツは大量殺人をするサイコパスで、人間の形をした合成ロボットだ」と半ば冗談で言う人もいた--いや、後半は冗談ではないのかもしれない?

ビル・ゲイツ氏に関する最新のニュースは、Evil.newsで見ることができる。


https://www.naturalnews.com/2022-09-19-samsung-bill-gates-incineration-toilet-ash-water.html#
275 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧