ブルース・ウィリス、ハリウッド俳優として初めて「Digital Twin」の権利を売却

2022-10-01

thepremierdaily.comより

技術の進歩により、ほとんどの有名人がどこかでディープフェイクに遭っています。しかし、すべてのディープフェイクが本物であるわけではなく、時には違法なものである可能性もあることに注意が必要です。最近、映画「グラス」、「ダイ・ハード」、「シックス・センス」などで有名な俳優ブルース・ウィリスが、ハリウッドの大スターとして初めて、自分のイメージをテクノロジー企業に売り込みました。これは、人工知能によって作られた彼のクローンが、彼の代わりに映画に出演できることを意味する。これは、ディープフェイクやクローンがエンターテインメントを支配するような未来が来るのだろうか、という疑問を抱かせる。ブルース・ウィリスのディープフェイクは、ほんの手始めに過ぎないのだから。

とはいえ、AI企業であるDeepcakeに自分の肖像権を売った俳優を責めることはできない。ブルース・ウィリスはすでに俳優を引退しているが,それは,失語症という個人の発話パターンに影響を及ぼす病気と診断されたために,そうせざるを得なかったからである。このため、Deepcakeは、彼のしゃべる姿や動く姿をテレビ番組や映画で使用することができるようになります。

しかし、ブルース・ウィリスのディープフェイクは、この会社の超大型夢の氷山の一角に過ぎない。この会社は、世界最大のタレント・エージェンシーになることを目標にしている。実際、同社は、死んだ俳優も生きている俳優もスクリーンに蘇らせたいと考えている。同社のCEOであるマリア・チュミールは、すでにいくつかの計画が進行中であり、亡くなった俳優の遺族と話を進めていると述べた。

ブルース・ウィリス ディープフェイク-現代の問題には現代の解決策が必要だ

この情熱的なCEOは、「私たちは有名人のデジタルツインを作り、実際の制作過程では、有名人がステージに物理的に存在する必要はないのです。つまり、チャーリー・チャップリンとケビン・ハートのように、1つのフレームの中で交流できるようになったのです。」ブルース・ウィリスが進んで肖像権を売っていることから、この会社は多くの支持を得ることができるだろう。そして公平に見て、この俳優はAIクローンの似顔絵を高く評価していた。

彼は声明の中で、「自分のキャラクターが判明した正確さが気に入った」と述べている。「私のいつものアクション・コメディの遺伝子を受け継いだミニ・ムービーです。私にとっては、時間をさかのぼる素晴らしい機会です。現代のテクノロジーの出現で、別の大陸にいても、コミュニケーションをとり、仕事をし、撮影に参加することができた。とても新鮮で面白い経験で、チーム全員に感謝しています。」

俳優の失語症の悩みはかなり前から始まっていたが、診断が出るのがかなり遅かった。声明の中で、俳優の家族は、彼の引退と彼らの共通の悲しみについて語った。「私たちの愛するブルースは、いくつかの健康上の問題を経験し、彼の認知能力に影響を与える失語症と診断されたことを共有したいと思います。この結果、ブルースは多くのことを考慮し、彼にとって大きな意味を持つキャリアから離れることになりました。私たち家族にとって本当に困難な時期ですが、皆様の継続的な愛と思いやり、そしてサポートにとても感謝しています。」

8月にはウィリスの妻エマも、「この夏は自分探しの夏でした-新しい趣味を見つけたり、心地よいゾーンから出たり、活動的に過ごしたり。新しい趣味を見つけたり、心地よい場所に出かけたり、アクティブに過ごしたり。私の悲しみは麻痺してしまうこともありますが、悲しみと共存する方法を学んでいます。義理の娘であるスカウト・ウィリスが私に言ったように、悲しみは最も深く純粋な愛の形なのです。あなたにもその中に安らぎを見つけてほしい」と。

ボディダブルからAIクローンへ-次はどこに行くのか?

ブルース・ウィリスのディープフェイクが現代の技術によるものだとしても、あるドッペルゲンガーが長年にわたって注目されてきたのは確かです。それは、ウィリスの14年後に生まれたエリック・ブアルクという人物で、4000マイルも離れている。しかし、ぱっと見は本人に似ている。地元の野生動物写真家で作家のマイケル・オーバーマンによると、「コロンビアのワイルド湖の遊歩道を歩いていたら、ベンチに座っている男がいたんだ。ブルース・ウィリスだ と言ったんだ」。

しかし、それは彼ではなかった......意外なことに。もちろん、俳優と替え玉の間には微妙な違いがあり、後者の方がより鋭い目をしており、顎はややつんとした感じだった。しかし、ブアルクを見ただけでは、その差はわからない。

ブルース・ウィリスのボディダブルということで、それなりの苦労があったようだ。ブァルクは1日に1回は呼び止められ、ファンから写真を撮られる。そして、彼は気さくな男で、写真をくれる。また、「自分は役者ではない」と言い切る。しかし、彼はエンターテイナーなので、こんなつまらないことでも、誰かを喜ばせることができるのなら、一歩も引かないはずです。さて、すでにブルース・ウィリスのディープフェイクが話題になっている今、ブァルクは使い捨てにされてしまうのだろうか。

それは時間が解決してくれるだろう。


https://thepremierdaily.com/bruce-willis-sells-rights-to-his-deepfake/
390 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧