米国でホームレスの巨大野営地が爆発的に増加、組織的小売犯罪者(ORC)が組織的な大量窃盗と暴力を繰り広げる

2022-09-27

naturalnews.comより

(不換紙幣の無制限な印刷に起因する)インフレの悪化は、何百万人ものアメリカ人にとって食料、エネルギー、住宅を手に入れることができなくなり、ホームレスや貧困の軌道に乗せる原因となっています。

今、ロサンゼルス、アトランタ、フィラデルフィア、オークランドなどの都市で、ホームレスの野営地が拡大している。インフレが加速し、経済活動の低下と製造業の縮小によって職を失う人々が続出すれば、状況はさらに悪化するに違いない。

今、アメリカでは、アパートや賃貸住宅を出て、RV車やキャンピングカーに乗り換える人たちが続出している。これらの人々の多くは、仕事があるにもかかわらず、住宅の頭金を十分に貯めることができないでいる。経済状況が悪化すると、こうした人々の多くはRV車から車やトラックへと移行し、やがて路上にテントを張るようになる。そこで彼らは、雇用と政府援助を約束した官僚たちから、ほとんど忘れ去られてしまう。その官僚たちは、そもそもホームレスの原因となるような問題、例えば景気刺激策を配ることでインフレを悪化させたり、「コビト」のクレームで中小企業を閉鎖に追い込んだりしたのも、同じ官僚たちであった。

アメリカの統制された解体は、順調に進んでいる。

ほとんどのホームレスは、崩壊しつつある文明の中で生き延びようとしているだけの非暴力的な人々だが、薬物中毒、精神病、公衆衛生違反、暴力などの問題が、ホームレスの野営地を苦しめ続けている。これらのテント村は、ほとんどの場合、不潔でネズミと糞にまみれ、ゴミと絶望の臭いがする掘っ立て小屋のような施設である。特に、これらの野営地には独自のルール、指導者、地下経済があることを考えると、その規模と数が大きくなるにつれて、都市全体の運営に大きな課題をもたらすことになる。彼らは主流の社会のルールには従わず、ごく稀なケースを除いて、地元の警察や市議会議員はこれらのホームレスの野営地を存在しないものとしている。事実上、警察や救急隊員にとって「立ち入り禁止区域」である。まれに、市の指導者がテントやゴミをすべて「一掃」することを決め、そこに住んでいたホームレスの人たちをさらに絶望的な状況に追い込むことがある以外は、このような場所には立ち入らない。

カリフォルニア州オークランドにあるホームレスキャンプをBrighteon.comのビデオでご覧ください。
https://www.brighteon.com/be6a2e0d-4642-4898-adda-ec3d4bd149c8


多くのホームレスが生きるために小売店での窃盗に手を染める

米国経済の崩壊に伴い、ホームレスが数百万人以上のアメリカ人の生活様式になることが予想されます。こうした人々の多くは、生き延びるために、地元の小売店からあらゆる商品(食料品を含む)を万引きする小売窃盗に手を染めている。

エポックタイムズ紙は、「組織的小売犯罪の脅威の増大」について、アメリカ中の都市でより多く、より強力になっているいわゆる「ORCリング」(Organized Retail Crime = ORC)を引用して報じている。

過去2年間に米国で発生した大規模な小売店窃盗の波は、小売業界と法執行機関の双方にとって大きな課題となっています。

全米小売業協会(NRF)が9月14日に発表したレポートによると、専門性を増した小売組織犯罪(ORC)組織の数とその頻繁な攻撃は、危機的規模に達しているとのことです。

この記事では、NRF の Mark Meadows 副会長が、「これらの高度に洗練された犯罪組織は、従業員と顧客の安全を脅かし、店舗運営を混乱させています」と解説しています。小売業者は、こうした危険性を増した攻撃的な犯罪行為に対抗するため、セキュリティ対策を強化しています" と述べています。

Epoch Timesが付け加えています。

CRAVEDの対象品目は、アパレル、健康・美容、電子機器・家電、アクセサリー、食品・飲料、履物、家庭用家具・家庭用品、ホームセンター、眼鏡、事務用品、幼児用品、玩具などです。

2021年末にベストバイのCEOであるコリー・バリーがNYポスト紙に語ったところによると、「特に、組織的な小売犯罪がますます増えている。」

「私たちの財務にその圧力が見られるでしょう。そしてもっと重要なことは、率直に言って、当社の従業員に対するプレッシャーが見られるということです。トラウマになりそうです」と語っています。

米商工会議所は今年初め、ORC犯罪の増加を「国家的緊急事態」と呼び、議会が対策を講じるよう要求した。

ロサンゼルス郡保安官アレックス・ビラヌエバは、過激な民主党員や検察官を非難し、「自分たちは政策の影響を受けないが、一般人は政策の影響を受ける」という「覚醒宮殿」に住んでいる、と言った。

つまり、アメリカでは、組織的な小売店窃盗団が台頭し始め、実店舗を恐怖に陥れ、従業員にトラウマを植え付け、商品を略奪する事件が多発しているのである。

このような小売店のほとんどは、この地域の営業を停止し、地元には廃墟と化した小売店の建物が残る不毛の地となることは、天才でなくとも分かることです。

イリノイ州の民主党は不法占拠と不法侵入を合法化した...警察はもはやあなたの私有地から誰も追い出さないだろう

犯罪者を優遇し、法を守る者を罰するイリノイ州の官僚たちは、最近、第二級殺人、放火、誘拐、暴力的暴行、その他多くの連続犯罪の保釈を廃止する「SAFE-T法」を可決、署名し、法律として成立させた。要するに、この法律は警察が殺人犯を逮捕して、来年裁判所に出頭するように切符を渡し、その後、再び殺人を犯すために通りに戻すことを可能にするのである。

ドナルド・デウィット上院議員は、民主党が推し進めたこの危険で無法な法律を廃止しようと必死になっている。DeWitte上院議員のウェブサイトより。

デウィット上院議員は、「私は、SAFE-T法をどうすれば止められるのかと尋ねる人に呼び止められずに通りを歩くことはできません」と述べています。特に、1月1日から "非拘束 "とみなされる犯罪について、住民は懸念している。人々は正当な懸念を抱いており、我々は、この法律に絡む意図しない結果の長いリストに対処できるよう、実施に汲々とする必要がある。

デウィットは続けて、「州内の州検察官によると、この法律により、被告人が特定の特定できる人物に重大な脅威を与えなくなった場合、殺人などの重大犯罪を含む暴力犯罪者を公判前に拘束することが極めて困難になる。一般的なリスクではもはや十分ではなく、この基準の強化により、非常に危険な人物が逮捕から数時間で釈放されてしまうことになるのです」。

その同じ州弁護士は、第二級殺人、放火、加重暴行、誘拐、強盗、脅迫、加重飲酒運転、加重逃亡&逃亡、薬物犯罪、公務員への脅迫、薬物誘発殺人などの犯罪は、もはや公判前勾留の基準を満たさないかもしれないと述べています。

多くの人がまだ認識していないのは、不法侵入はもはや法執行機関が防ぐことのできる犯罪ではないということです。例えば、自宅の物置やガレージ、RV車などに侵入した不法占拠者を逮捕し、追い出すことはできません。

ABC7シカゴが報じたように。

グランディ郡保安官ケン・ブライリーは、この法律が特定の軽犯罪で告発された人々の逮捕を禁止することになるため、懸念を表明している。彼はその例として不法侵入を挙げた。

「今日、私はあなたが不法侵入の訴状に署名した場合、彼を逮捕することができます」とブライリーは言った。「1月1日からは、それができなくなる。法律では、切符を切って立ち去らねばならないんだ」と。

つまり、ホームレスの大衆は、もうすぐ好きな家に入居できるようになり、警察は、たとえ不法侵入であっても追い出さないということである。

つまり、イリノイ州の私有地の所有者は、麻薬中毒者、売春婦、暴力犯罪者を含む、自分の所有地に侵入してきた人々を排除する法的手段を持たないということである。週末に家を空けて、ホームレスが侵入し、家を占拠しても、彼らを排除する法的手段がない。

つまり、あなたは自分自身で、自分のガレージや家に住むようになった潜在的な大集団をどう扱うかを決めなければならないのです。警察が何もしない場合、あなたは自分自身の警察になる権利を持っているのでしょうか?不法侵入者に立ち去るよう説得するために、私的市民はどの程度の力を行使できるのでしょうか?

民主党が運営する市や郡では、銃やナイフを使って不法侵入者を脅した私有地所有者は、過激な左翼地方検事によって逮捕・起訴されることは明らかです。つまり、自分の家に不法占拠者がいて、カーペットに糞をしたり、壁に落書きをしたりしているのを見つけて、警察に通報して追い出そうとしても、警察は何もできないと言ってくるのです。もしあなたが銃を持って不法占拠者を追い出そうとすれば、警察はあなたを逮捕し、あなたが刑務所にいる間に不法占拠者たちはあなたの家をズタズタにし、おそらく火をつけるでしょう。

これは民主党政権下のイリノイ州であり、アメリカ中の「青い」都市や郡に訪れる文明崩壊の特徴であり、犯罪者が守られ、法を守る人々が罰せられるのだ。例えば、オレゴン州ではすでに同じような状況が起きている。一部の不動産所有者は、文字通り、すでに不法占拠者がいる家を売りに出しているのだ。このような物件は、ご想像のとおり、かなり値引きされており、買い手は、オファーを出す前に家を見学したり、中を見たりすることができない。なぜなら、誰かがすでにカーペットに糞をし、壁紙に火をつけているからです。

現在、イリノイ州に不動産をお持ちの方は、資産価値がつぶされようとしています

このようなことから、賢明な疑問が生じる。私有財産の安全が確保されない状態での私有財産の価値とは何だろうか?答えは「ゼロ」である。

ホームレス略奪者のフラッシュモブがいつでもあなたの家で暴れることができ、州の左寄りの議員の完全な承認を得て、警察は(新法に拘束されているので)それを止めるために何もしようとしないなら、どんな家も何の価値もないのである。

イリノイ州に不動産をお持ちの方は、1月1日までに売却してください。

もし、不動産を売らずにイリノイ州を離れるとしたら、あなたはボンクラです。

イリノイ州に住んでいるのなら、1月1日前に出て行くか、あるいは、まだ常識と略奪者や不法占拠者から自分の家を守る権利を認めてくれる法執行機関、裁判官、陪審員を見つけられる可能性のある、田舎の保守的な地域へ行くことである。

覚えておいてほしい。アメリカではホームレスが爆発的に増えており、何百万人もの貧困にあえぐ人々が個人の家や建物を占拠し、私有財産という概念そのものが無効となる。今やそれは暴徒のものであり、暴徒支配はまさに民主党が目指しているものだ。だからこそ彼らは意図的にこの法律を作り、私有財産を無効にして、イリノイの街に凶暴な犯罪者を放つのだ。

青い街にカオスがやってくる...すべては意図的なものだ。

崩壊したブルーシティーから逃げ出すアメリカ人難民の波を目撃することになるでしょう。

イリノイ、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン、ニューヨーク、ニュージャージー、その他民主党が支配する州は、警察が無力で、犯罪組織が社会全体に蔓延し、法を守る市民は逃げ出すかレイプされ殺されるか、という地獄のようなマッドマックスのシナリオに突入しようとしている。民主党はついに自分たちが投票した社会を手に入れようとしているようだ。これが加速すると、都市から逃れ、赤の州やアメリカの田舎に正気を求める難民の波が押し寄せるだろう。そこでは、自分たちの故郷を破壊し、今度は他の場所で同じ破壊を起こそうとする民主党議員の流入を食い止めるために、安全な国境がすぐに作られるだろう。

残った人々は、「ロード・オブ・ザ・リング」と「ウォーキング・デッド」を合わせたような、ゾンビやオークと戦うことになるのだ。良いニュースは、消費者需要の崩壊により、弾薬がもっと手頃な価格になりそうだということだ。(本当だ。銃器と弾薬の売り上げは今、急落しており、もうすぐ弾薬が売りに出されると思ったほうがいい)。暴力と無法と狂気の波が急速に近づいていることを理解すれば、弾薬は多いに越したことはないとすぐにわかるだろう。

このシナリオが「イーライの書」(デンゼル・ワシントンの映画のこと)一色になる可能性を考えると、完全に機能する戦闘用の剣やナイフを手に入れることは、もはや突飛なアイデアとは思えなくなる。剣には弾薬は必要ないのだ。

シチュエーション・アップデートのポッドキャストを聞いて、生き残るための方法を含め、この件に関する詳細を確認してください。

Brighteon.com/1fac957c-8fef-4359-9716-663631f2adfa


https://www.naturalnews.com/2022-09-19-giant-homeless-encampments-set-to-explode-across-us.html#
379 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧