ドイツに経済崩壊が到来。米国はそのすぐ後に迫っているのだろうか?

2022-09-27

naturalnews.comより

ドイツが大変なことになり始めている。 ワイマール共和国時代以来のインフレ危機に見舞われ、経済活動はいたるところで停止し始めている。 もちろん、他のヨーロッパ諸国も同じような問題を抱えているが、ドイツは他のヨーロッパ諸国が常に頼ることのできる経済の岩盤のような存在であるはずだった。 しかし、ロシアがノルドストリーム1パイプラインのガス供給を停止したことで、ドイツは大きな打撃を受けています。
ウクライナ戦争の終結に合意できれば、大きな解決になるのだが、そうはいかない。
プーチンは事態を大きくエスカレートさせることを決意したようで、西側諸国もそれに対抗して大きくエスカレートすることは必至です。
このことが意味するのは、われわれがヨーロッパで目撃している経済的混乱は、いつまでたってもどこにも行かないということである。

(マイケル・スナイダー氏の記事はTheEconomicCollapseBlog.comから再掲載されたものです。)

今週は、ドイツから、現実とは思えないほど高いインフレ率の数字が発表された...
  • 連邦統計局が本日発表したデータによると、ドイツの生産者物価は8月に1949年の記録開始以来最も速いペースで上昇し、消費者物価がさらに上昇することを示唆している。
  • 工業製品の生産者物価は、前年同月比で45.8%上昇した。2022年7月と比較すると、7.9%の物価上昇となった。
  • ロシアの対ウクライナ戦争を背景としたエネルギー価格の高騰は、依然として物価上昇の主な要因となっている。

このまま毎月8%前後の上昇が続けば、来年の今頃は年間100%近い上昇を記録しているかもしれませんね。

すごい。

ハイパーインフレという言葉を実際に使い始める前に、事態はどこまで悪化していなければならないのだろうか。

エネルギー価格は、インフレが完全に制御不能になった最大の理由であり、ドイツ政府は巨大な天然ガス会社を潰さないために国有化せざるを得なくなった...。
  • ドイツ政府は、ガス会社ウニパーSEを国有化することで合意に近づいており、ベルリンが国内のエネルギー部門の崩壊を食い止めようと動いている。
  • 政府、ウニパー社、主要株主であるフィンランドのフォータム社の間で暫定的な合意が成立したと、事情に詳しい関係者は述べている。契約はまだ結ばれていないが、ベルリンは今週末の発表を目指している。

ウニパーのCEOによると、この危機の中で同社は1日に約1億ユーロの損失を出しているという。

言うまでもなく、ドイツ政府はすべての人を救うことはできないので、多くの企業はこの危機をまったく乗り切れないだろう。

例えば、100年近くドイツ人のためにトイレットペーパーを作ってきたメーカーが、破産に向かっている...。

ハックル社は1928年創業のドイツの名門メーカーだが、デュッセルドルフのトイレットペーパーメーカーは、今夏のガス価格ショックで債務超過に陥ったという。

悲しいことに、これは始まりに過ぎない。

ドイツの中央銀行によると、この国は「広範かつ長期的な経済生産の低下」に移行しつつある...

「経済活動は今期やや後退し、秋から冬にかけて著しく縮小する可能性がある」と中央銀行は述べ、6月のレポートではこのような不利なシナリオは予想していなかったと付け加えた。

ブンデスバンクはこう続けた。"経済生産の明確で広範かつ長期的な減少という意味で、ドイツ経済の景気後退の兆候が強まっている"。第3四半期には縮小が予想され、第4四半期には経済活動の減少がより深まるとしている。

「高いインフレ率とエネルギー供給とそのコストに関する不確実性は、ガスや電気を多用する産業とその輸出ビジネスや投資だけでなく、個人消費とそれに依存するサービス業にも影響を与える」と中央銀行は述べている。

このようなシナリオを「不況」あるいは「景気後退」と呼ぶのは勝手だが、私は「経済崩壊」と呼んでいる。

私はこれを経済崩壊と呼んでいる。
米国経済もまもなく大きな混乱に見舞われる。

億万長者のバリー・スターンリヒトによれば、FRBのあまりに愚かな政策が「深刻な不況」に向かっている...という。

スターウッドキャピタルの会長兼CEOであるバリー・スターライト氏は、木曜日に行われたCNBCの「スクーク・ボックス」とのインタビューで、中央銀行がインフレ抑制の手段としてさらに数回の利上げを進めると、アメリカは大不況に直面するとの見方を示しました(これは中央銀行の計画と言われています)。

「デイリー・コーラーによると、スターライトは金融ニュースアウトレットに、「経済は激しく減速している。「FRBがこのままでは、深刻な不況になり、人々は職を失うだろう。」

しかし、「人々は職を失うだろう」と言うのではなく、すでに多くの人々が解雇されていることを指摘すべきだったのです。 これは、私がかなり前からウェブサイトで記録してきたことで、今週は、Gapが何百人もの会社員を解雇することを決定したことを知った...。

Gap Inc.は、売上減少に悩む衣料品小売業者として、約500人の法人向け雇用を削減します。

この人員削減は公開求人を含み、主にサンフランシスコ、ニューヨーク、アジアにあるGapのオフィスで行われ、様々な部門に影響が及ぶと、小売業者の代表者が火曜日に確認した。この動きはThe Wall Street Journalが最初に報じたものである。

あ痛たたた。

このような環境では、本当に安全な労働者はごくわずかです。

このままでは、芸能界でさえ、たくさんの人が辞めてしまう...。

苦境にあるテレビ・映画業界は、悪いニュースに真っ先に直面し続けている。今週、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーがテレビ広告の営業担当者100人を解雇したと報じられ、同時にパラマウントがショータイムの単独サービス提供の終了を検討したとブルームバーグが報じた。

Netflixもそれに続き、独自のレイオフを行ったという。同社は数百人の従業員を解雇し、オフィススペースの一部を放棄したと伝えられている。同時に、同社の株価は暴落し、史上最高値から60%以上下落した。

2008年と2009年には、何百万人ものアメリカ人が職を失いました。

この先、同じようなことが起こるのだろうか。

そして、「大不況」のときと同じように、住宅市場も本当に減速し始めた。 実際、住宅建設業者の信頼感は9カ月連続で低下しているというから...。

NAHBの報告書によると、一戸建て住宅の建設業者の信頼感は9月に再び低下し、9ヶ月連続で低下した。「上昇した金利、持続する建築資材サプライチェーンの混乱、高い住宅価格の組み合わせが、引き続き値ごろ感に打撃を与えているため」であるとされている。

本日の指数値46で、NAHB/ウェルズ・ファーゴ住宅市場指数は、住宅バストに突入する途中の2006年5月の値を下回ることになった。

今回、被害を受けるのは地球の一部の地域だけではありません。

今、私たちは文字通り地球上のいたるところで経済崩壊を目撃しており、非常に苦しい2023年の舞台が整いつつあるのです。

この状況を好転させることができるのは、平和である。

残念ながら、世界の指導者たちは、私が何年も前から警告してきたような激甚な世界的紛争に私たちを引きずり込もうと、絶対に決めているようだ。

つまり、平和はありえないし、2023年以降、事態は本当に悪くなっていくでしょう。

しかし、私は、あなたが歴史の中でこの特定の瞬間に置かれたのには理由があるとも信じています。

それは、時代が最も暗いときこそ、最大の善を行うことができるということであり、このことは、私たちが目の前にある非常に暗い時代に覚えておく必要があることです。

詳しくはこちらで。TheEconomicCollapseBlog.com (英語)


https://www.naturalnews.com/2022-09-23-economic-collapse-has-arrived-in-germany.html
406 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧