世界のインターネットキルスイッチ

2023-03-05

世界のインターネット停止件数は、2年連続で再び増加しています。

スタティスタ(Statista)のKatharina Buchholz(Katharina Buchholz)の報告によると、Access Nowが新たに発表したレポートによると、2022年にインターネットが遮断される件数は187件になるとのことです。半数弱の84件はインドで発生したものです...



2020年の1年間で、インターネットの停止件数は減少した。

多くの政府が抗議活動や反対意見の抑制に関連してインターネット遮断を利用しており、パンデミックによって自宅待機命令が出されたり、集会が制限されたりして、こうしたイベントの開催が減少したと考えられます。

2016年の報告開始以来、インターネット遮断の件数が最も多かったのは、2019年の213件でした。また、同年はインドでインターネット遮断が最も多い数字である121件に達しました。調査開始以来、常に最も多くのインターネット遮断を登録している国であるにもかかわらず、2022年には、世界のインターネット遮断の総数に占めるインドの割合がここ数年で最も低くなりました。

同時に、インターネット遮断を採用する国の総数が増加し、2021年時点で再び2019年の数を上回りました。

インドでの閉鎖は2022年のカシミール地方に集中しているが、ラジャスタン地方でも抗議活動の際に(抗議活動が予想される場合は先手を打って)使用されており、またここ数ヶ月は試験の際にも使用されている。両地域とも、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の間の緊張と結びついた暴力がしばしば見られ、カシミールではイスラム教徒が主導した独立運動とも関連している。

https://www.zerohedge.com/political/global-internet-kill-switch

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1377 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧