今後、息苦しさが増していく - その理由とは?

2023-03-05

studyfinds.orgより

ご注意ください。これは正規のバカレポートです
カリフォルニア州リバーサイド - 汚染は必ずしも人間のせいではありません。カリフォルニア大学リバーサイド校の研究者によると、気温が高くなると植物が有害な排気ガスや塵を排出し、その放出量が14%も増加することが判明した。
これに山火事や交通、産業界から排出される他の汚染物質が加わると、この新しい研究は、今後数年間で呼吸がかなり困難になると警告しています。

「我々は、大気汚染の人為的な排出に注目しているのではない、我々が排出するものを変えることができるからだ」と、UCRの博士課程の学生である筆頭著者ジェームズ・ゴメスは大学のリリースで述べている。「我々は、電気自動車に切り替えることができます。しかし、それは、植物や埃からの大気汚染を変えないかもしれません。」

植物は、植物の成長、発達、生殖、防御に関わる生物起源揮発性有機化合物(BVOC)と呼ばれる化学物質を生成します。

「刈りたての芝生の香りや、熟したイチゴの甘さ、これらはBVOCです。植物は常にBVOCを放出しているのです」とゴメスは言います。

BVOCはそれ自体、本質的に有害ではありません。しかし、空気中の酸素と反応すると、有機エアロゾルが発生し、それを吸い込むと大惨事になります。乳幼児の死亡率や小児喘息、成人では心臓病や肺がんなどに関与している。
植物は、大気中の二酸化炭素や気温の上昇に反応して、BVOCの生産量を増加させることができますが、この要因は時間とともに増加し続けると科学者は予想しています。将来的には、大気汚染の3分の2が植物から発生すると予測されています。

より多くの汚染物質や塵が地球上に吹き荒れることになる

研究チームは、植物が環境に悪いというわけではないことを強調したい。実際、植物は大気中の二酸化炭素を減少させ、気候変動に対処するのに役立っている。また、小規模な庭園から発生するBVOCは、健康上の懸念材料にはなりません。

「例えば芝生では、病気になるほどのBVOCは発生しません」とゴメスは説明します。
「生物圏がBVOCを増加させ、さらに有機エアロゾルを増加させるのは、二酸化炭素の大規模な増加である。」

サハラ砂漠の砂塵は、将来の汚染増加の原因となることが予測される2番目の自然発生源です。気候が温暖化するにつれて、サハラ砂漠の砂塵は世界中に飛散し、アフリカ、米国東部、カリブ海の一部ではより多く飛散すると予想されています。
北アフリカの一部では、西アフリカのモンスーンがより強力になるため、より多くの粉塵が発生すると予想されています。

エアロゾルや塵はPM2.5と呼ばれる汚染物質に分類され、この微小粒子状物質は直径2.5マイクロメートル以下であることを意味します。
PM2.5は、CO2濃度と直接的な関係があるため、空気中のPM2.5を増やすのではなく、減らすことが理想的です。

「CO2が増えれば増えるほど、PM2.5が大気中に放出されることになりますが、その逆もまた真なり。その逆もまた然りで、削減すればするほど、空気の質は良くなります」とゴメスは結論付けています。

研究チームは、今回の発見が、CO2排出量を削減するために、当局が迅速かつ十分な情報を得た上で決定を下すことを支持する一助となることを期待しています。特に、気温は急速に上昇し、低下することはありません。

この研究成果は、学術誌「Communications Earth & Environment」に掲載されました。

https://www.youtube.com/watch?v=AeKg4KdtFtE

じゃあ現在よりずっと植物が多かった昔の人たちがなんで窒息死してないんだよ?
そんな簡単な事にも気が付かないって、博士号持っていたって馬鹿は馬鹿だよねwww



https://studyfinds.org/harder-to-breathe-in-the-future/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1298 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧