「30分で消滅」-欧州の次の終末論。携帯電話網の崩壊

2022-10-04

tapnewswire.comより

By Tyler Durden

この冬、ヨーロッパで失われるのは暖房だけではない、携帯電話も失われるかもしれない。ロイターの最新レポートによれば、もし停電やエネルギー配給のために地域全体の携帯電話ネットワークの一部が停止すれば、この冬はヨーロッパ中で携帯電話が使えなくなる可能性があるという。

モスクワがガスの供給を停止して以来、ヨーロッパで配給制や電力不足になる可能性が爆発的に高まっていることは、もう誰もが知っていることだが、フランスでは、いくつかの原子力発電所がメンテナンスのために停止しているため、状況はさらに悪化している。さらに、通信業界関係者はロイターに対し、厳しい冬がヨーロッパの通信インフラに試練を与え、企業や政府はその影響(つまり救済要求の増加)を軽減することを余儀なくされるのではないかと懸念している。

4人の電気通信事業者幹部が言うように、問題は、現在多くのヨーロッパ諸国では広範囲な停電に対応するためのバックアップシステムが十分でなく、携帯電話が使えなくなる可能性があることだ。フランス、スウェーデン、ドイツなどの国々は、あと数週間もすればヨーロッパから携帯電話がなくなるかもしれないと考え、停電の結果、自国に張り巡らされた数千の携帯電話アンテナに取り付けられたバックアップ・バッテリーがなくなっても、通信が継続できるようにしようと躍起になっているのである。

ヨーロッパには50万近くの通信塔があるが、そのほとんどが携帯電話のアンテナを動かすための30分程度のバッテリーバックアップしか持っていないからだ。その後、停電になるのです。

フランスでは、電力配給会社エネディスが提案した計画に、最悪の場合2時間までの停電の可能性が含まれていると、この問題に詳しい2人の情報筋が述べた。

一般的な停電は、輪番制で国の一部だけに影響する。病院、警察、政府などの重要なサービスには影響がないとのことだ。オレンジ、ブイグテレコム、アルティスのSFRを代表するロビー団体であるフランス電気通信連盟(FFT)は、エネディスがアンテナを停電の対象から外せなかったことにスポットライトを当てている。

エネディスによると、病院、重要な産業施設、軍隊などの優先顧客に供給するためにネットワークの一部を分離することができ、優先顧客のリストに通信事業者のインフラを追加するかどうかは地方自治体次第であるとのことです。

「この冬までにはこの問題に関する知識が向上するかもしれないが、(ネットワークの残りの部分から)モバイルアンテナを分離するのは簡単ではない」と、この協議に詳しいフランス財務省の関係者は述べた。


スウェーデンやドイツの通信事業者も、電力不足の可能性について自国政府に懸念を表明していると、この件に詳しい複数の関係者が述べている。スウェーデンの通信規制当局であるPTSは、通信事業者や他の政府機関と協力して解決策を探っているという。これには、電力が配給制になった場合に何が起こるかについての話し合いも含まれている。PTSの広報担当者は、より長い停電に対応するため、輸送可能な燃料ステーションと携帯電話に接続するモバイル基地局の購入に資金を提供していると述べた。

イタリアの電気通信ロビーはさらに強硬で、ロイターに対し、携帯電話ネットワークをあらゆる停電や省エネ停止から除外することを望み、イタリアの新政府にこのことを提起すると述べた。停電は、突然の中断を受けると電子部品が故障する確率が高くなると、通信ロビーのチーフ、マッシモ・サルミはインタビューで語った。

ロイター通信社によると、解決策が見つかるまでの間、通信事業者はソフトウェアを使ってトラフィックフローを最適化し、使用しないときは塔を「スリープ」させ、異なる周波数帯をオフにするなどの節電策をとっているという。通信事業者はまた、各国政府と協力して、重要なサービスを維持するための計画が立てられているかどうかをチェックしている。ドイツでは、ドイツテレコムが33,000の携帯無線タワーを保有しているが、モバイル緊急電源システムは同時に少数のタワーしかサポートできない、と同社の広報担当者は述べている。


https://tapnewswire.com/2022/10/gone-in-30-minutes-next-on-europes-doomsday-list-collapse-of-cell-phone-networks/
345 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧