カリフォルニアのネット・ゼロ・エネルギー・モデルはすでに破綻している


thelibertybeacon.comより

なぜ、米国の他の国も真似をしなければならないのか?
「ネット・ゼロ」エネルギー政策に関して、最近のバイデン政権から発せられるコメントは実に目まぐるしい。カリフォルニアの狂ったようなエネルギー政策が、他の国の良いモデルになるだろうと、アメリカ人は今、言われている。この人たちは、カリフォルニアで起こっていることを見たことがあるのだろうか?
2035年までにすべてのガソリン車を禁止し、電気自動車に置き換えるというカリフォルニア州の計画について、エネルギー長官のジェニファー・グランホルムは最近、全米のモデルになる「かもしれない」と述べた。

彼女は警告のつもりで言ったのではありませんが、あなたは知っておくべきでしょう。そうです。

「カリフォルニア州は、本当に乗り気だと思います。そしてもちろん、連邦政府は2030年までに、米国で販売される新車の半分を電気自動車にするという目標を掲げています(大統領が発表しました)。

わかりますか?エネルギーコストを法外なレベルに押し上げた非常識な規制や制限によって、すでに自動車産業を破壊し、石油産業を破滅させようとしている連邦政府が、まだ十分に進んでいない、と言っているのである。


カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサム氏。写真 JDラシカ Creative Commons Attribution 2.0 Generic license (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/deed.en)に基づいて公開されています。


極左のGavin Newsom州知事の下、カリフォルニアの狂気は始まったばかりだが、すでに州経済に大打撃を与えている。カリフォルニア州は、電気自動車に移行するための新しい規則を発表するやいなや、記録的な暑さに見舞われた。そのため、カリフォルニア州は電気自動車の所有者に充電をしないように指示した。

充電するなと?ニューズウィーク誌の見出しは、「カリフォルニアの山火事と停電の恐怖は、電気自動車ユーザーの対立を生む」であった。

リーズナブルな価格のエネルギーが安定して供給されないとしたら、どんな企業がカリフォルニアに移転したり、進出したりしたいと思うだろうか?もちろん、そのような企業はない。

実は、カリフォルニアは、他の地域の模範となるような場所ではないのだ。しかし、カリフォルニア州は、他の州や連邦政府がやってはいけないことを示す完璧なモデルなのだ。

エネルギー価格の高騰に加え、計画停電や将来的な電力不足が懸念される中、カリフォルニア州政府は国民全員を電気自動車に乗せる計画を推進しようとしている。

簡単に言えば、カリフォルニア州は十分な電力を供給していないのだ。しかも、風力や太陽光だけではまかないきれない。さらに悪いことに、カリフォルニア州はすでに他国にエネルギーを依存している。

「ヘリテージ財団エネルギー・気候・環境センターの研究員ケイティ・タブ氏は、The Daily Signal誌に次のように語った。「そして、カリフォルニアはワシントン、オレゴン、ネバダ、アリゾナからの電力に依存してきました。確かに、これらの州も天候や干ばつ状況に直面し、カリフォルニアはそれに頼ることができないので、それはより困難になりつつあります。"

ブラウンアウト、ブラックアウト、エネルギー価格の高騰、うんざりするようなトップダウンの義務付け、食料コストの上昇、生活水準の低下。これが他の国々が見習うべきものなのだろうか?

カリフォルニア州の新しい「規則」(実際には法律の力を持つ)は、カリフォルニア大気資源委員会(CARB)によって発布された。この委員会は超政治的で、選挙によらない、独裁に近い権力を持つ(現在一党独裁の州で民主党が完全にコントロールしている)委員会である。

カリフォルニアは、低公害の化石燃料、原子力発電、水力発電、LNGなど、より多くのエネルギーを切実に必要としている。低成長であっても、より多くの電力を必要とする。残念ながら、カリフォルニアでは、安価で豊富なエネルギーよりも、常識というものが希少なのだ。

「カリフォルニアの新しい義務の不条理は、カリフォルニアの電力網の供給を増やすために何もせずに、この変更を要求していることだ」とHot AirのDuane Pattersonは書いている。「2022年1月現在、カリフォルニア州には3600万台以上の自動車とトラックが登録されている。その中で電気自動車は何台あるのだろうか?約60万台、つまり1.7%です。

狂気。
Townhallが最近コメントしたように、「多くの州が自国の環境政策をCARBの決定と結びつけているため、少なくとも他の12州はカリフォルニア州の規制を採用する構えだ」という。ワシントン州とマサチューセッツ州はすでにこの規則を採用する予定だと発表しているが、バージニア州のような他の州は反発している。"

しかし、このような政策は、客観的に見て、カリフォルニア州にとって悪い影響を及ぼしている。高騰する税金、乳母国家的な社会主義、蔓延する大衆薬物乱用、爆発的に増加する暴力犯罪率によって、かつての黄金の州はますます住みづらくなり、カリフォルニア州は企業と人口を流出させているのである。

このような事態を他の国に望むのは、もちろん非合理的だが、残酷でもある。また、グランホルムやバイデンらが信じているような「風力と太陽光」による「ネットゼロ」経済への移行は不可能である。

クイーンズランド大学の研究者が最近YouTubeで公開したビデオで、その理由が説明されている。このビデオには、「グリーン」な移行には、ほとんど理解できないほどの鉱物の供給が(2019年のCOVID以前の生産レベルで)必要であることを示す表(下記参照)が含まれている。その量は驚異的です。このかなり複雑な表を無理に解読することなく、Power Lineの簡潔な要約を紹介します。

なお、銅は189年分、ニッケルは400年分、リチウムは9,921年分、コバルトは1,733年分、ゲルマニウムは29,113年分など、最初の20年間は風力や太陽光発電を導入するために必要な量である。そして、また同じことを繰り返さなければならないのです。持続可能性に欠ける話だ。


そのデータを表形式でご紹介します。

「化石燃料を完全に置き換えるために代替エネルギー電力システムに必要な余剰容量の評価"、クイーンズランド大学ジュリアス・クルットシュニット鉱物研究センター准教授、サイモン・ミショー氏によるもの。

要するに、ネットゼロ移行というのは嘘なのだ。しかし、もしそうだとしたら、なぜ彼らはこのような明らかな誤りを私たちに伝えるのでしょうか?

なぜなら、自家用ジェット機や数十億ドルの「グリーン」な大仕事、燃料を大量に消費するヨットが大好きなことからわかるように、アメリカのエリートたちは、私たちが本当に気候の緊急事態にあるとはまったく思っていないのだ。しかし、緊急事態であるかのように装うことで、私たち全員を支配する力が強まるのです。その意味で、COVIDの大流行とそれに続くパニックは、彼らがいま課そうとしている気候変動の「緊急事態」のための予行演習だったのである。それがここでの真の目的である。

そして、カリフォルニアではうまくいっているのだろう?

https://www.thelibertybeacon.com/californias-net-zero-energy-model-is-already-a-disaster/
187 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧