銀河系世界連邦との木星会合の更新について



exopolitics.orgより

written by dr michael salla on august 10, 2021. カテゴリー: 特集, 銀河外交

7月中旬に木星の大気圏上層部で行われた、宇宙先進国と銀河連邦の代表者が参加した一連の秘密会議で何が起こったのかをより明確にする情報が得られた。エレナ・ダナンは、地球外のコンタクトであるトール・ハン・エレディオンからこの劇的な会議のニュースを最初に聞いたが、会議に参加したさまざまな国、企業、組織、そして太陽系に責任を持つために人類を調整する主な責任者となる国、アメリカの選択プロセスを理解するのにかなり役立つ図と説明文を提供してくれた。

前回の記事(https://keen-area.net/2021/723/)では、エレナが地球外生命体との第一のコンタクトとして、地球代表の一部を会議に案内した銀河連邦の船の司令官であるソー・ハンから受け取った情報を紹介した。また、8月6日に公開されたインタビュー(RumbleやYouTubeで視聴可能)でも、この会議について語っている。

以前の記事で紹介したように、この会議は第二次世界大戦末期のヤルタ会談に似た機能を持っています。今回のシナリオでは、この「銀河外交」会議で、ダークフリート、ドラコ帝国、オリオン連合、そして彼らのパートナー企業である惑星間企業連合(ICC)の敗北を目前にして、太陽系の再編が話し合われた。これらの動きについては、過去の記事で裏付けのある証拠とともに紹介しているので、こちらとこちらをご覧いただきたい。

インタビューの後、エレナは木星上空で行われた会議の流れを説明する図を送ってくれた。この図には、ミーティングの各段階におけるエレナのコメントとともに、何が起こったのかが簡潔に記されている。一連の会議の流れを見ると、主な目的は、人類の宇宙活動の調整や銀河連邦との連絡を主に担当する宇宙先進国を決めるための選考だったようです。


エレナ・ダナン ジュピターミーティングを連続して描いたイラスト


トールハンの最初のメッセージと、その後に学んだことをもとに、エレナが自分の言葉でミーティングをまとめてみました。

一連の会議は、しばらく前から行われていた。この会議に参加する地球人のグループは、宇宙軍の軍人と先進的な企業のCEOを組み合わせたものだった。最初の会議は12回行われ、12のグループに分かれていた。それぞれのグループは、銀河系機関の関係者で構成されており、宇宙軍や企業の領域における特定の地球国家の代表者を監査していた。


つまり、銀河連邦は、地球上の宇宙開発を行っている国を、それぞれの能力、歴史、リーダーシップの可能性という観点から評価していたのだ。トール・ハンはエレナへの最初のメッセージの中で、「宇宙開発を行っている14カ国の代表者が集まった」と述べている。つまり、宇宙開発を行っている14カ国の代表者と、銀河連邦をはじめとする地球外の組織の関係者が12回の会議に参加したということです。

これらの国は、アメリカと他の宇宙進出国との間の二国間協定である「アルテミス協定」に署名している12カ国であり、署名国が宇宙問題においてどのように行動し、協調していくかのガイドラインを定めています。オーストラリア、ブラジル、カナダ、イタリア、日本、ルクセンブルグ、ニュージーランド、アラブ首長国連邦、韓国、ウクライナ、イギリス、そしてアメリカです。

また、国家的な宇宙開発計画を持ちながら、現在までにアルテミス協定に署名していない国が6つあります。これらは 中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、ロシアです。 このうち、中国とロシアだけはすぐには協定に署名しないと思われていますが、ジュピター会議の結果次第ではすぐに変わるかもしれません。

この18カ国のうち14カ国が木星会合に参加したとすると、4カ国が参加しなかった理由は2つ考えられると思います。1つ目は、ルクセンブルグやニュージーランドなどの小国が、自国の宇宙権益を代表するために近隣の大国に委任したという可能性。

もうひとつは、パリに本部を置く欧州宇宙機関が、フランス、ドイツ、イタリア、ルクセンブルグの利益を公式に代表したという可能性です。イギリスは、欧州宇宙機関のプログラムの一部に参加していますが、独立した国家宇宙プログラムを維持しており、米国のNASAプログラムと密接に連携しています。

ソー・ハンは、「先進的な企業のCEO」とは、ボーイング、エアバス、ロッキード・マーチン、ノースラップ・グラマンなどの旧来の大規模航空宇宙企業のCEOではなく、スペースX、ブルーオリジン、ヴァージン・ギャラクティックなどの企業の代表者を指している可能性が高い。

イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、リチャード・ブランソンなどの著名なCEOが木星会合に出席していたことはほぼ間違いない。このことは、ベゾスとブランソンが最近行った宇宙への飛行によって裏付けられている。ブランソンは7月11日、ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船で宇宙の果て(米国当局の定義では高度50マイル)まで飛んだ。続いてベゾスは、7月20日にブルーオリジン社の有人宇宙船で宇宙に飛び立ちました。ブランソンとベゾスがジュピター・ミーティングに出席するためには、この2つの宇宙飛行が必要不可欠であることがわかった。



マスクは、別の交通手段とカバーストーリーを使って木星会合に出席した可能性が非常に高い。7月23日、マスクはスペースX社が2024年10月に木星の衛星エウロパに向けたNASAのミッション「エウロパ・クリッパー」の打ち上げ契約を獲得したと発表しましたが、その時に登場したのがこのカバーストーリーです。つまり、ブランソンとベゾスが宇宙の果てへの旅に関わっていたのと同じ頃、マスクはNASAの関係者と協力して、将来の木星ミッションに関する発表を行っていたのだ。マスクが木星に密かに飛んで会議に出席していたというのは、もっともな話である。

NASAのエウロパ・クリッパー・ミッションの発表で注目すべきは、宇宙開発の契約を既存の航空宇宙企業ではなく、スペースXやブルー・オリジンにどんどん発注するという最近のNASAの行動です。これは、各国の政府と、その政府が契約を通じて支援している航空宇宙企業が、宇宙をどのように管理しているかに大きな変化があったことを示す重要な状況証拠です。

さらにエレナは、最初の12回のミーティングの後、何が起こったのかを説明してくれました。

そして、3つの大きな会議が行われた。1つ目の会議は、選ばれた6カ国のプログラムを集めたもの。2回目の会議では、前回の6カ国から選ばれた4人のグループが集まり、6人のグループを率いるのに最も適した人物を決定した。第3回目の最終合意は、銀河系の代表者と、前回の4カ国から選ばれた優勝国との間で行われた。


エレナによると、トールハンは会議に参加した国を特定することを禁じられていたという。推測するに、3回の最終会議のうち1回目の会議に参加した6カ国は、国家の宇宙計画が最も古く、最も大きく機能している国である。最初に衛星を打ち上げた順に並べると ロシア(1957年)、アメリカ(1958年)、フランス(1962年)、イギリス(1962年)、中国(1970年)、そして日本(1970年)である。

この6カ国のうち、最初の5カ国はいずれも国連安保理の常任理事国であることに注目したい。それぞれの国が、国際情勢に関する安保理の決定に深く関わってきた長い歴史を持っています。したがって、このグループが、太陽系内での人間の活動を規制するために、同様の機能を果たしていても不思議ではありません。

さらに、銀河連邦が地球上のすべての国の宇宙活動を調整する責任を持つ国を選ぶ最後の会議に参加したのは、アメリカ、ロシア、中国、フランスの4カ国だったと推測できる。

その中で、銀河連邦は、14カ国の代表団と出席した宇宙企業のCEOから最も支持された国として、アメリカを選んだ。

さらにエレナは、14の地球代表団と会って、銀河連邦が今後調整を行うリーダーシップチームを選ぶ際に、それぞれの銀河系組織について詳しく説明した。

そこで、銀河連邦、5人評議会、アンドロメダン評議会の代表団は、宇宙軍や先進的な企業の責任者である地球の役人を個別に監査し、安全地帯を決定し、誰が多くの人々の利益に最も貢献するかを決定した。銀河連邦は統一された地球文明と協力したいのであって、パワーゲームをしている対立する宇宙軍の複合体とは協力したくないのだ。

ソー・ハンによると、宇宙開発を行っている国は実際には14カ国あるが、上位6カ国は銀河連邦に最も進歩的で耐久性のあるプログラムと認められ、彼らと手を組むのに適しているという。残りの8つの国は、多くの人に利益をもたらす商業協定を結んでいた。トール・ハンは、この上位6カ国の「水平」連合が、アメリカの指導のもとに統一された宇宙部門として立ち上がることについても語っていた。


エレナとソー・ハンが描いたシナリオの信憑性を高めているのは、宇宙先進国の間で人気が高まっている「アルテミス協定」について知られている内容と一致しているからだ。この宇宙同盟は、アメリカを中心に組織されています。 一方、ロシアと中国は、国際月面研究ステーション構想を通じて、対抗する国際宇宙連合を推進しようとしていますが、何の支持も得られていません。

そのため、銀河連邦やその関連組織であるアンドロメダ評議会や五つ子評議会が、今後の連邦と人類との協力関係を築くためにアメリカを選んだのは、非常に理解できることです。

最後にエレナは、最後の会議を終えて出発するソー・ハンが見たものをグラフィックで描いた。3隻の宇宙船には、将来の銀河連邦との協調において地球を率いる国として選ばれなかった国々の代表者が乗っていた。エレナによると、そのうちの2つの宇宙船には、結果に不満を持ったロシアと中国の代表団が乗っていたという。エレナと私の推測によると、3つ目の機体はフランスの代表団を乗せていた。葉巻型の機体は、アメリカ海軍の宇宙開発プログラム「ソーラーウォーデン」のものと思われる。


エレナ・ダナーンが描いた、最後の木星会合の代表団を乗せた3隻の船。

結論として、14カ国と比較的新しい航空宇宙企業のCEOが参加した木星会合が7月中旬に開催されたことを示す重要な状況証拠がある。まず、出席した国の数(14カ国)は、既知の宇宙飛行国の数(18カ国)に近い。第2に、リチャード・ブランソンとジェフ・ベゾスが宇宙の果てまで飛んだのは、彼らが物理的に木星会議に参加するためのカバーストーリーである可能性が高い。第3に、マスク氏が2024年のエウロパ・クリッパー・ミッションの打ち上げにスペースX社を選んだと発表したことは、木星のことが会議中に非常に気になっていたことを示している。

最後に、中国とロシアを除く宇宙先進国がアルテミス合意を受け入れつつあることから、銀河連邦が将来の深宇宙での通信や調整のためにアメリカを選んだことは、非常に妥当なことだと思います。

マイケル・E・サラー博士著作権表示

[注:木星上空で行われた一連の会議の様子や、代表者の移動に使われたいくつかの船のイラストを提供し、この記事での使用を快く許可してくれたエレナ・ダナーン氏に感謝したいと思います。エレナさんのYouTubeチャンネルはこちら、ウェブサイトはこちらです。]

[この記事の動画版はRumbleとYouTubeで公開されています]

https://exopolitics.org/update-on-jupiter-meetings-with-the-galactic-federation/
2644 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧