アトランティスとレムリアの最期とその地球外生命体への追憶


exopolitics.orgより

WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON JULY 25, 2022.

ジェン・サリバンは、アトランティスとレムリア(リムリア)の起源とそれぞれの滅亡に関連するいくつかの過去世の記憶を綴った『Child of the Universe』の著者である。ジェンは脳腫瘍を患っていましたが、長年の友人であるサラ・ブレスクマン・コスメから、デローレス・キャノンのQHHTプログラムでサラのレベル3認定を受けるために、量子催眠療法(QHHT)セッションに参加するように依頼されました。

ジェンは、1978年にロボトミー手術を受けた後、誰も前世の記憶を信じなかったために橋から飛び降り自殺した直近の前世の詳細を思い出した後、驚くべき癒しを体験しました。QHHTのセッションが進むにつれ、ジェンは、地球外からのミッションに参加し、南太平洋の大きな島に不時着したときの、地球での最初の前世を男性として思い出していきました。彼女は、原始的な現地の女性の遺伝子と自分のDNAを使って、最終的にハイブリッドな存在を作り出すことに成功したことを覚えています。生まれたハイブリッドは、その知恵と宇宙船から回収された赤いクリスタルを使う能力で尊敬を集め、レムリアの初代女王となった。彼女の名はウーナ。

墜落した地球外宇宙船にいたジェンの仲間の一人は、時空の扉を通って、赤いクリスタルをいくつか持って地球の反対側へ旅立った。彼は、アトランティスの最初の支配者となったハイブリッドの創造に関与していた。その後、アトランタ人は急速な技術発展を遂げ、レッド・クリスタルは武器の開発や帝国の征服に利用された。一方、レムリア人は自然と調和した平和な生活を送り、赤い水晶はあらゆる病気に対する自然な免疫力を維持し、寿命を大幅に延ばした。

ジェンは本の中で、アトランタ人がレムリアを訪れ、最終的に滅ぼした経緯について述べている。その時、ジェンは王女(カラ)であり、母である女王がアトランティスに殺された後、短期間だけ統治していた。戴冠式の直後、レムリアはオルタンテスの海底爆発による高波で破壊され、彼女は捕らえられた。ジェンはアトランティスに連れて行かれ、何十年もの間、赤い水晶に関する自分の知識と能力について拷問を受け、尋問されたことを覚えている。

ジェンは、Exopolitics Todayの最初のインタビューで、なぜサラ・コスメのQHHTセッションを受けることにしたのか、彼女が体験した癒し、そして地球外生命体として、またレムリア/リムリア最後の女王としての驚くべき過去世の詳細について述べています。数十年にわたるアトランティスでの囚われの身の記憶は、アトランティスの文化、政治、科学についてユニークな視点を与えてくれます。


https://www.youtube.com/watch?v=ovnpCHqsXYk&t=1s

Jen Sullivanの本は、amazon.comで購入できます。
https://amzn.to/3oSy96H

彼女のウェブサイトは www.jlfsullivan.com です。

注:インタビュー中、私は異常な量の電気干渉に遭遇し、その結果、私の家のすべての電力が短時間停止しました。その後、私のコンピューターに奇妙なパルスが発生し、インタビュー中、30分頃に中断された後、それを目撃することができます。ジェンは、サラ・ブレスクマン・コスメとのセッションで、このような電気的干渉が頻繁に起こっていることを説明しています。

マイケル・サラ Ph.D.

https://exopolitics.org/remembering-atlantis-lemurias-final-days/
436 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧