「宇宙」と「幻の」UFOがウクライナの空にいっぱいと政府報告書が主張

2022-09-17
2020年、ウクライナ、キエフの夜空 。 (画像クレジット: ゲッティ)
livescience.comより

キエフ上空には未確認飛行物体(UFO)が群がっていると、ウクライナ国立科学アカデミー主天文台の新しい報告書が発表されました。

もちろん、ロシアとウクライナは航空機や無人機に大きく依存した数カ月にわたる戦争に突入していることを考えると、これらのいわゆるUFOの多くは、識別するにはあまりにも儚く現れる軍事ツールである可能性が高いと、米国の情報機関は推測している。

プレプリントデータベースarXivに公開されたこの報告書(まだ査読を受けていない)は、ウクライナの天文学者がキエフと周辺の村の上空で昼間に高速で動く、視認性の低い物体を監視するために取った最近の措置について説明しています。キエフと、その南約75マイル(120キロ)の村ヴィナリヴカにある二つの気象観測所で特別に調整されたカメラを使って、天文学者は「科学的に既知の自然現象として特定できない」数十個の物体を観測したと、報告書は述べています。

政府機関は、このようなオブジェクトを「未確認の航空現象」の略である UAP と呼ぶ傾向があります。

我々は「性質がはっきりしない天体を相当数観測している」とチームは書いています。「我々はどこでもそれらを見ることができます。」

研究者たちは、UAPの観測を2つのカテゴリーに分けました。「コスミック」と「ファントム」です。それによると、コスミックは背景の空よりも明るい発光体である。これらの天体は「スウィフト」「ファルコン」「イーグル」など鳥の名前で呼ばれ、単独飛行や「飛行隊」での飛行が観測されている、と研究チームは書いています。

一方、ファントムは暗い物体で、通常は「真っ黒」に見え、降り注ぐ光をすべて吸収しているかのように見えると、同チームは付け加えている。研究チームは、参加した2つの天文台の観測結果を比較し、ファントムの幅は10~40フィート(3~12メートル)、速度は時速33,000マイル(53,000キロメートル)であると推定している。ちなみに、大陸間弾道ミサイルの速度は時速15,000マイル(時速24,000km)であるという。

研究者たちは、これらのUFOが何であるかについては推測していない。むしろ、彼らの論文は、物体を検出するために使用された方法と計算に焦点を当てています。しかし、米国国家情報長官室(ODNI)の2021年の報告書によると、少なくともいくつかのUAPは「中国、ロシア、他の国、または非政府組織によって展開された技術」である可能性が高いとされている。
※しかし大陸間弾道ミサイルの速度は時速15,000マイル(時速24,000km)であり、今回観測されている物体は時速53,000Kmで飛行する。

2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻が進行中であることを考えると、新報告書に記載された一部のUAPが、外国の監視技術や軍事技術と関連している可能性を疑うのは妥当なことだろう。

ODNIの報告書によると、UAPの他の説明として、鳥や風船などの「エアボーン・クラッター」、氷の結晶などの大気現象、または政府の機密プロジェクトなどが考えられるとされています。米国とウクライナの報告書は、いずれも地球外からの訪問者の可能性を提起していない。
※時速53,000Kmで飛ぶ鳥や風船、氷の結晶などは存在しない

米海軍の航空機が撮影した複数の動画がメディアに流出した2017年以降、米政府は公然とUAP調査への関心を新たにしている。今や有名なこの映像には、説明もなく、一見不可能な動きをする正体不明の航空機が映っていた。

その後、政府はこの映像の機密指定を解除し、最近、UAPに遭遇した軍の映像がさらに存在することを明らかにしたが、国防総省(DOD)は「国家安全保障上の懸念」から公開しないとしている。今年初め、議会は国防総省が米軍によるUFO目撃報告の管理に特化した新しい事務所を開設するための資金を承認した。ウクライナの新しいUAPレポートの著者は、ウクライナの国立科学アカデミーがこの進行中の研究に貢献することに興味があると付け加えた。

関連:議会はUFOが「人工」ではないことを認め、「脅威」は「指数関数的に」増加していると言います
https://keen-area.net/2022/1029/


https://www.livescience.com/ukraine-ufo-uap-report
726 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧