コーヒー豆の抽出物には、慢性疾患に効果のある抗炎症成分が含まれている



naturalnews.comより

コーヒー豆の抽出液には、慢性的な健康問題に対処するのに役立つ抗炎症化合物が含まれていることが、専門誌「Food and Chemical Toxicology」に掲載された研究で明らかになりました。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とマドリード自治大学の研究者らは、コーヒー豆の皮から抽出した水性エキスをマウスの脂肪細胞に投与しました。その結果、フェノール化合物であるプロトカテク酸と没食子酸が、脂肪による炎症を抑え、グルコースの吸収とインスリン感受性を改善することがわかりました。

研究者らは、これらのフェノール化合物を食事に加えることで、2型糖尿病や心血管疾患など、肥満に関連する慢性疾患を予防するための栄養戦略として機能する可能性を示唆している。

コーヒー豆の成分の脂肪細胞への影響を探る

コーヒーの生豆を収穫・加工する際には、ハスクやシルバースキンなどの副産物が大量に発生します。これらの副産物には大量の抗酸化物質が含まれており、これを回収することで付加価値の高い製品を作ることができます。これまでの研究では、コーヒー副産物に含まれるフェノール化合物が、β細胞によるインスリン分泌を増加させ、膵臓を酸化ストレスから保護することがわかっている。

しかし、コーヒー副産物のアディポサイト(脂肪細胞)に対する抗炎症作用とその作用機序については、これまで詳しく知られていなかったという。

研究チームは、コーヒーハスクとシルバースキンに含まれる5種類の純粋なフェノール類が、脂肪細胞とマクロファージと呼ばれる免疫応答細胞に及ぼす影響を検証した。この2種類の細胞は、肥満に関連した炎症において、酸化ストレスを増加させ、グルコースの取り込みを阻害するというループで働いている。

アーバナ・シャンペーン大学食品科学・人間栄養学部の客員研究員である筆頭著者のMiguel Rebollo-Hernanzは、「マクロファージは脂肪組織に存在し、脂肪組織が過度に成長すると、炎症や酸化ストレスを刺激する相互作用が生じます」と説明する。これらの相互作用は、脂肪細胞内のミトコンドリアの数を減少させ、人の脂肪燃焼能力を弱める可能性があります。

研究者たちは、プロトカテク酸と没食子酸が、脂肪細胞への脂肪蓄積を阻止するのに最も効果的であることを発見しました。さらに分析を進めると、これらの化合物は、脂肪分解(脂肪を分解すること)を促進し、「褐色」または「ベージュ」の脂肪細胞を生成する働きがあることがわかった。この脂肪細胞は、栄養をエネルギーに変換する細胞小器官であるミトコンドリアが多く存在する、脂肪燃焼細胞として知られている。

さらに、マクロファージと脂肪細胞の間の相互作用が、フェノール類によって完全にブロックされたことも確認された。

「共同執筆者であるアーバナ・シャンペーン大学のエルビラ・ゴンザレス・デ・メヒアは、「我々が試した化合物は、マクロファージの炎症を抑制することができました。さらに、さまざまな炎症マーカーが抑制され、グルコーストランスポーターの存在により、グルコースの取り込みが改善されたと付け加えている。(関連記事:血糖値をコントロールする食品、ハーブ、スパイス。)

「de Mejia氏は、「今、私たちは、これらの化合物の存在下で、炎症を抑え、脂肪生成を抑え、2種類の細胞が成長して悪い化合物を発症するのを助ける『ループ』を減少させることができることを知っています。

研究者たちは、今回の発見が、2型糖尿病や心血管疾患など、肥満や太りすぎに関連する慢性疾患の予防のための新しい戦略につながると楽観している。

コーヒー豆抽出物の利点に関するさらなる研究

これまでの研究でも、焙煎していないコーヒー豆が2型糖尿病の人やそのリスクがある人にとって有益であることがわかっています。2013年の研究では、この豆から抽出したエキスが血糖値を下げる効果があることを発見しました。

コーヒー生豆の抽出液には、強力な抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用を持つクロロゲン酸が豊富に含まれています。研究者たちは、この抽出物が血糖値を下げる効果があるかどうかを疑問に思った。

健康な男女を対象に、クロロゲン酸塩を1日100ミリグラムから400ミリグラム摂取させた。その結果、すべての参加者が血糖値を下げることができ、最も多く摂取した参加者は最も大きな改善効果を得ることができました。

研究者らは、グリーンコーヒー豆のサプリメントを摂取することで、血糖値を改善し、2型糖尿病を予防できる可能性があると結論づけています。

コーヒー生豆の健康効果については、Superfoods.newsで詳しくご紹介しています。

https://www.naturalnews.com/2021-08-10-coffee-bean-extracts-have-anti-inflammatory-compounds-that-can-help-fight-chronic-disease.html#
493 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧