クリフハイ:地球は宇宙人に侵略されたコロニーだ!


beforeitsnews.comより

このコロニー、地球。

宇宙人に侵略された

今から6千年ほど前、地球は宇宙人に侵略された。

彼らは地球上のあちこちに降りてきて、北回帰線のすぐ北の土地にやってきた。スペース・エイリアンの侵略は、地球を征服し植民地化する明確な意図を持って、小さいながらも重武装した部隊でやってきた。



ユカタン半島に上陸した。マケドニア、シュメール、インド、中国、日本などにも上陸した。

これらの拠点から、40種類以上の空飛ぶ戦闘機を含む優れた技術で、その地域に住む狩猟採集民を容易に征服した。

このようにして征服されたそれぞれの地域で、地元の部族は自分たちの言語で宇宙人の名前を提供した。このように、私たちは植民者をエロヒム、デーヴァ、テオアエ、アヌンナキ、シンとして知っており、すべての場合、すべての言語でこれらの名前は「神」と同義となった。

地元の部族が征服されると、宇宙人は地元の人間を徴兵し、他のもっと遠い部族の人間を征服するようにさせた。彼らは、時折、宇宙人の「領主」の助けを借りながら、そうした。

着陸地点での戦闘がなくなると、宇宙人の支配者たちは征服した領土に広大な複合施設を建設し始めた。これらは彼らの言葉でGANSと呼ばれ、今日の我々の宗教的なテキストでは「庭園」と訳されている。これらのGANSは、宇宙人の遺伝子材料生産研究所であった。これらのGANSには「エネルギー・シールド」があり、その地域の住民である人類が許可なくアクセスすることを防いでいた。現在では、GANSは数百平方キロメートルの面積を、数千フィートの高さで囲んでいたと考えられている。このエネルギー・シールドは、空気と光を遮断する役割も果たしていました。

宇宙人の支配者はその両方を必要としていたのです。宇宙人の生物学的要求から、光はあらゆる形態の宇宙放射線を低減させなければならない。また、宇宙人は地球のバクテリアに極端に弱いため、GANSに流入する空気は殺菌されなければならない。

GANSが安定すると、スペース・エイリアンの科学者と製造クルーはコロニー・アースへ降りてきて、作業を開始した。彼らの目標は、十分に賢く、しかし賢すぎない奴隷種を作ることであった。

GANSでの作業は約2000年間続けられた。

宇宙人の遺伝子の一部と現地の遺伝子を融合させ、効果的な奴隷種を作り上げるのは困難な作業だった。多くの間違った選択がなされ、種が作られ、仕様を満たさない場合は破壊された。巨人族を含むいくつかの種はGANSから逃れ、この地を彷徨ったが、これらの種は人工的に作られたものであり、この環境に適したものではないため、繁栄することはできず、最終的にはすべてが悪条件に屈してしまった。

今から約4000年前、植民地の人々の工学的な成功は、最初の「白人」の創造によって、一定のレベルを達成した。宇宙人はすでに、原住民の褐色の人間から、黒色、黄色、赤色、そして最後に白色人種を作り出していたのである。

それは大変な作業で、宇宙人の植民地は白人の創造を最後に遺伝子操作を止めたようである。これは、彼らの目的が達成されたためなのか、それとも外的な悪条件が宇宙人の努力の方向を変えたのかはわからない。

奴隷種を作り出すことに成功した直後、宇宙人コロニーたちは地球を去った。

なぜ彼らが去ったのか、その理由は定かではありません。

古代の文献には、宇宙放射線のレベルが上昇し、細菌感染という形で宇宙人入植者のリスクを大幅に増加させる状況を地球上で作り出したというヒントがあります。宇宙人のオーバーロードは、特にGANSの周りのエネルギーシールドのろ過によって保護されている場合は、非常に長生きでした。保護された環境では、何千年も、おそらく何万年も生きたと考えられている。コロニアル人は保護され、長寿であったにもかかわらず、死を強く恐れていた。

野生の、つまりコロニー・アースの無防備な場所で、宇宙人コロニーたちは、細菌感染を避けるために特別な注意を払う必要があったのですが、軽いものでもすぐに命取りになってしまうのです。

約4000年前、コロニー・アースの状況が変化し、コロニー・アースたちは去っていった。その旅立ちは、驚くほど短期間に完了した集団移住であった。

GANSのエネルギー・シールドに何らかの不具合が生じ、それが宇宙人コロニーを脱出させたと推測されている。

GANSの構造体が破壊され、撤去されたことで、人工の奴隷種は地球を自由に歩き回ることができるようになった。人工的に作られた種であり、この環境には不慣れなため、作られた人類は生き残るために苦労したが、彼らは成功した。

植民地主義者が奴隷を養うために作った食用動物や植物が、地球の生物圏で非常に丈夫であったことが、新たに解放された奴隷種に大きな助けとなった。

宇宙人が地球を離れると、その空白を埋めるために、宇宙人が生み出した奴隷種との交流の仲介役である奴隷の管理職層が動き出した。

このとき、宇宙人コロニーの管理者層である奴隷たちが、宇宙人が持っていた権力を奪おうと一斉に動き出したのである。

管理職は自分たちを「司祭」階級と名乗り、今はいない宇宙人の支配者を物理的存在という立場から「超越した全能の見えない神」というカテゴリーに移し、ここ地球で、他の奴隷種のメンバーに対して、また宇宙人の支配者との交信プロセスにおいて、「権威」を持つ唯一の者は司祭であることを宣言したのである。

司祭階級にとっては甘い仕事だった。あまりにも素晴らしい、あまりにもソフトで楽な立場であったため、簡単に降伏することはできなかった。このように、宗教の実施に伴う多くの病は、このような状況から生じていると見ることができる。

このように、植民地化、戦争、私たちの間の相互作用に関連する法律、その他、私たちの生活の多くの属性が、今、この結果で、ここで発生しました。

私たちが現在知っている文明は、人間が発明したものではありません。文明は、侵略してきた植民地主義者によって、元の狩猟採集民の子孫に押し付けられたものである。

地球には他の文明が存在した。彼らは、宇宙人入植者が来る前に存在していた。

その文明を築いたのは、地球上の他の現代人です。私たちは、大氷河期によって彼らから切り離されました。

私たちの祖先である狩猟採集民は、地球上の人類の前時代の名残りです。もし、大氷河期が人類の前時代に影響を及ぼしていなかったら、宇宙人の植民地は我々の先祖とそんなに簡単にはいかなかったかもしれない。

司祭階級は、宇宙人がGANSの研究所で現代人を「創造」したと主張するだろうが、だまされてはいけない。宇宙人は神ではない、いじくり回すだけの存在なのだ。彼らは人類に小さな手を加えただけで、私たちを創ったわけではありません。彼らの目標は、私たちをちょうどいいくらいに賢く、従順にすることだった。

それはなかなかうまくいかなかった。人間は植民地主義者が望んだよりはるかに賢く、神父クラスが常に不満を漏らすように、支配できるほど従順ではない。おそらくこれが出エジプトにつながったのだろう。私たちの種が宇宙へ出て、宇宙人の入植者たちを見つけたら、彼らに聞いてみるのもいいかもしれない。

https://beforeitsnews.com/paranormal/2022/08/new-clif-high-weve-been-invaded-by-space-aliens-this-colony-earth-2558695.html
483 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧