レプティリアンによる人体切断。機密解除された文書が明かす恐ろしい情報

2022-11-27

downthechupacabrahole.comより

UFO学といえば、キャトルミューティレーションほど恐ろしいトピックはないでしょう。何十年もの間、何百頭ものウシが奇妙な状況下で死亡しています。臓器はレーザーのように正確に摘出され、血液は完全に排出され、清掃人はその場所を避け、死骸の周りには高レベルの放射線が漂っています。骨は、まるで何かが牛を極端な高さから落としたかのように粉々になっている。恐ろしいことに、この残酷な運命は他の種族にも起こりうる。このような忌まわしい殺戮を行う何者かの目に留まったのは、人間であった。さらに奇妙なことに、機密指定を解除された文書によると、その犯人は文字通りこの世のものではないことが示唆されている。

国防省が発行した「未確認飛行物体通信」によると、1800年代後半に起こった家畜の切断事件についての記述がある。その60ページによると、事態は不吉な方向に進んでいる。「この切断事件で最も恐ろしいのは、動物だけでなく、人間も同じように切断されているのが何度も発見されていることである」。

恐怖の実体験

州議会議員の息子で元グリーンベレー大尉のビル・イングリッシュは、不本意ながらこの不可解な現象に直接関わることになる。ラオスで特殊部隊の司令官をしていたとき、近くにいたB52爆撃機から緊急連絡を受けた。パイロットは「UFOに攻撃された」と叫んだ。イングリッシュの10人編成の飛行隊は、すぐに最後の座標に派遣された。その時、イングリッシュの10人編成の飛行隊が最後の座標に向かった。不時着した形跡はなく、乗員は全員ハーネスにつながれたままであった。しかし、恐ろしいことに、乗員は全員死亡していた。

乗員は全員死亡していた。肛門から大腸まで切り取られ、首や顎はコルク栓のように切り取られ、目や性器は精密な手術で切り取られたのに、血痕はどこにもなかったと言うのである。しかし、血痕はどこにもない。この苦難の末に、彼は政府関係者から接触された。他の人体切断事件の調査を依頼されたのだ。ラオスのジャングルで体験したことは、氷山の一角に過ぎないことが分かった。ラオスのジャングルで体験した人体切断は、氷山の一角にすぎなかったのだ。

不吉な地底人

この報告書(情報公開法の要求により公開)の中で、特派員は、これらの恐ろしい殺人の背後にいる人々について衝撃的な一瞥を与えています。CIA、法執行機関、軍、その他の連邦機関の関係者は、極悪非道な爬虫類人の集団のせいにしている。内部告発者によれば、「ドラコス」は地底に住む古代の種族である。従順なグレイ・エイリアンは頻繁に彼らの言いなりになり、無防備な犠牲者を収穫する。このトカゲのようなヒューマノイドは、栄養と快楽のために人間の肉を食べます。この生物は信じられないほど知的で、悪意があり、攻撃的で、頂点に立つ捕食者だと言われている。さらにこの文書には、身体的属性のリストが掲載されている。レプトイドは以下のように記述されている。

  • 二足歩行のサウジアラビア種
  • 身長約170cm
  • 体毛がない
  • 隆起した頬骨
  • 大きな瞳孔を持つ斜視の目
  • 3桁の網目状の手と足
  • 鋭い爪
  • 鱗状の肋骨のある皮膚

  • 生殖器官がない



    • 文書全体を通して、作家は繰り返しレプティリアンの極悪非道な性格を強調している。この冷血な種族は感情を持たず、人間を消費される家畜としか見ていない。さらに問題なのは、彼らはカメレオンの達人で、自在に変身することができることである。
      (AK注:コーリー・グッド及びラケルタファイルによれば、変身しているのではなく、周囲の人間すべてに幻覚を見せる精神能力─所謂超能力─があり、その能力が強いものは、一人で一つの周全員に自分の違う姿─津風の地球人─を見せる事が出来る)
      読者には、これらの存在がもたらす危険について不吉な警告が残されている。国の関係者は言う。「蛇族は、様々な情報源によると、非常に知的で、狡猾で、捕らえどころがない。この人類にとって究極の脅威を打ち負かすことができるのは、神の介入だけであると信じる者もいる。


      https://downthechupacabrahole.com/2022/11/23/human-mutilation-by-reptilians-declassified-document-reveals-horrifying-intel/
1034 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧