スーパーソルジャー、コロニーを襲うレプティリアンや先端技術について告白


beforeitsnews.comより

これはBS-JPのようだ

オリジナルの放送日 2022年8月2日

アイレンは、超人兵士として世界で活躍した記憶を持っている。ある現実では、彼女はこの地球上のある種の秘密の軍事施設で、このタイムライン内と多元宇宙全体で人類を保護する反テロリズムのタスクフォースで働いていたことを思い出します。その際、他の時間軸を訪れ、先端技術を回収・盗用したり、生存者を支援する役割を担ったりすることを命じられた。その中には、ウイルスの大発生、エイリアンの侵略、AIターミネーターのタイムラインなどが含まれる。さらに、対人戦闘や状況認識能力の訓練も任された。

また、ゲーム「Halo」シリーズに登場するスーツに似た、超人的な能力を持つオーグメントのスーパーソルジャーに身を包んでいたことも思い出す。指向性エネルギー兵器、異次元迷彩、次元跳躍、電磁気的TK、サイオニック透視、壁を通り抜けるエネルギーを作り出すブラックマター兵器、マインドコントロール、ゼオダイナミックビジョンなど、エキゾチックな兵器を使用したことを回想している。

10代の頃、水槽の中でパズルを解き、水槽が満杯になる前に実験される夢を見たそうです。また、医療用ベッドに縛られたまま注射を打たれたり、施設から逃げ出そうとした記憶もある。

現在は医療関係の仕事をしているが、近い将来、エネルギーヒーリングの道に進むかもしれないと考えている。今世と来世のトラウマを統合するために、彼女は崑崙内功という瞑想法に取り組み、エネルギー・システムをクリアーにしています。アイレンは、他のスーパーソルジャーのような拷問やトラウマは覚えていないが、過酷な訓練に耐えなければならなかったことは覚えている。

▼動画あります以下ページで(英語版)
https://beforeitsnews.com/paranormal/2022/08/super-soldier-comes-clean-on-reptilians-raiding-colonies-and-advanced-tech-2558560.html
353 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧