FDA、生物兵器プログラムに関連する中国企業が製造した実験室育ちの食肉を承認

2023-05-24

naturalnews.comより

米国食品医薬品局(FDA)は先日、イート・ジャスト社のラボ栽培肉部門であるGOOD Meatが製造する初の代替肉製品を認可した。

しかし、中国の生物兵器プログラムとつながりのある中国企業JOINN Biologicsが、同社が新たに認可した培養鶏の生産と品質管理に不可欠な役割を果たしていることが判明した。親会社であるJOINNの分社として2018年に設立されたGOOD Meatは、サンフランシスコにあるEat Justの本社からほど近い場所に施設を構えています。

同社の申請書によると、JOINNは現在、カリフォルニア州リッチモンドの専用製造スイートで鶏の細胞を生産している。申請書には、「収穫された細胞は、冷凍保存剤を使用せずに、完成した食肉食品を調理する場所に出荷するために冷凍保存される」という経緯が書かれていました。

https://keen-area.net/2023/1372/
関連記事:CANCER CELLSから育てたラボ製鶏肉がFDAの承認を受ける - TUMORナゲットを食べる準備はできているか?

ラボグロウンチキンの製造工程とは別に、JOINNは原材料が適切な品質であること、「潜在的な不定愁訴やその他の汚染物質による食品安全リスク」が軽減されていることを確認する責任を負っています。

生物兵器プログラムに関与している中国企業があることがわかり、安全認証プロセスへの懸念が高まった。そして、中国が食糧供給を含むアメリカのインフラの重要な側面に影響力を持っているという事実は、多くの関係者を心配させています。

また、「白より白い」倫理的信憑性を売りにしている食品についても、信憑性への疑問がもたらされた。実験室で育てられた肉は、人々、特に家畜や家禽が貢献する二酸化炭素の排出を懸念する人々に対して、残酷でない食品として販売されているのです。実験室で作られた肉は、動物に全く苦しみを与えることなく、「本物の」肉を楽しむことができるとして、消費者に好まれているのです。

しかし、GOOD Meatの製品には、今も昔も牛胎児血清(FBS)が使われている。この成分について、同社は言及を避けるように注意している。FBSは、屠殺場で生まれたばかりの子牛の心臓から直接抽出されるもので、多くの場合、まだ生きているうちに抽出される。

最近のBloomberg Businessweekの報道によると、イートジャストを含むラボグロウンミートの大手メーカーは、これが潜在的な広報災害であることを知っており、このことについて話すのを避けるためにあらゆる手段を講じている。また、Eat Justは、2014年に最初の製品であるビーガンマヨネーズが棚に並んだ日からスキャンダルに悩まされた、以前の社名「ハンプトン・クリーク(Hampton Creek)」での疑わしい歴史について話すことを拒否しています。

JOINNの創業者と共同創業者は中国軍と関係がある

2022年、JOINN Biologics社は、フロリダ州モリストンの1,400エーカーの土地を550万ドルで購入し、霊長類の検疫・繁殖施設を新たに建設したことで、全米の注目を集めた。これは、親会社の既存の実験動物の飼育事業を拡大するためのものでした。中国企業によるアメリカの不動産購入としては、これまでで最大規模のものであった。

同社で働く一部の主要人物は、北京の人民解放軍軍事医学アカデミー(AMMS)で学んだり働いたりしており、この機関は中国軍にバイオテクノロジーを供給しているとして2021年に米国の貿易ブラックリストに追加された。

パルスによると、JOINNの創業者で取締役会議長は、軍医でAMMSを卒業したYuxia Feng氏です。共同設立者で副理事長のConglin Zuoは、同学院のバイオテクノロジー研究所に勤務していた。

中国軍とつながりのあるバイオテクノロジー企業に、米国内で実験用のサルを繁殖させることを許可するという考えは、特に中国がCOVID-19パンデミックを世界に解き放った後では、不可解なことです」。バイデン政権は、中国共産党系の企業がアメリカの土地を買い上げることを許可しているが、特にこのような目的のために、容認できない。もし大統領がアメリカの利益を守るために足を引っ張らないのであれば、議会はそうするでしょう」とスコット・フランクリン議員(フロリダ州選出)は述べています。

JOINNがモリストンで購入した土地は、まだ使われていない。

FakeMeat.newsで、実験室で作られた合成肉についてもっと詳しく知ることができます。

特派員が合成鶏肉が製造される「屠殺のない家」研究所を見学したABC NewsLiveのビデオをご覧ください。

https://www.brighteon.com/0b4b320c-fe95-48a6-a97f-df3758a125ed


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
939 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧