"無症状キャリア"の主張は虚構であった:人が症状を示さない限り、COVID感染はほとんど起こらないことがLancetの研究で明らかになった。

2023-09-10

naturalnews.comより

世界で最も権威のある医学雑誌のひとつが、武漢コロナウイルス(COVID-19)の無症候性伝播が実際には存在しない神話であることを示す論文を発表した。
LancetのMicrobe誌に掲載されたこの新しい研究は、COVIDが「陽性」であっても症状を示さない人が誰かに感染させることはほとんどないことを明らかにしている。

初期の "パンデミック "研究では、フォーチ・インフルエンザの新規感染者の半数までが、症状のない人が気づかないうちに誰かにうつしてしまったために起こったと主張されていた。私たちは今、これらの初期の研究が偽りであり、場合によっては意図的にそうさせ、アジェンダを押し進めるためのものであったことを知っている。

「この初期の研究によって、公衆衛生当局は、公共の場や人混みに出るときは常にマスクを着用すべきだと主張するようになった。「その結果、COVID-19の蔓延を抑えるために、学校も含めてマスク着用が徹底されることになった。

「例えば、国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の前所長アンソニー・ファウチ博士は、パンデミックの初期にはマスク着用を推奨していたが、後にUターンした。

(関連記事): COVID"ワクチン"が病気の感染を食い止めた時期など一度もなかった-政府はずっと嘘をついていたのだ)

病気でなければCOVIDを広めることはできない

ファウチは嘘をついていたのだ。何かが、あるいは誰かがファウシーを説得し、突然、症状の有無にかかわらず、すべてのアメリカ人は屋内や近くに人がいる場所では常にマスクを着用する必要がある、と決めたのだ。

この最新のランセット研究によって、無言感染という概念全体が否定された今、政府はアメリカに再びCOVID規制を強要する足がなくなってしまった。

この研究はインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らによって行われたもので、18歳から30歳までのワクチン未接種の健康な成人参加者がCOVIDに意図的に感染させられた。

研究者たちは管理された環境で参加者をモニターし、参加者に1日3回症状を自己申告させた。研究者たちはまた、毎日参加者から鼻と喉のぬぐい液を採取し、ウイルスを探した。

また、参加者はマスクを着用するように指示され、定期的にマスクのウイルス検査が行われた。研究者たちはまた、研究期間中最低14日間、参加者が呼吸している空気と部屋の表面の両方を調べた。

その結果、最初の症状が出る前に感染者から排出されたウイルスは全体の10%以下であることが判明した。つまり、COVIDが蔓延したのは、症状が現れた人が他の人と共有した時だけだったのである。

"最初に報告された症状(7%)の前に排出されたものはほとんどなく、最初の側方流動抗原検査陽性(2%)の前に排出されたものはほとんどなかった。

「無症候性感染は常に嘘であった。WHOでさえそのことを知っていて、彼らの "科学 "アドバイザーの一人に早くからそう言わせていた。

多くの研究者が "ウイルス "の存在の詐欺を明らかにしており、COVIDとその無数の偽の亜種にまつわる話はすべて嘘である。

一般の人々がCOVIDについて聞かされていたことは、ほとんどすべて嘘だったのである。詳細はPlague.infoで。

https://www.naturalnews.com/2023-09-08-unless-symptoms-covid-transmission-rarely-occurs-lancet-study.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1629 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧