オーストリア、2023年から石油・石炭暖房機を禁止へ

2022-11-06

tapnewswire.comより

Euractivの報道によると、オーストリア政府は、来年から新しい化石燃料ヒーターの使用を禁止し、2025年までに非常に古い石油や石炭のヒーターを気候変動に優しいものに取り替えることを検討している。



オーストリアは、他のEU諸国と同様に、ロシアのガスへの依存度をできるだけ早く減らすことを目指している。政府は、ロシアガスの放棄は、再生可能な熱手段の採用と同時に行うべきだとしている。

EU委員会、ロシア産ガス輸入の価格上限を検討
ロシアのウクライナ侵攻以前、オーストリアは消費する天然ガスの約8割をロシアから輸入していた。8月現在、この高いロシア産ガスフローへの依存度は50%以下にまで下がっていると政府は発表している。

しかし、化石燃料の暖房機の新設を禁止するには、オーストリア議会の少なくとも3分の2の賛成が必要だ。この法案には憲法改正が必要だからだ、とEuractivのニコラウス・クルマイヤーは指摘している。

"ロシアのウクライナに対する侵略戦争は、我々のエネルギー供給がいかに脆弱であるかを示している。それに対する答えは『ロシアのガスを排除する』しかない」と、オーストリアのレオノール・ゲヴェスラーエネルギー気候相は2日、述べた。

再生可能熱法(EWG)により、オーストリアはこの道筋にまた大きな一歩を踏み出したとゲヴェスラー氏は付け加えた。

同大臣は、2023年以降、新築の建物にはガスヒーターを設置できなくなると述べ、2040年までにオーストリア国内のすべてのヒーターを気候変動に優しい代替品に切り替え、石油やガスボイラーを廃止し、ヒートポンプや地域暖房、ペレットを使用するようにすると付け加えた。

オーストリアは、2026年までに約19億5000万ドル(20億ユーロ)を用意し、提案されている暖房器具の切り替えプログラムを支援すると、大臣は述べた。

再生可能熱法(Erneuerbaren-Wärme-Gesetz、EWG)は、オーストリアでは2040年までに石炭、石油、ガスなどの化石燃料による暖房を段階的に廃止すべきとしている。

ゲヴェスラー大臣は今年初め、この法案の初稿を発表し、現在オーストリアのガス消費量の約4分の1を暖房が占めていることを明らかにした。


https://tapnewswire.com/2022/11/austria-looks-to-ban-oil-and-coal-heaters-from-2023/
515 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧