民衆の敵が未来を支配する

2023-01-08

truthtalk.ukより

この3年間、私たちの多くは、この不愉快な世の中で誰が糸を引いているのか、もっとよく考えなければならなくなった。

私自身の調査でも何度も出てきたのが、ロスチャイルド家の名前である
(例えばこちらhttps://winteroak.org.uk/2022/10/14/a-crime-against-humanity-the-great-reset-of-1914-1918/
とこちら
https://winteroak.org.uk/2022/08/02/a-developing-evil-the-malignant-historical-force-behind-the-great-reset/)。

ロスチャイルドの歴史と活動を詳しく調べた結果、私は自分の発見を他の人と共有しなければならないと思い、詳細な記事を書き、100ページのPDF小冊子としてここで公開することにした。

この強力な超富裕層一族を批判することはタブー視されており、そうすることで「反ユダヤ主義者」のレッテルを貼られる傾向にある。

しかし、小冊子の中で説明しているように、私はロスチャイルド家がユダヤ人であるから特別視しているのではなく、むしろその事実にもかかわらず、ロスチャイルド家を特別視しているのである。

もし彼らが、ヨーロッパに数多く存在する歴史的なローマ・カトリックやプロテスタントの銀行家であったなら、彼らについて書くことは何倍も簡単だっただろう。私の批判が、すべての、あるいはほとんどのカトリックやプロテスタントに当てはまるとは誰も一瞬たりとも考えなかっただろう。

しかし、これらの王朝は、現代世界において最悪の事態を引き起こす中心的な役割を担っていない。それにもかかわらず、私が以下の見出しで焦点を当てざるを得なかったのは、ロスチャイルド家の多くの罪のためである。

序文 [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep0.m4a

I. 巨万の富を築く [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep1.m4a

II. 他人より自分を優先する [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep2.m4a

III. 戦争に次ぐ戦争で利益を得る [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep3.m4a

IV.インフラを手に入れる [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep4.m4a

V. 人類を搾取し、自然を破壊する[AUDIO]。
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep5.m4a

VI.政治を腐敗させる [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep6.m4a

VII. 王族を利用する [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep7.m4a

VIII. 権力の私物化[AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep8.m4a

IX. 世界的な支配を押し付ける[AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep9.m4a

X. すべてを秘密にしておくこと[AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep10.m4a

XI.権威主義的なモードへの切り替え[AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep11.m4a

XII. 未来を指示する[AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep12.m4a

XIII. いい加減にしろ! [AUDIO]
https://winteroakextra.files.wordpress.com/2022/12/ep13.m4a

1つの記事として掲載するには長すぎますが、2023年に向けて私たちが直面していることに特に関連する最終章を紹介します。そして、ぜひこの冊子を全部読んでください。
https://winteroakpress.files.wordpress.com/2022/12/enemiesofthepeople.pdf

未来を決める

いわゆるグレートリセットと呼ばれる現在のテクノオーソリティー的なアジェンダの責任をすべてロスチャイルド家に押し付けるまではいかないが、彼らが完全に連携していると断言することは可能である。

例えば、ロスチャイルド家は、ロスチャイルド&カンパニーの資産運用部門と「社会的インパクト投資ファンド」、そしてセントジェームズプレイス慈善財団を通じて、投機家が人の命をデジタル商品化することを目的とした陰湿な手段であるインパクト投資にも関与しています。

そして、ロスチャイルド家とローマ法王庁の歴史的な融資ベースのつながり(1906年のユダヤ人百科事典では、ロスチャイルド家は「法王庁の宝の番人」と記述されている)は、2020年にバチカンとリン・フォレスター・ド・ロートシルトのCoalition for Inclusive Capitalismとのパートナーシップによって強化され、まさにダボの世界観を共有することになったのだ。

アフリカ南部の金とダイヤモンドは、100年以上前にロスチャイルドの富に重要な後押しをしたが、1950年代以降、彼らは再びその大陸から抽出される潜在的利益に着目している。

1957年、ギー・ド・ロートシルトは、ロスチャイルド家がアフリカの鉱業とエネルギーの権益に関わるCOFIMERプロジェクトに積極的に関与していることを発表するスピーチを行った。

彼はさらに、「皆さんは、アフリカ西部と赤道付近、マダガスカル、サハラ砂漠にある膨大な天然資源が、ヨーロッパとアメリカの両パートナーが参加する非常に大きな資金創造のおかげで、まもなく開発の対象になることを知っているでしょう」と述べた。[1]


この関心によって、エドモンド・デ・ロスチャイルドは世界自然保護銀行(後に地球環境ファシリティ(GEF)と改名)の中心人物となり、「野生生物保護」の名の下にアフリカの牧畜民を土地から追い出そうとする現在の偽環境保護運動の原動力となったのである。

コルベット報告書によると、国際的な「自然保護」銀行のアイデアは、1989年のIMFの合同閣僚会議でフランスが正式な提案をする以前からあったそうです。

"このプロジェクトは世界銀行の傘下に置かれ、1991年には世界自然保護銀行が正式に設立された "とあります。

さらに、GEFは数百億ドル相当の助成金と共同出資を行っており、「気候変動枠組条約を含む5つの異なる国連条約の資金調達メカニズムである」とも述べています。

いわゆる「保護区」を設定するだけでなく、太陽電池や風力発電技術を製造する中国企業にも資金を提供している。

バイオテクノロジーとそれに関連するトランスヒューマニズム運動は、国連の持続可能な開発目標、インパクト投資、スマートシティとして知られるデジタル強制収容所などを中心に構築されたグローバルアジェンダの中心的役割を担っている。

この分野の重要なパイオニアは、MI5やロイヤル・ダッチ・シェル、N.M.ロスチャイルド&サンズに勤務していたヴィクター・ロスチャイルドである。

ロスチャイルドのアーカイブによれば、彼は「保守党と労働党の両政府の情報と科学に関する貴重なアドバイザー」であり、高齢になってもロスチャイルドの友人マーガレット・サッチャーのセキュリティアドバイザーを務めていたという。

また、「1981年、ビクターはバイオテクノロジー・インベストメンツを設立し、ヨーロッパでも有数のバイオテクノロジー専門投資会社となった」とも書かれている。

1999年のニュースでは、次のように書かれている。「英国最大のバイオ投資会社2社が合併を交渉中である。バイオテクノロジー・インベストメンツ・リミテッド(BIL、ロンドン)とインターナショナル・バイオテクノロジー・トラスト(IBT、ロンドン)-ともにロスチャイルド(ロンドン)の一部門-は合併によって投資ポートフォリオを拡大しようとしている」と報じている。



ロスチャイルド家のIBTは、「投資家に急成長中のバイオテクノロジー分野へのアクセスを提供」し、SV Health Managers LLPという関連企業によって運営されているとそのウェブサイトで述べている-「我々は、数百万の人々の生活を変える力を持つブレークスルーを求めている」。

予想通り、ロスチャイルド家は英国政府と密接な関係にあり、彼らのバイオテクノロジー企業はコビドに対する英国の「対応」に関与していた。

IBTは、SV Health Managersのマネージングパートナーでもある投資マネージャーのKate Binghamが、2020年5月に「COVID-19ワクチンの発見と製造に向けた英国の努力をリードするために、首相に報告する英国ワクチンタスクフォースの議長に任命され、6ヶ月の任期で2020年12月に議長を退任する」と誇らしげに述べています。

「2020年12月8日、英国は欧米諸国として初めてCOVID-19のワクチン接種を開始しました。彼女は、COVID-19ワクチンの調達、製造、流通への貢献により、2021年6月の女王の誕生日の栄誉でDBEを授与されました "とあります。

ビンガムをめぐっては、この重要な役割を担うことになった透明性の低い採用プロセスをはじめ、いくつかの論争があった。

Observer紙が当時報じた。ワクチン委員会の委員長であるケイト・ビンガムは、広報コンサルタントに割り当てた67万ポンドの予算について継続的に精査され、彼女の職務への適性から保守党政府とのつながりへと関心が移っていった」。



「彼女は、SV Health Investorsというプライベート・エクイティ会社のマネージング・パートナーで、30年間医薬品投資に携わり、また、ジョンソンと同時期にイートン校に在籍したジェシー・ノーマン(共和党議員)と結婚し、首相の妹であるレイチェル・ジョンソンの私学に行っています」。

ロスチャイルドの社員であるビンガムは、自称「ベンチャーキャピタリスト」だが、最近になって再び話題になっている。

彼女は2022年11月30日付のガーディアン紙に、英国は「新しいパンデミックに対処するために著しく有利な状況にない」と警告したことを引用した。

この報告書では、ビンガムが「パンデミック時にワクチンの早期配備のために英国を先頭に立たせた」ことを評価し、彼女が国の将来のワクチン政策を調整する「専門家のリーダー」を求めているとしている。

彼女が自分自身を念頭に置いているのかどうかは明記されていません



スイスのジュネーブに本社を置き、ベルギー、フランス、ドイツ、イギリス、イスラエル、イタリア、ルクセンブルグ、モナコ、ポルトガル、スペイン、オランダ、アラブ首長国連邦にオフィスを持つエドモンド・ド・ロートシルトは、ロスチャイルド企業として最も露骨に「大リセット」を受け入れている企業であると言えるかもしれない。

偶然にもスイスに本拠地を置き、世界的に活動しているWEFのクラウス・シュワブも、同じように偉そうな口調で、こう宣言している。「私たちは未来を創る大胆なビルダーです」。

そして、次のように語っている。「エドモンド・デ・ロスチャイルドは、富こそが明日を創ると信じています」。

スイスに本拠を置くロスチャイルドは、「農業 4.0」、「デジタルライフスタイル」、「サイバーセキュリティ」、「持続可能なガバナンス」という形で、第四次産業革命のサーカス全体を喜んで承認している。[352]

彼らはまた、既に述べたように、「人的資本」に非常に関心があり、2015年にアリアンヌ・ロスチャイルドがグループを引き継いだとき、彼女はそのインパクト投資戦略を強化した。

同グループの2021年の年次報告書に対する彼女のメッセージでは、「革新的な食品」、「代替タンパク質」につながる技術、新しい農業システム、栄養に対する「デジタルソリューション」の創出といった領域で戦略的パートナーシップを確立していることがわかる[2]。[2]

シュワブ流に言えば、「パンデミックが我々の生活様式に与えた深く不可逆的な影響」に言及しながら、ロスチャイルドは、彼女と彼女のチームが「明日の主要な成長傾向」の一歩先を行くことを投資顧客に保証する。この超富裕層の社会病質者の小さなグループが、世界中の何十億という男性、女性、子供の将来を左右し、我々をテクノ全体主義者の奴隷という悲惨で変性した状態に閉じ込めておくつもりだろうか?

ブックレットの全文を無料でダウンロードし、安全に保管し、自由に読んで、気に入ったら他の人とシェアしてください。
https://keen-area.net/App_Data/enemiesofthepeople.pdf

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。
もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。
以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。
https://doneru.jp/AK-system


https://truthtalk.uk/2022/enemies-of-the-people-dictating-the-future/
558 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧