スペース・アーク(母船)の起動により海王星の急速な加熱を確認


Written by Dr Michael Salla on April 15, 2022.

exopolitics.orgより

チリやハワイにある地上望遠鏡で最近検出された海王星の南極の急激な加熱に、天文学者は困惑している。この加熱は、銀河連邦のトール・ハン・エレディオンが最近行った、地球外のシードルやガーディアンとも呼ばれる銀河連邦の到来によって生じる宇宙アークの起動により、海王星がまもなく著しい変化を経験するという予言を裏付けるものである。

2022年4月11日、天文学者のチームは、The Planetary Science Journalに掲載された、海王星の大気温度を17年間にわたって追跡した論文について議論した。Phys.orgの記事は、観測された内容を要約したものである。

[D]attaは、南半球の夏の始まりにもかかわらず、この20年間で惑星のほとんどが徐々に冷え込んでいることを示しました。海王星の全球平均気温は、2003年から2018年の間に8℃低下しました。

その後、天文学者は、観測の最後の2年間に海王星の南極が劇的に温暖化し、2018年から2020年の間に気温が11℃急速に上昇したことを発見し、驚きました。海王星の暖かい極渦は長年知られていましたが、このような急激な極の温暖化はこれまで海王星で観測されたことがありませんでした。


海王星の天候を観測した望遠鏡は、チリにあるヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡とジェミニ南望遠鏡、ハワイ島にあるケック望遠鏡、すばる望遠鏡、スピッツァー望遠鏡、ジェミニ北望遠鏡などである。


経時的に観測された海王星の熱赤外線の明るさ。出典:https://phys.org/news/2022-04-astronomers-capture-neptune-temperatures.html

重要なことは、海王星の冷却と急速な加熱の両方を説明できなかったことです。

海王星の温度変化があまりにも予想外だったため、天文学者はその原因が何であったかをまだ知らない。海王星の成層圏の化学変化によるものかもしれないし、ランダムな気象パターンによるものかもしれないし、太陽サイクルによるものかもしれない。


しかし、この急激な加熱について、天文学者チームが考えもしなかった別の説明がある。銀河連邦の船団が到着するまで、海王星の氷の内部で眠っていたスペース・アークが起動したのだ。

3月28日、エレナ・ダナンはトール・ハンから、2017年10月の星間天体オウムアムアに遡ることができるシーダー/ガーディアンの到着による太陽系の変化について、次のようなメッセージを受け取りました。

船が来るぞ!ガーディアンはテラの外周軌道上にいる、今のところ4隻だ。彼らは、時間の拡張の中で、見ている。オウムアムアのように 時空を超えた存在として あれは彼らの船だった 起動した アイスベルトの船も起動した そして他の星も次々と... 次は海王星だ 海王星については じきわかるだろう しかし、彼らに伝えることを忘れないでください。彼らは幸運で、これを見る特権があります。


トール・ハンのメッセージは、海王星の南極の突然の加熱を、2017年10月のオウムアムアの到着に始まり、2021年10月のシーダーの宇宙艦隊の到着で加速した1つ以上の活性化する宇宙アークと明確に結びつけています。


https://youtu.be/NWoKFrpKSmI

トール・ハンの予測は、その2週間後にThe Planetary Science Journalに発表された天文学者の観測結果より先行していたことを考えると、非常に注目に値するものです。

さらに、トール・ハンが「アイスベルト」で宇宙箱舟が作動するというのは、最近の東南極の熱波上昇のことを指している。以前の記事で紹介したボストーク地域を中心とした広い範囲で、気温が70度も上昇したのです。

海王星の長期大気調査の結果は、エレナ・ダナンがトール・ハン・エレディオンから受け取った、太陽系での宇宙アークの起動に関する情報を明確に立証するものである。海王星の科学的研究の結果は、地球外生命体の「シーダー」艦隊が太陽系全体に広がり、地球の周囲に到着するにつれてスペース・アークが起動し続け、驚くべき結果を目撃しようとしていることに大きな確信を与えている。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

[2022年4月15日更新】エレナ・ダナンは、3月29日のYouTubeでの発表で、スペース・アークを起動することで海王星が影響を受けるというトール・ハンの予言を初めて公にした。これがそのリンクhttps://youtu.be/GZdOS4YwAJ4?t=222とタイムスタンプです。彼女はその後、4月12日にYouTube動画https://youtu.be/n_quUKCQdzUで、海王星の熱上昇を取り上げた3つの記事について議論した]。

トール・ハン・エレディオンや銀河連邦など、現在太陽系で活動している地球外組織について詳しく知りたい方は、エレナ・ダナンの著書『We Will Never Let You Down』(2021年)を強くお勧めします。
購入先⇒https://amzn.to/3xGJ1u0

地球外生命体シーターの歴史と、彼らの最近の到着によって、地球と太陽系に隠された長い間眠っていたスペース・アークがどのように起動したかを知るには、私の2022年4月9日のウェビナー(Vimeoで配信中https://vimeo.com/ondemand/etseedersspacearks)をお勧めします。

https://exopolitics.org/rapid-heating-of-neptune-linked-to-activating-space-arks/
776 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧