米国政府の秘密のUFOプログラムによって検討された、月を核攻撃する野蛮な計画が新しいポートで判明

2022-04-26

アメリカ政府の秘密UFOプログラムでは、月を核攻撃するという荒唐無稽な計画が検討されていたことが、爆弾の文書によって報じられた。

先進航空宇宙脅威特定プログラム(AATIP)の担当者は、核爆発物を宇宙空間に送り込むなどの未検証の提案の実行可能性を検討したと伝えられている。

この計画は実現しなかったが、月の地殻とマントルを熱核兵器で爆破するものだった。

文書によると、これは「極めて軽い金属」を探すというミッションの一部であった。

関係者によると、岩石を砕くには「爆発レンズ」が必要だったという。

月にトンネルを作ることは、負の質量(半重力物質)が存在するかどうかを調べるのに役立つだろう、と報告されている。

そして、トンネルの壁はセラミック素材を使わなければならなかったことが報告された。

国防情報局のある文書にはこう書かれていた。「重力は航空宇宙輸送の障害となる。」

そして、関係者はこう言っている。「月面にトンネルを作り、負の質量の十分な供給があれば、恒星間宇宙飛行に革命をもたらすかもしれない」と。

もし物体が負の質量を持てば、押されたとき、離れていくのではなく、自分の方に加速していく。

研究者たちは、月の中心で見つかった「負の物質」が、鉄と同じ強度を持ちながら10万倍も軽い物質(つまりかなりの浮力です)を形成していると推測し、それを宇宙船の製造に利用することができると考えています。

宇宙船が大気中を移動するのに必要なエネルギーはかなり少なくなるだろう。

月への核攻撃は、アメリカの高官によって検討されたのが初めてではない。

空軍の幹部は冷戦-米ソ間の50年にわたるイデオロギー的対立-の間に計画を検討していた。

プロジェクトA119として知られる極秘計画が1950年代に考案され、その目的は月面で核爆弾を爆発させることであった。

アメリカは、宇宙開発競争の中でソ連に対して優位に立ちたいと考えていた。

モスクワがワシントンDCより優位に立つことを恐れていたのだ。

ソビエトはスプートニク衛星を宇宙に送り、ワシントン政界の上層部はパニックに陥った、と歴史は報じている。

アメリカ空軍はこう言いたかったのだ。「おい、見ろよ、俺たちに何ができるんだ。」と言いたかったのだ。

しかし、アメリカ国民の間では月面着陸の方が人気があると当局が考えたため、この計画はわずか1年後に廃止された。

SPACE RACE


また、もしこの計画が進めば、宇宙の軍事化を招き、銀河系での紛争が起こるのではないかと懸念していた。

米国防総省の職員は、この荒唐無稽な主張の一環として、透明マントを実現する方法も検討したという。

The Sun紙が独占的に明らかにしたところによると、研究者たちはHGウェルズの「透明人間」とファンタスティック・フォーのコミックのキャラクターであるスーザン・ストームにヒントを得たようである。

資料によると、関係者は透明化を実現するために「カモフラージュ、透明化、クローキング」の3つの方法を提案した。

また、ハイパースペース(スターウォーズで使われた、高次元で光よりも速い移動に関連するSFの概念)についても検討された。

防衛省情報局は、2017年12月に情報公開法の要請があった後、The Sunにこの爆弾文書を公開した。

AATIPは、説明のつかない空中現象を研究するために、2007年から2012年にかけて実施された秘密活動である。

5年間で約2200万ドルの資金が提供された。

このプログラムの責任者であった内部告発者ルイス・エリゾンドによって、2017年に暴露された。
1070 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧