スターリンク衛星は、量子通信の出現を防ぐために破壊されたのか?


WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON FEBRUARY 18, 2022.

exopolitics.orgより

エレナ・ダナンが地球外生命体の主要コンタクトであるトール・ハン・エレディオンから受け取った情報によると、2月8日にディープ・ステートによって撃墜された49機のスターリンク超小型衛星のうち40機が破壊されたことについて、さまざまな憶測が飛び交っています。 エレナは、ちょうど1カ月前にアイルランドの小さな町で対面したアルファ・ケンタウリ出身の女性地球外生命体から先に受け取った情報に基づいて、イーロン・マスクとスターリンクにさらなる光を当てる記事を続投させたところである。

エレナは記事の中で、2019年12月にアイルランドで行われた本の出版記念会で、北欧系の外見をした地球外生命体とその夫に初めて会い、彼らがカリフォルニア州ロサンゼルスで高度な通信技術のプロジェクトに取り組んでいる「アメリカ人」であると聞かされたことを説明している。当時、エレナは彼らの本当の出自については知らず、ただ彼らの印象的な美貌とその異様さを観察していた。エレナは、2年後の2022年1月4日に同じ女性から電話があり、会う約束をしたときには、とても驚いたという。

会談では、北欧人はアルファ・ケンタウリから来たと名乗り、自分たちは以前から地球に住んでいて、人類に溶け込んでいることを明かした。2006年、私は記事を書き、その1年後に地球外生命体が私たちの間で密かに生活していることを学会で発表してフォローしました。


https://www.youtube.com/watch?v=36JLQ6Rj4eU

宇宙人が人間社会に入り込むという歴史は、少なくとも1950年代までさかのぼる。ジョージ・アダムスキーやハワード・メンジャーといった有名なコンタクティが、地球外生命体が社会に溶け込むのを手助けしていると述べている。同じ頃、地球外生命体の一団が100人以上のイタリア人と他のヨーロッパ人に正体を現し始めた。「フレンドシップ事件」として知られているものだ。したがって、エレナが説明した会合は、このように地球外生命体が私たちの間に住んでいるという秘密の歴史を考えると、決して特別なものではありません。

エレナが記事で取り上げている2022年1月の会合で、地球外生命体はスターリンクとイーロン・マスクの将来の重要性を説明した。

そして...彼女は本題に入り、私はその質問に最初驚きました。インターネットプロバイダを聞かれ、スターリンクを強く勧められました。そして、イーロン・マスクが低軌道中継技術の開発により多くの資金を投入していること。そして、イーロン・マスクが低軌道中継技術の開発に多くの資金を投入したこと。彼女は、近い将来、遠い将来、人類のために非常に重要になるだろうと、彼のことを話し続けました。彼女はこう言った。「彼と私は、同じ場所から来たのです」。


スターリンクとイーロン・マスクの未来、そして人類のために重要であるという女性ノルディックのコメントは、非常に明快です。近い将来、スターリンクが通信システムを乗っ取るという彼女のコメントが正確であれば、スターリンク衛星40基の喪失の背後にいたであろう人物について、強力な洞察を与えてくれるでしょう。容疑者リストの上位には、現在の世界的な通信システムの所有者であるディープ・ステートが挙がってくるだろう。

さらに、マスクがアルファ・ケンタウリから来たという北欧人のコメントは、ニコラ・テスラが親しい仲間たちとともに、自分はもともと金星から来たと信じていたのと同じシナリオを思い起こさせる。アーサー・マシューズとマーガレット・ストームは、テスラの出自が金星人であると記述した本を書いている。

リークされたマジェスティック社の文書には、過去に人間のような外見をした地球外生命体が、普通の人間として育てるために何人かの赤ん坊を降ろしたが、彼らは技術的進歩を促進する高度な能力を持っていたことが記述されている。したがって、マスクのような天才的な発明家が、異世界に起源を持つことが判明するのは、前代未聞のことではない。

エレナとの会話で、北欧人はアイルランドに家を買う前にカリフォルニアに住み、先端技術に取り組んでいたことを話した。

彼女:ここに家を買う前はロサンゼルス近郊に住んでいたのですが、今でもよく旅行に出かけています。

私:そちらでは、仕事として何をされていたのですか?確か、人々の家に新しい技術をインストールする仕事だと言っていたよね?どこの会社のものだったんですか?

彼女:私たちは個人で会社を持っていました。私たちはハイグレードなエンジニアです。それは新しい技術で、非常に高度な、接続に関係するものでした。Wi-Fiのようなものですが、量子技術をベースにして、低軌道に中継して接続するものです。それしか言えません。


これは、スターリンクの真の目的が、地球低軌道からの電磁波の伝送ではなく、量子技術に基づくWi-Fiグローバル通信システムの構築であることを示唆しており、非常に重要な情報であると言えるでしょう。

量子通信システムとは、光子を使った「量子テレポーテーション」や「量子もつれ」などの考えに基づいており、科学記者であるマーティン・ジャイルズが解説している通りである。

量子テレポーテーションは、もつれた光子のペアを作り、それぞれのペアの一方をデータの送信者に、もう一方を受信者に送ることで機能します。アリスはもつれた光子を受け取ると、ボブへ送信したいデータを保持する "メモリー量子ビット "と相互作用させる。この相互作用により、アリスの光子の状態は変化し、ボブの光子ともつれ合うため、ボブの光子の状態も瞬時に変化する。


マスク氏のスターリンクは、有害な周波数(60GHzと95GHz)を照射し、人類を世界的に窒息させ支配する5Gシステムを作ろうとしていると多くの人が危惧しているが、北欧は、真の目的は電磁波を使わない量子通信システムの開発であると指摘している。

つまり、量子通信は絡み合った光子を使うので、遠距離でも瞬時に通信が可能だが、従来の通信は電子を使い、光速で伝わる電磁波を発生させていた。このため、電磁波を使った通信は、深宇宙への移動に大きな影響を与え、恒星間移動にはほとんど役に立たなくなる。


https://www.youtube.com/watch?v=yb38jozeDOs

また、電磁波を遮断する「ファラデーケージ」と呼ばれる金属製のかごを敷設することで、このような通信を遮断することができないのも、量子通信の大きな利点である。このため、船体をファラデーケージに見立てた潜水艦や、深宇宙で宇宙船と瞬時に通信を行うことができるのです。したがって、地球外生命体が星間距離で遅延や有害な電磁波なしに量子通信を行い、マスク氏のような発明家にこれを一般に紹介するよう促していることは、驚くにはあたらない。

マスクがStarlinkを使って量子ベースのWiFiシステムを作っているという主張が驚くべきものであるのはこのためだ。マスク氏に関する北欧の主張が正確であれば、次世代の通信手段を生み出す新世代の地球周回衛星を使って、スターリンクは人類をさらに抑圧するのではなく、むしろ解放するために使われるかもしれないのだ。

どうやら、この種の量子通信技術は、ディープステートが介入する前に、北欧の地球外生命体がカリフォルニアで先行開発していたようで、以下のやりとりが明らかにそれを示唆している。

[私たちはすべてを失ってしまったからです。

私:これを聞いて残念です。だから、カリフォルニアを離れたんですね。どうしてこんなことになったんですか?

彼女: 私たちの家は全焼しました。町中が焼けたのよ。私たちの多くが死んだの。


北欧人の発言から、彼女の言うカリフォルニアの町とは、2018年11月8日に破壊されたパラダイスのことであることは明らかだ。パラダイスの火災は町全体を消し去り、2万7000人の住民が80人以上の死者を出して避難を余儀なくされた。NBCニュースなどの主流メディアは、町を飲み込んだ破壊的な山火事の原因として、干ばつ状態、強風、送電設備の不具合などを挙げている。しかし、代替メディアは、衛星を利用した指向性エネルギー兵器(DEW)が町を破壊するために使用されたことを示す徴候を確認した。なぜ、パラダイスはDEWに狙われたのか?

私がパラダイスの火災の真相に疑念を抱いたのは、住民の一人であるラルフ・リング氏の話を聞いたときだ。ラルフ・リングさんは、「自宅は全焼したが、奥さんと一緒に無事だった」と支援者にメールを送ってきた。

ラルフとは2007年にハワイで開催されたアース・トランスフォーメーションで、ニコラ・テスラの弟子である発明家オーティス・カーが開発した「OTC-XI」という民間の空飛ぶ円盤プロジェクトについて講演したときに初めて会った。ラルフはその後も何度も連絡を取り合い、彼が地球に革命を起こすような先端技術プロジェクトに取り組んでいることを支援者に知らせた。火事で町が焼け落ちたとき、彼がパラダイスで取り組んでいたのが、このプロジェクトだった。

同じ頃、デイヴィッド・ウィルコックはパラダイスの火災についてインタビューに答え、2007年に彼の情報筋から、パラダイスの住民の多くがアルファ・ケンタウリから来た地球外生命体で、地下施設で先端技術のプロジェクトに取り組んでいることを明かされたと述べた。つまり、パラダイスは、人気テレビドラマ「ユーレカ」に登場する町「ユーレカ」に相当する現実の町だったのである。


https://www.youtube.com/watch?v=GKU9HfPlEEs

北欧人がエレナに、自分が火災の影響を受けた一人であり、多くの仲間が死んだことを認めたことは、ディープステートが地球外生命体が使う地下の隠し施設を狙っていたことを意味する。地上での火災は、宇宙からの強力な放射性降下物(DEW)を使って、これらの先端技術施設を破壊するための隠れ蓑として作られたのである。

これで、ディープ・ステートがパラダイスと開発中の最先端技術プロジェクトを破壊した理由がわかった。これらのプロジェクトは、ジョセフ・マーコラ博士のような研究者が長期的な人間の健康に極めて有害であるとして十分に立証している有害なEMF伝送を使用して、現在のグローバル通信システムを脅かしていたのだ。


https://www.youtube.com/watch?v=iD3GHTtyO-Y

それから4年後の今、イーロン・マスクのスターリンクは、トール・ハンの通信によると、地上のDEWを使ってディープ・ステートに狙われた。現在1700個以上の衛星が軌道上にあることを考えると、40個の超小型衛星が失われたからといって、Starlinkとその将来のグローバルWiFiシステムの展開が停止することはないだろう。

北欧の女性がエレナ・ダナーンに語ったことが正確であれば、スターリンクは有害な電磁波を排除した量子ベースの未来のWi-Fi通信システムを解き放つ運命にあるのだろう。このことから、マスクと彼の会社が今、主流メディアにおける残されたリソース、代替メディアにおける妥協した資産、航空宇宙産業が開発したエキゾチックな武器を使って、ディープステートによって狙われていることが説明できる。ありがたいことに、マスク氏の努力を支持し、彼のスターリンクシステムと、これらが全人類の利益のために確立するであろう革命的な量子通信システムを保護するために行動する、米国宇宙司令部と積極的な地球外グループと協力する宇宙保有国の地球同盟が拡大しています。

この記事のポッドキャスト版は、YouTube & Rumbleで視聴可能です。

特別なお知らせ:2月26日に今年最初のウェビナーを開催します。"What's Coming in 2022 and Beyond "というテーマです。人類が目覚めるにつれて、地球上で目撃しようとしている「エクソポリティクス・パラダイム・シフト」について深く掘り下げていきますので、ご参加ください。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/were-starlink-satellites-destroyed-to-prevent-emergence-of-quantum-communications/
1446 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧

■kame54ful  2022-03-01  119.242.232.78
コメントID:580

御礼
いつも動画配信有難うございます。
先週の太陽二つの画像の件、取り上げて頂きまして有難うございました。ご多忙のところお手数をおかけしました。
実は私も、22日に太陽を撮影したところ、複数の白い物が出て来て一つになり、飛んで行く丸いものが映っていました。その後に白い煙を出しながら飛ぶ物体も現れました。どちらも拡大して気が付くくらい小さなものでしたが、飛行機とかではないように思いました。