スターリンク衛星はディープステートによって撃墜されたのか?


WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON FEBRUARY 13, 2022

exopolitics.orgより

2月8日、イーロン・マスクのスペースX社が宇宙通信システム用に打ち上げたスターリンク衛星49基のうち40基が軌道に乗らず、地球に戻って墜落する炎を見せました。スペースXはすぐに、衛星の展開中に地球を襲った嵐は比較的弱かったにもかかわらず、地磁気嵐が原因であるという声明を出した。しかし、銀河連邦の代表者によると、衛星はヨーロッパで活動するディープ・ステートの一派によって撃墜されたとのこと。


https://www.youtube.com/watch?v=X-DYJs-nYq0

前回、エレナ・ダナンを通じてトール・ハン・エレディオンから得た情報を紹介して以来、2カ月が経過した。まず、エレナはエジプトとフランスで20年間働いていた元考古学者である。エレナは、尊敬されるプロのキャリアを捨てて、元同僚の間ではあまり評判のよくない秘教的・地球外関連のテーマに取り組んでいる。信頼できる情報を得るためには、純粋な動機と誠実さが不可欠であるが、エレナはトール・ハンとのコミュニケーションにおいて、これらをふんだんに発揮している。

第二に、エレナの情報の重要な部分を独自に確認する情報源が複数現れており、その多くは、彼女が最初に話した様々なトピックについて私がインタビューした人たちである。特に、アレックス・コリアー、ジェームズ・ギランド、そして私の米軍情報源であるJPは、最近太陽系に侵入した高度に進化した地球外生命体からなる宇宙船の大艦隊に関するトール・ハンとエレナの証言の主要な部分をすべて確認しています。さらに、木星にある銀河系外交のためのアシュタール司令部施設に関するエレナの情報は、ファーサイト研究所のリモート・ビューイング・チームによって独自に裏付けされたものです。

最後に、私はエレナと密接に協力し、オープンソースの科学文献を使って彼女の情報を吟味し、裏付けをとっている。エレナは、単に根拠のない話を発信することに満足するのではなく、彼女が受け取り、一般に発信するすべての情報を吟味し、確認しているのです。

例えば、エレナは2月10日に発表された、赤色矮星のプロキシマ・ケンタウリの周りに第3の惑星が発見されたことを確認する科学的発表について、私に知らせてくれたところだ。彼女は著書『星からの贈り物』のなかで、プロキシマ・ケンタウリのまわりには人が住む惑星が3つ、アルファ・ケンタウリのまわりには4つ、ベータ・ケンタウリのまわりには6つあると述べ、図解していた(p.340)。


エレナ・ダナン「星からの贈り物」(2020年)より許可を得て使用しています。

このような科学的な裏付けがあるからこそ、私はエレナとの仕事を楽しみ、彼女の銀河連邦からの情報が信頼でき、地球、太陽系、そしてその先で起こっていることの全体像を把握するために考慮する価値があると信じているのだ。

2月10日、私はエレナに、失敗したスターリンク衛星について質問した。

イーロン・マスクのスターリンク衛星のうち40基が、今はかなり弱いとはいえ、太陽活動のために倒されたことにお気づきですか?トール・ハンは何が起こったのか、私たちに教えてくれるでしょうか?


その日のうちに、エレナを通してトール・ハンの返信が届いた。

E: では、太陽放射によって倒された 40 個の人工衛星についてはどうですか?

TH:宇宙からではなく、地上から発射されたものであることをお伝えすることが許されています。この惑星の秘密組織の中には、軍事プログラムとハイブリッド兵器を持っているものがある。

E: ハイブリッド兵器とは何ですか?

TH: 敵からのバックエンジニアリングテクノロジーで、テラン以外のパーツも含まれる。これはアメリカからではなく、ヨーロッパ大陸から撃たれたものだ。この種の機器を所有する強力なダークカルトがいるんだ。

E: じゃあ、悪いETはみんな地球からいなくなってしまったけど、それでも、ネガティブな人間の組織がいくつか立ち上がっているんだね?

TH: そうです。私たちは、彼らを倒すために最善を尽くしています。


Space Weather NewsのBen Davidsonが、SpaceXの衛星に影響を与えた地磁気嵐を分析したことは、指摘しておくべきでしょう。彼は、1000倍以上の威力がある厳しい宇宙天気と比較して、これがいかに弱いものであるかを指摘しました。最も重要なことは、SpaceX社の衛星は、今回破壊されたとされる磁気嵐の10倍の地磁気に耐えたことがある、ということです。


https://www.youtube.com/watch?v=TjLzXkoGDbw

衛星の故障を説明するために、デイビッドソンは、衛星の故障の真犯人は、地球の地磁気の弱まりだと結論づけた。宇宙天気から地球を守る盾を奪ってしまったのだ。

地磁気が弱くなったからといって、スペースX社の衛星がこれまでの10倍も弱い宇宙天気にさらされて突然故障するとは考えにくい。より可能性の高いシナリオは、トール・ハンが主張するように、衛星の通り道にある弱い宇宙天気を一時的に増強して偽装攻撃を行ったということです。

マスクの衛星への攻撃に使われたヨーロッパの場所は、イタリア北部である可能性が高い。ここは以前から「黒い貴族」の拠点と噂され、1920年代にはイタリア・ファシズムの発祥の地となった。フリッツ・スプリングマイヤーなどのオカルト研究者は、『イルミナティの血脈』などの著書で、中世ヨーロッパに遡る「黒い貴族」の長い歴史と権力について論じている。

さらに私は、今回の攻撃に使われたハイブリッド兵器システムと軍事プログラムは、「イタリアゲート」と広く呼ばれ、ロイターなどの主流メディアによる激しい論破活動を引き起こした、2020年の米国連邦選挙のハイジャックに関与したとされる同じ航空宇宙防衛請負業者と関連していた可能性が非常に高いと推測している。Leonardo SpAは、高度な航空宇宙技術を構築する上で、世界中の軍事組織から防衛契約を得ているイタリアの衛星企業である。

トール・ハンの情報では、スターリンク衛星に影響を与えた弱い地磁気嵐は、実際には、スターリンク衛星の近くで嵐の強度を高めるために使用された指向性エネルギー兵器の隠れ蓑だったということです。これは、自然のハリケーンを気象改変技術によって悪化させ、方向転換させるのと同じ方法で、ビル・クリントン政権時代の1997年にウィリアム・コーエン国防長官がその存在を認めていたものである。

ディープステートの気象改変技術は広く知られていないため、スペースXのエンジニアや科学者がスターリンク衛星の消滅は地磁気嵐によるものだと考えた理由も、これで説明できるだろう。

トール・ハンはさらに、イーロン・マスクの役割と、彼の衛星が今ディープ・ステートの一派に狙われている理由を説明した。

[TH]いいですか、人によっては聞きにくいかもしれませんが。イーロン・マスク氏は、善行協定を尊重する限り、私たちによって保護されています。彼は、この惑星の良き未来のために、より高度な技術を開発するための援助を与えられている。自己のために働く地球人は、彼を止めようと全力を尽くしている。


マスクの銀河連邦との関わりについては、2021年7月に、木星の大気圏上空にあるアシュタール司令部施設で行われた外交会議に出席したとされるときに、初めて取り上げた。マスクの起業家としての試みは、電気自動車産業、ロケット産業、そして今や衛星通信産業の発展に強力な影響を及ぼしている。

マスク氏が銀河連邦に助けられ、数十年にわたって抑圧されてきた多くの先端技術を公開していることは、非常にもっともなことである。現在、米国特許商標庁を通じて情報機関や国防総省が課した秘密保持命令によって抑圧された特許出願が6000件近くある。



以前、私は「地球連合」が月面に先端技術を構築し、最終的に一般に公開することを支援していることを紹介した。

スターリンクは人類を解放するための重要なツールになるのか、それともさらに高度な技術で人類をコントロールするために使われるのか、という重要な問題を提起している。その答えを見つけるために心に留めておくべき重要なポイントは、現在のグローバル通信システムは、主流メディアと大手ハイテクソーシャルメディア企業を所有するディープステート資産によってコントロールされているということです。

これらの企業は、世界中で言論の自由を検閲し、仕組まれた社会的・医学的危機を通じて国民の感情を煽り、地球上で起きている大いなる目覚めを抑圧するために利用されてきたのです。マスク氏のスターリンクは、ディープ・ステートによる世界的な通信の独占支配を断ち切るものであり、彼のスターリンク衛星が今、狙われている理由もそこにある。

ベン・デビッドソンのような信頼できる独立した情報源は、マスクのスターリンク衛星が弱い地磁気嵐によって倒されたというのはもっともだと考えているが、私はそうは考えない。ディープ・ステートが気象改変やその他のハイブリッド技術にアクセスし、大気や太陽嵐を正確に悪化させることができることを考えると、私はトール・ハンの説明がはるかにもっともらしく、さらに調査する価値があると思うのです。

この記事のポッドキャスト版は、YouTube & Rumbleで公開されています

Thor Han Eredyonの情報を転送してくれたElena Danaanに感謝します。また、Centauri星系にある惑星の図の使用を許可してくれたことにも感謝します。

特別なお知らせ:2月26日、今年最初のウェビナーを開催します。人類が目覚めるにつれて地球上で目撃することになる、外政治のパラダイムシフトについて深く掘り下げていきますので、ご参加ください。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/were-starlink-satellites-shot-down-by-the-deep-state/
1395 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧

■kame54ful  2022-02-15  119.242.232.78
コメントID:576

二つの太陽
今晩は。いつも動画配信有難うございます。
今日は私の友人の菅原さんが、昨日14日に撮影した二つの太陽の写真と動画をお送りしたいと思うのですが・・・こちらからは送れないので、バンドの掲示板の方に送ります。みていただけると幸いです。