ランディ・クレイマー氏の証言 - 火星防衛軍の兵士として


HAF December 25, 2019

humansbefree.comより

ランディ・クレイマーの人生経験は、信じられないような、あるいは不条理なものばかりです。彼は海兵隊員として20年間、米国の秘密宇宙計画(SSP)に参加したと報告している。

彼の任務では、まず月にある精巧で秘密の、完全装備の基地に行きました。その後、火星に行き、軍事基地で17年間を過ごした。

火星の先住民との戦闘で人命が失われた後、再び月に配属され、最後の3年間を軍のパイロットとして過ごす。その物語を鮮やかに、そして魅力的に語っている。

ランディ・クレイマー 宇宙の旅人、火星の植民地主義者

当初「キャプテン・ケイ」という偽名で語っていたランディ・クレイマーは、「プロジェクト・ムーンシャドウ」というプログラムを通じてSSPの訓練を始めたとき、まだ4歳だったという。

彼は、このプログラムに参加するために「秘密裏に徴兵された」約300人の少年少女の1人であった。この男女比は、彼がSSPにいた20年間、一貫して変わらなかった。

幼い頃、夜な夜なベッドから連れ出された。何日も、あるいは何週間も留守にしていても、ベッドに戻ると、連れ去られた時の状態にタイムスリップしてしまうのだ。

目が覚めると、まるで長い間夢を見ていたかのように、時間が経っていない。

1987年、17歳になったクレイマーは、火星にすでに存在する5つの民間入植地を保護する目的で、火星防衛軍(MDF)の一員として強制的に採用された。

ランディ・クレイマー:SSPのためのハイブリッド・ソルジャー

このプログラムは、政府や官庁が主催したものではなく、アメリカ、ドイツ、ロシア、中国の4カ国からなる国際的なグループによって行われた。

地球上ではあまり仲の良くない国々が、人知れず密かに手を組んでSSPに取り組み、MDFを結成していたのである。

クレイマーは、このプログラムでアメリカ海兵隊の大尉になり、MDFに参加する者に必要な条件である最高機密のクリアランスを与えられた。

地球を離れたクレイマーが最初に向かったのは、1953年か1954年頃に建設されたと思われる月の基地であった。

そこで彼は入隊届にサインし、海兵隊の特別精鋭部隊で20年間火星で過ごすことを約束した。

「ディープ・スペース」シリーズ第7話で、彼はその施設の内装について詳しく説明しており、カーペットの色や種類、壁の塗料が明らかに1950年代のものであることを指摘しています。

火星の軍隊は何のためにあるのか?

火星に軍のような秘密部隊を送り込む目的は、主に3つあった。


  1. 地球のための地球外防衛を確立するために

  2. 火星をアメリカの領土とする。

  3. 火星人が地球人の存在に慣れること。



また、火星防衛軍は、地球で天変地異が起きた場合に、宇宙に人類文明を確立するための研究を行うことを目的としていた。

クレイマーが派遣されたのは、火星にある地球初の入植地でもあるアリエス・プライムの主要な入植地である。この入植地は、アメリカで最初に入植した植民地と同じように、同じ種類の人々で構成され、組織化されていた。

科学者から農場労働者まで、あらゆるスキルを持った人々がこのコロニーに住んでいる。

アリエス・プライムの軍事基地は、フォワード・ステーション・ゼブラと呼ばれ、クレイマーは火星にいる間、ずっとここで過ごしていた。彼には "ゼン "というコードネームが与えられた。

クレイマーをはじめ、火星を訪れたSSPのメンバーが語る火星の驚くべき点は、「空気が呼吸できること」である。



彼の基地は火星の極北にあり、大気は南極に似ているというので、フェイスプロテクターを装着していた。

寒さの中でプロテクターを外すのは不快だが、空気が吸えるからできることだ。

火星人とクレイマーの最後の戦い

火星には、主に2つの土着知的種族が存在する。レプティリアン(爬虫類)とインセクトイド(昆虫)だ。クレイマーは最初のブリーフィングで、これらは "原住民の野蛮な獣 "だと聞かされた。



しかし、すぐに彼らは進化した種であり、それぞれが独自の文化、文明、知性を持っていることを知った。彼らの住居はほとんどが地下にあり、クレイマーはインタビューの中で頻繁に彼らのことを "巣 "や "巣 "の中で暮らしていると言っている。

当初、先住民は地球から来た人類を隣人として扱っていた。彼らの巣や巣を邪魔しない限りは、何の問題もなかった。

争うよりも、自分たちのテリトリーを維持することに関心があるようだった。それでも、小競り合いはたびたびあった。そして、人間と火星人は争いに疲れ、和平条約を結んだ。

この条約には、大きく分けて2つの内容があった。まず、人類は原住民の聖地を侵略しないこと。

もうひとつは、レプトイドやインセクトイドと協力し、ドラコニアンと呼ばれるレプトイドの侵略に対抗することである。

ドラコニアンは悪質で邪悪だったが、合弁は成功し、ドラコニアンは撤退した。

火星を離れる前に参加した最後の戦いのことを話すと、クレイマーは感慨深げになる。レプトイドの聖なるトンネルに1000人の部隊を送り込み、アーティファクトを奪取するよう命じられたのだ。

これは、条約に違反する行為である。クレイマーは上官に懸念を伝えた。上官も彼の意見に同意したが、「本部」からの命令であり、任務は達成されなければならないと言った。「でも、司令部からの命令だから、やるしかないんだ」。

男たちは地下トンネルを通り抜け、スーパードームやアストロドームほどの大きさの大きなドームにやってきた。本部との通信が途絶えると、突然アリーナの端の扉が開き、大きな刃物を振り回しながらレプトイドが襲ってきた。

クレイマーは「ミキサーの中にいるようだった」と語った。クレイマーさんは、約35人の生存者の1人であった。傷から回復する間、上官が彼に会い、パイロットにならないかと持ちかけてきた。SSPでの最後の3年間をパイロットとして月面で過ごした。

地球生命の回復

20年の任期を終えた彼は、地球に戻るために数週間、月で「リバースエイジング」を行い、「元の時間軸である1987年に挿入」されました。20年間の勤務の記憶は抑圧され、長い間、彼のもとに戻ることはなかった。

その意味するところは?

クレイマーの話は異常である。さらに驚くべきことに、SSPで月や火星に滞在したという他の少なくとも6人の男性が、それぞれ異なる時期に同様の話を語っている。

しかし、彼らは一緒に仕事をしていたわけではなく、自分の体験を話し始めるまでお互いのことを知りませんでした。

宇宙旅行者たちは皆、異なる旅行方法を記憶しているが、全員がポータルを介して何らかのテレポーテーションを経験したと報告している。

これにより、彼らは惑星外の場所に素早く移動することができた。彼らはテレパシーで火星人とコミュニケーションした。内部告発者は皆、火星の空気が呼吸しやすいと報告している。

クレイマーの話には続きがある。彼は2006年からこの話を続けており、月、火星、そしておそらく他の惑星や太陽系に文明を築いている秘密の宇宙計画が存在することを人々に確信させるために、今後も探求を続けるだろう。

NASAの隠蔽工作、地球外生命体、その他の魅力的なトピックについてもっと知るために、ぜひ「ディープ・スペース」をご覧ください。

出典 Gaia.com / Gaiaコミュニティのメンバーになると、オリジナルシリーズ、フィルム&ドキュメンタリーの独占的なライブラリにアクセスすることができます。

https://humansbefree.com/2019/12/sumerian-kings-list.html
1071 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧